FC2ブログ

平成25年7月 フェリーさんふらわあ 南九州航路弾丸フェリーの旅 後篇

この記事はこちらからの続きです。



130727-68.jpg
志布志港に到着しました。

130727-69.jpg
徒歩客の人は殆ど乗船してしまっているようで、待合室は空いていました。




130727-70.jpg
往路かもめフェリーターミナルで発行してもらったクーポン券です。

130727-71.jpg
改めて正式なチケットを発行してもらいました。

130727-72.jpg
それでは乗船です。

130727-73.jpg

130727-74.jpg
こうやって見てみるとビルの1階から3階までエスカレーターで昇るような感じだから、本当に楽だよ。

130727-75.jpg
復路は乗客はそれほど多くは無いようなのですよ。

130727-76.jpg

130727-77.jpg
復路の寝台はインフォメーションのある階の船首側のほう。
往路は1階上でした。

130727-78.jpg
6人部屋の区画なんだな。

130727-79.jpg
やれやれ。
これで一安心。鹿児島市内から志布志フェリーターミナルまで最低でも2時間で移動しなくてはならなくて、この辺のスケジュールが一番タイトでした。

130727-81.jpg

130727-80.jpg
荷物を下ろしたところでちょうど出航10分前の銅鑼が鳴りました。

130727-82.jpg
デッキに出てみると・・・

130727-83.jpg

130727-84.jpg

130727-85.jpg
見送る人は殆ど居ないけど、紙テープ投げのサービスが・・・

130727-86.jpg
往路のときと同じように風に煽られて・・・

130727-87.jpg
船側に舞い上がり・・

130727-88.jpg

130727-89.jpg
出航となりました。

130727-90.jpg
見送って手を振っているのはフェリーさんふらわあの職員さん達です。

130727-91.jpg
そういえばレンタカー屋のオヤジは営業所に私を連れて行く最中「今日は志布志の花火大会があるんです。」とか言っていたな。

130727-92.jpg
これじゃとても見えるはずも無いのだけど、多分間がもたなくて一生懸命何かを喋ろうとしていたのだろうな。
多少のトラブルも旅の思い出だ。
印象は悪く無いからまた使おう。

130727-93.jpg
腹が減ったな。今日はお客さんが少ないよう。入場制限はおろか、レストラン前の行列も無し。


130727-94.jpg

130727-95.jpg
サマー!(笑)

130727-96.jpg

130727-97.jpg
ここのレストランの特徴は最後のほうに割りと良い食材を置いてあること。
うっかり最初にたくさん取り過ぎないほうが良い気がします。

130727-98.jpg

130727-99.jpg
デザートもそれなりに充実しているしね。

130727-100.jpg
今回もうまい具合に窓際の席が確保できました。

130727-101.jpg
と言うわけで、今夜のディナープレートはこんな具合。

130727-102.jpg
業務用カツオのたたき。(往路は業務用サーモンでした。)

130727-103.jpg
麻婆豆腐。(往路はエビチリでした。)

130727-104.jpg
焼き茄子。

130727-105.jpg
そしてメインディッシュはこんな感じ。
左手より黒酢酢豚と焼きチャンポン。真ん中辺りに野菜と海鮮カルパッチョ、それから肉じゃが。右手には正体不明の三角形の揚げ物1個。
この航路の海鮮カルパッチョと肉じゃがはなかなか良い味付けです。ちゃんと往路と復路でメニューを変えてくれるし、そんなことをしてくれると乗船するのも楽しみになってきます。

130727-107.jpg
それから往路はチラシ寿司を食べましたが、復路は夏野菜カレーを食べました。
夏野菜カレー!とか言っても普通の業務用カレーにオクラ、パプリカ、カボチャを別にトッピングしてあげるだけなんですけどね。
しかしカレーも甘口と辛口の2種類用意してくれているし、私は辛口のカレーにタバスコを追加して食べましたが、酸味のある辛さになって美味しかったです。

130727-108.jpg
デザートもしっかり食べましたよ。

130727-106.jpg
一般旅客の皆さんも楽しそうなのよね、結構お替りをしていました。

個人的にはフェリーのレストランでビュッフェ形式を採用しているところでは非常に好きです。
評価の低いところは・・・・自己規制のため略。

130727-109.jpg
ご馳走様でした。

130727-110.jpg
食後外に出てみると・・・

130727-111.jpg

130727-112.jpg

130727-113.jpg
良い感じに日が暮れて来ていました。
やれやれ、寝台に戻ろうか。

130727-114.jpg
・・・と思って歩いていくと、1つスタンダードルームが開放されていました。

130727-115.jpg
なんだろうと思って覗いてみると・・・

130727-116.jpg
くまモン部屋でした。

130727-117.jpg
いろいろ趣向を凝らしているんだね。

646299016_2013080113245833e.jpg
個人的にはこんなシュールなポスターを作って部屋の中に飾っておくと幅広い年齢層から笑いが取れて良いと思いますが、いかがでしょうか?


130727-118.jpg
・・・と言う事で寝台に戻って時計を見たらまだこんな時間。午後8時にもなっていないのですが・・・

130727-119.jpg
力尽きて寝てしまいました。













130728-1.jpg
・・・と言う事で翌朝です。
往路と違って本当にぐっすり寝ました。空調も暑すぎず、寒すぎず、どのくらい良く寝たかと言うとぐっすり寝すぎて首を寝違えるくらいでした。    伝わったかな?

130728-2.jpg
首いてー・・・

130728-3.jpg
首のあたりをさすりながら外に出てみると・・・

130728-4.jpg

130728-5.jpg
これだけ海が穏やかだからもう和歌山県沖だろうな。

130728-6.jpg
今回は本当に天候に恵まれました。
往復とも殆ど船の揺れを感じないほどでした。

130728-7.jpg
往路でもしたけど、ネチネチと船内探索w

130728-8.jpg
ちょうどインフォメーションもオープンしたところのようです。

130728-9.jpg
ネット上だか、新聞だか忘れたけど、弾丸フェリーでの集客は非常に好調なのだそう。
インタビューに答えた船会社の人は「儲けが無いけどフェリーの認知度をアップするのに貢献している」なんて言っていたけどね、個人的には10000円強で九州行きの往復の交通費と宿泊がペイできて相当のインパクトだと思うのです。
従来のフェリーのユーザーがこちらに流れているのではなくて、確実に新規顧客を獲得出来ていると思うんだな。

130728-10.jpg
さて、こんな時間になったから・・・

130728-12.jpg
朝食だぜぃ。

130728-11.jpg
オープン直前にもよおしてしまってトイレで大きいほうをしたから出遅れたぜぃ。

130728-13.jpg

130728-14.jpg

130728-15.jpg

130728-16.jpg
朝食は600円だから品揃えもそれなりのよう。
まさかソーセージはあるけどハムが無い!なんてクレームはさすがに駄目だろう。

130728-18.jpg
ラッキーだ。今回も窓際を確保できたぞ。

130728-17.jpg
という事で、今日のわたしの朝食プレートです。
適当に彩りも鮮やかだし、美味しかったです。

130728-19.jpg
パンも桃の缶詰も食べたしね、ご馳走様でした。

130728-20.jpg
食後再び外を見ると・・・

130728-21.jpg
大阪南港は直ぐそこのようです。

130728-22.jpg

130728-23.jpg

130728-24.jpg
着岸だー!

130728-25.jpg
首尾よく下船だー!

130728-26.jpg

130728-27.jpg
あっちー!!

130728-28.jpg
・・・と言う事で約10分くらいバス停で待って乗り合いバスに乗車。

130728-29.jpg
最後の写真は浜名湖あたり通過中のもの。往路と全く逆の乗換えをして浜松に帰りました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

発券機がドットインパクトプリンターですね、感圧紙だし機器メンテも……。
おや、乗船日の看板?、一枚目は27日、二枚目は28日。なんのことはなく、翌日に撮ったのでしょう。
「生」の銅鑼とは珍しいですね。客室で寛いでる時に外デッキを歩いて鳴らしていたのを覚えてるのですが、航路も時期も記憶の外です。
グーグルマップで見たのですが港湾施設としては結構な規模に見えました、沖縄航路のせいでしょうかね。沖合いの島に「植物園」が有るようなのですが、地勢的に面白そうです。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。

日付の件、よく気付きましたね。
この航路は船もそれなりに古くなっているし、まだ有料道路もつながっていないし、宮崎カーフェリーと比べたらちょっと劣勢なのかもしれません。
今回の弾丸フェリーを利用した旅行は楽しかったですよ。
秋田利用さんも北海道から鹿児島まで遊びに行ってみてくださいね。

乗船記念の日付当日に大阪ATC停泊のさんふらわあこばるとの船内見学会に参加していました。ニアミスだった?かもしれませんね。さんふらわあ別府航路のビュッフェもなかなかおいしいですね。とり天がでたりして充実していましたよ。弾丸クルーズもどきをしたのですが、帰りのレストランで【行きとメニューは変わってますよ】と声をかけられたのには赤面でした…。。秋になったら温泉巡りを兼ねてまた利用したいです。もちろん弾丸で\(^-^)/

No title

くらぶさんふらわあに入会したので近々乗ってみたいです。

一人で乗られている記事は何だか違和感ありますよ。w
ボートさんの乗船記は特等+お嬢さんのイメージが有りますから。

Re: タイトルなし

あきらさん、お久しぶりです。

今回の弾丸クルーズでは往復とも一緒になった人がそれなりに居ましたよ。
さんふらわあトラベルが企画した旅行の人たちもいましたが、バイクでツーリングをしに行った人たちもいたようです。
船内2泊のツーリングに利用したのでしょう。

別府航路のレストランがビュッフェ形式に変更されてからはまだ利用していません。
仮に業務用食材ばかりでも美味しくなるような工夫を凝らしてくれているならこちらもうれしくなりますね。
私も弾丸クルーズを利用して別府の温泉巡りをする計画を立てていますよ。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

たまには一人でぶらぶらしますよ。
一人の時はさすがに不必要なぜいたくは控えます。
特等を使うときは子供と嫁さんがセットです。いつの日か万一嫁さんにこのブログの存在がばれたときに嫁さんの写真を盛大に載せていると怒られるに決まっているから極力出していないだけです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR