FC2ブログ

平成26年7月 オレンジフェリーで松山出張 Vol.2

この記事はこちらからの続きです。


140717-73.jpg
新居浜東港を定刻午前8時10分に下船。
ちょっとホープの後ろ姿を写真に撮りたいと思いましたが、松山市内には午前9時30分には行かないといけません。

140718-1.jpg
わき目もふらずに新居浜ICから松山自動車道路に流入。


140718-2.jpg
ズズズズ・・・・

140718-3.jpg
ゴゴゴゴゴ・・・
こうやって見るとわかると思いますが、意外に松山自動車道路は標高の高いところを通っているのです。
冬場は案外積雪通行止めになったりします。

140718-4.jpg
松山市内の通勤ラッシュはほとんど終わっている時間帯だったから、何とか余裕をもって定刻9時30分に到着。
少しだけ仕事をしました。       ・・・・仕事の話はたった2行で終了っww

140718-5.jpg
仕事が終わったらあとは自由時間。
松山観光港へ行くことにします。

140718-6.jpg
松山市内、松山城の堀の付近を通過中の写真。
伊予鉄路面電車も新しい車両が入っているのね。

140718-7.jpg
私が愛媛で仕事をしていた時に松山市と観光港の間にバイパス道路が出来ていたのですが、そこはあえて通らず昔ながらの伊予鉄高浜線と並行する道路を通過。
梅津寺駅付近で「ここが東京ラブストーリーでロケがあったところだよ。」と教えてあげたりしました。

140718-8.jpg
そして午後12時ころには松山観光港に到着。

140718-10.jpg

140718-11.jpg
興居島が見えますな。
出来たら今年はこの島に渡ってみたいです。

140718-12.jpg
今回乗船するのは手前の広島行のフェリーw

140718-13.jpg
そうしてこの時間には乗船開始の案内がありました。

140718-14.jpg

140718-15.jpg
付近まで歩いて行って、初めてボーディングブリッジから乗り込むことに気付いて赤面しましたw

140718-16.jpg
ボーディングブリッジから見た小倉―松山フェリーです。
愛媛に住んでいるときには割と頻繁に利用しました。

140718-17.jpg
船内に乗り込んだらこんな感じ。
どことなく珍味系の香りが漂っているのはご愛嬌。

140718-19.jpg
船内後部にはこのような桟敷席もあります。

140718-20.jpg
この時計が進み気味だったのか分かりませんが、ほぼ定刻午後12時15分に出港しました。

140718-21.jpg

140718-22.jpg

140718-23.jpg
取りあえずは最前列でかぶりつきです。
のんびり、ぼんやり、睡魔と闘いながら目を凝らして前方を見ていたら・・・

キタッ

140718-24.jpg
左舷に場所を変えて改めて前方を見ていると・・・

140718-25.jpg

140718-26.jpg

140718-27.jpg

140718-28.jpg

140718-29.jpg

140718-30.jpg

140718-31.jpg
船が小さくたって、こういうものを見るのは楽しい!

140718-32.jpg
再び最前列に座って前方を見ていると・・・

キタッ

140718-33.jpg

140718-34.jpg

140718-35.jpg

140718-36.jpg

140718-37.jpg
こうやって見送っていると・・・


140718-38.jpg
キタッ

140718-39.jpg

140718-40.jpg

140718-41.jpg

140718-42.jpg

140718-43.jpg

140718-44.jpg
こうやって改めて前方を見てみたら、もう広島もそこまで来ています。

140718-45.jpg
音戸の瀬戸が見えてきました。

140718-46.jpg
このあたりから、フェリーはぐっと速度を落として・・・

140718-47.jpg
そろそろと進みます。

140718-48.jpg

140718-49.jpg
今くぐったのは昭和36年に架けられた音戸大橋。

140718-50.jpg
そして前方に平成25年に架けられた第二音戸大橋が見えてきました。

140718-51.jpg

140718-52.jpg

140718-53.jpg

140718-54.jpg

140718-55.jpg
第二音戸大橋をくぐり終えると前方には造船で栄える呉の町が見えてきました。

140718-56.jpg

140718-57.jpg

140718-58.jpg

140718-59.jpg
こんな写真を見たらこれからどこに行こうとしているか予想が付くでしょうね。



この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

タンカー

タンカーのその大きさにびっくりです。世界の主要タンカーはすべて日本製。

素晴らしい、そして誇るべき技術力。やまと、武蔵が造られるわけですね。

その職人がつくった菊の紋をその受けの型にはめるとすーっと落ちて厚み

は10センチのゾウガンに・・・二度と外すことが出来なかったそうですよ。


フランス車ですか?シトロエンでしょうか。あの後ろに向かって下がる

デザインは私もはまりました。 それともプジョー?ルノー?たしかプジョー

はコーヒーミルのメーカーが前身だったとか。

Re: タンカー

サッピエロさん、こんにちは。

タンカーのバルバスバウの造形などは素晴らしいですよね。
継ぎ目があっても変な段差が出来ず、万一の岸壁衝突事故でも簡単に裂けないように作るのは大変なのだろうと思います。

ちなみに私はシトロエンBXに乗っていました。それまでのシトロエンとは比較にならないほど信頼性が向上した車種だといわれていましたが、それでもちょこちょこはありました。
まだ自身では車いじりが出来ない頃でしたが、経済的にもそこそこ負担になりました。
2年に1度は必ずエアコンが壊れるし、プジョーの傘下に入ったころのシトロエンでも作り出してからいろいろ手直しをするのでしょうか?ハッチのヒンジが折れるとか、サスペンションのベアリングがしょぼいとかありましたよ。
プジョーは確かにコーヒーミルか何かを作っていたメーカーです。
自転車も作っていましたが、90年代に撤退したと思っていましたが、最近はまた作っているのでしょうか??
ちなみに私はフランス製のプジョーのママチャリを持っています。ミリタイヤですよ。

阪九フェリーの新造船

この記事とは関係の無い話ですが・・・。
阪九フェリーの新造船の二隻のうちの一隻の船名が決まったようです。
詳しいことはURLを貼っておきますので見てみてください。

No title

橋が三本架けられても瀬戸内海航路は賑やかなようですね。まあ、大分減ってはいますが。
詳細を忘れてるのですが、一本目か二本目の元の元になる部分のちょっとした話を当事者から聞いてます。世界初?革新的?見本も手本も無いので苦労したと聞いたのだけは覚えてるのです。
こんなバカでかいタンカーで運んでも、たった半日で消費してしまう分しか運べないのだとか。

>サッピエロさん
生きてますよー(笑)。大丈夫です、船旅についてあれこれ書くと自分の立場をつい忘れてしまいそうなので、最近は少し控えてました(汗

その正体は?!

秋田利用さん: よおかった~。私も生きてます。 しかし、秋田利用さんの正体が
。その雰囲気が、気になりだした昨今です。ひょっとしてー。

ひょっとして。 船長じゃあないですか?!?!?航海士じゃああ、ないですかあ?!?
気が向いたら白状して下さいね。\(◎o◎)/!

U-BOATさん: 船から外れそうですけど、自転車は珍しいものをお持ちのようですね。
ロード等は日本車が台頭してきましたが、まだまだヨーロッパのものには味付け等では
かないませんよね。 昔からの素材のクロモリ(鉄)のフレームの接合技術もぴか一です。
こだわったタイプなら芸術作品です。 私はロード2台、MTB2台、ママさん1台もって
ましたが、腰を痛めて、ロードすべてとMTB1台は売ってしまいました。

フェリーのデザインですが、今回の松山フェリーは船体のラインが奇麗ですね。スマート。
開口部が沢山ですが、車輛甲板の開口窓でしょうか? 塩はいらないんですかね。
このタイプの船を見ると何時も思う事ですが、車が心配になります。

Re: 阪九フェリーの新造船

kenxiさん、おはようございます。お久しぶりです。

阪九フェリーの新造船は「フェリーいずみ」になるのでしょうか?
何となく言葉の響きも良いですし、楽しみですね。
フォワードサロンや露天風呂など、無理のない豪華路線で新しい顧客(一般旅客)の獲得を目指してほしいです。
阪九フェリーのホームページのイラストを見るとテラスがあるようにも見えますが、ロイヤルルームが復活するのでしょうか?
特等室も増える可能性もあると思いますが、阪九フェリーならではの他社よりも一回り広い特等室はそのまま維持してほしいと思っています。

Re: No title

秋田利用さん、おはようございます。

リーマンショックのころはフェリー各社とも厳しかったようですが、現在はようやく攻めの姿勢に転じているということでしょうか?
これから就航するであろう阪九フェリー、名門大洋フェリーの船はすごく楽しみです。
大阪南港は浚渫工事が入って、現在より大型の船が入港できるようになるそうです。名門大洋フェリーの新船は大型化が予想されます。

そういえば、ETC割引が縮小されたのですが、本州―四国間の橋の料金の割引は縮小されないようです。
オレンジフェリー、ジャンボフェリーには何とか粘って欲しいところです。(特に後者!)

それから秋田利用さん、コメントは好きに書いてください。
このブログはそれほど多くの人が見ているわけでもないと思いますので構わないと思いますよ。

悲報

オレンジフェリーが8,7を更新するそうです。
更新後は2隻体制。既存3隻は中国に売られるとか。

神戸便は廃止とのこと。。

Re: 悲報

こうじさん、こんにちは。

その情報はどちらから仕入れたのでしょうか?
おれんじセブン1994年就航、おれんじエイト1999年就航、おれんじホープ2004年就航と5年おきに新船が出ていたのに、このところ動きが無いから成り行きに関しては心配していました。

おれんじホープは年末年始や、盆期間、週末は休航だったから2隻体制にした方がコスト削減につながると判断したのでしょうか?
2隻体制でも良いから昼便が復活してくれると個人的にはかなり嬉しいです。

No title

オレンジフェリーの新造船の件はSNSからです。
新居浜航路も廃止らしいですよ。
恐らく荷が減っているのでしょうね。
アベノミクスがいまいち上手く行ってないですね。

7,8はホープぐらいの大きさになるそうです。
昼便復活があればいいのですがちょっと微妙ですね。

南港は大型船入港のために工事中ですよ。

Re: No title

こうじさん、こんばんは。

恥ずかしながらお伺いしますが、SNSとは何でしょうか?
私は勝手ながら2隻体制になるなら昼便が新居浜―神戸に寄港するのを期待していたのですが、甘かったでしょうかね。。。

No title

SNSはfacebookとかのことです。

大阪南港は大型船が入港できるように工事が進められています。
オレンジフェリーも更新時に船を大きくするのは理にかなっていると思います。

勝手な妄想ですが、船を大型化することで積載の貨物量を
上げて効率化を図るというのが普通だと思うのですが。

神戸と新居浜は貨物のみの取扱は残るかもしれませんね。
個人的には昼便の復活を願って止まないです。
住友の貨物が爆発的に増えることを願ってます。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

SNSの件は何となくわかりました。
ネット上で噂になりだしたと言うことは、オレンジの職員さんに聞いたら教えてくれるかもしれないから今度利用時に尋ねてみます。
私はたとえば大阪も東予も昼出港の便が神戸、新居浜に寄港して荷役をするなんてことだったら2隻体制でも良いかな?と思っていますが・・・新居浜港は今でもこれからも住友の貨物が多いと信じていますw
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR