FC2ブログ

平成27年1月 阪九フェリーいずみ就航を祝う旅 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。


150122-76.jpg
午後3時過ぎに関門海峡を通過。

150122-78.jpg
帰りの船の出港時刻まで十分に時間があるので、寄り道をすることにしました。

150122-79.jpg
寄り道と言っても、フェリーターミナルから割と近い所。

150122-80.jpg
細い道に入ってしばらく進むと・・

150122-81.jpg

150122-82.jpg
門司ゴルフ倶楽部に到着しました。

別に私がゴルフが趣味だなんていう訳ではありませんで、ここの建物を見に来たわけであります。


150122-83.jpg
入り口です。
同行者はあまりに立派な建物だから狼狽して入るのを嫌がっていました。
そこで私だけフロントに入って・・

「ボキは一般に気色悪いと言われる乗り物ヲタの中でも、少数派の船ヲタです。ゴルフなんて全然興味がありませんが、建物の中に入って良いですか?」なんていうと絶対無理なわけで・・・

「この建物はアントニン・レーモンドの作品だと伺っています。私は全くの部外者ですが、邪魔にならない程度に見学させていただけませんか?」と言うと、快諾いただけました!!

150122-84.jpg
やったー!やったー!物は言いようだぜ!!
フロント周辺はこんな感じ。

150122-85.jpg
1階は更衣室のようで、2階がゲストルーム(と言う呼称で正しいのか分かりませんが)があります。

150122-86.jpg
そこを上がってみると・・・

150122-87.jpg
こんな空間が広がります。
この建物は1960年竣工のアントニン・レーモンドの作品。

私は戦前の洋風建築は好きだけど、戦後のものはそれほどでもありませんでした。仮にヴォーリズの建物でも戦後のものは真面目にチェックしていませんでしたが、この時(詳細はこちらをクリック)に訪れた八幡ヴァプテスト教会の雰囲気が良かったから、調べて行くとこんなものがあるのに気付いた次第。

150122-89.jpg
観光地でもないけど綺麗だな。

150122-88.jpg

150122-90.jpg
レストランと喫茶室も併設されており、こちらはゴルフをしに来た人でなくても使える模様。

150122-91.jpg
建物中央付近に暖炉があって、そこまで行きたかったのですが・・・
どう見てもゴルフをしに来たようには見えない私たちの姿を事情を知らない従業員の方々が不思議そうに見ているものだからプレッシャーに負けてしまいました。

150122-92.jpg
フロントの方には今度は時間を取って、食事をしに来ますとお礼を言いました。

150122-93.jpg
建物の全景を撮ってみました。
まだ建材の確保もままならなかったのではないかと予想されますが、立派だ。

150122-94.jpg
逆光になってしまったのが残念だけど、雨どいも銅製だ。

150122-95.jpg
足元を見てみると・・・
プッ・・・ぶっつけちゃったのかなwww
でも、建物の美しさから察するに定期的にメンテナンスはしているようなので、こういうものも補修されるんだろうな。

150122-96.jpg
それでは寄り道も終わったことだし、港に向かおう。
車だけはゴルフに来た人のもののように見えるwww

150122-97.jpg
と言うことで、門司ゴルフ倶楽部を出発してわずか10分足らずで港が見えてきました。

150122-98.jpg
午後4時過ぎに無事阪九フェリー新門司ターミナルに到着です。
既に一般乗用車も多数並んでいます。

150123-1.jpg
ターミナルに入ってみるとこの日はウィークディなのにかなり乗客が多い模様。

150123-7.jpg
切符を買う際にちょっと心配したのですが、車両の滞船手続きも無事取ることが出来ました。

150123-2.jpg
関係各所からの贈り物かな?
取り敢えず、新船就航おめでとうございます!!

150123-3.jpg
切符を買ったら安心して撮影しよう。

150123-4.jpg
航海用信号旗UW1が揚がっていましたが、風向きが悪くてうまく撮れませんでした。

150123-5.jpg
福岡の地元放送局も取材に来ている模様。

150123-6.jpg
こんな所からも落ち着いて写真が撮れるわけですが、これが鉄道だったりしたら大変なのよね。

150123-8.jpg
さくっと写真を撮って、車に戻ると乗船開始となりました。
なんと滞船組の私が1番乗りです!!

うぉー!うぉー!やったー!!

150123-9.jpg
うおおおおおおおおお!!!!!!

下船の時にゆっくりしたいから滞船手続きを取ったのだけど、大抵乗船の時は1番乗りか後回しかの両極端!
今回ターミナルに着いた時に誘導員のおじさんに「滞船します。」と事前に伝えて別レーンに入ったのが幸いしました。

150123-10.jpg
うおおおおおおおおお!!!!!!

記念すべき第1号車両だ!
「いずみ」が退役するまで私もこの車に乗り続けるぞ!!

150123-11.jpg
ひゅごおおおおおおおお!!!!!
現行船だとこのフロアに止めることになるのですが、「いずみ」「(春に就航予定の)ひびき」組はさらに上の段があるのです。

150123-12.jpg
・・・と言うことで止めますた。(´・ω・`) 何か書いていて恥ずかしかった。

150123-13.jpg

150123-14.jpg
それでは客室エリアへ行こう。

150123-15.jpg
この入り口のドアを開けると・・・

150123-16.jpg
急にこんな感じになります。
実際に階段を上る必要が無いのはかなり楽でした。

150123-17.jpg
・・・ということで、中央公室エリアに来ました。

150123-18.jpg
これはまたなかなか・・・

150123-19.jpg

150123-20.jpg
雰囲気的には平成25年に就航した新日本海フェリーの「すずらん」「すいせん」組にかなり近い印象です。

150123-21.jpg
エレベーターを使って最上階に来ました。

150123-22.jpg

150123-23.jpg

150123-24.jpg
私は北海道航路の船の方が九州航路の船よりはるかに豪華な印象を持っていますが、「いずみ」はまるで北海道航路の船並に綺麗だと思います。

150123-25.jpg
スイートの部屋(これまでの阪九フェリーで言う所の特等室は20室もあるのです。)

150123-26.jpg
そして今回使う部屋はこちら。

150123-27.jpg
ドアを開けてみるとこんな感じ。

150123-28.jpg
ベッドルームはこんな感じ。

150123-29.jpg
逆から見るとこんな感じ。
よくよく考えたら、枕もとの照明はちゃんと燈して撮るべきだったな・・

150123-32.jpg
窓側から見たらこんな感じです。「いずみ」「ひびき」の就航とともに退役する予定の「せっつ」「すおう」の特等室よりは一回り小さい印象です。

150123-31.jpg
クローゼットはこんな感じで、毛布も用意されていました。

150123-33.jpg
就航したばかりだから窓もこんなにきれいです。
何年か経つと塩が付いてきて外の景色も薄ぼんやりとしてくるのです…

150123-30.jpg
茶器セットはこんな具合。

150123-127.jpg
クッキーが2枚。
クッキーの絵柄は阪九フェリーのマークと船長さんのキャラクターだったような気がしていましたが、ただの記憶間違いでしょうか?

150123-59.jpg
冷蔵庫の中にはちゃんとサービスドリンクもありました。

150123-34.jpg
ちょっと外に見学してみよう。

150123-35.jpg

150123-36.jpg
テレビ局の取材が入っているようですね。
こうやって見てみると明らかに一般の旅行者ぽく無い方が多数乗船されているようでした。
意外に船ヲタも多いようだ。

150123-37.jpg
外に出てみました。

150123-38.jpg

150123-39.jpg
今回も意外に大雨に降られることなく写真を撮って回ることが出来たw

150123-40.jpg
この位置からだとUW1の航海用信号旗がはっきりと分かりました。

150123-43.jpg

150123-42.jpg

150123-41.jpg

150123-44.jpg
今回ばかりはほかの出港する船にはほとんど興味がありませんでした。

150123-45.jpg
改めて再び船内に戻りました。
当たり前だけど真新しくて気持ちが良いのです。

150123-46.jpg

150123-47.jpg
こちらはレストランです。

150123-49.jpg
中央部分は4人座りのテーブルがたくさん並んでいます。

150123-48.jpg
これはレストランの右舷側です。
単身の利用者が使いやすいような配置になっていると思います。

150123-50.jpg
そうすると左舷側がレストラン入口になるわけで・・・

150123-51.jpg
こちらにプロムナードがありました。

150123-52.jpg
それではこの階層にあるデラックスルームエリアへ。新船のデラックスルームは在来型の船でいう所の1等室で良いのだろうか?

150123-54.jpg
こちらには今回の船の売りの一つであるフォワードサロンがありました。

150123-55.jpg
中はこんな具合。

150123-56.jpg
見たらわかると思いますが、新日本海フェリーのフォワードサロンと違って意外に狭いのです。
多分片道12時間の航路ではそれほど意味が無さそうなスペースになるし、日が落ちている時間帯に煌々と明かりを照らされても困るだろうし、そういう事もあってか気づきにくいエリアでした。

150123-57.jpg
フォワードサロンの窓ガラスもそのうち塩をかぶって白く曇るんだろうな。「すおう」が停泊していますが・・・

150123-58.jpg
あちらはUW旗を揚げていました。

150123-60.jpg
そうこうしているうちに出港の時間となりました。





この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます.
初就航でのご乗船おめでとうございます(笑)
写真を見ているとまるで乗船したかのような気分になりました.
スイートにはフェリーせんべいならぬフェリークッキーがあるんですね~.

新造船祝! 見る所全てが奇麗です。 全てに気合が入っています。

車輛甲板も真新しいですね。

吹き抜けのエレベーターの表面を強化ガラスで覆っていますね。
エレベーターの箱をもっと見せる為のデザインが壁に覆われていて
その点だけが、残念です。 バランス重りの上下運動も見せた方が
良かった。 それにしても他はすべて、いいです。奇麗です。
エンジン音等侵入してくる音や振動はいかがでしたか?

ゴルフ場の建物。中が素晴らしい。 奥行きもあって。 駐車場には
ビップの黒塗りが・・・。ですね。 うちのお向いさんは黒塗りの軽です。

戦艦武蔵が見つかったとか・・・。

No title

就航初日に乗船されたのですね。
僕は上り便初日でした。

売店の女の子は周防の娘でしたね。
フロントのお父さんはやまとだったはず。

就航初日にボートさんが何を召し上がられたのか気になります。
あれ貰いました?

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

ブログを読んでいる人が、その場に実際に居るような気分になる雰囲気を出そうと努力しておりますw
実際にそう感じていただけたら嬉しいです。

しかし、どうも移動よりも乗船が目的だった人が多いようでしたよ。

Re: 祝

サッピエロさん、こんにちは。

今回の阪九フェリーの新造船、確かに気合が入っていますね。
航行中も振動が非常に少なくて良かったです。

門司ゴルフ倶楽部の建物もとても良かったです。
ホームページ上でもレーモンドの設計であることをアピールしていますね。
レーモンドの建物は比較的多数残っているので、機会があれば訪れてみたいと思います。

戦艦武蔵も発見されたようですね。
防磁電線?というのでしょうか??それが分かるというのもすごいですね。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

記念切手いただきましたよ。
今度一緒に「つくし」に乗船して記念切手のシートにMTRIさんのサインを書いてもらいに行きましょうか?

No title

ぼーとさん
つくしのmちゃんのサイン、それはいいですね

Re: No title

こうじさん、こんばんは。

mさんのサインを記念切手のシートに書いてもらって、そのまま「ありがとうございますた。」で帰ってきたらダメなんですよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR