FC2ブログ

平成25年10月 ジャンボフェリーで愛媛出張 Vol.3

この記事はこちらからの続きです。

131006-1.jpg
翌朝です。

131006-2.jpg
昨日はザーザー降りだった雨も午後9時過ぎ頃にパタッと止んでしまっていました。
外には青空が広がっています。



131006-6.jpg
それでは朝食です。

131006-3.jpg

131006-4.jpg
ガシガシ使っているからそれなりに痛んでいるけどね…

131006-5.jpg
よくよく見たら「陸軍中将」の誰かが書いた書なんだな。

131006-7.jpg
朝食はこんな具合。

131006-8.jpg
卵のそぼろと・・

131006-9.jpg
ジャコ天。

131006-12.jpg
夕食のアップグレードをお願いしていましたが、朝食も豆腐がついて少々アップグレードされていました。
(このときはもう一組宿泊者が居て、内容は確認済み)

131006-13.jpg
愛媛の味噌は少々甘めの麦味噌です。

131006-10.jpg
ご飯を撮り忘れたけど、漬物が非常に美味しゅうございました。会計の時に確認したら自分が好きだから京都の店から買っているんだとか。

131006-14.jpg
食後に中庭を眺めてみるの図です。
京町屋のような敷地の真ん中だから外の通りからはこのような中庭があることは全く分かりません。

131006-25.jpg

131006-24.jpg
これは土間側から中庭を撮った写真。

131006-15.jpg
渡り廊下からはこのような感じ。(向こうに見えるのが土間側)
ちゃんと庭師の方が入って手入れをすれば凄く良さげな感じになると思います。

131006-16.jpg
それでは再び2階に戻ってしつこく見学させていただきます。

131006-17.jpg
晴れの日の明るい時間帯の渡り廊下はこのような感じ。

131006-18.jpg
部屋の明かり窓も・・

131006-19.jpg
すべて本物の竹を曲げて作っているようです。

131006-20.jpg
2階の渡り廊下から中庭を見下ろしてみたときの様子です。

131006-21.jpg
これは裏の日本家屋側から見下ろした写真。

131006-22.jpg

131006-23.jpg
こんなものまで・・と思われるかもしれないけど、トイレの写真も撮っておきました。
全面タイル張りの洒落たトイレでした。

131006-26.jpg
会計を済ませて旅館を出るときに撮った写真です。
ご主人は出かけられていて、お手伝いにこられた方がよろしくと言っていたと・・・

131006-27.jpg

131006-28.jpg
すっごい楽しかったな!むちゃくちゃ好印象だった!!
また来るぞ!!!

131006-29.jpg
旅館を出たのはこのくらいの時間だったから、少しだけ付近を散策することにしました。

131006-30.jpg
街道筋だけあって割りと歴史的建築物も残っていました。しかし、つたや旅館がこの界隈ではランドマーク的存在だな。

131006-32.jpg
このように材木を扱う会社もまだ残っているようです。

131006-33.jpg
ヤマキ(醤油)やマルトモ(水産)などの比較的大きな会社も伊予市内にはあります。
ご主人はヤマキの新人社員がつたや旅館に泊まったとき、醤油製造の会社なのにみんな魚が嫌いで最初は受け付けなかったけど、最終的には旅館で出す魚が美味しいことに気付いて食べてくれるようになったとか、嬉しそうに言っていました。

131006-35.jpg
いかにも昔は港町だったらしく、銭湯もありました。
多分地下水汲み上げだと思うのですが、温泉のようです。
愛媛に2年間住んでいたとき1度だけ嫁さんの友人を訪ねにこの町にきた事がありましたが、このときはまだ他にも銭湯があったのは確認しています。

131006-31.jpg
それではちょっとだけ港に行こう。

131006-34.jpg
なかなか立派な施設のようです。
つたや旅館の主人曰く、昔四国は道路事情が非常に悪くて陸続きの町への物資の運搬でさえもっぱら船を使っていたとのこと。
その頃は伊予市は非常に栄えていたそうです。

131006-36.jpg
ちょっと灯台が見えるところまで歩いていったのですが・・・

131006-38.jpg
ホテイアオイが浮いていました。
昨日はかなり酷く降ったから河から流されてきたのでしょう。

131006-39.jpg
港にある神社にも参拝。

131006-40.jpg
神社にはよくネコがセットで居ますな。

131006-41.jpg

131006-42.jpg
新旧二つの灯台を一緒に写真に撮りました。

131006-43.jpg
昭和33年まで現役だったのですね。それはお疲れ様でした。

131006-44.jpg
確かこの伊予市郡中港にはダイヤモンドフェリーの高速船「スピダー」が何年かだけ就航していたはずです。向こうに見える鋸状の屋根の建物がターミナルだったのでしょうか?
ネット上でも情報が全く無いのです。

131006-45.jpg
それでは適当に時間をつぶしたから、本来の出張の仕事をしに行こう。
ここに向かって出発です。


131006-46.jpg
…と言いたいところだけど、その前に車の燃料補給です。
昨日の出発から今日までで、トータル640キロ走りました。
何リットルくらい入るか興味があったのですが、立ち寄ったガソリンスタンドはクレジットカードだと1万円未満しか売ってくれませんでした。

131006-47.jpg
…と言うことで今度こそ松山コミュニティーセンターに到着。

131006-48.jpg
お昼のセミナーで無料弁当をいただきました。

131006-49.jpg
全体的に塩分濃い目だったけど、まだ10月初旬だし、昼間は汗ばむし、しょうがないか。
無料なのに文句を言っちゃ罰が当たる。
仕事はなんと午後1時過ぎには終了。たった2時間強の仕事を終わればあとはフリータイムだw

131006-50.jpg
せっかく車で来たからドライブだ!!

131006-51.jpg
松山市郊外をひたすら南下中。

131006-52.jpg
こんな立派な道路も昭和30年代は車同士のすれ違いも大変な狭い道だったのでしょう。
波が高ければ道路も塩水で洗われたのは容易に想像がつきます。
注意深く見ると所々に異様に狭い旧国道の廃道と思しきスペースが散見されました。

131006-54.jpg
この辺は海が奇麗だから久し振りに走ってみました。
ついでに長浜大橋も通過。

131006-55.jpg
その後ひたすら肘川沿いを上流に向かって走って行きます。

131006-56.jpg
そうやって内子町付近にある道の駅「内子フレッシュパークからり」に到着しました。

131006-57.jpg
ここは一般的な道の駅と違って建物と森が融合したかのよう作りになっていて面白かったです。

131006-58.jpg
シャーベットを頂くの図です。
まぁ、普通と言う感じだったかな。

131006-59.jpg
そして直ぐ近くの内子町の町営駐車場へ移動。

131006-60.jpg

131006-62.jpg
内子の街を散策してみました。
12年位前に初めて来た時は町並みの雰囲気の良さに非常に感動しました。
再び改めてきてみると、どうしても平成22年に旅行で立ち寄った妻籠宿(詳細はこちらをクリック)と比較してしまうため風情の良さではあちらに軍配が上がってしまいます。
しかし、江戸時代から地域特産の和蝋燭の製造出荷で栄えていたり、大洲市と並んでこの地域では中心的な町であったために豪華な建物も見ることができます。

131006-61.jpg
こんなんだったり・・

131006-67.jpg
こんなんだったりですね。

131006-64.jpg

131006-65.jpg
そして明治期以降に入っても人の集まる町だったのか、私の大好きな洋風建築も散見されました。

131006-66.jpg
この内子座の建物は非常に有名だとは思うのですが・・・

131006-63.jpg
元映画館の建物は可能であればうまく活用して観光の呼び物として残ってくれたら良いと思います。

131006-70.jpg
他にする事が無いのでテレテレ歩いて回りましたが・・・

131006-71.jpg
今日はもう1箇所寄りたい場所があるので引き上げることとします。

131006-72.jpg
町営駐車場の管理人のおじさんに場所を確認して、内子の町から約4キロ山の中に入ったところに来ました。

ここには・・・・



131006-73.jpg
「マジソン郡の橋」っぽい橋が残っているのです。

131006-74.jpg
農道の一部になっているのですが、杉の皮葺きの立派な橋です。

131006-75.jpg

131006-78.jpg
金木犀の大木がすぐ傍にあって、良い匂いがしていましたが・・・

131006-76.jpg
きっと蛍が出る時期に来ると奇麗だろうな。

131006-77.jpg
よーく観察しておきました。

131006-79.jpg
それでは夕方の良い時間になったので、風呂に入りに行こう。

131006-80.jpg
ドドドドド・・・・


131006-81.jpg
せっかく晴れたことだし、時間に余裕があるし途中伊予灘SAで休憩。

131006-82.jpg
ふと遠くを見ると・・・

131006-83.jpg
こんな船が見えました。
ヘリ搭載型護衛艦ですな。護衛艦とは大日本帝国海軍風に言えば駆逐艦のこと。
少々(かつての巡洋艦並みに)大きくても、見た目が空母のようでも「護衛艦(駆逐艦)」と言っているから護衛艦(駆逐艦)です、とはなかなか太っ腹な言い方だ。素晴らしいと思う。

131006-85.jpg
といった訳で道に迷うことなく道後温泉本館付属の駐車場に到着。

131006-86.jpg
この日は日曜日だったし、入浴時間が午後6時を回っていたので非常に空いていました。(宿泊客の皆さんは食事の時間になるのです)

131006-84.jpg
それでは今日の車での移動もいよいよ最後。

131006-87.jpg
ここに向かおう。

この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

内子の町や伊予は手付かずの昭和があっていいですね。
つたや旅館行ってみたいです!

メルセデスで乗り付け、建物を隅々までチェック。
査定をしに来た不動産屋さんの様でカッコいいっす。w

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

建物をチェックしたら買い取り金額を提示して、持ち主が渋ると怖そうな人が近所をうろうろしてみたり、しまいにはダンプカーが飛び込んだりするのがバブルのころの風物詩でしたね。

個人的には宇和町もなかなか捨てがたい魅力があります。
いつかブログで紹介していきたいと思います。

No title

こんばんは.今回もたくさんの写真を堪能いたしました.
内子もあと一息で観光が促進しそうな気もするのですが...

海も山も堪能できる愛媛は定年後にとっても過ごしやすいと思います.
(ただ体が元気でないと公共機関が期待できないので移動が大変ですが...)

島を眺めながらのんびり過ごしてみたいものです.

No title

こんにちは。

『スピーダー 高速船』で検索すると、いくつか情報が出てきますね。
このような航路があったことを、久しぶりに思い出しました。
昔は、高知~足摺にも高速船があったように記憶しています。

四国の道路事情は、沿岸部では特に松山以西や高知以西が酷い状態だったようです。当時、佐田岬や足摺岬なんて誰も行かなかったし、簡単には行けなかったようです。でも、愛媛は、保守王国ですから高知よりも道路が良かったかもしれませんね。


ところで、高茂岬へは行かれたことはありますか。
一度、行って見たいのですが、距離的に難関です。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

内子は綺麗なところだし、町営駐車場を整備しているから立ち寄るには非常に便利でした。
近所に大洲市があるし、先方は観光の呼び物になるものをいくつか持っているから負けてしまうのかもしれませんね。
四国で暮らすとなると自家用車は必須でしょうね。
この時の旅行も乗用車が無ければどこに行くにしても不便でした。

Re: No title

ゆうなぎさん、こんにちは。
私が愛媛で暮らしていた時に南予の方にはちょこちょこ行きましたが、高茂岬には行ったことはありません。
当時まさかブログをはじめようなんて思ってもみなかったのですが、それでなくてもせめて写真は撮っておけばよかったと思ってしまいます。

この旅行記には登場しませんが、後日別の旅行記で愛媛の酷道を紹介する予定です。楽しみにしていてください。

こんにちは。
これから大阪から北九州に戻ります。
名門の予定でしたが、50年ぶりに関西汽船航路で別府経由にしました。
当時は、別府~高松~神戸でむらさき丸とくれない丸に乗船しています。2等の雑魚寝でしたが、ボーイにチップを渡すと空いているエリアに案内された記憶があります。

Re: タイトルなし

けんちゃんさん、こんにちは。

ずっと大阪におられたのでしょうか?
関西汽船のボーイにチップを渡すのところはもしもネット社会の現代でそんなことをすると大問題でしょうね。
当時のボーイさんで回顧録を出してくれる人がいたらぜひ読んでみたいです。

すぐ帰る予定が、定年退職前の会社から大阪事業所に作業応援依頼があり、ポートタウン東から堺まで通勤していました。
馴れない乗り換え大変でした。

大阪にいた叔父が関西汽船にいたので優待券で乗船しましたが、上等級はダメでした。
母にチップやったんと大きな声で聞いて怒られていました。

Re: タイトルなし

けんちゃんさん、おはようございます。

退職した会社に今でも頼られているとはすごいです。
ボーイさんのチップの件ですが、会社側は黙認状態だったのでしょうか?当時のボーイさんの話も聞いてみたいですね。きっとすごいよもやま話がありそうです。

ご指導お願いします

偶然に、U-BOATさんのブログの中の、W116の情報にいきあたりました。突然で失礼かとも思いますが、コメント欄で質問させてください。今年の1月ころにヒーターサーボユニットの交換をされたようですが、ヒーターサーボユニットとは、クライメートコントローラーのことでしょうか。当方W116(1980年式)を持っていますが、昨年暮れ、コントローラーが壊れてしまってエアコンが動きません。これを新品で購入すると約30万円と言われています。交換部品を探していたところ、U-BOATさんのブログを拝見しました。W116のこと、部品のこと詳しくないので教えていただければ幸いです。   

Re: ご指導お願いします

キカイオンチさん、初めまして。
U-BOATと申します。よろしくお願いします。

キカイオンチさんもW116をお持ちなのでしょうか?
日本国内では人気がないし、ヤナセもほとんど部品のストックもないから国内で部品の調達はしたことは殆どありません。
私はアメリカの部品商から購入していますが、この時代のSクラスはかなり安価ですよ。
ヒーターサーボはクライメートコントローラーのことですよ。アメリカではヒーターサーボの方が通りが良いようです。
その懸念のヒータサーボですが、日本国内ヤナセの販売価格がそのくらいだったような気がします。
私が所有しだした頃になじみの工場の社長(W116が新車で売っていたころ、ヤナセで働いていたようです)は、私に「部品があるうちに買っておけ」と言われました。そのくらい故障が多かったようです。
13年前にアメリカで買ったときはリビルト品が日本円で5万円くらいでした。コアチャージ(故障した部品の引き取り)が2万円で、こちらから外して送ることが出来なかったから計7万円と送料くらいですみました。
高いと言えば高いのですが、最新のSクラスのちょっとした部品もかなり高額だし、W116ではその他にお金のかかりそうな部品もそれほど無いので思い切って買いました。結果ストックしておいてよかったと思います。
(くれぐれも中古品で済まそうと思わない方がいいと思います)

最新のベンツだとこんな苦労もないと思ったのですが、W116は見た感じの雰囲気も良いし、手放したら後悔すると思って頑張って維持しています。
何かわからないことがあったらブログにコメントをください。ベンツの記事は1か月に1度は必ず出しますので、よろしくお願いします。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR