FC2ブログ

平成28年1月 総員起こしを訪ねる旅 Vol.2

この記事はこちらからの続きです。


160117-69.jpg
神戸港を出港して40分程度で明石海峡大橋が見えてきました。

160117-74.jpg
このモニュメントが気にはなるのですが、ここでかぶりつきで見てみることにしました。






160117-71.jpg

160117-72.jpg

160117-73.jpg

160117-75.jpg

160117-76.jpg

160117-77.jpg

160117-78.jpg

160117-79.jpg

160117-80.jpg

160117-81.jpg

160117-82.jpg

160117-83.jpg

160117-84.jpg

160117-85.jpg

160117-86.jpg

160117-87.jpg
実際にくぐるころにはギャラリーは増えていました。

160117-88.jpg

160117-89.jpg
こんな感じでした。
結構寒かったから、最上階のデッキに上がってみている中で一番の年寄りは私でした。

160117-90.jpg
先ほどのタンカーはあのあたり。

160117-91.jpg
後は静かな船内で横になってぼんやりしてしました。

160117-92.jpg
多少はまどろんだようで、気が付いたら小豆島付近まで来ていました。

160117-93.jpg
時刻はこのくらい。

160117-94.jpg
そう言えば着岸するところをじっくり見たことは無かったな。

160117-95.jpg
小豆島はまだ遠いように思ったのですが、下船する人たちはもう車両デッキの方へ移動しているようでした。
小豆島の坂出港の人道橋が浚渫工事のため使えないとのことで、車両甲板からの下船を促していました。

160117-96.jpg
小豆島で下船する人たちが動き出した時間でも、まだ岸壁は向こうの方。

160117-97.jpg

160117-98.jpg
船尾側をスライドさせるように着岸しました。

160117-99.jpg
確かに工事をしているようですね。

160117-100.jpg
そう言えば、このエリアはあんまりよく見てなかったな。

160117-101.jpg
こんな所に居ると「小豆島で下船ですか?」と声をかけられました。「いいえ、写真を撮っているだけです。」と正直に答えたら、「あっ」みたいなリアクションをされてしまいましたw

160117-102.jpg
船内はと言うと・・・

160117-103.jpg
こんな感じ。
ガランとしています。

160117-104.jpg
そしてこの時間になると・・

160117-105.jpg
静かに出港しました。

160117-106.jpg

160117-107.jpg

160117-108.jpg

160117-109.jpg
この日は午後にかけて天候が悪くなるのです。
出来たら道中は雨に降られたくないなぁ。

160117-111.jpg
桟敷席でのんびりしていましたが、正午だなと思うと、急に腹が減ってきました。

160117-110.jpg
先ほど売店で買い求めた小豆島のパンを頂きました。

160117-112.jpg
ムシャムシャ・・

160117-113.jpg
後は何となく目が冴えて、桟敷席で横になって、天井の石膏ボードの模様を眺めていましたが、気が付くと高松港港外まで来たようです。

160117-114.jpg

160117-115.jpg
もうそろそろだな。

160117-116.jpg
最上階に上がって、進路方向を見てみたら・・

160117-117.jpg
もうすでにそこまでに迫っています。

160117-118.jpg
この時点で初めてこのフロアに人工芝みたいなものが貼られているのに気付きました。
前回乗船の時はまぶしかったもんね。(詳細はこちらをクリック

160117-119.jpg

160117-120.jpg
着岸シーンを観察するの図。

160117-121.jpg
ここまで来たら、そろそろ車両甲板へ行こう。

160117-122.jpg

160117-123.jpg
車両甲板まで来てみました。ガランとしていました。
どうやら私が乗船時、客室層に上がっていった後に新たにトラックやシャシーが積み込まれてはいなかったようです。
この便に限っては赤字運航だったろうな。

160117-125.jpg
下船後の食事場所に目的地をセット。

160117-124.jpg
まだ雨が降っていなかったので、屋根を開けて待つこと暫し・・

160117-126.jpg
無事午後12時半定刻に高松東港に降り立ちました。

160117-127.jpg
そのまま最寄りの高速道路へ。

160117-128.jpg
ギィィィーン!
昼間だと寒さもそこそこ。
ヒーターを効かせると気持ちが良いくらい。

160117-129.jpg
高松周辺はそこそこ車も居たのですが、西に行けば行くほど高速道路利用者はかなり減って来ます。

160117-130.jpg
今治道へ入ると遥か彼方まで車がいないくらいでした。
愛媛に居た頃は高速道路はもう要らないんじゃないかくらいの感覚でした。静岡に居ると慢性的に自然渋滞が発生するから住む場所でそういう感覚もすごく変わるなぁ。

160117-131.jpg
今治市内に入りました。
あと少しで10円寿司に到着です。

あの10円寿司の大将に合えるぞ!と思って現地に到着してみたら!!

160117-139.jpg
閉まっていました。(泣)
何だか長く閉まっている雰囲気だったので、嫌な予感がして旅行後調べてみたら、昨年体調を壊して亡くなられたようですね。
一応最後に利用した時の様子をリンクさせておきます。(詳細はこちらをクリック

160117-140.jpg
とほほほ・・いつかこんな日が来るんだろうとは思っていましたが、悲しいなぁ。
腹減ったよう。代わりの店を考えてなかったけど、なんか食べたい。

160117-141.jpg
取りあえず、JA今治の直営店まで来てみました。

160117-142.jpg
そーいえば、ここには食堂があったな。
幸い開いているみたいだし、ここで食べよう。

160117-144.jpg
時間が時間だけにアラカルト方式で選ぶ惣菜もかなり数を減らしていましたが、今回選んだものはこちら。

160117-143.jpg
1品1品は安くても適当に選ぶとそれなりの値段になるのね。
すごく腹が減ったことも手伝って、美味しくいただきました。御馳走様でした。(後でちょっとのどが渇きましたw)

160117-145.jpg

160117-146.jpg
そして、ちょっとだけ店の中を見学。
「たまみ」なんて商品も出てきたのね。まだ県外ではあまり見ない品種だな。

160117-147.jpg
腹が膨れて安心した。今日の宿泊地へ向かおう。今治から山の中のワインディングを通って松山方面へ。

160117-148.jpg
松山市内に入りました。
路面電車も更新されているようです。

160117-149.jpg
運よく坊ちゃん列車に遭遇しました。
私が愛媛に居た頃は乗車料金以外の料金が必要で、しかもそれがかなり高額(1000円!)だったため、観光客さえ敬遠する列車でした。
さすがに伊予鉄も考え直して現在は乗車料金に300円プラスで乗ることが出来ます。

160117-150.jpg
もうちょっと走っているともう1編成やって来ました。
この日は日曜日だったからかな。2編成ある両方とも見ることが出来たのはラッキーな気がする。

160117-151.jpg
松山市内はそこそこ渋滞もあって、時間を食いました。
雨も降って来たし・・ 暗くなる前にもう少し見たいものがあるよう。

160117-152.jpg
・・・と言うことで、何とか松山市郊外の住宅地にやって来ました。
車の向こうにある建造物・・

160117-154.jpg
これは掩体壕です。
住宅街の中に埋もれる掩体壕は是非に見たかったんだなぁ。

160117-153.jpg
保存状態も良好。この掩体壕は農業倉庫として使われているようです。
持ち主が羨ましい・・

160117-155.jpg
まだほかにもあるはずww お願いだから雨降らないでwww

160117-156.jpg
更にわかりにくい住宅地の中にもう一つ発見。
この掩体壕は写真のクリーム色の壁の家の敷地の中に入っていて、車庫として使われているようです。良いなぁwww

因みにかなり日が暮れていていたのと、道路も離合困難な位狭い住宅地の中だったので、正面側からは見ることが出来ず。

160117-157.jpg
そして、もう一つ発見。
こちらは事務所?のようにして使われている模様。

160117-158.jpg
端っこの方が削られているのは・・

160117-159.jpg
こういう事です。道路を広げるため少々削った模様。
これら3つの掩体壕以外に4つ目が存在するらしいとのことですが、この3つでさえ事前に場所をしっかり調べないと見つけにくいもの。4つ目を探すには至りませんでした。(平成28年2月の時点で現存しているかどうかも不明でした)

160117-161.jpg
実はすぐ傍には松山空港があります。
戦後しばらくはいくつも掩体壕があったのですが、昭和50年代に宅地化が進んだ時に取り壊されたようですね。
でも、この3つは保存状態は良好、良いオーナーにも巡り合っているようにも思えるので、残ってくれるかな。

160117-160.jpg
やれやれ、何とか日が暮れないうちに掩体壕を見ることが出来て良かった。伊予市はもうすぐそこ。

160117-162.jpg
今日の宿泊施設つたや旅館に到着しました。





この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

10円寿司が閉店されたのは初めて知りました。
残念ですね。

陽のあるときに明石海峡を通過するのはジャンボだけになりましたね。
苦しいときを乗り越え今はなかなかいい感じだそうです。

No title

気になるとおっしゃっていたモニュメントは、ジャンボ・トらやん。ああ見えて船長のようです(笑)。ジャンボフェリーのwebにもでていますよ。ジャンボフェリーは一度だけの乗船ですが、深夜便のみに設定される個室を利用しました。エンジンルームからの振動が凄かったです。

No title

つたやさん、久々の登場ですね。

きよみオレンジを売っていますね。産地ですね。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

10円寿司、残念でした。娘さん夫婦か息子さん夫婦が手伝っているようでしたが、さすがに材料費込で1貫14円の寿司を続ける気にはならなかったのでしょうね。

ジャンボフェリーはあまりに乗客が少なくて心配しましたが、全体として黒が出せているなら素晴らしいことです。
船を更新する費用も出せたら嬉しいですね。

Re: No title

いっちーさん、こんにちは。

「ジャンボ・トらやん」のカタカナも中途半端な感じで1度調べようとしましたが、何だかよく分からなかったのでそれっきりです。ジャンボフェリーのシングル個室を利用されたのですね。
以前は乗用車込のお客さんの身だったようですが、今は一般徒歩客もOKなのでしょうか?
深夜便は2回だけ利用したことがありますが、休むには時間が中途半端過ぎて、ついついおれんじホープに流れてしまいます。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

つたや旅館さん以外にも面白い宿泊施設があるのは調査済みですが、今回はミリタリーテイストを濃くたためこちらに宿泊しました。
続編を楽しみにしていてください。

おはようございます。10円寿司なくなってたんですね。。。さいさいは一度いってみたいと思っているのですが、なかなか機会がありません。宇佐の壕を以前ご紹介頂いておりましたが、松山にもあったとは初耳でした。

Re: タイトルなし

あきらさん、こんにちは。

10円寿司閉店は残念でした。もしかしたら、あの建物は10円寿司で建てた建物だったのかもしれませんね。
本当にお疲れ様でしたと言ったところです。
松山の掩体壕は住宅街の中に埋もれるようにあります。農業倉庫として使っているもの、事務所?として使っているもの、車庫として使っているものの中で車庫にしているものが一番羨ましいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR