FC2ブログ

SEIKO seikomatic 20石 修理

141225-1.jpg

141225-2.jpg
今回修理する時計はこちら、セイコーマチックです。





141225-3.jpg
中はこんな感じ。
かなり長期にわたってオイル差しなどのメンテナンスも受けていなかったようです。

141225-4.jpg
綺麗にばらした状態です。

141225-5.jpg
まずは耐振装置の組み立て。

141225-6.jpg
まずはホルダーに載せたところから。
6時方向が全体的に汚いのは侵入した汗で腐食したから。
だいぶ洗浄しましたが、これ以上には綺麗になりませんでした。

141225-7.jpg

141225-8.jpg

141225-9.jpg
この状態まで組み立てて、香箱の角穴車を回してみて試運転。シャーっと軽く回る感じでした。

141225-10.jpg
全く問題なさそうなので、途中の写真も撮らずにここまで組み立てました。

141225-11.jpg
後は文字盤を取り付け、ケースに収めます。
斯様にケースに入れるときは表側から入れます。

141225-12.jpg
後は自動巻きモジュールを組み立てます。

141225-13.jpg
すごくあっさりと書いてしまいましたが、この時計はかなり高精度でした。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

セイコーのオートマは総じて作動感が軽い感じです。どんな意味があるのかは、わかりませんが。

Re: タイトルなし

サッピエロさん、こんにちは。

今回いじった時計はセイコーの自動巻きでも初期の部類のものです。自動巻きであることをアピールするために手巻き機能がありません。写真で分かるようにわざわざ竜頭も小さくしています。
作動感が軽いと思ったのは、それかもしれませんね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR