FC2ブログ

平成27年10月ジャンボフェリーで徳島出張 Vol.1

151003-1.jpg
時刻はこのくらい。

151003-2.jpg
午前3時前に起床。
最近恒例になっている秋の四国出張に行きました。


151003-3.jpg
この日はの前日は夜11時まで仕事をしていました。
寝坊してはまずいので、すでに荷物は積んでおきました。この車で出発です。

151003-4.jpg
午前3時過ぎに職場で同僚を拾って目的地をセット。
写真を見てわかるようにジャンボフェリーの神戸ターミナルへ出発です。

151003-5.jpg
いつものように(ETCの深夜割引が適用になる)午前4時前に浜松西ICから東名高速道路に流入。

151003-6.jpg
ゴゴゴゴゴ・・・

151003-7.jpg
ズズズズズズ・・・・

151003-8.jpg
だんだん夜が明けていく様はなかなか綺麗でしたが、今回はとにかく眠かったです。
中間地点辺りの新名神土山SAまで必死に運転しました。

151003-9.jpg
・・・と言うことで、土山SA到着。

151003-10.jpg
この時間帯だと、長距離トラックや夜行バスが多数休憩をしていました。
トイレに行くと若い人たちが半分眠りながら歯を磨いているので、ちょっと笑えました。きっと夜行バスに乗っていたお客さんでしょうね。

151003-12.jpg
車を出したのは俺だからな。SA内にあるコンビニで同僚にコーヒーをおごってもらいました。

151003-13.jpg
コンビニコーヒーを飲むのは実はこれが初めて。
小さな穴の開いた蓋をしたまま飲むのはコツがいるのね。熱いコーヒーがドバっと口の中に入って来そうで緊張しました。

151003-14.jpg
背伸びして、コーヒーを飲んだらすっかり目が覚めたぞ。神戸に向かって出発だ。

151003-15.jpg
ドドドドド・・・・

151003-16.jpg
ズズズズズズ・・・・
空が明けていくのを見ながらの運転は結構楽しいのです。

151003-17.jpg
そうやって順調に西宮料金所を通過。

151003-18.jpg
去年は東名高速愛知県内の渋滞頻発区間で故障車渋滞に捕まり時間をロスしましたが(詳細はこちらをクリック)、今回は予定通りに移動できました。

151003-19.jpg
無事ジャンボフェリー神戸ターミナルが見えてきました。

151003-20.jpg
私たちが到着する頃に宮崎カーフェリーが着岸しようとしている頃でもありました。

151003-21.jpg
今回も乗船待ちの乗用車がたくさん止まっています。果たしてこのうち何台が高松まで行くのだろう・・・

151003-22.jpg
フェリーターミナルの中に入ってみました。
こういう事を言うのは大変失礼かもしれませんが、ジャンボフェリーらしからぬ綺麗なターミナルです。

151003-23.jpg
私はITSサービスでETCカードを介して手続きを終えていましたが、ターミナルでしなくてはならない用事もありました。
これです。四国まるごとドライブパスで事前にしておいた予約番号を書いておく必要があったのです。
これだとフェリーで四国に上陸した車両は週末は2日間3900円で四国内の高速道路乗り放題となります。

151003-25.jpg
手続きを終わらせた時点でこんな時間。
前回のように時間にロスがあるとちょっと困ったことになったので安心しました。

151003-24.jpg
安心ついでに無駄かもしれませんが、一応こんな写真も撮っておきましょう。

151003-26.jpg
そんな事をしていると乗船開始になりました。

151003-27.jpg
誘導したのはこちらの方。自転車に乗って「ついて来てくださーい!」と言うとぞろぞろと乗用車がついて行きました。
こういう誘導方法は初めてだったので笑えました。

151003-28.jpg
乗船ゲートを昇る時はいつも心の中で「バンザーイ!バンザーイ!」とか「ヤッター!ヤッター!」とか叫んでいます。
顔はきっとにやけていることでしょう。


151003-29.jpg
ギュリギュリギュリギュリ・・・・(甲板の上でタイヤが軋む音)

151003-30.jpg
こんな感じで駐車しました。

151003-31.jpg
それでは客室の方へ向かおう。

151003-32.jpg
1階上がって見下ろしてみたらこんな感じ。

151003-33.jpg
去年は残暑が厳しかったのですが、今年はかなり涼しかったです。

151003-34.jpg
桟敷席はまだそれほど人が居ないようでした。

151003-35.jpg
船首側の公室エリアに向かうと・・

151003-36.jpg
去年はこんな写真は無かったかな?

151003-38.jpg
こんな椅子席もあるのですが・・

151003-37.jpg
これもww
午前0時頃発の便は上り下りともかなりのお客さんが乗るらしいですな。

151003-39_edited-1.jpg
売店を見てみました。
去年はこんなにショーケースが張り出していなかったよな?と思ってこの旅行記を作っているときに気付いたのですが、去年は「こんぴら2」に乗船していて、今年は「りつりん2」だったようでした。

151003-42.jpg
これは今年から売り出したものかな?

151003-43.jpg
このサブレは半額と言うこともあって飛ぶように売れていました。

151003-41.jpg
これは多分、ショーケースを隠すための布なんでしょうけど、赤い錨のマークがちょっとおしゃれな感じ。
売店の人に「これください。」とか言って困らせてみようかなw

151003-40.jpg
うどんのコーナーもまだやっていないようなので・・

151003-44.jpg
こちらの船首側の椅子席に座って待つことにしました。

151003-45.jpg
こちらの「りつりん2」の椅子席はこんな生地を使っていました。
去年の旅行記をチェックしてみたら「こんぴら2」も同じ柄でした。気付かなかったところを見ると去年は渋滞にはまった影響で余裕がなかったのでしょう。

151003-46.jpg
それでは定刻午前8時には・・・

151003-47.jpg
出港しました。

151003-48.jpg
出港とともに売店も営業を開始した模様。

151003-50.jpg
売店横のドライバー室の様子を写真に撮ってみたり・・(怪しいですねw この奥まったところにかつてドライバーさん専用だった男性用大浴場があるのを言いたかっただけなんです。)

151003-49.jpg
それでは適当に空いてきたのでうどんを食べよう。
午前3時から行動してきたから腹が減りました。

151003-51.jpg
今年は肉うどんを食べました。
お肉が少ないように見えますが、一カ所に深く沈むようにしてお肉がありました。
量も結構多かったように思います。

151003-52.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

151003-53.jpg
そのまま最上階まで上がってみました。

151003-54.jpg

151003-55.jpg

151003-56.jpg
去年は白い床からの照り返しも強くて汗をだらだら書きましたが、今年はそんな事も無かったです。

151003-57.jpg
後ろを見ると航跡もよく分かって楽しい。

151003-58.jpg
それではこの時間になると・・

151003-59.jpg

151003-60.jpg
明石海峡大橋が近付いてきました。

151003-61.jpg

151003-62.jpg

151003-63.jpg

151003-64.jpg

151003-65.jpg

151003-66.jpg

151003-67.jpg

151003-68.jpg

151003-69.jpg

151003-70.jpg

151003-71.jpg

151003-72.jpg

151003-73.jpg

151003-74.jpg
こんな感じでくぐっていきました。

151003-75.jpg
それでは一連のヲタ活動をしたら、桟敷席で休憩しよう。
正味4時間も寝ていなかったから、横になったとたんにフンガーと眠ってしまって・・

151003-76.jpg
小豆島着岸の船内放送で目が覚めたらこんな時間。

151003-77.jpg
もうこんなところまで迫っていました。

151003-78.jpg

151003-79.jpg

151003-80.jpg
ほぼ定刻に小豆島に着岸しました。

151003-81.jpg
下船が始まったようです。

151003-82.jpg
結構ワラワラ下りていきました。
ちょっとしたハイキングに行くような恰好をしたご年配の方が多数居りましたが、小豆島で下船したようでした。

151003-83.jpg
このモニュメントは去年と変わらずありましたが・・

151003-84.jpg
こちらの建物は屋根が葺き替えられていました。
ターミナルの建物だと思っていましたが、どうやら宿泊施設だった建物のようです。耐震基準を満たしていないという理由で休止中だそうです。

151003-85.jpg
むー、静かになったなぁ。
ジャンボフェリーは小豆島に寄港するようになって一般徒歩客も多数確保できるようになったようです。一息つけたのではないでしょうか?今回の乗船の時も高松まで向かう一般乗用車は私を含めて4台だけでした。

151003-86.jpg
そうやっていると、この時間には・・

151003-87.jpg
船は高松に向かって出港しました。

151003-88.jpg

151003-89.jpg
静かになった桟敷席でふと気づいたのですが、去年の「りつりん2」にもこんなもの有りましたっけ?

151003-90.jpg
後は桟敷席で寝そべってうだうだしているうちにすぐに高松東港着岸の船内放送が入りました。

151003-91.jpg

151003-92.jpg

151003-93.jpg

151003-94.jpg
着岸する様子はここまで見学して車に戻りました。

151003-95.jpg

151003-96.jpg
車に戻ってタラップが下りてくるのを観察するの図。

151003-97.jpg
どうもありがとうございました!高松上陸です。






この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

高速の周遊割引を使われたのですね。
あれは割引率が良くていいですね。
明日から周遊割引で四国に行きます

No title

高速道路乗り放題?そのような便利なことができるのですね。

とうまきに見たボートさんの愛車も時代ガラ目立ってきたし
もう少しでクラシックカーになれるかも。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

四国内高速割引はこうじさんに教えてもらったから使ってみた次第です。
フェリー利用の場合はターミナルで登録番号を書いておく必要があるからそれだけはちょっと前近代的な印象でした。
こうじさんの旅行記を楽しみにしていますよ。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

高速道路の周遊割引は北海道もあった気がします。
ただフェリーで車込で来た人だったり、レンタカーのみだったり、その辺はよく考えています。
私の車も十分クラシックカー扱いで良いのかもしれませんが、レトロベンツの中ではちょっと不人気です。
もう1世代前のライトが縦だったW107か、バブルの頃に飛ぶように売れたW126が人気があるようです。
乗り出して14年目ですが、止まっているナンバーのついた車を見かけたのが3回、すれ違ったことはいまだにありません。

No title

ご無沙汰しております。
風が恋を運ぶ~ 海を遠く渡り~ という音楽も頭に残ってしまうジャンボフェリー。

明日、名門の「フェリーきたきゅうしゅうⅡ」航海初日ですが乗ってお祝いすることにしました。今日仕事を終えたら九州へ向かいます。

No title

「セブンカフェ」、始めて見たのは三年前? 全国展開する前に北海道でテストしてました、偶然にも札幌市へ出掛けた先で時々立ち寄るセブンイレブンに設置されていて見付けたのでした。当初の利用は少なかったと記憶してます。今は立ち寄り先が少し離れて全く飲まなくなりました。飲み口は慣れると直より楽?
ターミナルからの連絡橋(コルゲート)がなかなか乙ですね。どうしても思い出せないのですが、沢に埋めて上に道路を造るのにこの手のを利用していたような? 涸れ沢だったので歩いて潜った? 屋外の低地で長くは無い距離を通り抜けたような?

Re: No title

いっちーさん、こんにちは。

ジャンボフェリーはETC搭載車は事前に登録しておくと同乗者料金がサービスになるIBAサービスと言うものがあります。
かなりお得でもしかしたら神戸-高松間の乗用車込の利用者も獲得できそうなものだと思うのですが、ホームページ上でもどこに書いてあるのか分からないくらいに扱いが小さいです。
それから私はフェリーきたきゅうしゅうのお別れ乗船に行ってきましたよ。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

コンビニコーヒーは普通に美味しく飲むことが出来ます。喫茶店経営者にとっては嬉しくないでしょうね。
ジャンボフェリーは船がだいぶ古くなっています。新船発注はあるでしょうか?
室蘭港のフェリーターミナルもあれだけ綺麗だったのに、旅客フェリーの利用が無くなったから、神戸のターミナルは同じ轍を踏んでほしくないと思っています。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR