FC2ブログ

平成22年妻籠の旅

浜松に引っ越してきて何度か嫁さんに木曽路の宿場町を見てみたいという希望が出されていました。
どうしてもフェリーで移動みたいな旅行を優先するからずるずると7年間も行くことも無く・・・そこで今回思い立って妻籠に行ってきました。

前日は職場の飲み会。ビールをジョッキ4杯しか飲まないでおいたのに、朝から思いっきり二日酔いでした。(もしかしたら4杯目以降の記憶がないだけかもしれない)
顔を腫らせて布団の中でのた打ち回っている間、嫁さんから白い目で見られているのを背中で感じつつ、無理やり起き出して社宅の掃除を手伝って10時頃に出撃!
といっても出発日の10月9日は朝からしとしとと雨が降っていました。三連休の初日ですから朝8時の時点で既に東名の渋滞は始まっています。既に気分は萎え気味。
中央道の飯田や中津川へ行くとすると豊田ジャンクションの渋滞には嵌ってうんざりするのは明白なので、一般道で山中を越えながら行くことにしました。
静岡県から直接飯田市へ向かっていこうとするといくつかの国道のルートがあるようで、ナビに従って進んでいきました。

昼くらいになると二日酔いによる頭のぼんやり感も取れてきて、腹が減ってきました。
そこで山中にある、小さな道の駅で食事をとることにしました。

道の駅野菜直売
野菜の直売所も結構面白くて、なんやかんやと買って行きました。
コロッケ定食

おにぎり定食
子供の食事も有るからうどんのある定食とボリュームの少な目の別の定食を頼みました。どちらもさっぱりとして美味しくいただけました。
峠を越えると途端に大きな道の駅が二箇所くらいあって、これなら先ほどのこじんまりとした道の駅でゆっくり出来てよかったと感じた次第です。

その後は次第に雨足が強くなるばかり。ドシャドシャ降っていました。
飯田市に着いたら散策するつもりでしたが、とてもそんな気分になれず、本日の宿泊地へ向かいました。
宿泊したのは大妻籠の民宿。
本当は妻籠の宿場町の中に宿泊したかったのですが、やはりそういうところは人気があって、2週間前から予約を取ろうとしても取れませんでした。

民宿についてちょっと落ち着いて、少々暇を持て余しました。
外は土砂降り。これでは木曽路に散策をしに言った意味がないなと不完全燃焼臭が漂いだしましたが、そういってもあれだからとりあえず傘を差してでも妻籠を見てみようということになりました。
旅館の女将ささんにそれを伝えると、「夕方五時を過ぎたら駐車場の管理人さんがいなくなるからそれからにしたら」と。

夜の妻籠1

夜の妻籠2
素直に5時過ぎに訪れてみたら確かに駐車場は無料開放状態でしたが、暗くてあまり景色も見えず。写真はそれでも到着したばかりでそこそこ景色が見ることが出来たときに撮ったものです。
このとき雨はやや小康状態で、嫁さんはそれなりに満足しているようでした。

民宿夕食
民宿に帰って食事。一泊2食付で7500円だから、素朴な食事が出てくると思いましたが、予想通り素朴でした。
二日酔い明けなのについついビールを頼んだら大瓶一本でふらふらに酔いました。
そういうときに限って子供は私と風呂に入るという・・・子供の風呂を入れたら私だけ8時前に就寝してしまいました。
a href="http://blog-imgs-47.fc2.com/m/e/d/meduboat/20101012083233499.jpg" target="_blank">民宿朝食
翌朝。朝は7時半頃に食事。きゅうりの漬物のぱりぱりした食感が美味しかったです。
天気予報では降水確率90%でしたが、意外にも朝には雨が上がり、晴れ間が広がりだしました。
そこで改めて妻籠を見に行こうということになり、朝9時半頃に妻籠へ。駐車料金500円を払って秋晴れの妻籠を散策しました。
昼の妻籠1

昼の妻籠2

昼の妻籠3
写真は観光客が少ないときを見計らって撮ったものですが、昼間は観光客がものすごく多いんです。
中国人の一行も来ていましたが、彼らは本当に賑やかですね。
昨日の夜の妻籠もそれなりに良かったかなと思いました。

その後は馬籠宿も見学。こちらは妻籠を訪れたらわざわざこちらまで足を運ぶ必要は無いかなと言う感じでした。
そして地場のスーパーによっていろいろお土産の買出し。
あじめこしょう
岐阜県中津川市周辺の特産野菜でもあるアジメコショウも買ってみました。

りんご
きのこ
その他いろいろと無駄に買い物もしてみたり・・車で来た強みを生かして巨大な冬瓜も買ったりしました。
後は帰路につくだけだったんですが、嫁さんの希望で栗きんとんを買いたいと。
中津川市まで移動して有名どころを回って物色してきました。

そんなこんなで3時前には中津川を出発。帰りは高速道路に乗りましたが、幸い渋滞は全くなく、5時前には浜松市に帰り着きました。

そしてその日の夕食。アジメコショウを食べてみました。
意外にめちゃくちゃ辛いというわけではないというか、これなら無理なく生食できそう。
そういう食べ方もあるらしいので、決してゲテモノ食いではありませんので念のため。

最後に就寝するとき、やはり唐辛子を食べたせいか胃の辺りがシュワシュワした感じがしました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR