セイコースピードタイマー Cal.7018の修理

160317-1.jpg
セイコーの70年代の機械式クロノグラフ、スピードタイマーです。

160317-2.jpg
ジャンクセットの中に合った時計です。意外にも稼働品でした。
ただしブンブン時計を振ってゼンマイを巻くと5分くらい動く程度です。
今回はこの時計を修理します。







160317-3.jpg
ケースを開けてみました。
写真ではわかりにくいのですが、水が浸入した形跡があります。かなり汚かったのですが、それでも稼働しているというのが国産時計のタフさを現していると思います。

160317-4.jpg
昭和56年9月に修理を受けたことがあるんだな。

160317-5.jpg
分解する途中の写真です。こちらは日の裏周り。
ところどころ錆びています。

160317-6.jpg

160317-7.jpg
オイルでドブドブになっています。
時々こんな時計を見かけます。機械を丸ごと油の中に投げ込んだのか?と思うくらいなのですが、これが功を奏して錆を最小限に抑えることになったのかもしれません。

160317-8.jpg
分解して、錆を落として洗浄した後の写真です。
ここから組み立てに入ります。

160317-9.jpg
まずはお決まりの耐振装置の組み立て。

160317-10.jpg
機械台にセット。

160317-11.jpg
最初に分カナをセット。

160317-12.jpg
輪列周りと香箱をセット。

160317-13.jpg
組み立てに夢中になったので、ストップウオッチ機構の部分まで組んだ状態で写真を撮りました。
この状態で輪列周りはまだホゾに入っていません。

160317-14.jpg
上の状態まで組んでから、エイヤッとかぶせます。
組み立てはかなり厄介だと思います。

160317-15.jpg
角穴車と自動巻きの巻き上げ部分を組立。
Cal.70系は自動巻きの巻き上げ機構は非常にシンプルです。

160317-16.jpg
アンクルの組み付け。

160317-17.jpg
テンプを組み立てたら・・

160317-18.jpg
プルプル・・

160317-19.jpg
無事動き出しました。

160317-20.jpg
それでは日の裏周りの組み立てに入ります。

160317-21.jpg
・・・と、言っても案外こちらはシンプルなもの。
こんな感じになります。

160317-22.jpg
文字盤を取り付け・・

160317-23.jpg
針を取り付け・・

160317-24.jpg
ケースに収めて・・

160317-25.jpg
無事完成しました。

実は私はこの時代の国産クロノグラフの修理はまだ未熟です。この時計もストップウオッチ機構の不具合は解消されていなくて、まだまだ精進しなくてはならないところです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

メカニカルでストップウォッチ・・・。
複雑そう。
同じバネの駆動?!?それとも別な動力?!?
計測した後はすぐ時計が止まってしまわないのか心配。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

私の故郷にあった時計店の店主によると、セイコーの機械式クロノグラフは故障が多くてメーカーが回収したと言っていましたが、実際はどうかわかりません。
最大の特徴は時計部分とストップウォッチ機構が一体になっているので、やたらと複雑なんですよ。スイスのものだとストップウォッチ機構だけ外してしまうことも可能だから、そちらの方がメンテも楽です。

No title

いつかデイトナの記事が出てくることを楽しみにshています

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

今はものすごいプレミアがついていますが、ローレックスディトナは昭和60年代までは「質草にならないローレックス」と言われていて、質屋さんも引き取ってくれなかったんですよ。
手巻が馬鹿みたいに高いですね。持っていませんけど。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR