FC2ブログ

平成27年11月 フェアウェル!フェリーきたきゅうしゅうの旅 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。


151129-1.jpg
翌朝です。
午前4時30分に船内放送がありました。

151129-3.jpg
外に出てみると・・





151129-2.jpg
もう北九州の町の光が見えていました。

151129-4.jpg
インフォメーションの所のホワイトボードを確認しに行きましたが・・

151129-5.jpg

151129-6.jpg
良かった。ちゃんと貼ってくれた。
これは自分にとって良い記念になりました。

151129-7.jpg
そろそろ下船の準備をしなくてはなりません。忘れ物が無いか確認しましたが、入浴剤は使うあてはないけど、持って帰ることにしました。

151129-8.jpg
やがてフェリーきたきゅうしゅうは静かに新門司港港内に入港したようです。

151129-9.jpg
名門大洋フェリーの新門司ターミナルは新船就航に伴って新しくなるようですね。

151129-10.jpg
古い方の乗船ゲートには豪快に階段があったから(詳細はこちらをクリック)、確かにバリアフリーが優先される現代の時代の流れにはそぐわなかった感じでした。

151129-13.jpg

151129-14.jpg
着岸後はまず一般徒歩客からの下船開始だそうで、しばらく待ってから車両甲板へ。
この搭乗ゲートが使われるのは今日が最後のはず。

151129-15.jpg

151129-16.jpg
車に乗り込むとほどなくして私たちが下りる番が来ました。
このブログを始めるよりも遥か以前、第1便を利用した時にやたらと下船に時間がかかるなと思ったら、シャシーの置き方の問題ですべての一般乗用車がS字クランク状に何回も切り返さないと下船出来ないことがありました。
あの時はまいったな、その後ガクッと名門大洋フェリーの利用頻度が落ちてしまいました。

151129-17.jpg
あー、これで最後だ。

151129-18.jpg
この後姿を撮ったから、そのまま走っていこうかと思ったのですが、もう逢えないかもしれないと思ったからちょっと駐車スペースに車を止めて・・

151129-19.jpg

151129-20.jpg
このアングルで写真と撮りました。
同業者さんが他に2人ほど居ましたよ。

151129-21.jpg
それではまずは朝食を摂りに行こう。
ジョイフル大分佐賀関店へ目的地をセット。

151129-22.jpg
ズズズズズ・・・

151129-23.jpg
東九州自動車道も一部一般国道を経由する必要がありますが・・

151129-24.jpg
ゴゴゴゴゴ・・・
かなりの部分が開通しました。
随分移動時間が短縮できるようになりましたよ。

151129-25.jpg
大分県に入ると少し標高の高い所を通るからよく霧がかかります。
霧による交通規制も比較的高頻度でありましたが、冬場はチェーン規制も良く入った記憶があります。

151129-26.jpg
霧の中を延々と走るのは嫌だなぁと思ったら意外に直ぐに晴れました。

151129-27.jpg
別府だ。湯煙だ。
今回はパスだ。

151129-28.jpg
やがて国道197号線。愛媛街道を走って・・

151129-29.jpg
佐賀関のジョイフルに到着。
なんでわざわざこんなところまで来たのかと言うと・・

151129-30.jpg
このファミレスはオーシャンビューなんですよ。

151129-34.jpg
名門大洋フェリーの新門司港ターミナルを出発して2時間半足らずで到着してしまいました。
少しだけ待ってオープンと同時に入店。

151129-35.jpg
フリードリンク付きの朝食をオーダー。
最初に甘い抹茶ラテを頂きました。普段は好んで飲む気にはならないものもフェリーでの長旅と長距離運転の後だとじんわり体に染みる感じがして美味しいです。

151129-36.jpg
メインのプレートはこちら。
前回利用したもの(詳細はこちらをクリック)とは魚の種類が違う意外ほぼ同じものですね。

151129-37.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

151129-38.jpg
それでは出発しよう。
フェリーヲタの方なら次の目的地がどこかはだいたい想像がつくと思いますが・・

151129-39.jpg
僅か10分足らずの運転で到着しました。
国道九四フェリーの佐賀関ターミナルです。

151129-40.jpg
ターミナル母屋で切符を購入の図。

151129-41.jpg
午前10時出港の便の予約をしていましたが、午前9時発の便に乗ることが出来ました。
インターネット予約だと5%の割引が効きます。
予約便より早い便に乗ったとしても割引は有効でした。

151129-42.jpg
午前9時の便に乗れないのなら、余裕が出来るから佐賀関の町をちょっとぶらつこうと思ったんですけどね。
それでも後の行程がずっと楽になるから良いか。

151129-43.jpg
それではほどなくして乗り込みます。

151129-44.jpg

151129-45.jpg

151129-46.jpg
私の車の後は大型トラックが1台入って来たのみでした。
この便に限っては利用者は多くは無かったようです。

151129-47.jpg
上の階に上ってきました。
船首側には椅子席。

151129-48.jpg
売店もあります。
船尾側に桟敷席がありました。桟敷席はすでに何人か横になってくつろいでいたから写真は無し。

151129-61.jpg
桟敷席の所にはこんな手作りマップがありました。カラーコピーですね。
ひょっとしたらこの航路は結構儲かっているのかな。

151129-49.jpg
さらに上の階もあります。

151129-50.jpg
その船首側に1等席がありました。
桟敷席で横になるのが一番楽だからそうそう利用客もいないのではないかと・・

151129-51.jpg
その1等席の後ろの展望室から外へ。

151129-52.jpg

151129-53.jpg
定刻午前9時よりもやや遅れて出港したようでした。

151129-54.jpg
その後は桟敷席でちょっとだけ横になって・・

151129-55.jpg
豊後水道に入ったことだし、そろそろ遼船との反航があるのではないかと外に出てみたところ・・

151129-56.jpg

151129-58.jpg
左舷前方に目を凝らしてみてもそれらしい影が見えません。

151129-57.jpg
あれ?もしかしたら・・

151129-59.jpg
ファー!
ちょっと遅かったのでした。

151129-60.jpg
くそー!次だ次。国道九四フェリーは3隻体制で運航しています。
今度は逃さないでおこう。

151129-62.jpg

151129-63.jpg

151129-64.jpg
豊後水道はさすがにたくさんの船が行き来しているのでした。
そういうものを見ているのも案外楽しくて・・

151129-65.jpg
この時刻になると・・

151129-66.jpg

151129-67.jpg
四国佐多岬が近くに見え始めました。

151129-68.jpg
佐多岬灯台ですね。

151129-69.jpg
その足元にはこんな穴がたくさん開いています。
第2次大戦まであった佐多岬要塞の跡です。
水上艦艇を攻撃する目的で作られた前近代的なものであったため、第2次大戦時にはすでに時代遅れになって侵入する敵国航空機や潜水艦にはなす術が無かったのだそうです。
(下船後要塞を間近に見てみることも考えましたが、よくよく調べてみると自衛隊などでレンジャー経験が無いと近寄れないくらいにアプローチが厳しいようでした。)

151129-70.jpg
やがて岬のフェリーターミナルもすぐそこくらいになってくると・・

151129-71.jpg
見えてきましたねw



この記事の続きはこちらをクリック。







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

94国道フェリーはむちゃくちゃ儲かっているようです。
やはり四国〜九州では最速なのが他社を押しのけて
アドバンテージがありますね。

おれんじ。。先週風に流されて八幡浜のドッグに衝突してしまいましたね。
現在入院中だそうです

No title

ジョイフル定食。素晴らしい。素朴でも、品数栄養等。

最近見なくなったこの手の定食。通だね。

No title

こんばんは。佐田岬にこのような要塞があるのを初めて知りました。まだ残ってるんですね。。。。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

国道九四フェリーをウィキペディアで調べてみると、以前は航路維持に苦労していたようにも見えるのですが、今は儲かっているんですね。
良いんだか悪いんだかわかりませんが、伊方原発の交付金で国道194号線が走りやすくなって、一気に三崎まで行けるようになったのが大きいのだと思います。
八幡浜市内を抜けて港に行くのは案外時間がロスします。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

ジョイフルは大分県に拠点があるファミリーレストランです。
やや安めの値段設定で、学生時代時々お世話になりました。外食産業は激安商品が時々あるので判断基準がぶれてしまいますが、フェリー内のレストランの朝食内容が期待できない時は使用するようにしています。(こんな事を言ってはかわいそうな気もしますが・・)

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

佐多岬要塞は戦後連合軍によって破壊されたようです。そのためアプローチが厳しいようです。
確か佐賀関側にも要塞跡はあったと思いますよ。
嫁さんとお付き合いしていた時、道に迷ってたどり着いた覚えがあります。その頃から変な所ばかり行っていました。

No title

定食のリンク先が違う様ですよ。

北海道にジョイフルはないと思います。
定食も年々高くなっている気がします。

No title

おはようございます。

ジョイフル、私も今事故で話題の九四オレンジフェリーの深夜便に乗船する前の時間つぶしや
(現在、八幡浜店は24時間営業ではなくなりましたが)、
宿毛フェリー乗船前に佐伯駅前店で朝食を食べたりと、いろいろお世話になった思い出があります。

私は特段ジョイフルのファンではないのですが、旅で利用したファミレスってジョイフル以外に思い当たりません。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

リンクミスの指摘ありがとうございました。校正しました。
ジョイフルは少しずつ全国に店舗を増やしていますね。多分そのうち北海道に上陸するのではないでしょうか?

この間のバスの事故でも言われているのですが、安いは安いなりの理由があると思っています。
食品関係はあんまり安すぎるものは用心して手を出さないようにしています。

Re: No title

グレープフルーツさん、こんにちは。

ジョイフルは学生時代にお世話になりました。ロイヤルホストやすかいらーくよりも安価で財布にやさしかった印象でした。
すかいらーくがガストの展開を始めたとき、「安いけど見た目がしょぼすぎる!」と経営側が思うほど実績が伸びなかった覚えがあります。その時にジョイフルを見直しました。

そんな事を言っている私ですが、21世紀に入ってジョイフルを利用したのはまだ2回だけです。

No title

お安いのは、将来の保険料が入ってない品。
お高いのは、起因する病気になりにくい品。

と、いうことだと思えるように成りました。

勿論、多少なりとも極端な表現ですが。。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

最近の輸入食品でも原産国(原材料の生産国)は書かれていても、生産国が書かれていないものがありますよね。
あの手のものは特に気を付けるようになりました。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR