FC2ブログ

平成27年8月 新日本海フェリーで北海道旅行 Vol.2

この記事はこちらからの続きです。


150802-1.jpg
翌朝です。この時間に起床。

150802-3.jpg
テラスに出てみました。

150802-2.jpg
意外に曇っているな。

cwmjp_10_20150801121009580.gif
この日の午前9時頃の波浪予報図はこんな感じ。
ほとんど揺れはなさそうです。

150802-4.jpg
取り敢えず早朝の船内探索に出かけることにしました。
以下姉妹船すずらんの写真とリンクさせています。

150802-5.jpg
すずらんはこんな感じ。(詳細はこちらをクリック)

150802-6.jpg
すずらんはこんな感じ。(詳細はこちらをクリック)
船内の色調が暖色系で鮮やかなところは先代「すずらん」のそれを継承したような気がします。

150802-7.jpg
スポーツジムを覗いてみました。
普通に壊れていませんね。私が退役間際のフェリーらべんだあに乗船した時はだだっ広いスポーツルームにポツンとぶっ壊れたローイングエルゴメーターが1台置いてあるだけでした。(その時の様子はこちらをクリック)

150802-8.jpg
1F下に行って・・
すずらんはこんな感じ。(詳細はこちらをクリック)

150802-9.jpg

150802-10.jpg

150802-11.jpg
ステートルームのあるところの一番前まで行くと・・

150802-13.jpg
フォワードサロンがあります。

150802-14.jpg
扉の虹の模様から見ても分かる通り、フランス語のアンカルシェル(虹)に定冠詞を付けたものですね。

150802-17.jpg

150802-15.jpg

150802-16.jpg
中に入るとこんな感じで、凹型になっています。すずらんはこんな感じ。(詳細はこちらをクリック)
先代「すずらん・すいせん」と比較すると天井が低く、また一回り狭くなった印象です。

150802-18.jpg
すぐそばにある階段を使って下のフロアに降りていくと・・

150802-19.jpg
ツーリスト、S寝台があるエリアになります。
ここは廊下がかなり広いです。
ちなみにすずらんはこんな感じ。(詳細はこちらをクリック)

150802-20.jpg
ツーリストの部屋をそっと覗いてみました。

150802-21.jpg
梯子を廃した構造です。お年寄りでも上の段を使えると思います。

150802-23.jpg
それからS寝台エリアも覗いてみました。

150802-24.jpg
開放されている部屋を見てみました。こんな部屋なのですが・・

150802-22.jpg
こんな介助を必要となる人も使いやすそうな2人部屋もありました。
こういう構造の部屋はオレンジフェリーのおれんじホープにもあります。

150802-25.jpg
そしてこのフロアに一つだけかなり広めのデラックスルームがありました。
こちらも介助が必要な人のための部屋だと思います。

150802-26.jpg
このフロアもすずらんはこんな感じ。(詳細はこちらをクリック)

150802-27.jpg
その他ウロウロしていると・・

150802-28.jpg
午前8時を回って、レストラン営業時間になったようです。
すずらんはこんな感じ。(詳細はこちらをクリック

150802-29.jpg
すずらんはこんな感じ。(詳細はこちらをクリック)

150802-30.jpg
そのまま後部デッキへ。
すずらんはこんな感じ。(詳細はこちらをクリック)

150802-31.jpg

150802-32.jpg
カラッと晴れているほうが良かったけどね、船旅自体も船の内装も天候によってずいぶん変わるからこれも大事な記録だと思っておこう。

150802-33.jpg
・・・とりあえず、部屋に戻るときにレストランの出口側から中を見てみました。
中央部にあるモニュメントを近くで見てみたかったな。今度「すずらん」でレストランを使うときの課題にしよう。

150802-34.jpg
そんなこんなを確認して部屋に戻ってみると・・

150802-35.jpg
子供は朝のお勉強めいたことをしていました。
お父ちゃんは船ヲタ活動をしていたのにwww

150802-36.jpg
それでは午前8時半になりました。

150802-37.jpg
朝食だ!

150802-38.jpg

150802-39.jpg
中に入ってみると・・

150802-40.jpg
用意されているテーブルは一組だけ。

150802-41.jpg
スウィートルーム、ジュニアスウィートルーム計4部屋あるのに、利用者は私たちだけのようです。

150802-51.jpg

150802-42.jpg
それでは最初に曇り空を見ながら飲み物で乾杯の図。

150802-45.jpg
暫くして出てきたのはこちら。去年までは北行きが洋食で、南行きが和食だった気がしたのですが、ひっくり返ったようです。

150802-47.jpg
普段晩御飯に食べるようなメニューがあったりww

150802-46.jpg
イカの塩辛は定番のようです。

150802-49.jpg

150802-50.jpg

150802-48.jpg
ご飯の写真を撮るのを忘れましたが、かなりの量がつがれていました。

150802-52.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

150802-53.jpg
船内放送でクイズラリーをするとのことだったから、フロントに行ってみることにしました。

150802-54.jpg
ぼちぼち船内をまわりましょうかね。さっきも回ったけどww

150802-55.jpg
第1問目はこの船の定員は何んですかと言う質問でしたが・・
丹念に船内をまわればどこかに答えが書いてあるような設問ばかりでした。

第2問目と第4問目の写真は撮り忘れました。

150802-57.jpg
第3問目はこれ。

150802-58.jpg
子供の書いた回答がこれ、グリルマルゴー。
訂正してあげたのですが、私の子供はこういう間違いをします。

150802-59.jpg
フォワードサロンへ行くと・・

150802-60.jpg
第5問目ですな。

150802-61.jpg
最後に解答用紙を入れるところにこんなものが・・

150802-62.jpg
実に分かりやすい質問ばかりでした。

150802-63.jpg
当たるかな?


ちなみにクイズラリーの回答用紙を箱の中に入れるときにパーサーの方?に質問してみました。
平成27年8月の時点で新潟航路の「らいらっく・ゆうかり」が海外の中古船売買のホームページに出ているが、近いうちの船の更新があるのか、先代「すいせん」はいまだに売却先は決まっていないけど、今後は・・・?などなど。

こんなヲタの与太話にも付き合ってくれました。
以下パーサー氏?のお返事です。

「らいらっく・ゆうかり」の件に関して
「よくそんな事をご存知ですね(乗船した時からお前からヲタ臭が漂っていたよw;編集者意訳)。確かに売りに出していますが、新潟航路が廃止になることはありません。またなぜ先に売却の話が出てきたかはまだ現場の私たちには何も伝えられていません。」

先代すいせんについて
「実は当時売却の話がまとまりそうだったんですが時期が悪かったんです・・・。 近隣諸国との関係がきな臭い時期だったものですから、関係各所から待ったがかかったんです。」

例えば尖閣諸島辺りに外国籍となった先代すいせんが領海侵犯をしてきて、海上保安庁が到着する前に高速で逃げられたりするリスクを考えてのお達しがあったようでした。

150802-64.jpg
そんな無駄な話をして相手を困らせた後は部屋に戻ってゆっくりするの図。(ひどい奴です。)

150802-65.jpg
こんな時間がとても贅沢な気分にさせてくれるのです。

150802-66.jpg
そしてこの時間になりました。
南行き「すいせん」との反航の時間です。

150802-67.jpg
今回の部屋は右舷側でした。テラスで写真を撮ることが出来ます。

150802-68.jpg
待つこと暫し・・

150802-69.jpg
望遠で目一杯拡大すると霞の中から「すいせん」がやってくるのが見えました。

150802-70.jpg

150802-71.jpg

150802-72.jpg

150802-73.jpg

150802-74.jpg

150802-75.jpg

150802-76.jpg

150802-77.jpg

150802-78.jpg

150802-79.jpg

150802-80.jpg
この時点で往路の午前10時半過ぎです。
まだまだ往路の乗船記は続きます。



この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。グリルの朝食は、しっかり腹持ちしそうな内容ですね。お子さま用のメニューは少し洋風にも見えましたが。。。
旅行中もお子さまはしっかり勉強されておられますね。教育が行き届いていて素晴らしいですね。往路の旅行記の続きを楽しみにしております。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

新日本海フェリーのグリルの食事の内容はお昼と夕食はホームページで分かるのですが、朝食だけはその日のお楽しみになります。
以前はレストランのセットメニューを器を変えただけのものが出ていましたが、大幅に改善されました。
朝食がやけに楽しみだったりします。

子供はなぜかあまり嫌がらずに朝勉をします。私にはこんな几帳面さを無かったので、多分嫁さんに似たのだと思います。

船体の詳細

良く見ると、窓の数や大きさが新日本海フェリー全般に小さいことに
気が付きました。

荷物を運ぶことに突出したからでしょうか。居住はそんなに息苦しさを感じませんが
デザインがシンプルな事もありますでしょうか。

少し白波があります。スタビライザーの効果絶大。

No title

朝食がむちゃくちゃ美味そうです。
オタ話、阪九に乗船したらよくしてしまいます。
退き際を間違えたら要注意人物になってしまいますよね。w

お嬢さん大きくなられましたね。現代っ子らしく足が長いです。
メゾピアノの洋服、ボートさんと奥様がお嬢様に愛情を込められているのが
よくわかります。

No title

「スポーツジム」当たり前ですが、お金が必要ですよね? ちらりと、卓球台も映ってますよね?
高い金を払って「インサイド」……。誰かが言ってましたね、千円で良いから安くしろ、と。
カタカナ表記の等級には馴染めないです、旅客機なら……。
航跡が二軸推進の先代と僅かに違う気がします。

Re: 船体の詳細

サッピエロさん、こんにちは。

現行の「すずらん・すいせん」の船体まで詳しくは見なかったのですが、確かにスタンダードクラスの部屋は窓が小さ目ですね。
デラックスルームだとテラスがありますからね。
先代の「すずらん・すいせん」のスウィートルームはテラスが無い分足元までの大きな窓がありました。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

阪九フェリーであんまりマリンガールさんの勤務状況を聞いて回るとやっぱり怪しいかもwww
子供の足は確かに長いのですよ。親は両方とも足の短い昭和体形なのに食べ物が違うのでしょうか??

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

スポーツジムは「フェリーらべんだあ」の時も現行の「すずらん・すいせん」も無料で利用できたような気がします。
使っている人を見たこともないのですが・・・
「フェリーあざれあ・しらかば」のスポーツジムの卓球はお金が必要ですね。

等級は以前のような特等・1等・2等の方が分かりやすいと思います。
阪九フェリーの新船は以前の特等がスイートルームに、1等室がデラックスルームに少々インフレ気味な呼称に変わりました。

等級

こんにちは、

私が阪九フェリーで利用した部屋は昔の1等だったんですね。

カタカナだと部屋を選ぶときの基準が分かり難かったです。

スウィートは畏れ多くて選択肢にありませんでしたが
次、乗船機会があったらスウィートにしてみようかな。

No title

しっかりしておいしそうな朝食ですね。

話は変わりまして、昨日名門大洋フェリーの新造船「フェリーおおさかⅡ」に乗ってみました。感想を書くとやや長くなりそうなので端的にいうと、設備や食事を含めて阪九フェリーのほうが良い(好き?)です。(長くなってもよろしければ気がついたことを書きます)

Re: 等級

ちゅうさん、こんばんは。

等級は以前の方式は避ける傾向にあるのでしょうかね?
鉄道も1等、2等、3等車がありましたが、1等は廃止、2等がグリーン車、3等が普通車になりました。
私はまだ新船は1度しか乗っていないので、いろんな等級の部屋を使ってみたいです。

Re: No title

いっちーさん、こんばんは。

新日本海フェリーのグリルの朝食はすごくいいと思います。普段も晩御飯以上のボリュームですよ。
ホームページには出てこないので、案外これが一番の楽しみだったりします。

名門大洋フェリーの新船はいかがだったでしょうか?
良かったら教えてください。楽しみにしています。

No title

お言葉に甘えまして気がついたことなどを。やっぱり長くなりました。

ひびき(&いずみ)は、吹き抜けのロビーと接続する階段をうまく使って、主要な船内施設がどこにあるのかわかりやすい印象です。フェリーおおさかⅡ(&フェリーきたきゅうしゅうⅡ)のお風呂の場所が少し分かりにくい感じがしました。その風呂ですが、脱衣所と浴場は名門のほうが小さい気が。洗い場はどれもほぼ同じ数だと思います。

部屋についてですが、ひびきはDXシングル、おおさかⅡではファーストSと一人用個室を選択。結果、ひびきのほうが広いですね。ファーストSはフェリーさんふらわあのごーるど・ぱーるのスタンダート洋室1名と同じくらいでしょうか。大きな荷物を広げるには少々厳しいかもしれません。

一人用個室の配置ですが、おおさかⅡは船首に近くツーリスト洋室よりも奥側で結構歩くんだな・・・が率直な感想。対して、ひびきのDXシングルは階段から近いうえにロイヤル・スイートと同じ階にあります。一人客を大事にしたのか、そういう配置のほうが都合がよかったかはわかりませんが大変ありがたいです。あと、おおさかⅡの個室管理はカードキーではなく、カギでした。

食事はバイキングかカフェテリアかで好みは分かれると思いますが、自分は阪九のおいしい食事が好きです、必ず鉄板焼き頼みます(笑)。名門にもおいしいものはありました、マグロの刺身は切り方を考えればもっとおいしそうに見えるのに・・・と思いつつ。料理は定期的に補充されていたのは好印象で、お米も美味しいほうだと思います。

売店のはひびきのほうが広く品数も多いですね。名門のオリジナルグッズはタオル以外皆無(品切れ?)でした。

全般的にみて阪九のほうが好きだという結論です。なにはともあれ安全航海でライバル同士切磋琢磨してがんばってほしいです。あと、どちらのフェリーもトラックの運ちゃんたちの宴会は盛り上がってますね。

Re: No title

いっちーさん、こんにちは。

詳細な報告ありがとうございます。
乗船した印象、どちらの航路が好きかは個人の感じ方によるものだからどちらが圧倒的に優れている!と言う事は無いと思います。

http://meduboat.blog102.fc2.com/blog-entry-388.html
こちらの旅行記では「すおう」の1等2人部屋を利用しています。
http://meduboat.blog102.fc2.com/blog-entry-358.html
こちらの旅行記では「フェリーきょうと2」の1等2人部屋を利用しました。

こうやって比較すると名門大洋フェリーの1等室と阪九フェリーのそれとは圧倒的に後者の方がゆとりがあって好印象でした。名門大洋フェリーは総トン数を1万トン以下に抑えたいためにやや窮屈な構造なのかと考えていましたが、料金は名門大洋フェリーの方が安く設定しているのですね。
それから私は乗用車込の乗船が多かったのですが、阪九フェリーでマリンメートクラブ会員の割引を利かせると部屋代金の差額がドライバーのみ半額になっています。ここのポイントが大きかったのですが、最近は名門大洋フェリーは早期予約割引を始めまして巻き返しを図っている印象です。

食事に関しては・・・私の名門大洋フェリーの古い旅行記を見たらわかると思いますが、以前はアラカルトメニュー方式でした。ちょっと割高な印象だったかな?お味も阪九フェリーの方が好きでした。

いろいろ書いていると確かに長くなりますね。
私も名門の新船に乗りたいです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR