FC2ブログ

Mercedez Benz W116 280SE ダッシュボード光量調整

130801-1.jpg
題目の通りです。

130801-2.jpg
私の車も当然ダッシュボードの光量調整は出来るはずなのですが、3年位前から光量調整が出来なくなりました。
写真の黄色で囲ったノブを左右に廻すことによって明るくしたり、暗くしたりできるはずですが、うっかりちょっと触ったら真っ暗になるし、中途半端に明るさの程度の光量の一択状態でした。
それではまずスピードメーターなどが入った計器類を外すことにしましょう。




130801-3.jpg
・・・実はこの当時のベンツは計器は差し込んであるだけ。
両手でこじればこのように持ち上げることが出来ます。

130801-4.jpg
右手側のほうを多めに持ち上げます。

130801-5.jpg
そして右側から各種配線を外していきます。

130801-6.jpg
こんなことで簡単に外せてしまうのです。

130801-7.jpg
外した後の写真です。

130801-8.jpg
このように覗き込んでみてみるとエアコンのエクスパンジョンバルブが見えます。(黄色のまるで囲ったところ)
多分バルブのつまりによるエアコンの故障のときはここからアプローチするのではないかと思います。

130801-9.jpg
という事で本題に戻ります。
ダッシュボードの光量の調節はこの部品で行っているのだと思います。

130801-10.jpg
外してみると、ありゃりゃ、かしめてあるようです。分解できません。

130801-11.jpg
という事で、接点賦活剤の登場。

130801-12.jpg
部品は分解できるようには出来ていませんが、接点賦活剤を吹き込むことができるくらいの穴は開けてありました。
シューシューやって、ノブを左右にコチョコチョ動かしてみます。

130801-13.jpg
そしたら後は外すときとは逆に左側から組んでいきます。

130818-51.jpg
1番明るい状態でこれ。

130818-52.jpg
1番くらい状態でこれ。無事修理することが出来ました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR