ロンジン ウルトロニック 音叉時計の修理

150113-1.jpg
ロンジン ウルトロニックという時計です。

150113-2.jpg
ジャンク品と言うことで手に入れました。
商品名から見てわかる通り、音叉時計です。







150113-3.jpg
開けてみてわかる通り、ムーブメントはMOSABAが入っています。
今回はダメもと修理です。ばらして構造を見てみたいと思います。

150113-4.jpg
針と文字盤を外した状態です。

150113-5.jpg
表のカレンダーを先に外しておきました。肝心の機械はこのように2分割できます。

150113-6.jpg
左側の部分だけ先に洗浄した状態です。

150113-7.jpg
このようにセットして、組み立て開始です。

150113-8.jpg
と言っても、実はこれでお終いw

150113-9.jpg
それでは音叉部分の修理に入ります。

150113-10.jpg
回路部分と歯車を外して洗浄が終わった状態です。

150113-11.jpg
歯車部分を組み立てます。

150113-12.jpg
回路を組んで出来上がり。

150113-13.jpg
再び合体させて、電池を入れてみましたが、残念ながら反応がありませんでした。
実は分解途中に気付きましたが、どうもいじった形跡が残った機械でした。

ものすごく簡単な修理ですむような記事になりましたが、実際のところMOSABAの機械は歯車を動かす非常に細い端子?のようなものがが二本あります。これが寄れてしまっていました。誰かが以前触ったんだと思います。

150113-14.jpg
残念でしたが、もしかしたら21世紀になっても音叉時計を常用している人が居るかもしれないので大切な情報を一つ・・・

150113-15.jpg
MOSABAのカレンダーディスクは何故かプラスチックでできています。
これが経年変化で脆くなっているのか、クィックチェンジの影響で爪が折れます。
もしもジャンクの音叉時計を買って、ディスクに爪の折れが無ければストックしておくと良いと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

音叉時計

こんにちは。
腕時計にも音叉式の物があったのですね。
昭和40年代後半に父が乗っていたクラウンかコロナ(どちらがそうだったか忘れました)の時計が音叉式で、静かなところで耳を澄ますと「プーン」という微かな音がしていた記憶があります。
で、U-BOATさん、腕時計を一体いくつお持ちなのですか?(笑)

Re: 音叉時計

夜行フェリーさん、ご無沙汰です。

昔の車の時計や置時計は音叉式が多かったですよね。ジーッと音がしていました。
ヤフオクでデッドストックの機械が10台ほど出た時、買っておけば良かったと思います。
今は音叉時計のマニアさんが多くて、安くは買えません。

時計はだいたい100kgくらいあると思います。個数は分かりません。
以前は国産の普及品の時計は非常に安価でしたが、今はそれなりの値段が付くようになりましたね。

音叉時計

こんにちは。
こちらが当たり前のように予想していた「単位」とは異なる「単位」での御返事にビックリです。
時計のことは良くわからないのですが、最近の電波時計は「カンニング」しているみたいであまり好きになれません。

Re: 音叉時計

夜行フェリーさん、こんにちは。

たまに時計自慢をする人に出会うのですが、こういう返事をしておくと「関わらんとこう」みたいな雰囲気になりますよ。
私が電気系に詳しければ音叉時計も復活できるものが増えるとは思うんですけど。

時計は暇なときに片っ端に修理しています。普及品でも状態が良ければ1週間で1分以内の誤差に収まるものもありますよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR