FC2ブログ

平成26年7月 新日本海フェリーで北海道旅行! Vol.8

この記事はこちらからの続きです。


140801-51.jpg

140801-52.jpg
間もなく秋田港入港です。
入港シーンを少し見学してから船内に入ってみたら・・・



140801-54.jpg
一般徒歩客はそれほど多くは無かったのですが、乗用車込の旅客はそれなりに多かったようです。
考えてみたら、午後7時半に苫小牧を出港して午前7時くらいに秋田に到着するのですから、宿泊も含めた都合の良いスケジュールになっているのかもしれません。

140801-55.jpg
こんな時間になりました。秋田港入港前にレストランで朝食営業があったようですが、グリルでの朝食は午前8時になっていました。

140801-56.jpg
朝ご飯だw

140801-57.jpg
昨日の写真ではレストラン全景の写真は無かったと思います。

140801-58.jpg
小豆色に近い赤を壁に使ったりしていますが、それはそれで結構印象が良いのです。

140801-59.jpg
昨年までは南行きが和食、北行きが洋食だったはずですが、今回は南行きは洋食となっていました。

140801-60.jpg
最初にスープとサラダ。

140801-61.jpg
メインディッシュ。

140801-62.jpg
パンは普通だったような・・・

140801-63.jpg
フルーツ。
こんな具合でした。

140801-64.jpg
御馳走様でした。美味しゅうございました。

・・・で、レストランの営業形態をみんなでチェックしているのですが・・・

140801-65.jpg

140801-66.jpg朝食営業時間はかように午前11時まで延長されていました。
これだと秋田港から乗船するお客さんも何か食べることが出来るから良いのではないでしょうか?

140801-67.jpg
そしてこの時間になると・・・

140801-68.jpg
出港です。

140801-69.jpg
さよならー・・・

140801-70.jpg

140801-71.jpg
秋田港を出港するのを見届けたら部屋に帰ってコーヒーを頂きました。
(朝食は洋食だったのに、意外にコーヒーが無かったのでしたw)

140801-75.jpg

140801-72.jpg
部屋に置いてあった「ぱしふぃっくびなす」のパンフレットを見て暇をつぶしたのでしたが・・・

140801-73.jpg
一番お安い部屋でだいたい一泊食事付き4万円くらいと考えたら良さそう。
フェリーのスウィートルームと同じ値段か。
こういうパンフレットを見ると寄港したところで訪れる観光地が有名どころばかり、パンフレットを見るだけで結構満足してしまうのですが・・・こういう考えを一般的に負け惜しみとも言いますなww

140801-74.jpg
嫁さんものんびり消しゴムハンコを作ったりしていましたが・・・

140801-76.jpg
この時間には・・・

140801-77.jpg
カフェのエリアでジャグリングショーなどもあったので、ゆっくりと楽しめました。

140801-78.jpg
この女は若い男を見ると喜ぶんだな。父親として心配である。

140801-79.jpg
ジャグリングショーが終わって外に出てみたら・・・

140801-80.jpg
プールに水が張っていました。
本当にこのプールの営業形態が分からないwww

140801-81.jpg
秋田港をはなれていくにしたがって、天気も回復傾向のようです。

140801-82.jpg
フォワードサロンに行ったり・・・

140801-83.jpg
その脇にあるデッキからも写真を撮ったり・・・

140801-84.jpg
ここから上を見上げるとこんな感じなんだな。
私はのんびりとしているのですが・・・

140801-85.jpg
航海中も何やら補修作業をされている方がいました。ご苦労様です。

140801-86.jpg
中央公室エリアに戻って見たらこんな感じ。
秋田で結構お客さんが下りたようで、静かです。

140801-87.jpg
新聞も秋田港で当日のものに差し替えられるようです。地味に良いサービスだと思います。

140801-88.jpg
その後、午後10時からこんな映画があるので、見てみました。

140801-89.jpg
主役はリーアム・ニーソン。「シンドラーのリスト」でオスカー・シンドラーの役をした俳優です。
この俳優さんが好きだから映画を見てみましたが、舞台がトルコのイスタンブールであるのは良いとして、悪役がイスラム系っつーのはええんかい?と心配になりましたよ。

140801-90.jpg

140801-91.jpg
映画が終わったのはだいたい午前12時ころ。
昼食は午後12時半と少し時間があったので・・・

140801-92.jpg
お風呂に行くことにしました。

140801-93.jpg

140801-95.jpg

140801-94.jpg
大浴場は、ラッキーなことにだれも居なくて貸し切り状態でした。
どうでも良い話ですが、新日本海フェリーの大浴場はお湯があまり綺麗ではない印象がありましたが(失礼)、今回乗った時はお客さんも少なくなかったはずなのに綺麗でした。

140801-96.jpg
あー、さっぱりした。

140801-97.jpg
部屋に帰ってみると、子供は勉強めいたことをしているのですが・・・

140801-98.jpg
グォーグォースヤスヤ・・・
www心地良いのでしょうね。

140801-99.jpg
こういう時間が船旅の良いところなのだ。

140801-100.jpg
やがてこの時間になりました。

140801-101.jpg

140801-102.jpg
フェアウェルランチの時間だw

夏の彩々盛りランチ ~和なごみ~

140801-104.jpg
彩々盛   じゅんさい うにの玉子焼き 蟹とオクラのゼリー寄せ
       豆腐田楽味噌焼き いくら胡瓜 鰊甘露煮 レモン
       海老の浜煮

140801-105.jpg
食事  蟹そぼろご飯、味噌汁、香の物

          
140801-106.jpg
味噌汁の中には殻の割れたアサリが入っていました。

140801-109.jpg
デザート 野菜のスイーツ(かぼちゃプリン)

美味しゅうございました。御馳走様でした。

140801-110.jpg
食った・・・食った・・・
ランチはあれっ!これだけ?みたいな感じですが、船の中ではあまり動き回らないから案外充分なのです。

食後嫁さんと子供はルパン三世の映画を見にシアタールームへ。
私は船内をうろうろすることにしました。

140801-111.jpg
そうやって午後1時過ぎには・・・

140801-112.jpg

140801-114.jpg
新潟港もすぐそこまでと言う感じになってきました。

140801-115.jpg
そして、この時間には・・

140801-116.jpg
粟島沖を通過中との船内放送がありました。
この航路では本州の本土と粟島の間を通るのですね。

140801-117.jpg
晴れてきたなぁ、でもジリジリと暑くもなってきたなぁ。
今日は帰りは長時間運転しなくてはならないし、部屋に戻って仮眠を取ろう。

140801-118.jpg
・・・ということで、1時間ほど寝たら、ちょうどそのころ映画が終わったようで嫁さんたちも帰ってきました。この旅行の時(詳細はこちらをクリック)のこの写真(詳細はこちらをクリック)を意識してテラスに出てこの写真を撮りました。

140801-119.jpg
やがて午後3時になると間もなく新潟港着岸の船内放送がありました。

140801-120.jpg
外を見ると確かに新潟港港内に入っているようです。

140801-121.jpg
船が回頭するときにちょこちょこ写真を撮っていましたが、車両甲板解放の放送が入ったので、この写真を最後にみんなで車両甲板へ。

140801-122.jpg
車両甲板はムァーッと暑いです。
まぁ、しょうがないよなぁ。

140801-123.jpg
定刻午後3時半に新潟港着岸。

140801-124.jpg
無事「しらかば」から下船して、往路と同じルートを逆に走って夜10時過ぎに浜松に到着しました。
これで旅行記は終わるはずだったのですが、一つだけ嬉しいことがありました。


140813-1.jpg
壊れたデジカメ、捨てて帰るのは忍びなくて、社宅に持って帰りました。
何気に電源を入れてみたら、なんと直っていました。
車両整備の記録用にしておこうw



そしてさらにもう一つ・・・












140731-41.jpg
7月31日までに新日本海フェリーに往復乗船した一般旅客に限って平成27年6月いっぱいまで有効の50%割引券を頂きました。
この旅行記にきっと続編があると期待してください。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お疲れ様

帰りの運転が疲れた事でしょう。お疲れ様でした。
フェリー朝食の後の珈琲は、忘れたんじゃないでしょうか?

お客様を取り違えたり、過去にも色々ありましたからね。笑・・・

それと、しばらくブログ更新が無かったので心配しました、した所で
なにも手を差し伸べることも出来ませんが。
無事で何より。。。

Re: お疲れ様

サッピエロさん、こんにちは。

コーヒーは出し忘れでしょうか?どや顔で「コーヒーが来ないんですけど」とか言って、設定が無かったら恥ずかしいから言いませんでした。
そもそもフェリーは貨物航送が主たる収入源で、旅客運賃の売り上げはそのおまけ程度のようです。
客室乗務員の方々も少ない人数でやりくりしているはずだから、多少のあれこれは旅の思い出と言うことにしています。

No title

時間的にも丁度良い秋田港のダイナミックな着岸はどうでしたか?港とはなってますが河口?ですよね。レストランの営業時間は多客期だから延ばしてるのでしょうか? お~っ、プール(ジャグジー?)が…。私がブログ名?を名乗る切っ掛けになったアノ掲示板でも夏季にはしょっちゅう質問やら疑問が書かれていたのですよ。
補修は私も見てます、甲板の錆をペンキ塗りしてました。「イスラムが敵」は、ボンド映画にも有りませんでしたっけ? 仮想世界の話だから問題は無いのじゃないでしょうか。朝刊は「秋田魁新報」ですな、その日の朝刊を読める航路なんて滅多に有りません。

あざれあ・すいせんで100人も乗ってないと翌日の湯船は残念状態に(謎)。肩まで浸かるのが大変でした。換気装置は稼動してる筈なのですが、何せ車に乗り込んだらエンジンを直ぐに掛ける連中が多いので毒ガス状態に? ドン尻下船をしたことが無いので不明ですが、かなり空気が汚れますよね(最近はハイブリッドだから…)。暫く乗ってないので、これも不明です。
週に六便なので自由度は低いのですが、似た様な時間の八戸航路から比べると運賃が安いのです。この航路が開設されると、通称「べこトラ」。ホルスタインを積むトラックは殆どがこちらに移った筈です、行き先はおぼろげな記憶では信州方面だったと思います。
消灯後の仕事をたまたま見掛けた事が有ります。エントランスの灰皿を綺麗に(喫煙室を造る前?)し、プロムナードデッキとかトイレも確認していたと思います。

揚げ足取りでは有りませんが
>南行きが和食、北行きが養殖
「洋食」ですね。辞書データが新しくなってしまった私のパソコンのIMEも初っ端はこれが候補(汗
>新潟で結構お客さんが下りたようで
向かってるのが新潟ですよね。
>壊れたデジカメ、捨てて帰りのは忍びなくて
「帰る」でしょうか? 良かったですね、デッキでの撮影が多いですから塩気でいつ壊れるか分かりませんよね、予備機になりますね。離島の方が潮風か入るとパソコンが…とブログに書かれてました。
>朝食営業時間はかよう
たいした事ではないのですが、この文だけが他と違って貼り付け画像の右横に表示されてます。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

秋田港はかなり狭い水路で回頭するのですが、乗船しているぶんには全体が見えないのでよくわからないというのが本当の所です。
ただ荒天の時は、秋田抜港の事があるので、やはり着岸のための操船が大変な港なのかもしれませんね。

映画の件、ご指摘の通り、007のシリーズでもイスラムが適役の作品があったと思います。
ソ連が崩壊しているから最近は新たな敵役を出してきていますね。
話はそれますが、八戸―苫小牧の航路はなかなか乗る機会がありません。おっしゃる通り、意外に旅客料金も高いのですよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR