FC2ブログ

平成26年11月 クルーズフェリー飛龍21乗船記 Vol.5

この記事はこちらからの続きです。



141201-1.jpg
翌朝です。この時間に起床。

141201-2.jpg
ちょっと外に出てみよう。

141201-3.jpg

141201-4.jpg
で、外を覗いてみたらこんな調子で真っ暗。
かなり雲が厚いし、風も渦巻いている感じがする。今日は時化るだろうな。

141201-5.jpg
それでも名瀬港には定刻着岸の模様。しかし入港の港がすごい字だなww

141201-6.jpg
今日はあまり景色も楽しめないかな。

141201-7.jpg
時々ユサッ、ユサッと来るのですが、基本追い風状態気味だからそれほどしんどくは無かったです。

141201-8.jpg
・・・と言うことで、これだけは外さず。
今回は和定食にしました。

141201-10.jpg
レストランオープンの放送とともにレストランへ。

141201-9.jpg
見てみると、やはりお客さんは少ない模様。
インサイドキャビンのお客さんはつらいかもしれないな。内部屋で景色が見えないと時化の日は堪えるのではないかと思ってしまいました。

141201-11.jpg
私だって時化ても酔わないという訳ではありませんで、辛くならないように進行方向に向かって座りました。

141201-12.jpg
朝食メニューはこんな感じ。

141201-13.jpg
目玉焼きは温かいのを期待していたのですが、冷たかったのは残念。

141201-14.jpg
何はともあれ美味しゅうございました。御馳走様でした。

141201-15.jpg
食後ちょっと外に出てみました。
結構風が強くて斜めに撮れてしまっただけです。
こんなに船が傾いているわけではありません。

141201-16.jpg

141201-17.jpg

141201-18.jpg

141201-19.jpg

141201-20.jpg
時化の南日本の海の写真もなかなかないだろうと思って写真を撮りました。

141201-21.jpg
取り敢えず、これだけ写真を撮って、その後部屋でごろ寝をしていたのですが、いつのまにか寝てしまっていたようで・・

141201-22.jpg
気が付いたら名瀬港内に入っているところでした。

141201-23.jpg
慌てて外に出てみるの図。

141201-24.jpg

141201-25.jpg
タラップを下ろす作業を観察するの図。
結構な高所作業だから大変だと思う。

141201-26.jpg
名瀬からは乗客がいる模様。赤ちゃんを連れたお母さんのようですね。

141201-27.jpg

141201-28.jpg
さすがにここまで南に来たら12月なのにミドリも深い印象です。

141201-29.jpg
団体さんは名瀬港で下船したようでした。
実は私も東京から出港して名瀬で下船して、ちょっと観光して帰る案も考えてみたのですが、奄美大島空港から直接羽田や名古屋に行く便がありませんでした。有ってもせいぜい福岡行が午後にあるのみ。
料金も割高で、福岡から新幹線で帰ると浜松は深夜着になってしまうから止めた次第。この日は雨も降っていたから結果的には那覇まで向かうことにしたのは良かったかも。

141201-30.jpg
荷役の様子も見てみましたが、意外にも曝露甲板に積んだコンテナは下ろさないのですね。
船尾側のコンテナは結局那覇まで積んだままでした。

141201-33.jpg

141201-34.jpg
船上から名瀬港周辺を観光するの図。

141201-40.jpg
ダイエーがありました。
平成27年以降にはイオングループに完全に吸収されて、ダイエーと言う名称は消滅するそうです。
以前の旅行記でもちょっと触れたのですが(詳細はこちらをクリック)、日本シリーズ制覇も成し遂げたプロ野球球団を持っていた企業なのに・・・栄枯盛衰を感じてしまいます。

141201-35.jpg
モクモクモク・・・そんな事を考えているうちにファンネルからの煙が濃くなってきて・・

141201-37.jpg

141201-36.jpg
出港しました。

141201-39.jpg

141201-38.jpg
名瀬港外を見ると、結構白波が立っている。
揺れるだろうな。

cwmsjp_24.gif
実際午後はこんな感じなのですw



141201-31.jpg
離岸した後、ちょっと船内に戻ってみると、下船された乗客の皆さんの部屋はそのまま解放されていました。

141201-32.jpg
2等室も下のベッドをメインに使っている模様でした。
上の段を使うと掃除も大変だもんね。

141201-41.jpg

141201-42.jpg

141201-43.jpg
やがて名瀬港外に出るとゆさゆさと船が揺れ出しました。

141201-44.jpg
雨も降っているし、素直に横になってやり過ごそう。

141201-45.jpg
・・・とレストラン営業の船内放送があっているな・・と思って目を覚ますとこんな時間。
結構長いこと寝てまったようです。

141201-46.jpg
二日目の昼食はあまり食べる気がしなかったので、スルーしました。
外に出てみたらこんな具合。

141201-47.jpg

141201-48.jpg
意外に晴れていました。

141201-49.jpg

141201-50.jpg

141201-51.jpg

141201-52.jpg

141201-53.jpg
このまま晴れてくれたら良いのですけどね。たまたま雲の切れ間に入っただけのようにも見える。

141201-54.jpg

141201-55.jpg
しばらく青い空を見ていました。

141201-56.jpg
その後外にいるのに飽きて、再び船内へ。

141201-57.jpg
ゴロゴロしているうちに寝てしまって、気が付いたらこんな時間。

141201-58.jpg
外はちゃんと雨が降っていましたw

141201-59.jpg
ちょっと腹が減ってきた。せんべいを食べてみたり・・・

141201-60.jpg
マンガを読んでみたり・・・

141201-62.jpg
この時間になって、急に船が揺れなくなったな?と思ったら・・

141201-61.jpg
船内放送で伊江島付近を通過中との船内放送が・・

141201-63.jpg
デジカメで目一杯拡大した写真ですが、風力発電の風車も勢いよくぶんぶん廻っていました。

141201-64.jpg

141201-65.jpg
こう考えてみたら、あと2時間くらいで長い長い船旅もお終いか。

141201-66.jpg
そうすると、右舷側には沖縄本土が見るはずと思って廻ってみたら・・

141201-67.jpg
見えました。

141201-68.jpg
あぁ、もうすぐか。

141201-69.jpg

141201-70.jpg
名残惜しくなって、あちこち写真を撮って回りました。

141201-71.jpg

141201-72.jpg
長い長い船旅ももうすぐお終い。

141201-73.jpg
船内に戻るとホワイトボードには10分早い18時50分着岸予定の掲示が出されていました。

141201-74.jpg
この地図は有村産業時代のものだろうか??マルエーが引き継いだときにはステッカーは無かったと言っていたもんな。

141201-75.jpg

141201-76.jpg
よーく見ておこう。

141201-77.jpg
そしてこの時間には。

141201-78.jpg

141201-79.jpg
残波岬が見えてきました。

141201-80.jpg
この辺まで来ると、だいぶ波も穏やかになっていましたが、どのくらい揺れていたかと言うと・・

141201-81.jpg

141201-82.jpg
こんな感じだったかな?
乗り物酔いしやすい人だとかなり厳しかったと思う。

141201-83.jpg

141201-84.jpg
次第に暗くなってきまして・・

141201-85.jpg
この時間だと殆ど那覇港付近まで来ていると思いますが・・

141201-86.jpg
外に出てみたら・・

141201-87.jpg
こんな感じでした。

141201-88.jpg

141201-89.jpg
やがて船外の照明が点りはじめました。

141201-90.jpg
この切符は下船時回収するらしい。ちょっと残念。

141201-91.jpg
東京を出港して約50時間、お世話になった部屋の毛布はきちんとたたんでおきました。
どうせ掃除の時にまた広げるのでしょうけど。

141201-92.jpg
那覇港を見ていると、何となく客船みたいなのがいるなと思っていたのですが・・・

141201-93.jpg

141201-94.jpg
飛鳥Ⅱでした。

141201-95.jpg
その横をすり抜けていき・・

141201-96.jpg

141201-97.jpg

141201-98.jpg
着岸しました。

141201-99.jpg

141201-100.jpg
あきらかに長かったけど、あっという間だったw

141201-101.jpg
エスカレーターとタラップを降りていくと・・

141201-102.jpg
そのまま目の前のマイクロバスに乗車。

141201-103.jpg
乗用車込の乗船の方もおられたようです。

141201-104.jpg
ターミナルの建物の前でマイクロバスを降りて、改めてクルーズフェリー飛龍21を見てみました。

141201-105.jpg
たった1回しか乗船できなかったけど、どうもありがとう。


この記事の続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最後の一枚

一番最後の写真がベストショットです。 船全体が見えますね。

何時も、思う事ですが、船でも飛行機でも、居眠りしたり、夜

寝静まっていても、エンジンは回り続ける。なんと心強いことか。

なんとも素晴らしい。ずーっと。吸気、圧縮、爆発、排気を続けて

いるんですよ!冷却しながら、あの巨体を何十時間もですよ。

すごいなあ~。えらいな~。人間の心臓みたいなもんでしょうか。

Re: 最後の一枚

サッピエロさん、こんにちは。

船を下りるときに写真を撮りたかったのですが、トラックの往来も多いし、マイクロバスが待っているし、迷惑をかけないようにすぐに乗りました。
港を離れる前に改めて船の全景を撮りたかったので、最後の写真が撮れて良かったです。

同じようにターミナルの前で撮っている人もいれば、さっさといなくなる人もいて、みんなもっと名残を惜しんだらいいのにと思いましたよ。

No title

こんばんは

去る船もあれば新たに登場する船もあり・・・
明日,いよいよ阪九フェリー「いずみ」が処女航海(でいいんでしょうか?)ですね.
ロイヤル,デラックス和洋,デラックスシングルは満員御礼のようですね.
夏になり日が長くなったら,海を眺めつつ露天風呂に入ることができますし,
とても楽しそうな船旅になりそうです.

No title

奄美-羽田。JALの直行便が有ります、実はちょいとした下調べで「奄美空港ターミナル」で検索するとバス連絡の時刻表が見れるのを知ってまして、これを書く前に調べてみました。バスが13時20分ですから定刻でも滞在は4時間、運賃はバカ高い、しかも一本のみで機材は小さいと良い事が無さそう。
下調べの時はもう少し出発が遅かったですね。で、いつの頃からかこの時刻に。これだと名瀬・奄美で乗り継げないんですよ(笑)。その計画すらかなり無理なので現実的では無いのですが(大笑)。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

「いずみ」、就航しましたね。
もう乗ってきましたので、乗船記を楽しみにしていてください。

Re: No title

秋田利用さん、お久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。

奄美大島から羽田行の便、確かにありました。ちょっと勘違いでした。
おっしゃる通り、べらぼうに高かったので止めました。飛行機会社も利用客を確保しにくい航路を持っているわけだから、そういう所はお高いのですね。勉強になりましたよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR