FC2ブログ

平成26年8月 阪九フェリーで日帰り旅行 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。



140825-1.jpg
翌朝です。
今度はアラームのセットミスもなく、午前4時半に起床。

140825-2.jpg
外を見てみたら、当たり前に真っ暗。



140825-4.jpg

140825-3.jpg
公室に出てきましたが、さすがにまだ起き出している人もまばらな模様。

140825-5.jpg
取り敢えず、風呂に入りました。
午前4時半に風呂?と思われるかもしれませんが、私以外にもそのような人が居るようで、この後すぐに入ってきた人もいたから湯船の写真は無し。

140825-6.jpg
風呂から上がって、外に出てみました。

140825-9.jpg

140825-7.jpg
外はまだ雨は降っていない模様。
しかし、雲行きが怪しいなぁ。

140825-8.jpg
雨が降り出す前に近畿地方を抜ければいいのだな。
浜松の天気予報は雨だからどっちみち降られるのだろうけど。



140825-11.jpg


140825-10.jpg
くよくよしてもしょうがない。朝ご飯を食べよう。
往路は起きるのが遅くて食べられなかった。

140825-12.jpg

140825-13.jpg
今日の朝食は朝定食(鯖)500円。
ワンコインランチとして登場したためか、消費税増税後も値上げされておりませんでした。

140825-14.jpg

140825-15.jpg
今日の経路の確認をしておこう。
車両にナビが付いているわけではないから、どこのジャンクションでどの道に入るかを間違えないようにする必要があるのです。

140825-16.jpg
バイク!といっても40年以上前のスクーターだからビュンビュン飛ばせるわけではありません。
南阪奈道路に入って、国道165号線をひたすら東に進んで・・・

140825-17.jpg
伊勢湾フェリーの鳥羽乗り場を目指すんだな。
予約できるように電話番号もメモしておきました。

140825-18.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

140825-19.jpg
はぁー、好き好んで乗って帰ることにしたけど、多少気が重いなぁ。素直にバイクの陸送業者に頼んだ方が良かったりして。

140825-20.jpg
そんな事を考えているうちに船は泉大津港に入港してきました。

140825-22.jpg

140825-21.jpg
公室で待機の図。
やがて車両甲板解放の放送が入りました。

140825-23.jpg
わが愛車の所へ・・・
乗船するときはスカスカだけど、みっしりシャシーが積まれているなぁ。

140825-24.jpg
頼んだぞ、くれぐれも途中で故障するなよ。
そう祈りながら・・・

140825-25.jpg
エンジンキーオン!

140825-26.jpg
チカッ!!

140825-27.jpg
燃料コックオン!

140825-28.jpg
スターターポチッ!!
・・・で僅かなクランキングでエンジン始動。

140825-29.jpg
下船の方向はこちらのはずですが、乗船時に神戸行の船に向かって走り出したお兄ちゃんは逆側を向いていました。
この時はさすがに教えてあげましたよ。

140825-30.jpg
ブッブッブッブッブ・・・小気味よい2stサウンドを立てながらしずしずと前へ進み…

140825-31.jpg
まずは無事に泉大津港に下船。
雨が降っていると鉄板の上で滑ったりするから怖いのよね。

140825-32.jpg
やがて公道に出て走り出すのですが、ちょっと橋の前で路肩にバイクを寄せて・・・

140825-33.jpg
記念撮影。
胸ポケットにロードサービスカードがあるのも確認しましたw

140825-34.jpg

140825-35.jpg
うわぁぁぁぁぁ!!高速に乗るぞ!
そんなにプレッシャーを感じるなら下道を行けば良いでしょ?なんて思われるかもしれないけど、今日は夕方5時から仕事なのだ!!
泉大津ICより高速道路に上って順調に走り出しました。

140825-36.jpg
・・・止まりました・・・なんてね、嘘です。
いちいち料金所で財布を出すのが面倒になって、よくよく考えたら、ETCカードを持っているのを思い出したから、非常電話のある路側帯でちょっと荷物を下ろしてカードを取り出しました。その時の写真です。

まだ午前7時前なのに、阪和道路は半端無く交通量が多く、緊張しました。
無事切り抜けて行って、太子料金所へ。

140825-37.jpg
南阪奈道路に入ったら、楽になるかなと思ったのですが・・・

140825-38.jpg
対面通行なんて知らなかった。
なるべく路側帯を通ろうとしても橋梁ではその路側帯も狭いし、怖かった―w

140825-39.jpg
しかし、そうやってようやく終点までたどり着きました。

140825-40.jpg
そうこうしているうちにこの時間には・・・

140825-41.jpg
こんなところまでたどり着きました。
良かった、順調にここまで来たぞ。漠然と地図で経路を確認しているうちに何となく長谷寺には寄ってみようという気になったのです。

140825-42.jpg
国道沿いの市営駐車場に置いて、門前町の様子を見ながら歩くことにしました。
ちなみの平日の午前8時前だから駐車場は無人。しょうがないから詰所の目の前にバイクを置いて行くことにしました。(逃げる意思がないことをアピールしているつもりです)

140825-43.jpg
門前町を歩くの図。
山間で涼しいと思っていたのですが、意外に距離があって、だんだん汗ばんできました。
店はどこも開いていないし・・・

140825-44.jpg
奈良漬けと草餅を売る店のカウンターに猫が・・・
食べ物を置くところに君がいるのはまずいと思う。

140825-45.jpg
ハァハァ・・やっと見えてきた。

140825-46.jpg
ここで拝観料500円払って入場。
「写経をして帰られますか?」と尋ねられましたが「・・・アヒュッ!エッ!アッ!・・・すぐ帰ります(裏声)。」と・・・無礼なやつです。

140825-47.jpg
はぁぁぁ・・・
偉く立派な登廊だ。今風にいうと商店街のアーケードかな?そんなことを思いついた時点で罰が当たりそうな・・・

140825-48.jpg
ここ長谷寺は、真言宗豊山派総本山の寺なのだそうだ。
なかなか見ごたえがあって、いろいろ写真を撮って回ったのだけど、基本この旅行記はフェリーを題材にしているつもりなので、割愛。

140825-50.jpg
2004年に国宝に指定された本堂に到着。

140825-49.jpg
本堂の中です。
巨大な大仏様が安置させられていますが、写真撮影は禁止。

140825-51.jpg
本堂の懸造部分は木造でゴミひとつない状態だから上がって良いのか心配になりましたが、付近を通りがかったお坊さんが土足でどうぞと・・・

この日は仕事の時にも使う安全靴を履いていたから、ガコンガコンと言わせながらここを歩くのは気が引けたなぁ。

140825-52.jpg
ふーん・・・
紅葉の時はかなり綺麗だろうな。

140825-53.jpg
そんなに時間の余裕も中からそろそろ帰ろう。

140825-54.jpg
観光客らしき人とは全くと言って良い程すれ違わない時間帯に来れたのは良かったかも。

140825-55.jpg
とぼとぼ国道の方まで戻っていくと・・・

140825-56.jpg
1軒だけ草餅を焼き始めたお店を見つけました。

「すみません、1つだけですけど・・」

「いえいえ、おおきに」


140825-57.jpg
焼き立ては真剣に熱いからすぐには食べるなと言われたので、そのままヘルメットの中に入れて市営駐車場まで。

140825-58.jpg
到着すると詰所の中におじいさんが一人いました。

私「バイクを置いていました。」

おじいさん「あ、そう。」

私「・・・」

おじいさん「・・・?」

私「・・・あの、いくらですか?」

おじいさん「??」

私「駐車料金です。」

おじいさん「・・・もうよろし。」

私「?」

おじいさん「も・う・よ・ろ・し!」

140825-59.jpg
いらないすか?すんません。ついでにここで草餅を食べさせていただきます。美味しゅうございました。
ちなみに民間駐車場もここも大型バスと乗用車の駐車料金は書いてありますが、2輪車はありませんでした。

バイクで来ることを想定していないのかな??

140825-60.jpg
それでは、適当に休憩したから(歩き疲れたけど)さらに東へ進むぞ!

140825-61.jpg
右手に近鉄電車の線路を見ながらひたすら進み・・・

140825-62.jpg
室生の道の駅まで到達。
ここでいったん休憩。別にトイレ休憩をするつもりもなくここで休憩を取ったのは、もしかしたら、伊勢湾フェリーの乗船割引券が置いていたりしないかなー?と期待したから。
普通にありませんでした。それでは出発です。

140825-63.jpg
今回のツーリングのサミットになったと思われる青山峠を通過中の写真。
下り坂に入った時は非常に安堵しました。

140825-64.jpg
途中で一度ガソリンの給油をして鳥羽へ向かいます。
写真は国道23号線。この後片道2車線となり、やたらとまっすぐで走りやすかったです。
どうでも良いのですが、人の視線は感じるもので、「? 今対向車線の人がこちらを見たな??」と思ってそちらを見ると白バイだったり・・・ww

140825-65.jpg
鳥羽までほぼ間違いなくノートラブルでたどりつくと思ったのですが、土地勘がないからあと何分くらいで到着するだろうという予測が立たず・・・

140825-66.jpg
結局予約の電話を入れずに鳥羽のフェリーターミナルに到着。

140825-68.jpg
到着したのがこの時間。
午前11時50分発が出た後でした。

140825-67.jpg
バイクは写真のヤマハXJR1300と私の2台だけ。
こちらの20歳代と思しきお兄さんもまたびっくりしているようでした。

140825-69.jpg
取り敢えず、ターミナルで切符を買います。

140825-70.jpg
これで伊良湖までの足が確保できた。
私はいまだ伊勢湾岸道路の豊田JCTと四日市JCTがつながっていない10年以上前のの2輪車ツーリング用の地図を使っていますが、この地図を見ると伊勢湾フェリーの事を「東京方面の近道として便利。最終便も早く、利用者が多いため予約が無難。」と書いてありました。

今では廃止が取りざたされる事態になってしまって心配していますが、それでも伊勢神宮の遷宮効果で少々利用客が増えたらしい。
船ヲタとしては一時的な現象にはならないでほしいなぁ。

140825-71.jpg
前回利用したのはこの旅行の時。(詳細はこちらをクリック
その時もあまりここのターミナルで食事を摂ろうという気にはならなかったな。
ちょっとお高かったり、いまいちそうに見えたり。
でも、改めてターミナルを出て食べ物屋を探す気にはなりませんで・・・

140825-72.jpg
喫茶スペースでコーヒーフロートを頼みました。
脱水でとにかく喉が渇いたのと、疲れから甘いものが欲しかったのです。それでは少々足りなくて、あんまりアレそうなサンドイッチも買おうかなー?と悩んでいううちに目の前で最後の1個が売れてしまいましたw

140825-73.jpg
そうこうしているうちにこの時間には・・・

140825-74.jpg
伊良湖を出港した船がやってきました。

140825-75.jpg
その着岸風景を暫し見学。

140825-76.jpg

140825-77.jpg

140825-78.jpg

140825-79.jpg

140825-80.jpg

140825-81.jpg
・・・とここまで見学したら、バイクの所へ戻りました。

140825-82.jpg
見てみると、意外に乗用車がたくさん来ているではないか!船ヲタとしては嬉しい光景。

140825-83.jpg
着岸した船からも多数下船している模様。

140825-85.jpg
こちらからの乗船は私が一番乗り。

140825-84.jpg
船が小さいし、外洋に面したところを航行するから固縛には気を使っているようでした。

140825-87.jpg
船室に上がってみるとこんな感じ。

140825-86.jpg
非常にありがたいことに桟敷席があるw

140825-88.jpg
桟敷席に荷物を置いてちょっとしたらこの時間。

140825-89.jpg

140825-90.jpg

140825-92.jpg
出港風景を見たら・・・

140825-91.jpg
寝てしまいましたwww

140825-93.jpg
その後はかすかな動揺を感じたり、夢うつつでしたが、ガクンと船が減速したのに気づいて起き上ったらこの時間。

140825-94.jpg

140825-95.jpg
もう伊良湖はすぐそこ。

140825-96.jpg
9月には廃止になるフラワーラインの船がいるな。

140825-97.jpg
その写真を撮ったらすぐに車両甲板へ。

140825-98.jpg
エンジンをかけて下船準備。
乗船の時とは違って最後の最後に下船。

140825-99.jpg
やれやれ助かった。
伊勢湾岸道路をずっと運転していくなんてたまるか!頼もしいぞ伊勢湾フェリー!!

140825-100.jpg
きっと安泰だ!
ありゃ!?この便は乗船する車は少ないな・・・
まぁいい。とにかく頑張れ!伊勢湾フェリー!!


140825-101.jpg
そう思って残り浜松まで約70キロを無事走破。
最後に潮見坂周辺で太平洋が見えたときは嬉しかったなー。(望遠で撮れば良かった)

ちなみに天気予報では浜松は雨、確実に降られると覚悟していたのに、とうとう濡れずに帰り着くことが出来ました。







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます.

長旅おつかれさまでした.
その後お仕事に行かれたとのこと...さらにおつかれさまでした.
バイクをロープで固定するところで,バイクと接触するところに毛布?をはさんでいるのは
さすが気遣いの日本!といった感じですね.

お寺さん巡りは夏場だと木陰ができて気持ちよくなりますね.
オレンジフェリーを使ったお四国参りもぜひ挑戦してくださいね.

Re: No title

あきらさん、おはようございます。

結局この旅行の大阪から浜松までのバイクでの移動も案外楽しめました。
夕方から仕事が入っていなければ、余裕があってもっと楽しめたかもしれないのですが、なかなかそこまでうまくいきません。

最近はフェリーの旅行にいろいろ旅先での出来事を織り交ぜて旅行記を作るようにしていますので、今後ともよろしくお願いします。

No title

ご無事で何よりです。
長谷寺はいいところですよ。
遠足で行きました。

はじめまして

はじめまして、Googleでフェリーさんふらわぁで検索してこちらに辿り着きました♪
昨日から読ませていただいているのですが、かなり夢中で読んでて寝不足です(笑)
年末年始に田舎(私の母方の田舎(愛媛県)&夫の父方の田舎(大分県))に帰るのですが、帰りはさんふらわぁを予約しました。関西在住なので、便利がいいなぁと思って、数年前から復路のみ利用しています!(^_^)
途中、八幡浜発の宇和島フェリーで
別府に渡ります♪
子どもがまだ小さいのと、田舎に帰るとなると車は不可欠。なので車とフェリーの旅を企画すると、思った以上に夫に好評でした!
これからはもっと利用して旅行を楽しみたいなぁと思える記事ばかりでした( ´ ▽ ` )ノ
とりあえず泉大津からの船の、ごはんめっちゃ美味しそうです(笑)

これからも楽しい記事、期待してます( ´ ▽ ` )ノ

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

長谷寺はジパング倶楽部だか、とにかくJR関係の何かのポスターで出てきたらしいですね。
いまどきに行くときっと紅葉できれいでしょうね。

Re: はじめまして

ヒロママさん、初めまして。

私のブログによくもたどり着けましたね。
基本フェリーを用いた旅行記をメインにしているつもりです。船のことだけで終わるとワンパターンになるので旅先の色々なことも載せています。
自家用車を船に積み込んで移動するのは多少お金がかかるかもしれませんが、身一つの移動よりも実ははるかに楽で、観光の選択肢も増えると思います。それに気付く人がもっと増えたら良いですね。

フェリーさんふらわあの大分航路と阪九フェリー、比較すると距離は阪九フェリーのほうが長いのに運賃は安いです。乗用車込なら割引率も上になります。レストランの食事は子供が喜びそうなメニューもたくさんあるし、おいしいですよ。旅の思い出に是非に使ってください。
船旅に関してはなるべく毎月載せるようにしています。
大分ネタもいろいろと企画していますから、機会あればヒロママさんの故郷のことが出てくるかもですよ。
今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR