FC2ブログ

シチズン クオーツドレスウォッチ Cal.1002Aの修理

130718-1_2013080616012814a.jpg
ジャンク品で買った時計の中にこんなものが入っていました。
恐らく1980年代頃のシチズンのドレスタイプの時計です。カクカクしていて結構シンプルな感じにしているのがいかにも80年代と言う感じがします。





130718-2.jpg
裏蓋を開けてみるとこんな感じ。
女性用のクォーツの機械が入っていました。

130718-3.jpg
薄型であることもあるのですが、日常生活防水程度の防水機能しかなさそうです。

130718-4.jpg
私の人差し指と比較してこのくらいの大きさ。
随分と小さいですね。

130718-6.jpg
それでは分解に入ります。
まず回路を外してから、コイルも外します。

130718-7.jpg
それから機械を表側にひっくり返して、竜真の押さえ部分も外してみました。
理由は簡単、ルーペでよく見てみると輪列の軸受けの一部が表側に回り込んでいるように見えたので、ついでに外してみただけです。
以前にも書いたと思いますが、クォーツ時計は回転トルクが非常に小さいので僅かな汚れで抵抗が出来ても動かなくなります。
中途半端に分解して後で泣きを見たくなかったからです。

130718-8_2013080615593596b.jpg
・・・と言う事でバラバラにした状態です。
比較検討用に1円玉をおいています。(1円玉の直径は2センチちょうどです。)

130718-9.jpg
では、組み立てに入ります。
先に竜真の固定部分を組んでおきました。

130718-10.jpg
輪列とステップモーターを組みます。

130718-11.jpg
こちょこちょこちこちょやって、ようやくすべての輪列をホゾに入れることが出来ました。
クォーツ時計はそんなものです。ちょっとしんどいと思います。

130718-12.jpg
後は回路を組み・・・

130718-13.jpg
文字盤と針を取り付け・・・

130718-14.jpg
出来上がり!
クオーツ時計は組むのは多少しんどいけど、動いてしまえば後の調整は殆ど要りません。
この時計も無事復活しました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

お、かっこいー。瞬間。
感じます。

Re: No title

サッピエロさん、こんにちは。

体調良くなったようですね。この時計は80年代に流行った感じのデザインですね。
時計の流行も大きいものが流行ったら次は小さくなり、を繰り返すので、そのうちまた小さめの薄い時計が流行るかもと思っています。

No title

ビックフェイスは苦手ですので小ぶりで薄てなら歓迎です。

たまに、時計をノゾイテいこうと思います。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR