FC2ブログ

平成25年7月 フェリーさんふらわあ 南九州航路弾丸フェリーの旅 中篇

この記事の続きはこちらからの続きです。




130726-64.jpg
船が出港しました。

130726-65.jpg
レストランは混み合っているようだし、先に風呂に入ろう。
大浴場も芋の子を洗う状態だろうな。




130726-66.jpg
・・・と思って入ってみたらちょうどタイミングよく誰もいなかったです。
すぐに誰か入ってきましたけどね。

130726-69.jpg
風呂から上がって・・

130726-67.jpg
暇つぶしに・・・

130726-68.jpg
何も買わないけど売店見学w

130726-70.jpg

130726-71.jpg
割と実用的な品揃えなんですけどね・・・

130726-72.jpg
くまモンのグッズなんてものがありましたぜ。

くまモンは人気があるようですね。
ゆるキャラは適当にかわいい方が人気も出るな。









121004-2.jpg
写真は北海道のメロン熊と言ういわゆる「ゆるキャラ」なのですが、こちらはまるで人気がありません。(インパクトはあるけど)

P4170004.jpg
したがって、こんなんだったり・・・・

be28431ff7a8925ac0d71bc78aabaae17abc7da5_55_2_9_2.jpg
こんな事をして知名度向上を試みているようです。

130726-73.jpg
暫く売店で暇をつぶしたのですが、船内放送で「レストランが満員で入場制限を行っています」と繰り返していてなかなか空きません。

130726-74.jpg
はー、腹減ったなぁ。

130726-75.jpg
寝台に戻って横になってうだうだしたり、時計の秒針が回転したりするのを眺めたりしているうちに午後7時15分くらいになりました。
そろそろ空く頃だろうと思ってレストランに向かうと・・・

130726-76.jpg
ちょうど入場制限が解かれたタイミングで入ることができました。

130726-77.jpg
しかしまだまだ多い、多い。

130726-78.jpg
でも、テーブルは空き出したようだ。
晩ご飯にありつけるぞ。

130726-79.jpg

130726-80.jpg

130726-81.jpg

130726-82.jpg
ちょうど良いタイミングで自分がいろいろ食材を選んでいる間に窓側のテーブルが空きました。

130726-83.jpg
レストラン内全体も空いてきたようです。

130726-84.jpg
・・・と言う事で私の今夜のディナープレートはこんな具合。

130726-85.jpg
左側から豚の角煮、鶏の照り焼き、中央上部が野菜、下部にキムチと鶏の手羽2本、右側にはシュウマイ1個に焼き茄子2本です。

130726-86.jpg
それからエビチリソース煮。

130726-87.jpg
業務用サーモンの刺身。

130726-88.jpg
チラシ寿司。
どれもこれも業務用食材なんでしょうけどね、味付けが良くて美味しかったです。

130726-89.jpg
こちらは(多分カボチャの)冷製ポタージュスープ。
これはちゃんと温めて出した方が良かったような・・・

130726-90.jpg
デザートは杏仁豆腐とスイカ、パイナップル。それから抹茶のケーキ。
スイカは新鮮だし、抹茶のケーキはケーキとビスケットの中間のような食感でしたが美味しかったです。

130726-91.jpg
ご馳走様でした。

130726-92.jpg
食後外に出てみると既に真っ暗。

130726-93.jpg
今回は部屋を取っているわけでは無いのでさっさと寝台に帰って寝ることにしました。


















130727-1.jpg
翌朝です。
昨晩はぐっすりと・・・・眠れませんでした。
夜中室内が乾燥して目が覚めてしまい、丁度そのとき下着姿のおっさんが突然私の寝台のカーテンをシャッと開けてきたのでびっくりしました。
どうやらその人はトイレに行ったら自分の寝床が分からなくなったようですが、私にはその手の嫌な思い出があるから(詳細はこちらをクリック)そういう攻撃はやめてくれい。

そんなことがあると目がさえてしまい、午前3時過ぎまでずっと眠れなくなりました。

130727-2.jpg
まぁ、良いや。寝台でぼんやりしていてもしょうがないからデッキに向かおう。

130727-3.jpg

130727-4.jpg

130727-5.jpg
今日は快晴、多少寝不足かもしれないけど、気持ちが良いよ。

130727-6.jpg
船の位置は大体このくらい。

130727-7.jpg
午前7時には朝食営業時間になったのですが、あっという間にこのくらいの行列が・・・
何となく空腹ではないし、以前律儀に毎回の食事を食べようとして、最後の夕食が食べれなくなった思い出がある(詳細はこちらをクリック)からセーブしておこう。

130727-8.jpg
デッキをうろうろ・・・

130727-9.jpg

130727-10.jpg
日が高くなると共にジリジリと暑くなってきたから寝台に戻りました。



130727-11.jpg
そして再びこの時間になってからデッキへ。

130727-12.jpg
志布志湾内に入ったようです。

130727-13.jpg

130727-14.jpg

130727-15.jpg

130727-16.jpg
どうやら天気予報どおり鹿児島は曇りがちでいそう。

130727-17.jpg
この日は潮流の影響で着岸は午前9時5分、定刻より10分後れになるのだそう。
この時間に荷物を寝台から持ち出しました。

130727-18.jpg
寝台に掛けておいた昨晩の入浴に使ったタオルもからからに乾いていました。

130727-19.jpg
お疲れ様でした!

130727-20.jpg
この航路はトラックドライバー、一般乗用車ドライバー、徒歩客などで下船時間を区切っているのです。
おかげで早くから公室エリアに集まっていつまでも待ちぼうけを食らう必要が無いのです。

130727-21.jpg

130727-22.jpg
約9時間後には再びここに戻るぜぃ。

130727-23.jpg
今回は志布志航路を徒歩で使うためにレンタカーを予約していました。

フェリーさんふらわあのホームページでもレンタカー屋の紹介がされていたので、予約時にそのことについてお伺いしてみました。
そうするとフェリーさんふらわあ南九州航路担当の電話番のお姉ちゃんは意味が分からないようで「ちょっと待ってください。」と誰かに聞いている様子。
暫くして「志布志港のターミナルからニコニコレンタカーと言う会社が営業所まで送迎をしてくれるそうです。」と返事がありました。
そこでニコニコレンタカーに電話をするとこの日は予約で一杯とのこと。
しまったな、と思ってもう1つの志布志中央レンタカーと言う会社に電話をしたらこちらは予約可能でしかもフェリーターミナルに車を置いているとのこと。



・・・・・








おい!フェリーさんふらわあの姉ちゃん!!
しっかりしてくれい!!!(苦笑)



実は弾丸フェリー切符では車両積み込みも格安の料金設定ではあります。
ツーリストベッドの往復切符込みで3万8千円です。大雑把に差額2万6千円払えば5メートル程度の乗用車の往復料金が賄えるのですが、レンタカーを借りれば軽自動車であれば1日3800円。
しかも平成25年7月の時点で助成金が付いて往復フェリー利用の私は総額1800円で借りることが出来ました。
南九州航路に限っては鹿児島市内行きのさんふらわあーライナーというバスを使っても市内まで2時間以上かかるし、復路は午後3時前に鹿児島市内を出発になるから滞在時間も極端に短くなります。したがってレンタカーを借りるのが一番現実的です。

んで、借りたのはマツダキャロル。




Mazda_carol360.jpg
こんな初代キャロルかなぁ…(絶対無い)

800px-Mazda_Carol_001.jpg
ひょっとしたらバブルのころに復活したこれかなぁとか(学生時代乗ってみたかったなぁ)想像したのですが…







なんとダブルブッキングさせていて私の車が無い!!

ちょ、ちょ、ちょ!困る困る!!何とかして!!!と言うと・・・

130727-24.jpg
営業所まで一緒に連れられていって、程よく古いトヨタのこの車を軽自動車料金で借りることが出来ました。
火山灰で汚れているから今から洗車をしますとか言っていたけど、もうすでに時間のロスがあるからそのまま出発しました。

130727-25.jpg
はー、良かった。とりあえず、最初の目的地のここに行こう。
火山灰で汚れた車っつーのがいかにも鹿児島らしくて良いじゃないか。

130727-26.jpg
んー、気持ちが良い道路だねぇ。
レンタカーに本来付いていたナビとラジオは壊れて動かないけど。

130727-120.jpg
ETCなんかこんなにでかいよ。
電源を入れたら冷却用のファンが回り出すETC装置なんて初めて見た。

130727-27.jpg
しかし何となくいかにも南国といったイメージだ。

130727-28.jpg
錦江湾沿いの道を走るの図。
この木はこの旅行の時(詳細はこちらをクリック)に見た木だ。何となく印象に残っているぞ。

130727-29.jpg
そうこうしているうちに海潟温泉に到着。
小さな漁村のその中の江ノ島温泉と言う共同浴場の案内看板を見つけました。

130727-32.jpg
何ともイナセな外観ですw

130727-33.jpg
中はなんと嬉しいことに無人。
程よい湯加減だし、夏場は上がり湯用に水風呂もあるし、とても気持ち良く入浴できました。

130727-30.jpg
共同浴場の駐車場からは錦江湾を目の前に臨むことが出来ます。

130727-34.jpg
桜島には随分と雲がかかっているなぁと思ってよく見たら、噴火しているのね。
この辺の人は年から年中噴火している火山を見ながら過ごしているんだなぁ。




130727-35.jpg
温泉から上がったら、一路鹿児島市内を目指します。
ちなみに写真に写りこむ右側の白いものは心霊・・・ではなくて、先ほどの入浴のときに使ったオレンジフェリーのタオルです。

130727-36.jpg
詰まらん事を言ってすまなかった。この写真だとカモメのマークが見えるね。

130727-37.jpg
そして向かう先は桜島フェリーの桜島側のターミナル。

130727-38.jpg
有料道路の料金所のような感じの切符売り場?を通過。
写真で分かるように火山灰でこれだけ汚れているのです。

130727-39.jpg
そして、誘導員の方の案内に従ってそのまま船に乗船。

130727-40.jpg
既にこれだけの車両が居るのですが・・・

130727-41.jpg
私が止めた後にも次々と車がやって来ました。

130727-42.jpg
隣にも出港準備中の船。

130727-43.jpg
西側(鹿児島市方面)を見ても・・・

130727-44.jpg
あちらから船がやってきています。

130727-45.jpg

130727-46.jpg

130727-47.jpg
気が付くと私の乗っている船は車両一杯の状態で・・・

130727-48.jpg
出航!

130727-49.jpg
ガロロロロッ・・・

130727-50.jpg
ガロロロロロロッ・・・・・!と言う感じ。

130727-52.jpg

130727-51.jpg
気持ちが良いねぇ。

130727-53.jpg
売店が気になるねぇ。
朝食を食べなかったし、こんなんを見るときになってくるねぇ。
でも、僅か15分の乗船時間だし、我慢しようかなー?

130727-54.jpg
・・・と思ったけど、買ってしまいました。

130727-55.jpg
前方には既に鹿児島側ターミナルが見えているのに・・・
ついさっきせっかく温泉に入って汗を流してさっぱりしたのに、もう潮風を全身に浴びてネットリしてきたよ。

130727-56.jpg
あう、あう、反航を見逃した・・・

130727-57.jpg

130727-58.jpg
・・・と言う事であっという間に鹿児島側ターミナルへ入港。

130727-59.jpg
車に戻り・・・

130727-60.jpg
首尾よく出発。

130727-62.jpg
目指す場所は鹿児島中央駅付近のこちらなのですが、何とか2時間弱の自由時間が出来たぞ!

130727-61.jpg
・・・と言う事で鹿児島中央駅併設の大きな専門店街?デパート?に入りましょう。

130727-63.jpg
お、あった!

130727-64.jpg
せっかくの鹿児島出張だからこれが食べたかったのよね。
南国白熊です。
きめの細かいカキ氷に練乳がたっぷりかかっているのですが、全体的にはさっぱりとした感じで美味しゅうございました。

130727-65.jpg
そしたら、約2時間の仕事を終えて志布志港フェリーターミナルへ。
東九州自動車道を走る走る。
夕方4時きっかりまで仕事をして、それから夕方6時半志布志港出航のフェリーに乗らないといけないから焦りました。

130727-66.jpg
レンタカー返却の前に志布志市内でガソリン補給の図。

130727-67.jpg
この時間には・・・

130727-68.jpg
何とか間に合いました!!



この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

今回の記事は長編ですね。

最近お写真が綺麗ですが何かあったのでしょうか。
桜島フェリー乗られてのですね。うどん食べてみたいです。

くまモンは何気におれんじ8にもいたりします。
今治のキャラはバリィ君のはずですが。
メロン熊、ああ見えて人気があるのですよ。
近所の北海道フェアでも見かけました。

しろくまウマそうですね。コンビニの棒アイスでしか
食べたことがないですが好きです。

ホモ。。。昨年12月せっつの風呂場でホモと一緒になりました。
かる~く船酔いしますた。

No title

「メロン熊」、ユルキャラ投票イベントのベスト20?に入っていたような。道東道が直通しましたから、出稼ぎしないと苦しいのでしょう(謎)。
濡れお絞りはボタンを押すと出てくるのが良いと思うのですけどね。捨てられると…。
仕方ないのかも知れませんが、小袋調味料は好きになれません。

私はエロ本コーナーで触られた事が有ります(粟)。ネットが無い頃なので十数年前でしょう、ブルブル震えている手にビックリして逃げ出しました(笑)。
BOATさんが乗った船は違うようですが、車両甲板が二段の船も有るようですね。ちょっと驚きですがETCには……。
フェリーターミナルのネエチャンはもしかしたら派遣? 基本を知らないようじゃ怪しいですよね。志布志は交通の便が…、レンタカーと提携したら利用が増えますよね。かのサイトで少し知っていたのですが、片道利用での交通機関を調べて驚愕したのでした(爆)。

No title

こんにちは。

BOATさんの写真でもってしても、夕食バイキングは見劣りしますね。
貧素なバイキングほど、遅れて行ったら残り物を食べてる感じでうんざりします。あとから行ったら、800円とかだったら納得するかもしれません。

貨物仕様のオレンジホープの方が美味しそうに見えますよ。(笑)

志布志は、個人旅行では使いにくいので、なかなか乗る機会がないです。


さんふらわあ11 (初代さつま)も、フィリピンで沈没しています。
台風等の気象条件もありますが、使い方が違うように思います。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

写真が奇麗に見えるのは、以前は他人の視線を気にしてコソコソ撮っていたのに最近は開き直って堂々と意識を集中させて撮っているのが原因かもしれません。
カメラは変わっていませんよ。

くまもんとメロン熊は例え方が違うかもしれませんが、美川健一とコロッケのように持ちつ持たれつになるといいですね。
「しろくま」は鹿児島市内の喫茶店はどこでも結構出してくれるようです。
練乳をかけているのにさっぱりしていて、サクサクして美味しかったです。

ホモの方でも新興宗教でも近所の人に迷惑をかけなければ別に何とも思わないのですが、たまに羽目を外してくる方がいらっしゃるので困りますね。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。
スウォッチの時計はデザイン重視なので、非常に醜いですね。この旅行記を作っているときに改めてそう感じました。
調味料の小袋は素人から見ると無駄が多いように感じますが、あちらのほうが低コストなのでしょうか?

志布志港下船後の交通アクセスは非常に悪いですよね。
徒歩客のために地元資本のレンタカー屋さんが港で貸出しているのは非常に良いと思います。
宮崎カーフェリーも弾丸フェリーに対抗して日帰りプランを用意していますが、料金はやや高めに設定しています。たぶん一般旅客は宮崎カーフェリーのほうがしっかり獲得しているという自信があるのかもしれませんね。

Re: No title

ゆうなぎさん、こんにちは。

志布志港では地元資本のレンタカー屋さんが出張して車を貸出してくれています。
たぶん事前に予約する必要があるとは思いますが、これを利用すると大隅半島の観光はしっかりできると思います。
軽自動車なら1日3800円だし、かなり経済的だと思いました。

ちなみに船内レストランの写真ですが、私が撮った時はたまたま量が少ない時だっただけで、見ているとどんどん追加していましたよ。
あからさまに補充をセーブしているのがわかるとがっかりしますが、個人的には南九州航路の船の食事は美味しくて好きです。

フィリピンでは元日本の会社のフェリーがたくさん活躍しているようですが、沈んだ船が多いのは何とも…といった感じです。

南国白熊

書き忘れてました(笑)。鹿児島行を考えたのですが、フェリーに乗る前にはこれと「砂蒸し」が入ってます。LCCだと乗り継いでも費用の安さに愕然としました、但し二ヶ月前が原則。急なキャンセルや気象を考えると、安直な計画は立てられません。まっ、夢かな。

「むじゃき」だと本家ですね。経済系の番組で見たのですが、真夏で忙しくなったら「テイクアウト」を増やす(対応?)のだとか。テレビ番組の恐ろしさ(謎)ですが、20年も前に見知ったのでした。
洗面器に乗ったようなサンプルは売り物のサイズなのでしょうか?
「雪印」がタワーみたいなアイスクリームパフェを出してますが、お値段は確か1万円。年に幾つか売れると聞いてます、食べるのはグループでですが(笑)。笑い話でなく、一人で食べたら多分死にます(低体温)。
書き忘れた割には長くなっちやいました。

Re: 南国白熊

秋田利用さん、おはようございます。
砂蒸し風呂なら別府にもありますよ。
フェリーさんふらわあで別府港から降りてすぐのところですよ。

ご指摘の通り私も「むじゃき」で食べました。本店は市内の繁華街にあるのですが、駅地下食堂街にも視点がありました。どこでもよかったのですが、たまたま最初に発見したのがここでした。
食べたのはテイクアウト用ですよ。
待ち客が大勢いたので、店内で食べると仕事に間に合わないと判断しました。
巨大な「しろくま」は注文が入ると売る側も困るでしょうね。

おはようございます。
今回から1951を外しまた(笑)
今日、お昼頃、阪九フェリー「つくし」が関門海峡を通航します。
家から、歩いても15分くらいで見に行けますが、生憎の雨
六連島の手前で折り返し
HPに出ていなかったので、予行航海みたいです。
実施の時は是非、乗船予定す(汗)

Re: タイトルなし

けんちゃん(今度から1951がはずれる)さん、こんにちは。

私はフェリーのショートクルーズはちょっとお値段が高い印象があって使ったことはありません。
しかし関門海峡の操船は迫力がありますね。
松山―小倉フェリーが毎日2回やっているのでもう1度乗りなおしたいです。

ちなみに阪九フェリーの「やまと」「つくし」のレストランに出てくるワンコイン朝食はお勧めですよ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR