FC2ブログ

平成26年9月 ジャンボフェリーで高知出張 Vol.1

140927-1.jpg
時刻はこのくらい。午前3時過ぎにごそごそと社宅を起き出して出張に行くことになりました。

140927-2.jpg
使うのはこの車。
こんな時間に自動車で出発するのだから、だいたいどこに向かうか予想が付きそうなもの。


140927-3.jpg
向かう先はジャンボフェリーの神戸ターミナルです。

140927-4.jpg
午前3時半ころに職場によって同僚を一人拾って、浜松ICから東名高速道路に流入しました。

・・・が、午前4時前だというのに、(写真でもわかるように)何と渋滞情報が!

140927-5.jpg
余裕を持って出発したつもりだったけど、やっぱり憂鬱になってしまう・・・
渋滞につかまるまでは時速80キロ以下で移動。

140927-6.jpg
・・・渋滞につかまりました。
約35分程度のロス。原因は大型トラックが故障で立ち往生し、1車線規制していたから。
早く新東名のいなさIC-豊田東ICまでが開通して欲しいところ。しかし、当初の予想に反して難工事のようで、平成26年度開通予定が平成27年度末開通予定に繰り下がりました。
何でも地盤が脆弱なところがあり、橋脚の沈下が起こったり、自然由来の重金属が出てきて処理をしていたりしているのだそうです。

140927-7.jpg
しかし、渋滞を抜ければ後は快調。
着々と西へ向かいます。

140927-8.jpg
ゴゴゴゴゴ・・・

140927-9.jpg
ズズズズズズ・・・・

140927-10.jpg
こうやって無駄に写真を撮っているようでも、あとで見返してみると夜が明けていく様が分かって楽しいのです。

140927-11.jpg
西宮料金所を通過。

140927-13.jpg

140927-12.jpg
もうほとんど到着直前の写真ですけど、すぐ右側には税関の建物があります。
この周辺は良く整備されていて、非常に美しい見ごたえのある洋風建築が多数残っています。是非にじっくり見てみたい・・・は去年のジャンボフェリー乗船時にも言っていたのよなぁ・・・
意外に忙しくて時間が取れません。

140927-14.jpg
と言うこと、ジャンボフェリーのターミナルに到着です。
ちなみにここは平成26年9月に再開発されて綺麗になりました。
ジャンボフェリーのターミナルも綺麗になったし、10月からは宮崎カーフェリーの関西側の着岸港が大阪南港からこちらに変更されます。
きっと、船ヲタにはたまらない景色になると思います。

140927-15.jpg
今回はターミナルに到着するや否やすぐに乗船となりました。
IBS登録していて、ETCカードでの引き落とし可能だから、切符を買う必要はないのですが、今後このようになるのでしょうか?それともたまたま乗船開始時間になっていからでしょうか?

140927-16.jpg

140927-17.jpg
曝露甲板に車両を置きました。

140927-18.jpg
客室に入る前の写真です。
前回と同じく、多分曝露甲板に載せられた車は高松行きの車両なのでしょうけど、やっぱり一般乗用車の利用台数は少ないのかな?

140927-19.jpg
乗船時の桟敷席はこんな感じ。

140927-20.jpg
公室エリアへ。

140927-21.jpg
何だかよく分からないけど、小豆島観光のあれこれなのかな?

140927-22.jpg
何でも夜はここにも人が寝るくらいに満載になるらしい。

140927-23.jpg

140927-24.jpg
前方が見える座席室(と言って良いのか)に座ってみました。

140927-25.jpg
やがってこの時間になると・・・

140927-26.jpg
静かに出港したようです。

しかし船が回頭を終えたあたりからいつものあの音楽が・・・


どーしても聴きたい人のためにリンクさせておきました。



140927-27.jpg
腹が減ったな。
本来なら朝食を食べ終わっている時間帯だからなおさらです。

140927-28.jpg
出港した後にこちらのメニューが食べられるのです。

140927-29.jpg
海が見える座席に座って・・・

140927-30.jpg
きつねうどんを食べました。
揚げがしつこくない程度の甘い味付けで美味しゅうございました。

140927-31.jpg
御馳走様でした。
客船?レストラン船?が見えるけど、ああいうのもなかなか乗る機会が無いなぁ。

140927-32.jpg
食事をしたら落ち着いたので、船内を少しうろうろしました。

140927-36.jpg

140927-35.jpg
増設されたところはそれほど違和感のない感じになっています。
元々の設計からさらに上層部を増やしたのですが、船体全体のバランスとかは大丈夫なんですかね。

日本から発展途上国に行った中古船は変な改造を受けてトップヘビーになったなんてことを聞いたりもします。

140927-34.jpg

140927-33.jpg
ちょっと外に出てみました。
曝露甲板には私が乗船した後は1台新たに乗っただけだったようです。

140927-37.jpg
前回と違って今回は快晴でした。
最上部に上がってみたら、床が白いから眩しいのなんの。

140927-38.jpg

140927-39.jpg

140927-40.jpg
前方を見たらまだまだ明石海峡大橋ははるか彼方でした。

140927-41.jpg
左舷側を目を凝らしてみてみると・・・

140927-42.jpg
こんな客船がいました。
さすが40倍まで拡大できると良く見えるなぁ。

140927-43.jpg
多少の追い風だったらしく、船上にいても殆ど無風状態化、かすかに風を感じる程度でした。
そうこうしているうちに明石海峡大橋が見えてきました。

140927-44.jpg

140927-45.jpg

140927-46.jpg

140927-47.jpg

140927-48.jpg

140927-49.jpg

140927-50.jpg

140927-51.jpg

140927-52.jpg

140927-53.jpg

140927-54.jpg
昨晩は午後10時半まで仕事をしていまして、今日は午前3時起き。ここまで見届けたら、さすがに眠気には勝てず、桟敷席で仮眠を取ることにしました。

140927-55.jpg
・・・と言うことで、午前11時には「間もなく小豆島に到着」の船内放送で目が覚めました。

140927-56.jpg

140927-57.jpg
外に出てみました。
昨年の旅行(詳細はこちらをクリック)から早1年くらいたったのか、時間が経つのは早いなー。

140927-60.jpg
その1年の間でフェリーターミナルの屋根が少々剥がれていましたww

140927-58.jpg
小豆島では船内に乗っていた10代から20歳代の若者の多くが下船したようでした。
男女カップルなんて言い方は古いのだろうな。

140927-59.jpg
曝露甲板に乗っていた乗用車も1台下りて行きました。
もしかしたら、体が不自由な方が乗用車込で乗船していたのかもしれません。

140927-61.jpg

140927-62.jpg
やがてこの時間になると・・・

140927-63.jpg

140927-64.jpg
小豆島を出港しました。

140927-65.jpg

140927-66.jpg
今回は天気が良くて良かった。

140927-67.jpg
今度来るのも秋になるかも。
それでは、また船内に戻って仮眠を取ることにしました。

140927-68.jpg
この時間に船内放送がかかりました。

140927-69.jpg

140927-70.jpg
再び外に出てみるとすでに高松東港港外のところまで来ていました。

140927-72.jpg
だいたい到着予定時刻くらいに接岸と言うことになるのかな?

140927-71.jpg
あれこれと準備をして、いよいよターミナルに接岸前くらいになったので、この写真を最後に車に戻ることにしました。

140927-73.jpg
ブルン!
曝露甲板だと換気の事を心配せずにエンジンをかけられるな。

140927-74.jpg
それでは高松東港から四国上陸です。




この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ジャンボの乗り場は宮崎フェリーのお引越しとかで賑やかになりましたね。
神戸税関、サラリーマンの頃よく呼び出されました。
シンガポールへの荷が北朝鮮へ送られる恐れがあるといわれ、COCOM違犯の恐れがあるということでした。

ジャンボの展望フロアーはエーゲ海をイメージして真っ白にしているそうです。
夏は眩しいどころか照り返しで真っ黒に日焼けします。
再来年はまた瀬戸内芸術祭です。
ジャンボも参加するみたいですね

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

ジャンボフェリーは小豆島までは盛況のようですね。
瀬戸内芸術祭というのは何のイベントなんでしょう?
「二十四の瞳」くらいしか知らないものですから・・・

税関の方もちゃんと仕事をしているのですね。私が初めて車の部品を個人輸入した時は通関手続きは自分でしました。相手はお役人ですから、質問には答えても絶対に書類に代わりに記入してあげるなんてことはしなくて、判らないで困っていると「とにかく書きなさい。間違いは指摘してあげる。」と言う感じでしたよ。

No title

瀬戸内芸術祭はいろんなアートを瀬戸内海の島々で
展示するというイベントです。

まぁあれです。 スカした草食系カップルが好きそうなイベントですよ

No title

こんばんは.

フェリーうどん,おあげさんがなんともいえずおいしいそうですね.
フェリーの軽食といえばうどんとおでんが定番ですが,旅先で食べるこの2品はなんともいえずおいしいですね.

ジャンボフェリーですが,とある映画に協賛していました.
主人公が大分から大阪に向けてフェリーで移動という設定なのですが,
昼便ですし,おかしいな~と思いながら最後のクレジットを見て納得.
そんなところに目がいく観客は他にいないでしょうね...

No title

神戸のフェリー乗り場といえば六甲アイランドがメインで、
より中心地に近い新港第三突堤はサブという感じでしたが
宮崎カーフェリーが移転してきたということで変わっていくかもですねぇ。

元々の宮崎カーフェリーが発着していた大阪南港かもめ埠頭が衰退していくのかと気にはなります。
徒歩乗船利用がメインの私にはアクセスの利便性は第三突堤、かもめ、六甲いずれももう一つの感はありますが。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

ジャンボフェリーを使えば安価で小豆島まで行けますから、

こうじさん「瀬戸内芸術祭というのが小豆島であるらしいけど、良かったら見に行かないかい?」
誰かさん 「まぁ♡」
というシチュエーションを作ってください。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

ジャンボフェリーで食べたうどんは美味しかったですよ。
何となく、観光地の食堂で出てくるようなそれなりのものが出てくるのかと思いましたが、良い意味で裏切られました。オリーブうどんなんてメニューもありましたけど、さすがに手が出ませんでした。

瀬戸内海の長距離航路の昼便・・・設定されれば嬉しいけど、定期便だといつでも乗れると思って誰も乗らないのですよね。
以前大分から朝7時ころに出港するダイヤモンドフェリー神戸行に2度ほど乗船しましたが、船内は寂しい限りでした。

Re: No title

グレープフルーツさん、お久しぶりです。

大阪南港については名門大洋フェリーの新船も1万トンを大きく超えるようだし、浚渫されてより大きい船も入れるようにするのでしょうか?
そうすると、案外志布志航路のフェリーも大阪南港に入るようになるとかで、かもめ埠頭は旅客取り扱いは止める可能性もあるのではないかと愚考しています。
話は変わりますが、どうやら志布志航路の船も更新する計画があるようで、ちょっと安心しました。

時計

今回のフェリーはお天気にめぐまれましたね。

さて、今回の時計はガラスでしょうか?樹脂でしょうか?

スポーツマチックはシンプルなデザイン。リューズが見えませんが

3時の位置でしょうか。17石ですね。

Re: 時計

サッピエロさん、こんにちは。

時計の風防は多分プラスチックです。
スポーツマチックのシリーズでも一番安価な17石の時計がジャンク品の中にあったので、再生してみました。
多分現役を退くまで1度もメンテナンスを受けた形跡がないようでしたが、普通に1週間で2分程度の誤差しかないくらいまでになりましたよ。

精度

2分の差/週。 そんなに精度があがるのですね。 17石ですと、聞いた話ですが
数十分とかもざら・・・だとか。 2分は一日の差!?では?!

リューズは4時の位置ですね。 かすかに見えました。笑。

Re: 精度

サッピエロさん、こんにちは。

時計は石の数が多ければ多い程、高級で高精度のように思われますが、石が必要なところは決まっていて、50年(ごじゅうねん)くらい実用することを考えても17石で十分だったりします。
ただ、それをメーカーが認めてしまうと多石の高級ラインの存在意義が失われてしまうので・・・
(その証拠にスイスの超高級メーカーであるパティックフィリップ社の自動巻きでも17石のものがありますよ)

スポーツマチックはセイコー5(ファイブ)シリーズの流れをくむ時計です。セイコーファイブは、普及品の自動巻き時計として(5時の方向に竜頭を持ってくるなど)5つの特徴をアピールしてセイコーファイブと言う商品名になりました。
最廉価版のこの時計は文字盤も印刷で済ませているし、風防もプラスチックだし、簡素な防水機構だし、でも試しに直してみたら驚くほど高精度になったから私も驚いています。

初コメ失礼いたします。

こんばんわ。

最近になってふとしたきっかけでこちらのブログを発見し拝見させていただいております。
ご家族の話題、愛車の話題、旅の話etc・・・話題が尽きないブログを拝見させていただき主さんはかなり引き出しの多い方と存知上げております。

ここ最近私自身「旅」とは大変遠ざかっており「旅行」ばかりになっております。
(なかなか最近は少し落ち着いてきた娘+やんちゃ盛りの3歳児の息子を連れては「旅」は難しいと自認しております。)
しかし何時の日か自由な時間、余裕が出来たら嫁を連れて労いの「旅」に出かけようとおもいます。

当初どこぞのアジアのリゾートでと思っていましたがこちらのブログを拝見させていただき自身の生まれた国日本を廻ってみようか・・・と。
自分の知らないところがいっぱい有るなぁ・・・。
まぁ海外はそれからだなぁ。

大変失礼いたしました。
長きに渡る長文、乱文申し訳ございません。
またよろしければコメさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

Re: 初コメ失礼いたします。

総裁@自由飲酒党さん、初めまして。

U-BOATと言います。よくこんなマイナーなブログにたどり着きましたね。
一応船旅をメインにした旅行記のブログのつもりですが、それだけではお金のネタも続かないので、日常のこと、DIYのこと、あれこれで繋いでいます。
旅行も通常の観光ネタだけではつまらないと思って少し毛並みの違うところを訪れるようにしています。
良かったら今後もコメントなどをいただけると幸いです。よろしくお願いします。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR