FC2ブログ

BMW E46 318i 冷却水漏れ 社外品 ラジエター Vol.3

この記事はこちらからの続きです。


平成22年お正月、午後から浜松市動物園に行きました。
正月に行くのはその三が日の期間中だけ甘酒と豚汁を無料で振舞ってくれるからです。

この日もさくっと家族サービスを済ませて家路についたのですが、自宅近所になって突然懐かしい冷却水漏れの警告灯が点きました。
やれやれ、まだ直っていなかったのかな?とボンネットを開けてみるとボンネットフードのインシュレーターが冷却水で濡れていました。
これまでのサブタンクからの冷却水漏れでの症状ではないことは明らか、よくよく見てみるとヒーターホースが外れていました。そこから冷却水が吹き出たのですね。

318エンジン
ヒーターホースの場所は上の写真では分かりにくいでしょうから、新たに矢印をつけておきます。

318ヒーターホース

・・・分かりにくいですね。拡大写真を貼っておきます。
318 ヒーター拡大
これですね。手前のオイルエレメントケースを外さなくてもかろうじて手が届きます。
最初はここをつなぎ直せばいいのかな?と簡単に思いましたが、どうも様子がおかしい・・・
ホースの受け側がやたらと短いのです!ホースバンドはしっかり締まっていて、その根元から折れていたのでした。(例によって写真なし)

エンジンブロックからのヒーターホースの取り出し口もなんと樹脂で出来ていました。
エンジンブロックなんてもろに熱を持つところ。なんでこんなところにも樹脂を使うんだろうと思いましたが、わずかに残ったホース出口をホースをつなぎ直し、ほうほうの体で修理工場へ行きました。
遠出しているときにこんなことが起こったら車を置いて帰らなくてはなりません。高速道路上だったら下手をするとエンジンを焼きつかせていた可能性もあります。
自宅近所の一般道路上であったというのは不幸中の幸いでした。

この件より、嫁さんが運転した直後やちょっとした長距離運転の後は必ずボンネットフードを開けて冷却水漏れをチェックするようになりました。
・・・というか、ここまでトラブルがあったら買い直しを考えるのかもしれませんが、執念深い私は何とか乗り続けようとしたのであります。


この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR