FC2ブログ

平成28年2月 阪九フェリーでフグと鯨を食べる旅 Vol.5

この記事はこちらからの続きです。


160215-123.jpg
大分県安心院町から東九州自動車道でひた走り・・

160215-124.jpg

160215-125.jpg
阪九フェリーの新門司ターミナルに到着しました。

160216-1.jpg
今日乗船するのは「ひびき」、初乗船です。




160216-2.jpg

160216-3.jpg
余裕を持って行動したためか、まだお客さんもそれほど多くない模様。
一般乗用車組はそれなりに集まっていました。

160216-6.jpg
クーポン券を切符に変えます。
勿論ステイ手続きをしました。


160216-5.jpg
お約束の撮影大会。

160216-4.jpg
こちらは「つくし」ですね。

160216-7.jpg
一般徒歩客は午後4時30分から乗船開始。
一般乗用車はこの時間に乗船開始になりました。

160216-8.jpg
ヒャッハー!
後から来たのに、私が一番乗りです。

160216-9.jpg
ウェーイ!ウェーイ!

160216-10.jpg
いずみ初乗船の時の事を思い出しました。(詳細はこちらをクリック

160216-11.jpg
ギュリギュリギュリギュリ・・・(タイヤが軋む音)

160216-12.jpg
更に一段上。

160216-13.jpg
かように一番乗りで入りました。

160216-14.jpg
それではまだほかの乗用車組が来ないうちに客室エリアに入ってしまおう。

160216-15.jpg
ここの雰囲気は「いずみ」と一緒かな?

160216-17.jpg

160216-16.jpg

160216-18.jpg
木をふんだんに使用しているのは「いずみ」と同様ですが、色調は「ひびき」の方が明るい印象のようです。

160216-19.jpg
それでは1階上のデラックスルームへ。

160216-20.jpg
廊下の床が黄色を主体とした色調なのは「いずみ」と一緒ですが、模様は違うような気がします。

160216-21.jpg

160216-22.jpg
部屋の中はこんな感じ。これもほぼ同じのようです。

160216-23.jpg
往路はひどい雨でした。
取り敢えず風呂に入ろう。

160216-25.jpg

160216-24.jpg

160216-26.jpg
天候はOK!
今度はちゃんと出港シーンも見ておきたいなぁ。

160216-27.jpg
まずは風呂に入って、これから下船までのスケジュールを組み立てましたよ。

160216-28.jpg
往路と違って月曜日だったこの日はお客さんも少なく、ゆったりと利用できました。
露天風呂は非常に好評のようで、皆さん利用されているよう。
一人中年の男性が「昨日大分行きのフェリーに乗ってきた、今日はこの船で大阪に行ったら、明日は豊橋で仕事がある。」
なんて喋り出したから、同好の方かな?と思ったら、船主さんに船の模型を納品する仕事をしていると言われていました。

船主(せんしゅ)の意味が分からない方もおられたようで、「船のオーナー」と言い直しておりました。
曰く、「いずみ・ひびき」はすごくお金のかかった良い船なんだとのことです。

160216-29.jpg
今日はどうやら無料コンサートはなさそうですね。

160216-30.jpg
外に出てみました。

160216-32.jpg
時刻は午後5時半を回っています。

160216-31.jpg
タラップは外されていましたが、まだトラックの積み込みが終わっていないようでした。

160216-34.jpg

160216-33.jpg
船ヲタ歴も10年越えましたが、どうやら東九オーシャンのこの船には縁が無かったようです。
浜松に居ると意外に乗りにくいのよね。

160216-35.jpg
あちらの船は・・・

160216-36.jpg
豊徳丸らしいです。ひょっとしたら初対面かもしれません。

160216-37.jpg
露天風呂から眺めていて、「ITUGI・・・イツギって何だろう?」と思っていましたが、タグボートが押すところを四角で囲っているだけなのでしたw

160216-38.jpg

160216-39.jpg
またちらちら雪が降ってきましたが・・

160216-40.jpg

160216-41.jpg
ようやく出港したようです。

160216-42.jpg
「いずみ」に乗った時、ここから手を振ってくれた陸上作業員の方がいました。
冷静に考えてみたら、ここは東九オーシャンの敷地です。
関係ないのに手を振ってくれたんだな。(詳細はこちらをクリック


「恥ずかしがらずにもっとしっかり手を振れよ。」とか、多少でも思ったのですが、あれは純粋なサービスだったんだ。



160216-43.jpg
ツンデレおじさんなんて思ってすまんかった・・・



160216-45.jpg
お詫びに乗りに来ますw

160216-44.jpg
あれは去年就航した新船だなぁ。
弁当持ち込みで今年中には利用してみよう。

我ながら、温度差がありまくりだな。

160216-46.jpg
船は小刻みに揺れながら、回頭して行きます。

160216-47.jpg

160216-48.jpg
部屋に戻る際にふと周防灘側を見てみましたが・・・

160216-49.jpg
名門大洋フェリーの第1便が見えました。

160216-50.jpg
この時点で時刻はこのくらい。

160216-51.jpg
食事にはいい時間ですな。

160216-52.jpg

160216-53.jpg

160216-54.jpg

160216-55.jpg
並んでいる人もごくごく僅か。

160216-56.jpg

160216-57.jpg

160216-58.jpg

160216-59.jpg

160216-60.jpg

160216-61.jpg
いろいろ写真を撮るのも迷惑なのかもしれませんが、なかなかチャンスが無いのですみません。

160216-62.jpg

160216-63.jpg
さて・・・

160216-65.jpg
選んだ食事はこれと・・

160216-67.jpg
これ。

160216-71.jpg
まずはビア!

160216-66.jpg
ショウガスープ。

160216-65.jpg
鶏の柚子胡椒揚げ。

160216-72.jpg
柔らかくて柚子胡椒の風味を感じる程度で胡椒辛さはちっともありませんでした。

160216-68.jpg
黒瀬カンパチの漬け。

160216-69.jpg
鶏皮煮。

160216-70.jpg
取り放題サラダが無いので、こんなサラダ。

160216-64.jpg
そしてステーキ鉄板。

160216-73.jpg
ステーキはオージービーフで少々お堅いので最初にカットを入れてもらった方が良いと思います。
(そんなオーダーにも応えてくれます。)

160216-74.jpg
ごっそーさんでした!美味しくいただきました!!

160216-75.jpg
さて・・

160216-76.jpg
後は船内見学がてら・・

160216-77.jpg
売店に寄ってみました。

160216-78.jpg
パイシュー以外のメニューが少し値下げされたかな?

160216-79.jpg
コーヒーも注文してのんびりしたら、その日は寝てしまいました。








160216-80.jpg
翌朝です。

160216-81.jpg
こんな時間に起床しました。

160216-82.jpg

160216-83.jpg

160216-84.jpg
取りあえず、眠気醒ましもかねて大浴場へ。

160216-85.jpg
おっ!ラッキー。誰もいない。

160216-86.jpg
大浴場の写真は撮れたけど、展望浴場の写真をどうしようかと思っていたら、人が入ってきました。
不審な行動はほどほどにが良いですね。

160216-87.jpg
風呂から上がるころにはもう泉大津港が近付いてきました。

160216-88.jpg

160216-89.jpg
ちょっと外に出てみよう。

160216-90.jpg
泉大津港は目の前です。やたらと船内が慌ただしくなってきました。

160216-91.jpg

160216-92.jpg
部屋に戻って荷物の整理をしたら・・

160216-93.jpg
朝食だ!!

160216-94.jpg

160216-95.jpg

160216-96.jpg

160216-97.jpg
時刻が午前6時半の着岸時刻をまわっていたため、利用者も殆どいませんでした。

160216-98.jpg

160216-99.jpg
朝食はこちらのワンコインランチ500円。
消費税アップ後もこの手のメニューは値上げを見送っていただいているようです。

160216-100.jpg
美味いなーww

160216-101.jpg
部屋に帰って、昨日の夜に買ったスィーツを食べてのんびりしました。

160216-102.jpg
そうしているうちに1時間の船内休憩が終了の時間。

160216-103.jpg
中央公室に集まって、名前と人数の確認をしたら・・

160216-105.jpg
車両甲板へ。

160216-106.jpg
この日は私たち以外にも2台、計3台がゆっくりステイを利用していたようです。

160216-107.jpg
それでは出発!

160216-108.jpg

160216-109.jpg

160216-110.jpg
ありがとうございました!!

160216-111.jpg
その後は順調に高速に入っていき・・

160216-112.jpg
お昼には浜松に戻ってきました。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます。アップルパイ以外にチョコレートのパイもあるんですね。いずみとひびきで売っているものが少しちがうのでしょうか。今度ひびきに乗船する機会があれば買ってみようと思います。

No title

一昨日いずみに乗りました。
黒瀬のカンパチの漬け、僕も食べましたw
甘辛の味付けで美味しかったですね。

共通メニューは同じ値段ですが、船ごとのオリジナルメニューは
ひびきの方が微妙に安いですね。
ひびきの焼き飯はバリうまです

No title

「TUG」、勉強になりました。多分ですが、この近辺は骨組み?が密に組んであるのでしょうね、逆に言うと違ったら凹む?
穴あきのホットカップ蓋はどちらかと言うと苦手です。大きいカップにタップリのコーヒーを注いでくれるところが有るのですが、三度目にもかかわらず「アチチッ」と(笑)。

Re: タイトルなし

あきらさん、こんにちは。

しょっちゅう阪九フェリーに乗船しているわけではないので確かなことは言えませんが、パイシュー関連のお菓子類も微妙に違う気がしています。
鉄板物は明らかに船によって味付けが違いますよ。
陸上ではこんなもの買うことはほとんどないのに何をしているんだろうかと自分でも思ってしまいます。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

タグボードで押す部分は車でいうならジャッキアップポイントのように補強しているのでしょうね。
コーヒーは蓋があるのはちょっと怖いです。買おうとしないからそんな先入観もなかなか変わりません。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

「バリうま」は久しぶりに聞きました。博多の方言ですが、年配の人に言わせると若者が使いだした言葉と言うことらしいですよ。北九州では「デタンうまいき!」になります。
「やまと・つくし」に乗りたいのですが、最近はご無沙汰です。

No title

卵かけご飯は、卵をよーーく溶いたものを掛けると
美味しいですよ。ww(^^♪

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

卵かけごはん一つにしても、いろいろな考え方があるのは楽しいです。
ご飯にかける前によくかき混ぜるのですか?今度試してみます。

No title

boatさんご無沙汰しております。

3月末の春休み期間中に満員御礼のひびきに乗船しました。そのためレストランも大行列。ステーキ鉄板が飛ぶように売れてましたよ。そういえば、乗船手続き中に後ろに並んでいたトラ乗りさんが野菜鉄板が神戸便だけになったようだと嘆いてました。たしかに、メニューに野菜鉄板がなかったような。

アップルパイおいしいですよね。阪九フェリーの朝ごはんはカレーを選択してます。

Re: No title

いっちーさん、こんにちは。

こちらこそご無沙汰しています。
野菜鉄板はこの時の乗船時も無かったような記憶がありますが、その時は売り切れたのかと思いました。
少し前の話になりますが、朝ご飯のメニューは現在よりも高めでした。ご飯、みそ汁、それからあと一つおかずを頼むと1000円に迫っていました。
アンケート用紙に朝ご飯について「大変かもしれませんが、値下げしてくれた方が利用しやすいです。」みたいな事を書いてみたら、しばらくして値下げになりました。私の意見が通った!とは思いませんが、ドラさんたちもアンケート用紙に書くくらいの事をしたら良いと思いますね。彼らは超!お得意様です。

神戸航路と泉大津航路は朝食メニューが異なります。神戸航路は少し変更があったようなので、出来れば早めに乗って確認したいです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR