FC2ブログ

平成27年8月 海と山の温泉で美味いものを食う旅 後編

この記事はこちらからの続きです。

150830-1.jpg

150830-3.jpg
豪華な朝食を食べたら・・

150830-10.jpg
こんな時間に出発です。




150830-11.jpg
ズドドドドドド・・・
玉島荘に来るときは良く雨に降られますw
来年もそうなるかな?

150830-12.jpg
それでは福井でいい加減に仕事を済ませて、結構な移動距離を走ること暫し・・

150830-13.jpg
最初の立ち寄り場所に到着しました。
遷喬小学校です。

150830-14.jpg
高瀬舟のマーク入り。

150830-15.jpg
今回は中の見学もできました。

150830-16.jpg
こんなものがあったから、てっきりこの小学校でロケがあったのかと思いました。
確認したら、違うようですね。

150830-17.jpg
こんな催し物があったのか。
これなら見たかったな。

150830-18.jpg
竣工当時の写真が飾ってありました。
私はブログを作るためにバシバシ無駄に写真を撮りますが、この時代はフィルムは非常に貴重だったと思います。

150830-19.jpg
片隅に写りこんでしまったこの子は怒鳴りつけられたのではないでしょうか?

150830-20.jpg
後は2階の講堂を見たりして・・
この建物は平成2年まで現役だったそうだから、実際にここに通った卒業生の皆さんにはいい思い出になったのではないかと思います。

150830-21.jpg
入場無料だったんですけどね。
建物保存のための募金箱があったので、2人で200円入れました。

150830-22.jpg
その代り無料でもらえる絵葉書も2枚いただきましたw

150830-23.jpg
そして車はかつて高瀬舟が行き来した旭川沿いをさらに昇っていきます。

150830-29.jpg
そして、前回も立ち寄った茅森という集落の霊園前に到着。

150830-27.jpg
無料温泉のチェックもしました。

150830-28.jpg
どうやら掃除を終えてお湯を張りなおしているところのようでした。
地域の人によって清潔に維持されている様子で安心しました。

150830-30.jpg
そしてようやく今回の宿泊地が見えてきました。

150830-31.jpg
湯原温泉郷の中にある郷緑温泉です。(前回利用の時の旅行の詳細はこちらをクリック。)

150830-32.jpg
午前9時に出発して、到着したのが午後4時。今日は良く走った。

150830-33.jpg
宿泊施設の玄関をくぐるとこんな感じ。
普通の農家に来たよう。

150830-34.jpg

150830-35.jpg
部屋はこちら。

150830-38.jpg
外の景色はなかなか良い感じ。

150830-36.jpg
荷物をほどいたら、さっさと温泉へ。
こちらの温泉は源泉温度が約35度。手前が上がり湯用のお風呂。
循環させて沸かしてありますが、わざわざコストのかかるオゾン消毒を採用しているらしく、無臭です。

150830-37.jpg
お湯はそこの岩盤の切れ目から湧いています。
良い湯でした。

150830-39.jpg
そして午後6時を待たずして食事の用意をしてもらいました。
同行者が腹が減った!と言い出したからです。

スタートメニューはこんな感じ。
この旅館では夕食はシシ鍋かスッポン鍋のいずれかが選べます。
怖いもの見たさで後者を選択しました。(私はスッポンを食べるのは今回が初めてです)

150830-46.jpg
取り敢えずビールはスタンバイ。

150830-45.jpg
まずはスッポンの生き血です。
ホワイトリカーで割っているとのことでした。

150830-47.jpg
うーーむ・・・
亀の血か・・・

150830-48.jpg
匂ってみて生臭い訳では無い・・・

意を決してゴクリ



・・・意外に悪くないw

150830-50.jpg
でも、とりあえずキュウリとミョウガの酢の物で口直しw
そこまでして無理にスッポンを試してみようと思わなくてもいいじゃないかと思われるかもしれませんねw

150830-44.jpg
おかず3品です。
左からシシ肉の塩焼き、右は肉味噌か何かの大葉巻き。そして真ん中はスッポンの卵の塩漬けwww

150830-49.jpg
捌かれた奴の体の中に入っていたんだろうな。
これも意外に生臭い訳では無くて美味しいw

150830-42.jpg
スッポン刺しです。

150830-51.jpg
あ~何かいかにも亀の筋肉という感じがするwww


でも、美味しいww

150830-41.jpg
こちらはスッポンの肝臓と皮とあと上に乗っているのは何だっけ?

150830-53.jpg
肝はいかにも肝と言った感じの味わい。でも素直に美味しいw

150830-55.jpg
皮だ・・・
いかにも亀の皮だ・・・

でも、これも美味しいw

150830-54.jpg
これは何だろう?ひょっとしたら精巣かな?
聞くのを忘れてしまった。美味しかったけど、わかる人が居たら教えてください。

150830-43.jpg
スッポンのエンガワだそうです。

150830-56.jpg
スッポンの甲羅の柔らかい所で良いのかな?
思ったよりもずっと柔らかくて美味しかったです。

150830-40.jpg
唐揚げです。

150830-52.jpg
これは美味い!
淡白な鶏肉のような食感だけど、味気ないとかそういう意味では無く素直に美味しい!!

あー、美味しかった。後はご飯とみそ汁で〆かなと思っていたら・・

150830-58.jpg

150830-57.jpg
鍋が来ました。
初めて食べるからわからなかったです。

150830-59.jpg
自家製唐辛子とポン酢で食べるようです。

150830-60.jpg
グラグラグラ・・・

150830-61.jpg

150830-62.jpg
酔いも手伝って、変に食事が進みました。
宿の御主人が手とか頭とか形の分かるものは入れていないから安心しなさいとwww

食べるはしからだんだん口の周りがぬるぬるしてくるのが何ともwww


150830-63.jpg
最後は雑炊になり・・

150830-64.jpg
これも美味い!
亀だから生臭いとかそんなことはちっともありませんでした。

150830-65.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

150830-66.jpg
食べ終わったのは午後8時前。
外はかように真っ暗で、エアコンもないような旅館でしたが、8月下旬のこの日はむしろ寒いくらいでした。







150830-68.jpg
翌朝です。

150830-67.jpg
この時間に食事にしました。

150830-70.jpg
食事の内容はこんな感じ。

150830-71.jpg
フキではなく、ミズと言う山菜だそうだ。

150830-72.jpg
これは春に採れたツクシ。

150830-73.jpg
自然薯です。

150830-74.jpg
箸ですくうとカパッとお皿の底が見えるくらいに粘り気がありました。

150830-75.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

150830-76.jpg
それでは会計を済ませてこの時間に出発。

150830-77.jpg

150830-78.jpg

150830-79.jpg
目的地を浜松の職場にセットして出発。

150830-80.jpg
無事午後1時過ぎには浜松に戻ることが出来ました。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。ごぶさたしております。すっぽんはコラーゲンたっぷりなので、翌日は肌がぷるぷるになられたのではないでしょうか(笑)。

No title

「外の景色は…」の、風景に映りこんでる四角いコンクリートの枠は養殖池? もしかしなくてもでしょうね?
実物は食した事も見た事も無いのですが、甲羅は亀の様には硬くは無かった印象です。元ネタはバレバレかもしれませんが、スッポン鍋は身を煮る時には高熱が必要らしいです。なので、ネギや豆腐を入れるのは…。

Re: No title

あきらさん、ごぶさたです。

スッポンは初めて食べました。浜松で似たようなメニューを食べようとすると1人15000円でした。この温泉旅館は1泊2食で12000円でした。
私がたまにお世話になっている自転車屋さんのおじさんが小川でスッポンを捕獲して飼っています。
意外に大食漢で持て余しているようです。ちょっと前に「いる?」と言われたのでどうしようか(もう少し大きく育てて食べようか)と悩んでいる最中です。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

養殖池で正解ですよ。一番大きい卵を産んでもらうスッポンはウミガメ位のサイズだと言っていました。付近の湯原ダムで定期的に外来種の駆除をするそうですが、その時に獲れたブルーギルとかブラックバスがスッポンの餌になるそうです。
駆除の時に使うボートもチラッと写っていますよ。

No title

そうでしたか。魚(岩魚、ヤマメ、ニジマス)を自前養殖してるのは知ってましたが、スッポンは初めてでした。
>大食漢
>駆除外来魚処理
もしかしたら、一石二鳥? テレビで見たのですが、ブラックバスをフライにしてました。ただ、食用にしている割合は?
外来魚を自分の嗜好(都合?)の為にばら撒くヤツらに天誅が下れば良いと思ってるのは私だけ?

No title

こんにちは。

福井からわざわざ反対方向の岡山まで行かれるということは、郷緑温泉が西日本(九州除く)でNo.1ということですね。
すっぽんは、苦手ですが温泉はいつか試してみたいと思います。

出張がてらかわかりませんが、同行してくれる同僚がいらっしゃるのはうらやましいです。
同僚なら予定が立てやすいし、後輩なら気を使わないし、旅費の折半はできるし、いいことずくめですね。


Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

スッポンは温泉のお湯を利用して養殖しているらしいですよ。
ブラックバスはもともと食用として日本に持ち込まれたらしいのですが、臭みがあるため結局普及しなくて野放しになったらしいですね。内臓や皮など臭みの強い所を変に傷つけたり残したりせず調理すれば十分に食用になるらしいです。
スポーツフィッシングのために放流する行為は私も非常に良くないと思っています。

Re: No title

ゆうなぎさん、お久しぶりです。

今回同行した人は現在の職場に20年以上勤務する方です。
「バブルの頃スッポンを食べたことがある。」と言う話から、コースだといくらくらいするのだろうと思って調べたら浜松では15000円位でした。
話の延長上1泊2食12000円でスッポンと温泉を楽しめるここに来ることになりました。
今は職場の環境にも取り巻く人たちにも非常に恵まれていて感謝している次第です。

温泉は湯原温泉郷の中では真賀温泉という所が一番好きですよ。
温泉津温泉も、三瓶温泉もとても良いと思います。 中国四国地方は活火山が無いこともあって、温泉は限られてしまいます。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR