FC2ブログ

平成26年2月 名門大洋・阪九フェリー乗り比べの旅 前編

140201-2.jpg
時刻はこのくらい。

140201-1.jpg
浜松駅にやってきました。
今回は母方の祖母の3回忌のため、九州へ行ってくることにしました。



140201-3.jpg
いつもの新幹線乗り場です。
ブースにはスズキの新型の軽自動車「ハスラー」が展示してありました。
スズキの予想を超えて売れているのだそうです。確かに足を止めて眺めている人が多かったです。

140201-4.jpg
今回もぷらっとこだまを使って新大阪まで行くことにしました。

140201-5.jpg
こだまに乗って約2時間で新大阪に到着です。
浜松を出た瞬間ガーガー寝てしまって、気が付いたら京都駅。
各駅停車のはずですが、全く途中の駅の記憶がありませんでした。

140201-6.jpg
地下鉄御堂筋線に乗り換えです。
土曜日の夕方5時なのですが、この時間帯はいつもこんなに人通りも少ないのでしょうか??

140201-7.jpg
大黒町で四ツ橋線に乗り換え。新大阪から南港フェリーターミナルに行くには、(もちろん)いくつか方法があるのですが、何となく覚えてしまった今回の行き方を多用しています。

140201-8.jpg
住之江公園駅でニュートラムに乗り換え。

140201-9.jpg
ニュートラムでゴトゴト揺られてようやく南港フェリーターミナルに到着です。
だいたい余裕をもって移動して新大阪駅から値段は360円、約50分かかることになります。

もっと効率の良い方法があるならだれか教えてw

140201-10.jpg
土曜日の下り便に乗るのですが、かように切符売り場は閑散としていました。

140201-11.jpg
年から年中(盆と正月を除いて)キャンペーンをやっています。
今回の行程で往路に名門大洋フェリーを利用したのは、私のシティーラインカードの有効期限が平成26年3月で終了になるから何らかの形で利用して1年延長させる必要があったからです。

実は名門大洋フェリーも阪九フェリーも日帰り往復(フェリーで2泊3日)なら2等雑魚寝で7400円の格安切符の設定があります。各々の系列の旅行会社で売っています。
それぞれ微妙にサービスが違っていて、正規料金の差額を払えば上の等級に格上げすることが出来るのは同じですが、名門大洋フェリーはモーニングコーヒープレゼントに対して、阪九フェリーでは焼き立てパンプレゼントでした。
「どうせ乗るなら阪九が良いな、でも名門大洋フェリーのカードの期限がな…」と、くよくよ悩んでいるうちに1週間前までの事前購入をうっかり逃してしまいましたw

したがって、今回真面目に?カード割引料金での乗船となった次第です。

140201-12.jpg
フェリーふくおか2では太陽光パネルを装備しているのね。家庭用もこのようなものがあって、電力会社に売電なんてものが流行っていますが、実はメンテナンス費用とかいろいろ考えたら付けても付けなくても変わらないのよね。

140201-13.jpg
すでに乗船手続きが開始されているとあって、2階待合室は閑散としています。

140201-14.jpg
あぁ、こんなポスターが…
船ヲタはキモイ人が多いと思われてしまうのではないだろうか…

140201-15.jpg
そんなことを考えながらカメラ片手に乗船することにしました… パシャッw

140201-18.jpg
パシャッw

140201-16.jpg
パシャッw
まぁ、傍から見たら気持ち悪いでしょうね。

140201-17.jpg
大阪南港の名門大洋フェリー第2便の船着き場のスロープは非常に緩やかなものに変えられていました。

140201-19.jpg
以前と比べたらかなり楽です。(以前のタラップの写真はこちらをクリック

140201-20.jpg
こういう風景は旅情を誘うと思う。

140201-21.jpg

140201-22.jpg
では、いよいよ船内へ。

140201-24.jpg

140201-23.jpg
中はこんな感じ。
2年ぶりだから本当に久しぶりだ。
客室乗務員の方に切符を見せると1階上の階に上がるように言われました。

140201-25.jpg
…と言うことで1階上のプロムナードに上がったところです。

140201-26.jpg
1等室と同じエリアにあります。
このエリアはちゃんと絨毯が引いてあります。

140201-27.jpg
就航当初はフローリングでした。
歩くとドカドカ音がしてうるさかったのは覚えています。
特に中国、韓国の方、深夜でもかなり大声で喋っていて国民性の違いを感じさせられたこともありました。

140201-28.jpg
部屋の入り口にはこんな掲示が…
多分残念な人が居るのだと思います。

140201-29.jpg
ドアを開けるとこんな感じ。

140201-30.jpg
私の寝台はドアのすぐ右側。
向かいに寝台が無いエリアでした。

140201-31.jpg
テレビが付いています。本来ならテレビのついてない2等洋室のはずでしたが、キャンペーンと言うことでテレビのついている特2等洋室にグレードアップしてくれたわけです。
ちなみに出港後に確認しましたが、この部屋を使っているのは全部で大雑把に10人足らず。
適当に散らしているようでした。

140201-32.jpg
それでは部屋着に着替えてさくっとお風呂に入りに行きます。
幸い利用者も少なく、快適に入浴できました。

140201-33.jpg
入浴を済ませたらこの時間。

140201-35.jpg
船に乗ったらお楽しみの食事にしようかな。

140201-36.jpg
入り口はこちら。かつて名門大洋フェリー第2便のレストランがアラカルト方式だった頃、出口になっていたところが入口に代わっていました。
2年前の利用時はアラカルト方式でした。(その時の様子をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

140201-34.jpg
そしてかつての入り口はかように閉鎖されていました。

140201-37.jpg
料理を置いてあるところに行くと、まずこれが目につくのですけどね…

140201-38.jpg

140201-39.jpg
こんなんだったり…

140201-40.jpg
こんなんだったり…

140201-41.jpg
いろいろ置いてあるのですが…基本業務用食材がメインです。
以前は無理やり全部食べようとしていましたが、現在は本当に欲しいものだけ摂るようにしています。

140201-42.jpg
ピンボケになったのは残念ですが、それでもサラダは新鮮だし、向こう側のトレイにはカツオのたたきがあります。

140201-43.jpg
…と言うことで私のディナープレートはこちら。(レストラン内の照明が暗いため、こんな画像になりましたが、ご了承ください。)

140201-44.jpg
(業務用)カツオのたたき。下にひいているのはオニオンスライス。

140201-45.jpg
(業務用冷凍食品と思しき)鶏のから揚げと照り焼きハンバーグにサラダ。

140201-46.jpg
(たぶんこんな業務用もあるのだと思う)スモークハツにサラダ。

140201-48.jpg
アジのマリネ。
名門大洋フェリーのレストランの食材ではこれと業務用刺身が好きです。

140201-49.jpg
冷奴に味噌汁とごはん。

140201-47.jpg
むしゃむしゃ食べ始めたら、やがてこの時間。

140201-50.jpg
レストランの窓越しのいまいちな写真ですが、食事をしている最中に静かに船は大阪南港を離れていきました。

140201-51.jpg
その後も必死で食べます。
カレーを追加。普通に業務用カレーの味ですが、スパイスが効いていて好みの味。

140201-52.jpg
最後にデザート関係。
皆さんおかずを盛るときにこのような四角いプレートを使って、デザートなどの軽めの食材を盛るときに丸い器を使いますが、今回私は逆にしました。
そちらの方がおかずが彩りよく見えると思ったのですが、いかがでしょうか?

140201-53.jpg
このやたらと白いところの分厚いミカンは新鮮でおいしかったです。
大分県の人が見たら白いところはザボン漬けみたいに砂糖漬けにしてみようと思うのではないでしょうか?

140201-54.jpg
この透明な寒天?もほのかな甘みで美味。

140201-55.jpg
ミカンはお代わりしました。美味しゅうございました。

140201-56.jpg
食後売店を見学の図です。

140201-57.jpg
オリジナル商品は定期的に新商品が出ているのかな?この手のタオルは以前は無かったような気がします。

140201-58.jpg
やがてこの時間になると、明石海峡大橋をくぐるという船内放送がありました。

140201-59.jpg
外に出てみたらこんな位置。

140201-60.jpg
多分あれは阪九フェリーの船だと思う。

140201-61.jpg
つい数日前ははっこう21で昼間にくぐったんだな。(詳細はこちらをクリック

140201-62.jpg

140201-63.jpg

140201-64.jpg

140201-65.jpg

140201-66.jpg
こんな具合でした。
くぐった後の連続写真に間隔があるのは一緒にデッキに出てみていたご年配の女性グループに明石海峡大橋をくぐっている最中の記念写真を撮ってあげたからです。

140201-67.jpg
そんなことを済ませたら、あとはゆっくり公室でテレビを見て…
でもよくよく考えたら寝台にもあったなと思い直して…

140201-68.jpg
寝台でも見てみて…

しかし、もともとテレビはほとんど見ないものだから10分くらいで飽きてしまって…

140201-69.jpg
浜松駅でもらったスズキハスラーのカタログを眺めていたら眠くなってきたので…

140201-70.jpg
この時間には寝てしまいました。


この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おはようございます。
名門のレストランは席を確保するカードをくれるので、便利ですね。
来週から、退職した会社に復帰します。以前は千葉県でしたが、これからは地元勤務でカレンダー通りのため、フェリーはしばらくおあずけです。

お久しゅうございます。

お久しゅうございます。
諸事情により、このブログの閲覧・コメントの投稿が "平成26年1月 RORO船「はっこう21」で宮崎温泉ツーリング Vol.4"以降、出来ませんでした。
何か病気になったとか、そういうことじゃないのでご心配なく。
さて、東京→山口にある実家に帰るときに、 阪九フェリーを使って移動しております。平行する航路に就航してる、名門大洋フェリーと比較するためにこのブログに出会ったわけです。

Re: タイトルなし

けんちゃんさん、こんばんは。

フェリーを使う旅行はしばらくお預けなんて言っていると何年ものらないなんて事態になりますから、少しでも可能性があるときは前向きに検討しましょうね。
今回の旅行記は少しだけけんちゃんさんの地元のことが出てきます。楽しみにしていてください。

Re: お久しゅうございます。

kenxiさん、お久しぶりです。

kenxiさんに「名門大洋フェリー 阪九フェリー 比較」の検索で私のブログがひっかかったて来たといわれたので、せっかくだから26年春版の乗り比べをしてきました。(旅行記の中にあるように往復格安切符を買い損ねたのもありますよ。)
名門大洋フェリーのレストランは1便2便ともビュッフェ形式に変わったので、特に食事に関しては両社かなり違いがあります。
楽しみにしていてください。

No title

こんばんは.

フェリーターミナル駅でしたら,御堂筋新大阪→本町/中央線乗り換え→コスモスクエア/ニュートラム乗り換え→フェリーターミナルという手もあるかと思いますが,本町乗り換えは距離があってめんどいですし,大国町乗換えのほうが楽かもしれません.ATCのさんふらわあに乗るのならj時間的に上記のルートの方がいいと思いました.

今回も(業務用とはいえ)おいしそうなお料理ですね.小皿にきれいに盛りつているとおいしそうに見えます(笑).
ただ小皿が重いと取っているうちに腕が疲れてきそうですね....
チョコレートファウンテンがあるのはさんふらわあと同じですね.
グループ会社ですし同じ調達元なのかも.




Re: No title

あきらさん、こんばんは。
大阪市内はフェリーに乗るためにために公共の交通機関を使うことがあるのですが、ヤフーの路線検索だとちょっとわかりにくかったり、無駄な乗り換えを案内することがりますね。

名門大洋フェリーのレストランに置いてある四角の皿はビュッフェ形式のレストランなどにはよくおいてありますが、仕切りを作ることでたくさん取られないようにする効果があると思います。
個人的にはあまり上手に盛り付けすることができないので、丸い皿を利用してみました。
レストランの照明がもう少し明るいときれいに撮れるのですが、その点だけはちょっと残念でした。

ジョルダン乗り換え

人様に教えてもらった「ジョルダン乗り換え」で経路検索してみました。ニュートラムには反対側のコスモスクエアから乗る方法です。経路は、新大阪→大阪→弁天町→コスモスクエア。乗換えが一回増えるのが難ですが、乗車券は弁天町で買い替えなので料金は270円と少し安くなります。乗り換えの案内によると、所要時間と乗車時間はどっこいどっこい(謎)。
不確かな記憶では新大阪→大阪→弁天町の前後を含む乗車経験が有るのですが乗換えで面倒だった記憶は有りません。大阪だと東京の大手町、東京、上野のような落とし穴満載の乗換駅は少ないと思うのですが詳細は不明です。新大阪駅からは地下鉄乗換えより環状線等のJR線乗り換えの方が楽な気がします、ただこればっかりは数度の利用しかない私では正確な判断が出来ません。

私の辞書の笑える変換「じょるだんの理科絵」、意味不明(笑)。

テレビ番組のお知らせ

NHKが「南海フェリー」をドキュメンタリー番組にしました。おそらく、地方版の再放送と思われます。
日時、24日深夜0時40分(テレビ的)。正確には25日0:40~、地上波です。録画できる方、もしくは生で見られてもw
もれ伝わる話では、高速道路の整備が進んだ影響で経営的には苦しいと聞いてます。

Re: テレビ番組のお知らせ

秋田利用さん、おはようございます。

「乗換案内ジョルダン」というものがあるのですね。チェックしておきます。
ヤフーの路線ではあまり現実的でない乗換案内が出てきたり、多少信頼性に欠ける気がしたので今後使ってみます。

神戸淡路鳴門道路が開通して南海フェリーも苦しくなったでしょうが、徳島市内の商店街もかなりさびれたようです。(高速バスを使って大阪方面に買い物に行く人が増えたのだそうです)
テレビはほとんど見ないのですが、この番組は見てみます。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR