FC2ブログ

平成27年8月 新日本海フェリーで北海道旅行 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。




150802-79.jpg

150802-80.jpg

150802-81.jpg
午前10時半の反航が終わった後・・

150802-82.jpg
プロムナードに行って・・

150802-83.jpg
ビンゴ大会に参加しました。
この日はだいたい100人くらいの参加、私たち3人は残念ながらみんなはずれw

150802-84.jpg
子供はひたすら残念そう。
以前に一度だけオーセントホテルのタルトケーキを当てたこともあるもんな。復路に期待しようね。

150802-85.jpg
午前11時過ぎくらいに嫁さんがコーヒーを入れてくれたりして・・
(新日本海フェリーのスウィートルームに置いてあるサービスコーヒーはインスタントです。写真のドリップコーヒーのパックは持参品です。)

150802-86.jpg
毎度同じ事を書くのですが、このティーカップを販売してくれぃw

150802-87.jpg
正午のレストラン営業時間開始の船内放送が入ったので・・

150802-92.jpg
私は大浴場へ急行。

150802-89.jpg

150802-91.jpg

150802-90.jpg
無事露天風呂の様子も撮影できました。

150802-94.jpg
良い湯でしたw

150802-93.jpg
それでは午後12時半になったので、グリルの食事の時間です。

150802-88.jpg

150802-95.jpg
このモニュメント、チラチラと光り方が変わって上から水が落ちているように見えます。
子供はじっと観察していました。

150802-96.jpg

150802-97.jpg
この時は私たち以外にお昼のグリルメニューを利用されている方が1組居りました。

150802-102.jpg
まずはビア!をセット。

150802-98.jpg
そして間もなくしてこんなものが来ました。

150802-99.jpg
メニューはこんな具合です。

夏の船旅ランチ ~海・海鮮と大地のデュエット~

img_course01.jpg
まずは新日本海フェリーのホームページにあった見本写真をドゾ!


150802-100.jpg
まずは北海道産生ハムと茄子のタルタル包みアワビの肝パテ添えです。
アワビの肝パテがかなり少なめなのはご愛嬌w

150802-103.jpg
次に冷製トマトのロワイヤルスープ アワビのスモーク仕立てが来ました。

150802-104.jpg
スープと書いてあったのですが、実際はこんなゲル状になっていました。

150802-105.jpg
それからメインの<魚>蟹&海老のクリームコロッケ 雲丹ソースです。

150802-107.jpg
次に<肉>道産豚肉スペアリブ 夏のグリル野菜仕立てです。

このスウィートルーム利用客に用意される料理なのですが、以前は魚料理か肉料理いずれかだったのですが、今年は両方とも出てくるようになりました。実質的な値下げと思っています。

150802-106.jpg
ご飯かパンが選べたのですが、腹具合と相談してパンにしました。
マーガリンじゃなくてちゃんとバターなんですね。

150802-108.jpg
最後はデザートの白桃のヨーグルトムース 果実スイートです。

150802-109.jpg
食後はコーヒーを頂きました。

150802-110.jpg
美味しゅうございました。御馳走様でした。

150802-111.jpg
それでは部屋に戻るんですけどね、写真に撮るのをうっかり忘れたのですが、調子に乗ってグラスワインを1つ頼んで飲んだらずいぶん酔いが回ってしまいました。

150802-112.jpg
部屋に戻って、フンガーと眠ってしまい気付いたらこの時間になっていましたw

150802-114.jpg
ちょうど津軽海峡を横断中のようです。

150802-113.jpg
外を見ると雨が降っていたようですが・・

150802-115.jpg
私が起きた頃には雨が止んでいました。

cwmjp_12_201508011210109a7.gif

cwmjp_14.gif
今回の往路の行程での波浪予報図はこんな感じ。苫小牧着岸まで終始揺れることは無いようでした。


150802-116.jpg
そしてこの時間には・・

150802-117.jpg
遥か彼方の方に青森県の大間の町が見えました。

150802-118.jpg
子供にそろそろクイズラリーの当選者の発表があるはずだから一緒に行こうとせがまれたので行ってみましたが・・

150802-119.jpg

150802-120.jpg
残念ながら当選ならずw

150802-122.jpg

150802-121.jpg
ようやく目が覚めてきたぞ。
プロムナードで新聞を読んで時間をつぶして・・

150802-123.jpg
後部デッキに出てみると・・

150802-125.jpg

150802-124.jpg
北海道が見えてきました。

150802-126.jpg
その後午後6時前にはレストランの夕食営業が始まりました。

150802-127.jpg
嫁さんに夕食の時間を聞いたら午後6時半だというのでそれまでに部屋の風呂に入ることにしました。

150802-129.jpg
風呂のお湯の温度を確かめていたりすると・・

150802-128.jpg
虹が出ているのに気付いたり・・のんびりとした船旅ではこういう発見があるから好きなのです。

150802-130.jpg
排水口の位置が低すぎて肩までお湯に浸かりにくいけど、極楽極楽・・

その後、頭を洗っていると嫁さんがドアを開けてきて、「ゴメン、6時からだった。グリルから電話があった。」とwww

150802-131.jpg
大急ぎで洗って、グリルへ急行。

150802-132.jpg
子供は「6時からじゃないの?」と言っていたじゃないかwww

150802-133.jpg
と言うことでグリルに入ったら、夕食時間の利用者は私たちだけ。

150802-134.jpg
北海道方面は晴れているようですね。

150802-135.jpg
北行きの夕食メニューはこちら。

夏船旅懐石 ~味わい紀行 北の大地の日本海の調べ~

img_course02.jpg
まずはランチの時と同様にホームページ上の見本写真をww

150802-136.jpg
前菜 夏野菜のスティック(チーズ味噌の和風ソース添え)
    小樽産蒲鉾の黄味焼き かすべ煮凝り

150802-137.jpg
野菜スティックのソースは見本とは異なるようですが、なかなか秀逸でした。

150802-142.jpg
お造り 帆立の焼き霜造り 甘海老 あしらい色々・山葵

150802-144.jpg
強肴 冬瓜と茄子の煮浸し 青螺と夏野菜の田楽焼き
    海老の浜煮 若鶏の八幡巻 紅白レンコンの大根甘酢巻

150802-147.jpg

150802-146.jpg
食事 穴子の押し寿司 青海藻の吸い物

150802-143.jpg
食事をしている間に雲が切れてきて・・

150802-148.jpg

150802-149.jpg

150802-151.jpg

150802-150.jpg
デザートとお茶を頂くころにはこんな感じになっていました。
御馳走様でした。美味しゅうございました。

150802-152.jpg
食後後部デッキに出てみましたが・・

150802-153.jpg

150802-154.jpg
先ほどの夕陽の写真と比較して何分もたっていなかったのですが、既に日も沈んでいました。

150802-155.jpg
そして午後8時にはここまでやってきました。
この頃には船内も少し慌ただしい印象になってきます。

150802-156.jpg

150802-157.jpg
苫小牧東港が見えてきたところで車両甲板開放の放送がありました。

150802-158.jpg
出ていく前に1枚写真を撮っておきました。

150802-159.jpg

150802-160.jpg
バタバタと車両甲板へ降りてきました。

150802-161.jpg
ほぼ定刻午後8時半過ぎには一般乗用車組の下船が始まりました。
それでは下船です。

150802-162.jpg
ウェーイ! これから北海道内5泊じっくり堪能します。

この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ティーカップ欲しい!

私も、ティーカップ欲しいです。

何時も思います。

グッズとしてクヲリティの
高いことですよね。

潜水艦のカップも良かったなあ〜と思いだしました。(≧∇≦)

No title

こんにちは。いよいよグリルでのお食事の写真が。。。
昼、夜ともにおいしそうですね。船の上とは思えないようなメニューですね。
昼と夜で洋食と和食にしているのも飽きが来なくてよいですね。

夏は乗客が多いのでビンゴはなかなかあたらないですね。。。

クイズラリーの4番目の回答、700円、の設問が何か気になります(笑)。

No title

グリルの食事は本当に美味そうですね。
羨ましいです。船から見る夕暮れは癖になりますね。
いつか乗ってみたいです。

今夜はつたや旅館でお世話になっています。
1000円割り引いいてくれました。

No title

北海道上陸おめでとうございます。自分は北海道は函館・札幌・小樽・余市しか訪問したことがありません。今回はどちらに向かわれたのか楽しみにしています。

ビンゴ大会、昨年末に乗船したとき参加しました。しかもフェリーしらかばの敦賀→苫小牧東港で2回あったのにもかかわらずどちらもご縁がありませんでした。

新日本海フェリーは2回乗り北海道側はどちらも苫小牧東港着でした。そして、徒歩客の苫小牧東港から苫小牧駅までの移動手段は、1回めはバス、2回めはタクシーでした。タクシー移動のときは自分を含め3名、徴収料金は1人720円でしたがタクシー料金自体は深夜加算を含め7000円強だった気が・・・。5000円ほど会社の持ち出しなのですね、本当にありがたいです。

Re: ティーカップ欲しい!

サッピエロさん、こんにちは。

8月にコメントを頂いてほったらかしですみませんでした。
よく分かりませんけど、この手の備品にも使えそうなグッズというものは、案外新船就航時に関係者に配ったりしたりするんでしょうか?
私の義理の父は国鉄関係者だったため、博多まで開通の時にノリタケの0系新幹線のコーヒーカップを貰っています。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

新日本海フェリーのグリルのメニューは数年前までは通年固定メニューだった気がします。(あやふやです)
最近は冬季を除いて季節メニューが設定されていて、楽しみです。
個人的には、朝食のあるものを集めて豪華に仕立てたのも見ていて楽しいです。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

最近ネットオークションで新日本海フェリーの株主優待券が出ていますね。これがあると30%オフですよ。
貸し切り料金不要の時期に利用されてみてはいかがでしょうか?

つたや旅館の女将さんは2017年に愛媛国体があるから頑張らなくてはならないと言っていました。
私もまた利用したいです。

Re: No title

いっちーさん、こんにちは。

この旅行は家族旅行なので、単独行動の時みたいに変なところには行きません。そういう意味では期待外れかもしれませんよ。
ビンゴ大会は往路も復路も当たる人が居るみたいですね。羨ましいです。
景品は年々縮小気味ですが、あの変に殺気立った雰囲気も楽しいので参加しています。

苫小牧東港の連絡タクシーはメーターを倒して走っているのですね。
僅かな旅客のために申し訳ない話ですね。
いっちーさんは車を持っていますか?乗用車込の乗船だと、船賃は高くても旅先の交通費がガソリン代だけになるし、行動範囲も積載荷物の点でもすごく楽になりますよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR