FC2ブログ

平成27年10月 上野天神祭と旅籠宿に泊まる 前編

151024-1.jpg
時刻はこのくらい。

151024-2.jpg
今回は題目の通り、通常の?旅行に行くことにしました。


151024-3.jpg
土曜日の午前中のお習い事が終わったら子供を回収。

151024-4.jpg
目的地を三重県上野市にセット。

151024-5.jpg
浜松西ICより東名高速道路に流入!

151024-6.jpg
ゴォォォォォォ・・・

151024-7.jpg
ゴォォォォォォ・・・浜名湖付近通過中。
私のベンツよりも設計時期が20年以上新しいから風切り音も静か。

151024-8.jpg
この時間になったので・・

151024-9.jpg
刈谷PA道のオアシスで休憩することにしました。

151024-10.jpg
何だか人気の施設のようで華やいでいました。

151024-13.jpg

151024-14.jpg
こんな売り物を見たら「ああ、中日ドラゴンズの本拠地に居るんだな。」と思ってしまいます。

151024-11.jpg
ここでは子供はラーメンを・・

151024-12.jpg
私はきしめんと天むすセットを食べました。天むす1個は子供用です。

151024-15.jpg
それでは上野市に向かって出発。

151024-16.jpg
心配された四日市周辺の渋滞も無く、無事この時間には上野市に到着しました。

151024-17.jpg
10月の23日から25日までは上野天神祭があります。
平成27年はうまく週末にぶつかったためかなりの人出が予想されました。
私たちも中心地からはちょっと外れた市営駐車場しか車を止めることが出来ませんでした。

151024-18.jpg
まずは上野城址へ。道すがらに止めてあった原付スクーターのナンバープレートはかように面白いデザインのものが採用されていました。

151024-19.jpg
ふぅふぅ・・

151024-20.jpg
天守閣付近まで上り詰めてみると・・

151024-21.jpg

151024-23.jpg
こーゆーものがあるのは全国的な傾向のようですね。
海外からの観光客もいらっしゃるようですが、どんな感じに見えるんでしょうかw

151024-22.jpg
それでは今日はあまり時間も無いので伊賀流忍者博物館へ。

151224-7.jpg
まず最初に記念撮影。
私は頭を突っ込んでいるのですが、他の観光客の皆さんには受けていました。

151024-24.jpg
こんなマネキンの横に立って写るのも楽しいようですね。

151024-25.jpg
伊賀流忍者博物館は伊賀市の山奥にあった古民家を移築したものを忍者屋敷風?に改装したもののようです。

151024-26.jpg
迷彩色の忍者ファッションの職員さんが仕掛けの数々についてプレゼンテーションしてくれました。

151024-27.jpg
暗がりの中で監視しているとこちらからは見えないものだよの例。

151024-28.jpg

151024-29.jpg

151024-30.jpg
こんな抜け道があったり・・

151024-31.jpg
この隠し戸棚は上に障子を持ってくると開かないらしい。
効率的な攻撃方法を考えるとこの屋敷ごと燃やしてしまったらそーゆーのって気休めでないかい?

151024-32.jpg
それからちょっとした展示物を見たり・・

この後別料金300円を払って忍者ショーを見て楽しみました。
ショーがあっている最中は撮影禁止なので写真はありませんが、子供が一番前の真ん中に座ったため多少エキストラの役をさせてもらって楽しめたようです。

151024-33.jpg

151024-34.jpg
その後その気になって余興に講じるの図。(別料金なんですけど)

151024-35.jpg
10月も下旬となると日が傾くのも早いです。
それでは宿泊施設に移動しよう。

151024-36.jpg
伊賀上野市内に宿泊したいところがありましたが、今回は2か月近く前に予約したのですが満室で無理とのこと。
中心地から約13キロほど離れた伊賀上野市青山町まで移動です。

151024-37.jpg
交通規制のある中心街を抜けるのに苦労しましたが、そこを抜けると後は非常にスムーズ。

151024-38.jpg

151024-39.jpg
伊勢慶旅館に到着しました。

151024-40.jpg

151024-41.jpg
部屋はと言うとこんな感じ。
町屋建築らしく、間口が狭くて奥行きがやたらとある建物です。通りに面した側は工事関係の長期宿泊者さんがいた模様。私たちは一番奥の部屋になりました。

151024-42.jpg
それではちょっとだけ散歩をしよう。ここは初瀬街道阿保宿の宿場町だったところです。
いかにも宿場町だった風情を感じることが出来ますね。

151024-43.jpg
ただ田舎にあるだけに後継者のいない家は売りに出されるようです。
浜松市内にあるのなら是非に私が購入して住みたいなぁ。

151024-44.jpg
しばらく歩くと常夜灯が残っているのも確認できました。
それでは引き返そう。

151024-45.jpg
途中こんな自転車屋さんもありました。
不良在庫品に近いような新車のMTBが多数置いてあったので、気になる方はどうぞ訪れてみてください。

151024-46.jpg
30分も散歩していないのですが、戻ってきたらこんなに日が暮れていました。

151024-47.jpg

151024-48.jpg
実はこの旅館、初瀬街道で唯一営業を続けている旅籠宿です。
見てわかるように現代風にアレンジして使い勝手を良くする努力もなされています。

151024-49.jpg
先ほどは荷物を運んだり車を駐車場に置きに行ったりで大変だったから、改めて紹介。
中はこんな感じです。

151024-50.jpg
階段の位置も昭和の時代に変更したらしいですね。
そこを昇っていくと・・

151024-51.jpg
通りに面した側には3つくらいの部屋があるようです。

151024-52.jpg
その先を進むと・・

151024-53.jpg
何故か廊下はまっすぐでは無く、写真に出した以外にも何度も折れて中に進んでいき・・

151024-54.jpg
私たちの部屋にたどり着きます。
(個人的には)こちらの方が忍者屋敷っぽい感じです。

151024-55.jpg
風呂に入って一息ついたらこんな時間。
食事に行こう。

151024-56.jpg
食事会場は1階の玄関の横。和風モダンな空間に仕上げられていました。

151024-58.jpg
食事はと言うと10月下旬と言うこともあって鍋料理でした。

151024-57.jpg
内容はこんな感じ。

151024-59.jpg
子供はつみれを入れるのが楽しいらしく、煮えた鍋にドボンッドボンッッと入れてくれましたw

151024-60.jpg
その他はこのお造り。

151024-61.jpg

151024-62.jpg
ちょっとピリ辛でしたが、塩辛過ぎず、ちょうど良い塩梅。

151024-64.jpg
お米は伊賀の「つやひかり」と言う品種を使っているとかで・・

151024-63.jpg
子供はかなり気に入っているようでした。

この旅館は現在は工事関係の長期宿泊者も受け入れるような安めの値段設定です。
特にデザートは無く、これでお終い。美味しゅうございました。御馳走様でした。

151024-65.jpg
部屋に戻ったらこの時間で・・

151024-66.jpg
非常に不覚にも私だけ先に寝てしまいました!


この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR