FC2ブログ

Mercedez Benz W116 280SE 平成26年9月の車検 Vol.1

140817-13.jpg
車検整備の時の事を記録にしました。



140817-14.jpg
ジャッキアップして、下回りを覗いたところです。
触媒とエグゾースとは平成25年に交換したばかりだから、綺麗です。

140817-15.jpg
そして下の写真でそっと指でさしているもの、これは実は排気温度センサーです。昭和54年当時の自動車には排気温度センサーの装着が義務付けられていました。
これを外したまま、下回り検査にまわると整備不良を指摘される可能性があったので・・・

140817-16.jpg
フレームの内側に隠してみましたww
多分灼熱の触媒付近をじっくりと探すことはないだろうと・・・

140817-17.jpg
センターマフラー、リアマフラーも問題なさそう。
リアマフラーもこの時に交換しているはずだから問題はないと思いますが・・・

140817-18.jpg
センターマフラーは写真で分かるような錆のひどい部分がありました。
実はこの年式の車両のマフラー周りには遮熱板が取り付けられていました。
取り付けた部分はどうしても泥水などが蓄積するから錆を呼ぶようです。
今回は思い切って遮熱板を外したまま車検に臨むことにしました。

140817-19.jpg
それから、冷却水も交換しました。
ラジエーターから6リットルくらい抜けました。

140817-20.jpg
ドレインプラグに新しい銅ワッシャーを入れて締めこみます。
銅ワッシャーはその都度買うよりもまとめて買った方がはるかに安くつきます。

140817-21.jpg
新しいLLCを入れるのですが、5リットルも入りませんでした。
その辺を走って冷却水を回してみると・・・

140817-22.jpg
オーバーヒートの兆候はないものの、ここまで水温が上昇しました。
ハラハラします。ちょっと走って、1日おいて再び冷却水を既定のところまで入れました。

140906-1.jpg
その後エンジンオイルを抜き・・・

140908-15.jpg
今回はオイルエレメントも交換。

140906-2.jpg
新しい鉱物オイルは6.5リットル入りました。
実は車検前の整備はたったこれだけ、忙しかったから後整備にすることにしました。

140908-1.jpg
平成26年9月いっぱいでベンツの車検が切れるので、継続検査を受けることにしました。

140908-2.jpg
全く不具合らしい不具合を感じず、特に直すところは無いと思っていたからビートの車検の時と同じく、後整備に何とかなるだろうと思って、オイル交換とエレメント交換だけして車検場へ。

140908-3.jpg
何度もユーザー車検をしているから、さすがに慌てることもなく、てきぱき書類をそろえていきました。

140908-4.jpg
書類の不備が無いのを確認してもらって検査ラインへ。

140908-5.jpg
この日は雨。
たぶん大丈夫だろうと思ってはみても、35年目の大古車だから何となく緊張しました。

140908-6.jpg
まずは灯火類、ホーンなどのチェック。
これはエンジンナンバーを確認しているところ。
車両を見て「エンジンは載せ換えましたか?」といきなり言われましたが、ちゃんとオリジナルです。
しかし、エンジン番号の「110」が見つからない・・とかなんとかいろいろ言われました。確かに確認しずらいのですよ。
全然怪しいことはしていないつもりだったんですけどね。

140908-7.jpg
まずは排ガス規制。
いきなり落ちてしまいました。「えっ!何で!?」と思いましたが、再度確認して、「HCが2000以上ある」と言われてしまいました。

140908-8.jpg

140908-9.jpg
その後ライトの光軸、ブレーキテスト、サイドスリップなどは難なくクリア。
排ガスはテスター屋さんで調整してもらおうとこの時は思いました。

140908-10.jpg
そして下周りの検査。
いつもよりも時間がかかっているし、モニターで検査員がいろいろなところを触っているから嫌な予感はしたのですが・・・
マイクから「降りてきてください―。」と・・・

あちゃ、不具合があるらしい。

140908-11.jpg

140908-12.jpg
曰く、マフラーの継ぎ目から排気ガス漏れがあるのと、マフラーの高さが低すぎるので直して来いと言われてしまいました。

140919-2.jpg
母屋に戻って書類を提出したら限定自動車車検証を発行してくれました。
2週間以内だったら不備を指摘されたところだけ直して来れば車検はクリアできるはず!

140908-13.jpg

140908-14.jpg
悔し涙を流しながら、ホームセンターでいろいろ部品を買うの図です。

はたして無事車検は通るのか?詳細はこちらをクリックです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんばんは.今回の指摘くらいは想定の範囲内ですよね.
結果を楽しみにしています.

Re: No title

あきらさん、おはようございます。

車検に落ちるのは想定していませんでした。
マフラーの排ガス漏れもあるとは思っていなかったので落ち込みましたよ。

感心

頑張っても、検査は厳しいものなのですね。

大事に乗っているだけでも十分と思いますが、その当たりは見てくれないのですね。

後半が楽しみ・・・。

日本車なら新しい部品は何処にもないでしょうが、ベンツは感心します。他のドイツ車
も同様でしょうか。

No title

こんにちは~
テスター屋でその日のうちに直せない部分で引っかかるとショックが大きいですね。
穴ふさいだり、HCは何とかなるとしても、マフラーの高さはどうされるのかドキドキです。
もしもパーツ交換が必要で、入手に時間が掛かる場合は再検は諦めるしかないんですかね。旧車の場合それが一番心配です。
がんばってください。

Re: 感心

サッピエロさん、おはようございます。

車検を受ける前にしたことは冷却水とエンジンオイルの交換程度だったから、頑張った内には入りませんよ。
陸運局のラインの検査は最低限の事をクリアしていれば通るはずだから、落としたのは整備不良だったと言うことです。

ちなみに部品、前にも書いたことと思うのですが、外装部品とかはさすがに欠品も出てきますが、走行に直接かかわるものが欠品になるとメーカーの信用問題につながるようで、いつまでも供給されます。
日本車メーカーは・・・ご存じのとおりですが、70年代の自動車と現代の自動車は性能の面を見ても圧倒的な差があるわけで、何ともコメントのしようがありません。

Re: No title

oink!さん、お久しぶりです。

インジェクションの車で排ガスが不合格だと結構動揺しますね。
車検前に慌てることの無いように、ちゃんとしていたつもりでしたが・・・後編を楽しみにしていてください。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR