FC2ブログ

Mercedez Benz  W116 280SE フロントブレーキパッド交換

141230-1.jpg
とある天気の良い週末にフロントブレーキパッドのみ交換することにしました。


141230-2.jpg
ジャッキアップをします。

141230-3.jpg
キャリパーはこんな具合。
センサーのケーブルを外して、板バネを外すと簡単に外れます。


141230-5.jpg
交換するパッドは社外品のもの。
生産国はタイでした。最近は韓国製とか中国製とかよりもタイ製とかベトナム製などの製品の方が信頼できる気がします。

141230-4.jpg
取り外してみるとこれだけ薄くなっていました。

141230-6.jpg
新品と比べると厚さはこれだけ違います・・・が、実は新品のパッドは厚みがありすぎて、職場の営繕室のグラインダーで削る必要がありました。

141230-7.jpg
交換前にちゃんとブレーキオイルを少し抜いておきます。

141230-8.jpg
キャリパーピストンを押し広げます。
特殊工具が無くてもできるらしいですが、作業効率が違うので、時間が無い人はちゃんと特殊工具は持っておいて悪くないと思います。

141230-9.jpg
交換後の写真です。

141230-10.jpg
最後にブレーキキャリパー全体の写真を載せておきます。
大して難しい作業では無かったのですが、このW116シリーズのフロントブレーキキャリパーはATE社のものとBendix社のものと少なくとも2種類はあるようです。
どうもATE社の方がメジャーなようで、私が良く利用するアメリカの部品屋さんでもATE社製品用のものしかカタログにありません。(Bendix社用と指名しても普通に在庫はあるようですが)
したがって、もしもW116のキャリパーのリペアキットを買うときは事前に確認する必要があるようです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

車検以外の事を知らない人物は色々やらかすらしいです(苦笑)。パッドが減りすぎると金属音がするらしいのですが、無視してるとパッドを落とす。これは、本人の……。何年かに一度くらいの頻度でパッド異常の音を聞きつけます(鳴きではない)。
私の拙い記憶では「パッド厚み限界溝」が有ると思うのですが、画像では読み取れませんね。厚みの片寄りも良くないと聞いたような……。

製造国

メイドインチャイナ、コリヤよりタイの信頼性が〜。鋭いなあ、と思います。
全く同感です。
私自身、製造国が中国でない事を確認して買うことが多いです。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

フロントブレーキパッドには写真で見てわかるようにパッドセンサーの配線が付いています。
そこまで削れると警告灯が付くのですが、どうせ社外品だし5000円もしなかったし、阪九フェリーの「いずみ」に乗船する前だったから新しくした方が気持ちが良いと思って交換しました。

現在のように会社に乗ることがメジャーでなかった頃、ヤナセのお店によっては車検のたびにどんどん交換するところもあったようですよ。純正品でもそれほど高くないのですが、工賃が・・・だから微妙なところです。

Re: 製造国

サッピエロさん、こんにちは。

例えばBMWだと、アフターマーケット用の部品(OEM部品)の生産工場を中国に置いているものもあるからやむを得ないとして、そのOEM部品のコピー商品が出てしまうから困るんですよね。
タイ製とかベトナム製とかの方が逆にその手の心配をしなくて良い事が多いという点で大いに安心です。

やっぱり~

やはり、U-BOATさんは、根拠があったのですね。そう思っていました。

私もそうです。知り合いに、ヤマハの元新製品を作り出す所に
いた方がいますが、ホンダとヤマハ。断然ヤマハがいいですよ・・・。
との事でした。ヤマハはほとんど中国製の部品を使わず。ホンダは
多用しているらしく、整備すらできなかったこともあったと・・・。
結構怪我も頻繁。目に見えない内側の造作がとんでもなくひどいそうです。
そのバリ等で怪我が絶えないと憤っていました。

でも、その当たり、本当によかったのは国産だったとも・・・。残念ですね。
本当に。

Re やっぱり~

サッピエロさんの今回のコメントは少し、誤りがありそうので、さしでがましいですが、コメントさしていただきます。
私は、ホンダ車(ビジネスバイク)まあ、スーパーカブですが、メンテナンスをしていた時もあります。

当時、ヤマハもスズキも取扱いしていましたが、ホンダで、特に怪我が多くもなかった経験があります。
むしろ故障発生はホンダが少なかったのです。

ヤマハのパーツはオーバークォリティな割にすぐ壊れたのが印象に残っています。

因みに海外に中古で出す場合カブが1万円、鈴木が3千円、ヤマハが1千円でした。

むしろ、電装パーツが高かった印象です。 国産のミツバのウィンカーリレーは、同じものでホンダの1.4倍高で販売しいました。

サッピエロさんすいません。非難ではなく、事実です。

この場を借りて返信です。

gelshi様。初めまして。サッピエロです。
言葉足らずで御免なさい。

とくに、何度整備しても燃料タンクや鉄製のカバーの類の内側のバリはどの諸種も大体
ひどかったと聞いており、他の方も一様に申していたので、そう思ってしまいました。

思い込みはいけませんですね。m(__)m

ホンダが悪いというのでなく、多くの中国製がはなはだ粗悪品が大変多いということでした。

冷凍技術の専門家も同じような事を、話していたのを思い出しました。ちなみにクヲリティ
はやはり高いに越したことは無いと勝手に思っております。 私はドイツ車に載っていますが
国産にするつもりでしたが、アレルギーに対応した製品が国産車に無かったのでそうしたのですが
そんなことも一見、健康な人には解りずらい事です。しかし、新車ながら国産では先ず無かったような
豆電球の接触が悪かったり、凍りついて燃料蓋が開かなかったり、国産に慣れていたので
あー、こんな事で~と思います。

元、ヤマハの開発チームのその方は、ホンダのエンジンや、他の所は大変評価していましたよ。
私自身、軽自動車にするならスズキ・・と思ってもいます。が、そこの店員や整備員がひどければ
しないとも思います。難しい葛藤もあります。
かつては整備する人に大変失礼な事を沢山されて来ましたので・・・。注意しなければ。

No title

BOATさん、そうでしたね。画像コメントに「センサーのケーブル」と、ありますもね。アウトバーンの国ですからブレーキ性能が落ちているのを知らなかったら命取りですものね。私の自動車部品の知識の一部は40年以上前の高校在学中の時ですから化石化してます(笑)。
「コピー品」のコメントに食い付きましたので、ちょっとした受け売りです。「ア○○○サンチン」の製造工場がコピられました、これは製造に関わったのが元社員なので何とかなったのですが。もう、次世代コピー工場が操業してるとか。アノ国では実用新案が電子申請で、申請した途端に……。呆れるしか有りませんね。
化学合成や化合物はほぼ同品質のブツが作れるのでしょうが、金属加工品は色々と……。ハイアールの社長は洗濯機の重要部品を「日本性に限る」と発言していた筈です。

Re: この場を借りて返信です。

gelshiさん、サッピエロさん、こんにちは。

日本製品のくくりの中でも、各メーカーで特徴があって一概にどうだと言えるわけでもないところが難しいですね。
ホンダの2輪のトゥディは中国製品を多数採用していて大丈夫だろうか?と言う目で見られていましたが、案外大丈夫だったようです。
私の知り合いにホンダのOBの方がいます。現役でホンダに勤められている方は絶対にそうだとは言わないでしょうが、中国生産になったカブは販売店側での評判は芳しくないようです。
いったい何が違うのかさっぱりわかりません。

自動車の部品・・・みんなだいたい10年で乗りつぶしてしまうので、その間だけ持ちこたえれば取り敢えず及第点と言う考え方もあるかと思います。
しかしBMWの車の冷却系は強化プラスチックと樹脂をやたらと多用しています。10年10万キロ持つかどうかが怪しい部品が出回っているようですね。
そんな事を言っている私もまたド素人なのでした。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

「ア○○○サンチン」が何なのか、どうしてもわかりませんでした(笑)。
浜松は自動車部品のメーカーも多数あります。
トヨタプリウスのハーネスを作っている会社もありますが、生産拠点を日本国内と海外の2カ所に持っているとのことです。
ハーネスも流れ作業的に作るらしいのですが、外見は違いはないのに検品ではねられるのは何故か海外生産品の方が多いのだそうです。
その会社の担当の方も不思議だと言っていました。

一時期怪しい中国製バイクで「日本ヤマハ」とか「日本スズキ」なんてものがありました。
私の知る限りではスズキ自動車は車両の調査をしたようですが、それっきりのようです。それなりと思ったのでしょうね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR