FC2ブログ

平成25年8月 阪九フェリーでもう1回福岡帰省の巻き 前編

この記事の続きはこちらをクリック


130817-1.jpg
前回阪九フェリーに乗船して福岡に帰ってから僅か5日後、再び阪九フェリーに乗ることになりました。
今度は私の実家で13回忌があるのです。

130817-2.jpg
浜松出発はこの時間。

130817-3.jpg
切符もプラットこだまでは無いからひかりに乗ることにしました。
これだけでも浜松-新大阪間で30分の短縮が出来るのです。(こだまは約2時間、ひかりは約1時間半です。)

130817-4.jpg
新大阪に向けて浜松を出発した後の景色です。北側を見ています。
この池は多分ウナギの養殖用の池だと思います。
浜松といえばウナギでしょ!となるかと思いますが、実際のところ近年のシラスウナギの価格高騰などがネックになって養鰻業(ようまんぎょうと読みます。)を営む方は苦労しているそうです。
新聞でチラッと読んだ記憶があるのですが、ウナギの養殖池も長年同じ場所で養殖を続けると次第に育ちが悪くなるそうで、定期的に場所を変えたほうが良いのだとか。それだけでも経費がかかりそうなもの。

実際に養鰻業を諦めて浜名湖特産のドウマンガニ(詳細はこちらをクリック)の養殖に切り替えを検討する方も居るそうです。

130817-5.jpg
浜名湖鉄橋を渡ります。
浜名湖では楽しい思い出ばかり(詳細はこちらをクリック)。故郷の湖だぜ!

130817-6.jpg
新幹線に乗ったら豊橋を通過したところまでしか記憶が無く、気がついたら滋賀県内を走っていました。
新大阪に着いたら在来線で大阪駅へ移動。

130817-7.jpg
大阪駅の屋根です。
テレビで大阪を紹介するときは必ずといっても良いほど道頓堀の景色が出てきますが、大阪駅はまるで近未来都市のようで圧倒されます。

130817-8.jpg
大阪環状線に乗って新今宮へ。

130817-9.jpg
改札を出ると直ぐ目の前が南海電車の乗り口なんですね。

130817-10.jpg
それでは関西空港行きの急行電車に乗ります。

130817-11.jpg
・・・と言う事で午後4時には泉大津駅到着しました。

130817-14.jpg
阪九フェリー泉大津ターミナル行きの連絡バスの乗車時間まで少々時間があります。
駅の東側にあるダイエーに入ってみました。

・・・ダイエーと言ったらあれを連想するなぁ・・・

















bernazard-.gif
死ぬほど弱かったダイエーホークス。(写真は凄く気が短いバナちゃんことトニー・バナザード)

クラウンライターライオンズ亡き後10年たってかつてのライバルホークスが福岡にフランチャイズを移すとは思っても見ませんでした。
しかしまぁ、福岡移転当初は弱いこと弱いこと。

福岡県民は「弱くなったライオンズを皆が応援しなくなったからおらが球団を失ったんだ。」という反省の気持ちからどんなに(もんどりうつほどに)弱くてもホークスを応援し続けましたが、それにしても弱かった。

学生時代の話ですが、博多天神の商店街を歩いていると、ホークスのキャップをかぶった親子連れがディゲームが終わったあと平和台球場から歩いて来ているのを見かけたりしました。
そのときの子供さんの険しい表情から「あぁ、今日もふがいない負け方をしたんだな。」と分かったりしましたw

130817-15.jpg
ダイエーではとりあえず船内で食べる果物と飲み物を購入しました。

ちなみにダイエーは兵庫に本拠地があった会社です。
それなのにわざわざ福岡に球団を置いたのはそれなりに理由があります。

昭和の話ですが、当時九州には福岡市に拠点があるユニードと言うスーパーマーケットグループが有りました。
昭和63年頃にはダイエーに合併吸収されたのですが、業務提携の頃から多少のいざこざが有ったようです。
したがってダイエーグループは九州財界からはあまり歓迎されておらず、実際当時傘下の企業であったコンビニエンスストアのローソンも九州進出が遅れたと聞いています。


したがって福岡でのダイエーグループのブランドイメージを高めるべくプロ野球球団の福岡誘致と百道浜の福岡ドーム建設構想をぶち上げたのですが・・・

福岡ドームも元々はツインドーム構想があったのに、巨額詐欺事件が起こって逮捕者が出たり(いつの間にかドームも一つになるし)、田淵監督になってからは球団内でいざこざがあってもめているなんて話も漏れ伝わるし、見ている側としては複雑でした。

130817-16.jpg
そんなことを思い出しているうちに送迎バスがやって来ました。
今日はこの少し小さいバスと後から来た大型の観光バスタイプのバスが送迎に当たったようです。

130817-17.jpg

130817-18.jpg
僅か10分だか15分だかの移動で阪九フェリー泉大津ターミナルに到着。

130817-19.jpg
切符売り場にも行列が出来ていて、待つこと暫し・・・
2等B寝台個室の切符を買いました。

本当は2等4人部屋を予約していました。もしかしたら1人で使えるかな?と期待したのですが、切符売り場の女性が「2等寝台の1人個室が空いています。今の時点で4人部屋だと相部屋になりますが、どうしますか?」と聞かれました。
やっぱりお客さんも多いのね、しょうがないよな。素直に従った次第。

130817-20.jpg
それでは船内へ。
多分泉大津から徒歩乗船したのはこれが初めてではないだろうか?

130817-21.jpg

130817-22.jpg

130817-23.jpg

130817-24.jpg
華やいでいるねぇ。

130817-25.jpg

130817-26.jpg
この辺はすっかり定着しているなぁ。夕刊まで売ってるよ。

130817-27.jpg
今回はこちらの元トラックドライバー室、現2等寝台B個室へ。

130817-28.jpg

130817-29.jpg
鍵もかかるし、貴重品の管理を考えたら破格の設備だよ。

130817-30.jpg
乗り込んだ時点でこの時間。

130817-31.jpg
入浴と船内見学をしよう。

130817-33.jpg

130817-32.jpg

130817-34.jpg
大浴場は幸いそれほど込んでおらず・・・
早めに乗せてくれるから入浴の時間がバラけるのでしょう。

130817-35.jpg
そして(お決まりの)外に出てみると・・・

130817-36.jpg
何だか夏休みのフェリーと言う感じ。

130817-37.jpg
岸壁側によって出航を待ちます。

130817-38.jpg
この時間には・・

130817-39.jpg
静かに岸を離れだしました。

130817-40.jpg
ちょっとフライング?それとも時計が遅れたのかな?(自家製修理直後で腕にして試していたものなのです)

帰宅後に時間を確認したら狂っては無かったから多分多少フライングだったのかもしれません。


130817-41.jpg

130817-42.jpg

130817-43.jpg

130817-44.jpg
大体この時系列で船の進路が変わっていっているのがお分かりいただけましたでしょうか?

130817-45.jpg
それでは船内に戻りましょう。

130817-46.jpg
今回は新門司到着後直ぐに下船するつもりでしたが、ゆっくりステイを利用させてもらうことにしました。
一応部屋番号と名前などの確認を求められます。
乗船後の変更はさすがに乗用車を積み込んでいると無理でしょうけどね。

130817-47.jpg
今日も天気が良くてよかった。
少し日が暮れるのも早くなったかな。猛暑だったから日が暮れるとホッとするよ。

130817-49.jpg
この日は無料コンサートがあるようです。

130817-48.jpg
リハーサル中です。

130817-50.jpg
中央公室エリアで読書をしながらのんびりさせてもらいました。

130817-51.jpg
気がつくとこの時間。そろそろ明石海峡大橋が見えるのかなと思って外に出てみたら・・・

130817-52.jpg

130817-53.jpg
奇麗じゃないか。
くぐるときが楽しみだ、ぎりぎりまで船内で涼もう。

130817-54.jpg
やがてこの時間になり、明石海峡大橋をくぐるという船内放送がありました。


外に出てみると・・・


130817-56.jpg

130817-55.jpg
大勢の人が待っているようでしたが・・・

130817-58.jpg

130817-57.jpg
ジャンボフェリーとすれ違っていたのね・・・
全くこの海域は交通量も多くて油断できない・・・(ヲタ的にもね)

130817-59.jpg
やがて橋が間近に迫ってきました。

130817-60.jpg

130817-61.jpg

130817-62.jpg

130817-63.jpg

130817-64.jpg

130817-65.jpg

130817-66.jpg

130817-67.jpg

130817-68.jpg
てな具合でした。

130817-69.jpg
月も出ていますが・・・

130817-70.jpg
西側を見ると・・・

130817-71.jpg
夕日も奇麗だ。



130817-72.jpg
後は午後6時40分からの無料ライブを楽しみ・・・

130817-73.jpg
この時間には・・・

130817-74.jpg

130817-75.jpg
ここに入るのだw


この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

阪九1便から見える明石海峡はいいですね・

Mちゃんそろそろでしょうか?((o(´∀`)o))ワクワク

Re: No title

こうじさん、おはようございます。

豪快にMTRIさんの写真を出したりはしませんよ。
やっぱりご本人の承諾もいるわけだし…

No title

8月17日だと逆方向とは言えまたまだ混雑している時期ですね、そして料金も…。
シラスウナギの数もさる事ながら価格もですから、国内は厳しいのじゃないでしょうか。どこだか忘れましたが、スッポンの養殖に変えたところが有るようです。道頓堀は映像の「騙し」ってヤツでしょうか。テレビ塔とか城とか橋とかで印象を植え付けるのが全国に色々ありますよね。

駅直結のダイエーは楽ですね、私も飛び込みます(笑)。船に乗ったら夕刊ですか、ん~む。画像が無いので判断付けられませんが、エントランスとの区切りのドアに「水切り?」の立ち上がりが無いと言う事は、エントランス周りと併せて考えると静水面の航行と分かりますね。九州航路には「ステイ」が多いようですね、今は違いますが4時半に着いて降ろされると……。

名称が分からないのですが、岸壁から垂直に立ち上がって船腹に緩衝材をあてる構造物が有りますよね。思い出せない昔に、着岸を陸から見ていたら船腹をこれに「ギューギュー」音を立てて操船していたのですが、ハデに音を立てるのはどうやら間違ってますよね。新日本海フェリーでは聞いた事が無いのです。

No title

焼きたてパンとスープのセットを朝食で頂いてみたいです(笑)
晴れた夕方に橋を見ながら移動するのは格別ですね.

ダイエーホークスとして福岡にやってきたのが大学生のときでした.
一度だけ応援に行った記憶がありますが,そのときも負けたんではなかったかな?と思います.
メガホンを買っていたのですが,引っ越すときに捨ててしまったみたいです.
記念にとっておけばよかったかな?

No title

追加です。興味を持って、阪九フェリーのHPを開いて見たのですが、出来がよろしいですね。案内やら、細かいところの作りが違うように思いました。それに、短い距離とは言え、無料送迎バスとは。ただ、私だと新門司に着いてから先が思いつきませんでした。

ふと、疑問を持ちウイキで九州を検索して納得しました。細かく読んでないし、詳細は省きますが生産額で比べると世界から25番目の国に相当するとか。逃げ出した、もとい、撤退した企業が有るので最新では少し減ってるでしょうが、結構な額です。
なので、フェリー航路も沢山有って存続しているのですね。

Re: No title

あきらさん、こんにちは。

阪九フェリーのワンコイン朝食は美味しいですよ。
スープとパンのセットも食べたこともあります。
ブッフェ形式だと業務用食材なのを分かっているのに食べ過ぎて後悔した思い出ばかりなので、最近はこれで十分と思います。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

阪九フェリーと名門大洋フェリーなんかは航路がほとんど一緒だし、高速道路と並走しているし、経営も大変じゃないかと思います。
北九州と大分を結ぶ高速道路も計画されているのですが、その時はフェリーさんふらわあと三つ巴(四つ巴?)の戦いになるかもしれません。

宮崎、鹿児島あたりだとさすがに高速道路一本でつながっているとはいえ、貨物輸送の点では地形的にもフェリーの方が有利なのかもしれませんね。

No title

JRから南海に乗り換えるなら新今宮駅が絶対に便利。
そもそも新今宮駅はそのために国鉄と南海が協力して開業した経緯が。

このことは、なぜか昔から地元でしか知られていません(乗り換え駅であることを地元では宣伝するまでもなく
広く知られていますが、そのわりに他地方の人には両社とも宣伝していません。JRは和歌山方・関空方面にはそのまま
JRに乗ってほしいし、南海は関連商業施設のある難波に寄ってほしいし・・・という思いがあるのかな?)

Re: No title

グレープフルーツさん、こんにちは。
グレープフルーツさんはmansei3さんのホームページで以前やり取りをしたグレープフルーツさんでよろしいでしょうか?

県外者の自分にとってはこんな便利な駅があるとは知らなかった!と思ったのですが、宣伝もあまりしない理由もなるほどと思わされます。
個人的にはちょっとレトロな連絡駅の風情を感じて好印象でした。

ところで新日本海フェリーの旧すずらんに動きがあったようですね。
大好きな船だったので、日本国内に残ってくれたらうれしいと思っています。

No title

U-BOATさん、こんにちは。
そうです。mansei3さんのサイトに出入りしている(していた?)グレープフルーツです。
昨年末から体をこわして、ごぶさたしていました。ぼちぼち趣味関係の出撃にも支障がなくなりそうなくらい
体調も回復してきましたので、その節にはまたお世話になります。

Re: No title

グレープフルーツさん、こんばんは。
お互い体を大事にしましょうね。
20代までは少々不摂生しても健康はおまけでついてきますが、年を食ってきたら維持するものになってきます。
私は毎朝6キロくらい走ってカロリーを消費して、旅先で乗る船の中の暴飲暴食に備えていますw

船旅の旅行記は毎月登場するようにしていますので、楽しみにしていてください。

No title

U-BOATさん、こんばんは。
健康が当たり前、と考えるのは大きな間違いと痛感している毎日です。
すずらんはどこに行くのですかね?国内ならBESTだし、近隣国の乗りやすい
ところならそのうち乗りに行っても、と思います。

mansei3さんのサイトでも書きましたが、JR・地下鉄乗換には弁天町駅もお試しを。
他にはJR・近鉄乗換に鶴橋駅も。

JR大阪駅と阪急・阪神・地下鉄各梅田駅、JR・地下鉄天王寺駅と近鉄阿倍野橋駅はともかく、
近鉄上本町駅と地下鉄谷町九丁目駅、JR野田駅と地下鉄玉川駅、JR天満駅と地下鉄扇町駅、
JR新今宮と地下鉄動物園前駅
が至近距離の乗り換え駅であるのもかかわらず全然違う駅名にするのはいいとしても、
乗り換え駅であることを全く宣伝しないのはどうかと・・・(興味があればグーグルの地図サイト等で見て下さい)。
いくらJR・私鉄・大阪市交通局の激戦地であるにしても。
各社ライバル意識・競争意識を出して、車両・スピードのサービスが良好なのは(関東地方等と比較して)
知られていますが、こういう弊害もあることも。。。

Re: No title

グレープフルーツさん、おはようございます。

お互い体は今日から大事にしなおしましょう!
今回新今宮駅で乗り換えたのはヤフーの路線検索でたまたま見つけたわけだったんですが、時間帯によってはグレープフルーツさんの挙げた乗換えルートが出てきます。
お互いがまるで違う駅名だったので利用したことは一度もありませんが、ライバル同士の顧客獲得のためと思うとなるほどと思いますた。

ところで私のブログはもともと3年くらい前になくなってしまったホームページの掲示板に投稿しているうちに自分でもブログをやってみようと思い立ってはじめたものです。続けられるかどうか不安でしたが、とうとう4年目に突入しました。
船ヲタブログと言ってもどちらかといえば観光旅行に重きを振った内容ですので、まずい内容などがあったら遠慮なく指摘してください。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR