FC2ブログ

平成27年8月 新日本海フェリーで北海道旅行 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。


150802-162.jpg
北海道上陸です!と言っても時間は午後8時半過ぎw

150802-163.jpg
この日はそのまま宿泊施設に移動する予定。
原野の中の一本道を走りました。街灯も無くてちょっと怖かったなぁ。

150802-164.jpg
そして今回利用した北海道内1泊目の宿泊施設です。
勇払にある北上荘と言う施設です。

150802-166.jpg
付近に発電所や港湾施設があるためなんでしょうが、いかにも労働者向け(長期宿泊者歓迎)の施設です。
室内にセットしている物干しざおも良い感じw

150802-165.jpg
荷ほどきもほどほどに施設に着くや否やあっという間に寝てしまいました。








150803-1.jpg
翌朝です。この時間に起床。

150803-2.jpg
宿泊施設の写真を改めて撮りました。いかにも労働者向けと言った出で立ちの施設です。
北海道到着後の1泊目は本当に寝るだけになるので、苫小牧東港からの移動距離が少なくて済むこの施設にしました。

150803-3.jpg
朝ちょっとだけ散歩したら朝風呂に入りました。
この施設を選んだのは港から移動距離が短くて済むのもありましたが、ホームページをチェックしてみると、どうもお風呂は地下水汲動して沸かしたお湯を使っているのではないかと思ったからです。

ホームページの写真でははっきりしないので多少不安でしたが、ビンゴ!でした。
濃いレモン色のお湯をゆるく掛け流して使っているようです。

150803-4.jpg
この際温泉だろうが鉱泉だろうがあんまり関係ないんだな。
個人的には燃料費もかかるはずなのに鉱泉水を沸かして掛け流しているところが気に入りました。

150803-5.jpg
そしてこの時間には朝食に行くことにしました。

150803-6.jpg
朝食会場に行くと棚にたくさん朝食プレートが用意されていました。
納豆とおかず1品、それからサービス缶ジュース(もしくはヨーグルト)のみセットされていました。

150803-7.jpg
お味噌汁とごはんは自分で好きなだけついで・・

150803-8.jpg
ご飯のお供系のちょっとしたものも自分で選ぶスタイルです。

150803-9.jpg
そういった訳でこれが私の朝食プレートなのですが・・

150803-10.jpg
私たち3人が食堂に入ってきたタイミングでスクランブルエッグも作ってくれました。
トロトロ加減が非常に良い感じでした。

150803-11.jpg
子供が朝食を平らげて、水槽の熱帯魚をまじまじと見ていると・・

150803-12.jpg
そっとサービスのメロンを出してくれました。
労働者向けの宿は案外施設は外装はスパルタンでも、案外中は清潔で、食事も美味しいことが多いです。
横で食べているおじさんたちも昨日の夕食はエビフライが出たとか食べ物の話をしていました。
この民宿はお勧めだと思います。

御馳走様でした。美味しゅうございました。

150803-14.jpg
この時間になったので

150803-13.jpg
出発です。
(ちなみにこの民宿、1泊2食で税込5400円から。夕食無しだと4000円ちょっとで利用できます。お勧めだと思います。)

150803-15.jpg
この日はそのまま下道で札幌に向かいます。

150803-16.jpg
小一時間走って到着したのはこちら。

150803-18.jpg

150803-17.jpg
アサヒビールの札幌工場ですw

150803-19.jpg
今回は嫁さんが飲めない番です。

150803-20.jpg
工場内へ向かうの図。
ガイドのお姉さんが左側に立つとみんな左側に並んでいるのがいかにも日本人ですなぁ。

150803-21.jpg
工場内は基本撮影禁止だったので、いきなり最後の試飲会会場に移りますww

150803-22.jpg
うひゃひゃww

150803-23.jpg
いただきます!一杯目!

150803-24.jpg
2杯目!!

150803-25.jpg
3杯目!!!
ごっそーさんでしたw

150803-26.jpg
最後にちゃんと売店で買い物をするの図。

150803-27.jpg
会場を出るときにはちょうど昼時になっていてアサヒビール工場併設のレストランではジンギスカンの良い匂いが漂っていました。

150803-28.jpg
それでは次に向かいましょうかね。 ふぅー、午前中からアルコールを摂るとだるいなぁ。

150803-29.jpg
次はメグミルクの札幌工場に来ました。

150803-30.jpg
ここも少数ながら工場見学をさせてくれます。

150803-31.jpg
工場内は全くの撮影禁止で、工場内に設置された勝源神社のみ撮影可でした。

150803-32.jpg
工場の出口付近にいろいろな展示物がありました。
ジャンプチームがあるんですね。

150803-33.jpg

150803-34.jpg

150803-35.jpg

150803-36.jpg
地味に笑いを取りに行くところが何となく好感持てました。

150803-37.jpg
こちらも少々試飲と試食をさせてくれます。

150803-39.jpg
チーズはお菓子みたいに甘酸っぱくて美味しかったなぁ。

150803-38.jpg
それからこんな消しゴムもいただきました。どうもありがとうございました。

150803-40.jpg
それでは今日はこのまま宿泊施設に向かいます。

150803-41.jpg
ブロロロロロ・・・
高速道路を使って登別方面へ。

150803-42.jpg
北海道内2泊目は虎杖浜温泉民宿500マイルです。
この旅行記(詳細はこちらをクリック)以来の宿泊となりました。

150803-44.jpg
部屋の中はこんな感じ。

150803-43.jpg
外は太平洋が間近に見える普通の民宿ですが・・

150803-45.jpg
3つのお風呂があって(2つは内風呂、1つは写真の露天風呂)虎杖浜温泉のお湯を貸切で堪能することが出来ます。
前回から5年ぶりの入浴。
前よりも温度が高く感じたのは本当に高くなったのか、自分の記憶の補正の影響なのかはわかりませんでした。

150803-46.jpg
お風呂を上がったのはこの時間。

150803-47.jpg
部屋に帰ってみたら・・

あっ!カニを食っていやがる!!

もう夕食が始まっているのでした。

150804-38.jpg
嫁さんが「写真が欲しいだろうと思って撮っておいたよ。」と言ってちゃんと記録してくれていました。

150803-48.jpg
カニみそwww 美味しいww
そうやって食べていると夕食が続々とやって来ました。

150803-49.jpg
・・ということで、夕食はざっとこんな感じ。

150803-50.jpg
まずはチャンチャン焼き。

150803-51.jpg
卵豆腐(カニ入り)。

150803-52.jpg
イカげそ。

150803-53.jpg
お刺身。

150803-54.jpg
揚げ物。

150803-57.jpg
煮魚。

150803-56.jpg
イカのしゃぶしゃぶ。

150803-55.jpg
バイ貝(だと思う)。

150803-58.jpg
お味噌汁。

150803-59.jpg
最後にデザート。

150803-60.jpg
食後の時間はたっぷりあるので、子供の勉強を見てあげて・・

150803-61.jpg
あっという間に寝てしまいました。




150804-1.jpg
翌朝です。

150803-62.jpg
こんな時間に起床。
付近をちょっと散歩して朝風呂に入ってゆっくりしました。

150804-2.jpg
朝食は午前8時ころに部屋に届きました。
ざっと見るとこんな感じ。

150804-3.jpg
左はスケトウダラの卵巣を醤油に付け込んだもの。
真ん中は大葉の葉に甘辛い味噌を巻いてさっと揚げたもの。
右はフキと茄子の煮物です。

150804-5.jpg
それから焼き魚。

150804-4.jpg
サラダと漬物。

150804-6.jpg
椎茸のバター焼き。

150804-8.jpg
白ご飯に味噌汁。

150804-7.jpg
スケトウダラの卵はこんな感じで食べました。

150804-9.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

150804-10.jpg
それではこの時間になったので・・

150804-11.jpg
出発することにしました。

150804-12.jpg
今日はかなりの長距離の運転になります。
道東の宿泊施設まで移動しますが、まずは足寄の道の駅を目的地にセットして出発しました。

150804-13.jpg
ブロロロロ・・・
高速道路に乗っているの図。
苫小牧辺りまでは霧がかかっていてちょっと不安でしたが・・

150804-14.jpg
千歳を抜けて道東道に入る頃は霧も晴れてきました。

150804-15.jpg
足寄に向かうところまで来た時の写真です。
イヤーイイナー この雰囲気w
走っていてすごく気分が良いのです。

150804-16.jpg
足寄の道の駅の傍のGSで給油をして・・

150804-18.jpg
昼過ぎには目的地に到着しました。
写真は足寄の道の駅の写真です。もともと銀河ふるさと鉄道の足寄駅の駅舎でした。
この建物の中央付近にホームがあったのです。塞いだ跡も分かると思います。

150804-17.jpg
去年か一昨年くらいに国鉄時代の足寄駅のレプリカも建てられました。
雰囲気もすごくオリジナルと似ていて良いと思ったのですが、実物そっくりそのままの再現ではないようですね。
何でここまでこだわった造りにしたのに、詰めの甘いことをしたのかはわかりません。

150804-19.jpg
その隣のJAの物産館に行ってみました。
すると何とお休みw 月曜日と火曜日が定休日なのだそうです。

150804-20.jpg
それではちょっとだけ休憩しよう。
昨年とても美味しいと思ったコーヒーフロート(詳細はこちらをクリック)を注文しました。
よくよく見てみたら、コーヒー自体はジョージアブランドの業務用の物でした。アイスクリームとのマッチングが良いのだと思います。

150804-21.jpg
その後嫁さんたちはいろいろとお土産物を物色していました。

150804-22.jpg
約1時間の休憩の後、今日の宿泊地の鶴居村にセット。

150804-23.jpg
ブロロロロ・・・
足寄の信号が一つもない国道を走るの図。
途中で自衛隊のトラックの後ろに追いついて、ずっと60キロで走りました。ものすごいスピードで追い抜いて行く車もありましたが、私は最近はそういう事はしなくなりました。

150804-24.jpg
このモニュメントは今年も健在でした。

150804-25.jpg
途中こんなダートの道を走って行って・・

150804-26.jpg
午後4時ころに無事ホテルに到着しました。
最近いつもお世話になっているホテルタイトーです。

150804-27.jpg
部屋はいつもの和室。
ここで浜松を出発して2泊分の洗濯物をコインランドリーで洗って夕食前に温泉に入りました。

150804-28.jpg
その後午後7時に夕食です。

150804-29.jpg
夕食の内容はこちら。

150804-31.jpg

150804-32.jpg
1泊目に牛肉とサーモンの刺身が出るのは変わりないようです。

150804-30.jpg
鍋物はこんな感じ。これも例年通り。

150804-33.jpg

150804-34.jpg

150804-35.jpg
この辺もほぼ同じ。

150804-36.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

150804-37.jpg
今日から3泊する予定です。




この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

缶ジュースの思い出

足寄や弟子屈のあたりに、クマザサジュースなるものがあったのですが。
今もあるかはわかりません。薬効などもどさっと書いてあり、飲んでみて
というより口に含んだとたんに、人生で初めて気持ち悪くなり
そのままもどしてしまいました。 ちょうど同僚も何人かいましたが、
最後まで飲んだ人は一人もいなかったのを思い出しました。男性女性問わず
全員がそのまま駐車場のわきにそっとまいて雑草の肥料にしました。
その衝撃は忘れません、我に返って全員大爆笑!!

No title

ご馳走のオンパレードで見ていておなかがすいてきました。この時間には危険な写真ですね。(笑)。鶴居村の人形を何気に楽しみにしておりました。

Re: 缶ジュースの思い出

サッピエロさん、こんにちは。

その土地の名産物を使って新たなお土産物を作ろうという心意気は理解できますが、時々すごいものがありますよね。
缶ジュースだけどやたらと高くなって、結局賞味期限が迫って安売りをしているケースも見かけます。
足寄にもラワン蕗を練りこんだアイスクリームを売っていましたが、わざわざ選んで買おうとは思いませんでした。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

この旅行記を見てくれる皆さんは恐らく船が出てくることを期待していると思っています。
北海道上陸後の行動をいろいろ省略したら、食べ物の写真ばかりになってしまいました。ご了承ください。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR