FC2ブログ

平成26年8月 阪九フェリーで日帰り旅行 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。


140824-92.jpg
飯塚市幸袋にある伊藤伝右衛門邸を見学した後・・


140824-99.jpg
もう一カ所だけ建物見学をしました。

140824-100.jpg
北九州市八幡西区黒崎にある八幡バプテスト教会前に到着です。

140824-101.jpg
その建物はこんな感じ。

140824-102.jpg
直線基調の非常にシンプルな外装ですが・・・

140824-103.jpg
昭和30年、1955年にヴォーリズの設計によって建てられたものです。

140824-104.jpg
戦後わずか10年程度ですから、多分建築材料の制約は大きかったとは思いますが、個人的にはかなり好きなデザイン。

140824-105.jpg
もともとは戦前建築の洋風建築ばかり追いかけていましたが、この建物を見つけてからは戦後の建物も気を付けてみてみることにしました。
残るかどうかはわかりませんが、どうか大事にしてください。

140824-106.jpg
そんなこんなでこんな時間。
新門司港に向かおう。

140824-107.jpg
新門司港までは国道3号線を使い、新門司港付近のガソリンスタンドで最後の給油。
ガソリンスタンドの兄ちゃんは目を白黒させてバイクを見ていましたが、君が生まれる前の車両だ。当時はかなりモダンなデザインだったらしいぞ。

140824-108.jpg
そうやって、とうとう阪九フェリーターミナルへ。

140824-109.jpg
クーポン券を切符に引き換えましたが、自動2輪の航送切符も買いました。
2輪車用の切符はドライバー料金とは別体系だし、問題ないと思いましたが、研修中と思しきカウンターのお姉ちゃんはなかなか発券できなくて苦労しているようでした。

140824-110.jpg
果たして2輪車はどこから乗り込むのだろうと思ったら、船首側からなのですね。

140824-111.jpg
目の前には神戸行の第2便が見えます。
泉大津行第1便のこちらは午後4時30分頃乗船開始となりましたが、私より先に到着した2輪車のお兄ちゃん、乗船開始の合図とともに神戸行のフェリーに向かって走り出して誘導員さんを慌てさせていました。

140824-112.jpg
私にしきりに先に行ってほしいような目配せをしていたのはそういうわけだったのねww

140824-113.jpg
それでは客室層に向かおう。
ここに車両を置いたのは生まれて初めての経験です。ちゃんと写真を撮りました。

140824-114.jpg
普段は自動車込みで乗ることの方が多いから、この経路でインフォメーションに向かう方が変に落ち着きます。

140824-116.jpg
インフォメーションで切符を見せる間に撮った写真。

140824-115.jpg
切符を受け取ったら部屋に行こう。

140824-117.jpg
お約束の部屋の写真です。
今回の切符、往復10000円、船内レストランの利用券1500円分付、さらになんばOCATから泉大津までのバスの切符も入っています。私はバスは使いませんでしたが、それでも2等寝台が片道4250円。
よくよく考えたらフェリーさんふらわあの弾丸フェリーの切符よりも安いし、復路乗船まで7日開けても良いのだから、かなりお得なのではないでしょうか?

140824-119.jpg
部屋に荷物を置いた時点でこの時間。

140824-120.jpg
ちょっと展望デッキに出てみました。

140824-121.jpg
バイクで運転中は確実に雨に降られると覚悟していたのによかった。空はこんなに真っ黒になっていました。

140824-122.jpg
一般乗用車組を見てみると、ようやく乗船開始になったくらいの模様。
変な優越感を感じてしまうのが、いかにも自分が人間がちっさいなと感じてしまうww

140824-123.jpg
ちゃんとゴミ置き場もチェックしましたが、特にエンジン関係の部品は置いていませんでした。

140824-124.jpg
南の方を見てみたら・・

140824-125.jpg
ちょうど名門大洋フェリーの第1便が出港していった模様。

140824-126.jpg
こうやっているだけでもムシムシして来たので・・・

140824-127.jpg
さっさと風呂に入りました。
復路は意外に一般旅客が多いようで、洗い場に入るのに少し待つぐらいでした。

140824-128.jpg
良い湯だったw

140824-129.jpg

140824-130.jpg
少し船内をうろうろしてみましたが・・・

140824-131.jpg
まだ出港前でレストランの営業も開始前なのに・・

140824-132.jpg
既にレストランの前には人が並んで待っている模様。今日は夕食は遅めにしよう。

140824-133.jpg
その前にちゃんと出港は見てみよう。

140824-134.jpg

140824-135.jpg
このとき・・・

140824-136.jpg
急にバシャバシャバシャッ!!と雨が降り出しました。
慌てて船内に入ります。

140824-137.jpg
やっぱり曇りのち雨だったのか、運が良かったー

140824-138.jpg
しかし出港の時はじわじわとバックして、名門大洋フェリーの第2便を割と間近に見ることが出来るものだから・・・

140824-139.jpg
ついつい1階下の後部デッキのところまで走って行って・・・

140824-140.jpg
飽きもせず、似たような写真を撮りました。(ここは庇があるのよね。)

140824-141.jpg
それでは今日は午後7時ころに夕食にしよう。
遅めにレストランに行くとちゃんぽんとか、親子丼とか出るのかな?なんて思いながら部屋で待ってみましたが、やたらと腹が減ってきました。
鍵を眺めて気をそらそうとするとなおさらですw

140824-142.jpg
無料コンサートもあっているようですが、往路と曲目はほぼ同じのよう。

140824-143.jpg
レストランはまだ多いようだったので、一番上まで上がってみると・・・

140824-144.jpg
意外に沖に出てしまうと雨が止んでいるようでした。

140824-145.jpg

140824-146.jpg

140824-147.jpg
どうでも良いけど、北海道旅行の時にカメラが壊れて新調して良かったw
かなり遠方まで綺麗にズームできるし、ピントが合わなくて苦労することもなくなったww

140824-148.jpg
先ほど大雨を降らせた雲はあれだなww
うまく逃げおおせた気分です。

140824-149.jpg
この旅行の出発前に天気予報を確認したのですが、明日の近畿地方は曇りだったはず。

140824-150.jpg
船内に戻ってその辺の椅子に座ったりして気を紛らわせているのですが…
どうにもこうにも腹が減る。バイクに乗るのも案外体力を使うのだ。

140824-151.jpg
・・・と言うことで、どうしても我慢が出来なくて午後7時と決めていた夕食時間よりも10分ほどフライングして・・

140824-152.jpg
レストランに入りましたw

140824-153.jpg

140824-154.jpg
さすがにアラカルトメニューも減っているね。

140824-164.jpg

140824-155.jpg
しかし、メニューは入る前に決めていました。

140824-157.jpg
まずはジョッキのビール!

140824-160.jpg
ご飯と・・

140824-159.jpg
味噌汁。その向こうには糠漬け。

140824-156.jpg
そしてステーキ鉄板。
これは待つことしばらくして・・・

140824-158.jpg
こんなんなりました。
バイト?かなにかの若い兄ちゃんが持ってきてくれましたが、出来たらお肉の方をこちらにして置いて欲しかったなw

140824-161.jpg
ちゃんぽんとか丼ものをあきらめてこちらにしたのは往路の時に隣で食べていたおじさんのステーキ鉄板が美味しそうに見えたから。
特にレモンの上にワサビが乗っているからお肉にちょっとつけて白ご飯と一緒に食べたら美味いだろうなーと思ったから。

チラチラ横から自分の食べているものを見られて気になっただろうね。ゴメンね。往路で横のテーブルに座ったおじさん。
ちなみにステーキはやや硬いから写真のようにあらかじめカットを入れてもらった方が食べやすいと思います。

140824-162.jpg
腹が減っているからご飯が進む、進む。
ご飯とお味噌汁をお代わりして2巡目。

140824-163.jpg
復路をジョッキのビールにしたのはジョッキだと2杯目のお変わりが350円で良いから。

140824-165.jpg
御馳走様でした!
美味しくいただきました!!

140824-166.jpg
そして船室に戻って寝転がるの図。

何気にガラケーで天気予報をチェックしてみると近畿地方は雨のち曇り。浜松は雨・・・・・

うぉぉぉぉ・・・・やっぱり雨に降られるのか・・と思いながら眠ってしまいました。



この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは.

鉄板ステーキとは豪華ですね~.
ビールも進むメニューかと.

無料ミニコンサート,意外と地域の有名人がでていたりして面白いです.

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

ステーキ鉄板、たしか1000円くらいだったと思います。
オージービーフらしく、適当に硬くて、ほどほどに臭みがあらいました。
しかし1切れ口にほおばって、ご飯をガシガシ掻き込んで、ビールで流し込むという食べ方をするとすごく美味しかったですよ。

ミニコンサートはほかの交通機関ではなかなかできない本当に良い試みだと思います。
今のところ奇抜で背筋が凍りつくような人には出会っていませんが、何か選考基準があるのでしょうか?

新門司港に

こんばんは。

オーシャンの船が見当たりませんが、休航日でしょうか。
遊歩甲板が操舵室下まで続いている船も珍しいので、新船にも受け継いで欲しいものです

10年くらい前、雨の西大分港からダイヤモンドの寄港便にバイクで乗ろうとしたら、
私の前にいた原付の若者がランプウェイで派手に転びました。
乗船待ちの間にした話によると、購入3日目の新車だったそうです。
U-BOATさんは今さらそんなことも無いと思いますが、お互い雨の日は気をつけましょうね。

Re: 新門司港に

いるむさん、こんにちは。

大変恥ずかしながら単車込みでフェリーに乗ったのはこれが初めてなのです。
ただタラップを見ると鉄板の上に太いロープを置いていたりして、単車のスリップ転倒には気を使ってくれているようですね。
オーシャントランスはいまだに乗っていません。
時化の時は揺れるらしいですね。
原付の若者・・・乗り始めて3日だから鉄板の上は滑ることを案外知らなかったのでは??と思ってしまいます。

ちなみにこの車両は車重が170kg以上あるのに、タイヤは8インチです。
フォークリフト並みの小ささなので運転は慎重にしているつもりです。お互いに事故が無いようにしましょうね。

あらためました。

ぎゅうぎゅうに改めたサッピエロです。

FCさんはひどい事をします。ログイン画面に勝手に切り替わり、その行為はひどい
としか思えません。

Re: あらためました。

サッピエロさん、改めぎゅうぎゅうさん、こんにちは。

案外FC2ブログで「サッピエロ」の名前でブログID登録があるのかもしれませんね。
ブログにコメントをいただけるときは必ずお返事をしますので、よろしくお願いします。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR