FC2ブログ

平成26年7月 オレンジフェリーで松山出張 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。



140718-115.jpg

140718-116.jpg
音戸大橋をくぐるのを見届けたら、ほどなくして桟敷席で寝てしまいました。





午後6時過ぎ、船内は程よくエアコンも効いていてグーグー寝てしまっていたようです。
間もなく着岸の船内放送があって、ようやく目を覚ましました。

140719-1.jpg
サイドデッキに出てみたらこんな感じ。

140719-2.jpg

140719-3.jpg
フェリーくるしまを見ながら・・・

140719-4.jpg
着岸となりました。

140719-6.jpg
それでは有料駐車場に止めていた車を出して、移動しましょう。
次の目的地は今治市内のコープです。

140719-7.jpg
来島海峡大橋までのバイパス道路もできていますが、そこはあえて下道で。

140719-8.jpg
信号も多くはないし、海岸線ギリギリを通るから綺麗なのです。

140719-9.jpg
そうやって、ナビの到着予想時刻よりもずっと早くに今治のコープに着きました。
ちょっとだけ、お土産を買いました。

ついでに鮮魚コーナーに行ってみると・・・

140719-10.jpg

140719-11.jpg

140719-12.jpg
懐かしいなぁ、青ギソ、レンチョ、白ジャコ・・・今治は瀬戸内海側にあるので、必然的に瀬戸内の小魚が多くなるのです。

140719-13.jpg
ここで船内で食べるちょっとしたデザートなどを購入したら、あとは東予港へ。

140719-14.jpg
次第に夜のとばりが下りてきて・・・

140719-15.jpg
午後8時前くらいに東予港に到着しました。

140719-16.jpg
神戸港のターミナルをスパルタンなターミナルと言ってみましたが、東予港も割と近い感じ。
それでもあちらはプレハブ小屋なのに対し、こちらは自社ビルの1階にあります。

140719-17.jpg
滞船手続きも済ませて待機所の周りを見てみますが、あの時の旅行(詳細はこちらをクリック)のあいつら(詳細はこちらをクリック)がいません。
心配になって誘導員の方に聞いてみたら、夜はみんな乗船手続きをしたらすぐに乗ってしまって餌のおこぼれにあずかれないから、この時間には来なくなったとのこと。
オレンジフェリーは夜便に特化したのだけど、野良犬たちは昼の特化したんだな、2匹で話し合ったんだろうか?頭良いなw

140719-18.jpg
こんな事をしてはいけないと思ったのですが、なぜか車の中にドッグフードがあったので、うっかりターミナルの屋外のベンチに置き忘れてきてしまったw 
きっと心ある人が・・・・

140719-19.jpg
それでは午後8時15分頃には乗船開始。

140719-20.jpg
車を一般乗用車で滞船するレーンに止めたら…

140719-21.jpg
客室層へ。
申し遅れましたが、今回乗船するのは前回に引き続きおれんじ7です。

140719-22.jpg

140719-23.jpg
船内に入ったら、この写真を撮るのはお約束。

140719-24.jpg
今回使ったのは特等A414号。
右舷側の部屋になります。

140719-25.jpg
特等A室、特別室のあるエリアの廊下です。
こうやって見てみると、フェリーにしてはかなり大きく廊下の幅をとっているのですね。

140719-26.jpg
このブログの中では何回か登場しましたが、特等Aの部屋はこんな感じ。

140719-29.jpg
方向を変えるとこんな感じ。

140719-27.jpg
奥の椅子のエリアはこんな感じ。

140719-28.jpg
茶器セットはこんな感じ。
フェリーせんべいが無いのですが、実はフェリーせんべいは平成26年3月いっぱいで無くなったようです。




ちゃんとインフォメーションの受付の客室乗務員のおじさまに確認しました。

私「フェリーせんべいは無くなったんですね。」

客室乗務員のおじさま「そんな事を聞くのはお前だけやぞ。そうなんですぅ。いやぁ、観光堂さんからもう廃業します言うて連絡がありましてねぇ。代わるものが無いんですぅ。」

私「やっぱり、後継者がいないパターンですか?」

客室乗務員のおじさま「気持ち悪いやっちゃなぁ・・・そのようですぅ。」

img_0.jpg
その松山観光堂をネット上で探してみたらこんな写真が出てきました。
電話番号の市外局番が4ケタのままだし、後継者がいなくてご高齢の御主人が頑張って続けていたさまが目に浮かぶよう。

10年間で1万円分以上のフェリーせんべいを買って食べていたなぁ。
子供の離乳食替わりになっていたし・・・(唾液で溶かしながら食べていましたw)

晩年は私のせんべいは子供に食われてばかりであまり食べることが出来なかった、それだけはちょっと残念。
しかし何はともあれ長い間お疲れ様でした。アディオス!フェリーせんべい!!
フェリーせんべいもフランス語でさよならを言われるなんて思ってもみなかっただろうな。

140719-31.jpg
それでは部屋に荷物を置いて一息ついたらこの時間。

140719-32.jpg
食事だ!

140719-33.jpg

140719-34.jpg
おでんがある。今日も暑かったからこれはやめておこう。

140719-35.jpg

140719-36.jpg
いろいろあるのですが、今回同行した職場の人が大食漢なので今日は豪華に行こう。

140719-38.jpg
窓側のテーブルを確保して、今回の食事は以下の通り。

140719-39.jpg
アジの南蛮漬け(だと思う)と魚の卵の甘辛煮(で良いと思う)。

140719-40.jpg
和牛のローストビーフ。これだけで1620円もするからどうかと思ったのですが、同行者が食べたいと主張するので取ってしまいました。(当然支払いに傾斜が発生するから良いか。)

140719-41.jpg
そして当然のようにビア!

140719-42.jpg
さらにご飯も欲しいから唐揚げ定食。

ムシャムシャ…ゴクゴク・・・



140719-44.jpg
御馳走様でした!

140719-45.jpg
そして何気に売店を見学するの図。

140719-46.jpg
ピンボケになってしまった・・・フェリーせんべいの無くなったスペースが寂しげだなぁ。

140719-47.jpg
そして外に出てみるの図。

140719-48.jpg

140719-49.jpg

140719-50.jpg
毎度毎度同じような事を書くのですが、昼間は殺風景な工場団地も夜だとそれなりに綺麗。

140719-51.jpg

140719-52.jpg
こうやって外を眺めてみましたが、この日は平日の木曜日とあって、どうやら旅客は少ないようでした。

140719-53.jpg
それでは船内に戻ろう。

140719-54.jpg
風呂に入って、その後は客室内で先ほどスーパーで買ったデザートを食べるの図。

140719-55.jpg
そうこうしているうちにこの時間。

140719-56.jpg
船は静かに出港しました。





140719-57.jpg
そして翌朝です。
この時間に起床。

140719-58.jpg
同行者はガァガァ寝ているので、単独行動。

140719-59.jpg

140719-60.jpg
外に出てみましたが・・・

140719-61.jpg
右舷側を見てみたら・・・

140719-62.jpg
泉大津行の阪九フェリーが見えました。8月にはこの航路に乗る予定。

140719-63.jpg
その後はいつものように朝風呂に入ったり、いろいろしているうちにやがて大阪南港に入港。

140719-64.jpg
この頃には同行者も目を覚ましたので、この時間に朝食を摂りに行きました。

140719-66.jpg

140719-65.jpg
おおっ!この出張で4回目のオレンジフェリー船内レストラン入場だw

140719-67.jpg

140719-68.jpg

140719-69.jpg
やっぱり一般旅客は少なかったようで、おかずもそれほどどっさりとは盛ってはいなかった模様。

140719-72.jpg
140719-70.jpg
そして昨日と同じテーブルに座って、食べた朝食はこんな感じ。

140719-71.jpg
味噌汁もいつものように濃い口。

140719-73.jpg
コーヒーを撮るのを忘れたw でも大変美味しゅうございました。御馳走様でした。

140719-74.jpg
後はまた客室に帰ってうだうだして、そうこうしているうちにこの時間。

140719-75.jpg
下船だ!

140719-76.jpg
車両甲板に下りてみると、またしても私が最後の模様。

140719-77.jpg
えらいすみません。一人で粘らさせていただきました。

140719-78.jpg
平成26年7月からはETC割引も縮小されたので名阪国道を通り・・・

140719-79.jpg
大阪南港を出発して約4時間弱で無事浜松に帰り着きました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます.

フェリーせんべいが無くなったことはオレンジフェリーのHPにも書かれていますので,
問い合わせがあることを想定されておられるのではないでしょうか(笑).
生ビールのカップにオレンジフェリーが描かれているのもこだわりですね.
普通ですとアサヒのロゴ入りカップですし.

東予港のわんこもまだ現役のようで(港湾職員さんも気づいているんですね)...


こんなお魚!

地場のお魚ですね。 どれ一つ食したことは御座いません。

どんなお味か興味しんしん。

↑確かに、フェリーのオリジナルカップ、いいですね。同感。

グッズはもっと増えて欲しいところです。

No title

こんにちは。

オレンジフェリーの食事は、手作り感があり美味しそうですね。


フェリーいずみは、ネーミングは悪くないですがこじんまりした感じです。
旧国名や地名を使い果たしたなら、夜汽車の名前がよいと思います。
フェリー音戸、フェリーくにさき等々、いずれもどこかにありそうな名前ばかりですね。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

フェリーせんべいのヘビーコンシューマーの私に焼印をいただければ大切に後世に伝えていくのにと思いましたよ。
東予港の周辺は工場があるので犬たちは工員さんからも食事のおすそ分けをもらっているようです。
誰かに拾われると良いのですけどね。

Re: こんなお魚!

サッピエロさん、こんにちは。

この旅行記に出してきた小魚の類は煮魚などにして食べていたという気がします。
観光客向けの食材ではなかった記憶がありますよ。

おれんじ7,8も就航して約20年くらいになるからそろそろ新船の計画があっても良い頃です。
サッピエロさんのアイデアをフナ会社に送り付けてはいかがでしょうか?

Re: No title

ゆうなぎさん、お久しぶりです。

オレンジフェリーの食事は、眼で見ても楽しいですよ。
今回はパプリカを使って彩りよく見せているのが印象に残りました。

フェリーいずみは泉大津のいずみなのでしょうね。意外な感じでしたが、何となく女性ぽい印象で私は好感が持てます。
しかし、とういう事は姉妹船は福岡側の古い湊と言うことになるのでしょうか?
「フェリーあしや」とか「フェリーすなつ」とかはちょっとピンときません。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR