FC2ブログ

平成25年7月 フェリーさんふらわあ 南九州航路弾丸フェリーの旅 前編

130726-2.jpg
ここは浜松駅の改札を通ったところ。

130726-1.jpg
時間はこのくらい。
今回はフェリーさんふらわあの企画切符である「弾丸フェリー」を使って南九州航路の往復をしてみました。





130726-3.jpg
どうでも良い話ですが、このとき浜松駅新幹線構内では河合楽器のグランドピアノの設置作業が行われていました。
このブースには浜松市内にあるモノ作り企業(スズキ、ホンダ、ヤマハ、河合楽器などなど)いろいろな会社が自社の作品を展示しています。

130726-4.jpg
それでは午後1時半過ぎのひかりに乗って新大阪へ。

130726-5.jpg
プラットこだまのチケットでこだまで移動すると約2時間かかるところをひかりは約1時間半で新大阪に到着。
在来線で大阪へ向かいます。

130726-6.jpg
そこからは環状線に乗り換えて弁天町へ。

130726-7.jpg
地下鉄中央線に乗り換え。

130726-8.jpg
時々お世話になっているニュートラムに乗り換えたら・・・

130726-9.jpg

130726-10.jpg
職場を出て約3時間で大阪南港フェリーターミナルに到着しました。

130726-12.jpg

130726-11.jpg
ターミナルに着くとちょうど名門大洋フェリーの第1便の乗船前だったようです。
金曜日だったのですが、意外に(といっては失礼かな?)徒歩乗客の人が多かったです。写真を撮った後、もっと大勢の人が来ていました。

130726-13.jpg
今回はかもめ埠頭まで行かなくてはなりません。

130726-14.jpg
バスの発着時刻はちゃんと事前に調べていました。おかげで僅か10分程度の待ち時間でバスが来ました。

130726-15.jpg
200円払ってかもめターミナル到着。

130726-16.jpg
今回乗船する船は「さんふらわあ きりしま」です。

130726-17.jpg
宮崎カーフェリーとあわせてみても乗客は大勢いるようです。待合室はこんな具合。

130726-18.jpg
事前予約した番号を告げて切符を買いました。

130726-19.jpg
今回はツーリストベッド、元2等寝台で往復12000円。
正規料金の半額以下なのです。

130726-20.jpg
この切符は現地宿泊は駄目で必ず到着した翌日の便で引き返さなくてはなりません。ついでにツーリストベッドより上の格上げも駄目なよう。
どっちみち乗船してみたらスタンダードルーム以上は満席だったですけどね。

130726-21.jpg
そうこうしているうちに乗船開始の案内がありました。

130726-22.jpg
宮崎カーフェリーと違ってボーディングブリッジはありません。
クソ暑い中船まで歩いていきます。
ちなみに新幹線に乗って移動中のとき京都-新大阪間の車窓から見えたダイキン工業の工場敷地内にある大きな気温表示計では34度になっていました。

130726-23.jpg

130726-24.jpg

130726-25.jpg
船に乗るのにエスカレーターがあるのはありがたいです。

130726-26.jpg
船内に入りますと・・・

130726-27.jpg
海上保安庁の方が3人迎えてくれました。
船内で盗難事故が起こらないように牽制しているのかな?

130726-28.jpg
公室エリアはかように夏をイメージさせるような飾り付けが成されていました。

130726-29.jpg
今回の私の部屋は赤く印をつけたところ。

130726-30.jpg
デラックスルーム(旧特等室)のあるフロアを船首に向かった一番先のほう。

130726-31.jpg

130726-32.jpg
寝台を使うのは久しぶりだなぁ。
船内は乾燥するのでベッドの中にペットボトルのお茶を用意しておいたほうが良いと思います。

130726-33.jpg
それではまだ時間があるから船外に出てみよう。

130726-36.jpg

130726-35.jpg

130726-34.jpg
あっちー・・・

130726-37.jpg

130726-38.jpg
宮崎カーフェリーはこの冬に乗ってみよう。

130726-39.jpg
ぼんやり外を見ていたら、ちょうど名門大洋フェリー第1便が出航したようです。
こういうのは1人で寝台を使っているから気付くようなもの。
普段家族で乗るときはいろいろ慌ただしいから見逃してしまいます。

130726-40.jpg
ほぉぉう・・・

130726-41.jpg
暫し観賞だな。

130726-42.jpg

130726-43.jpg

130726-44.jpg
位置的にはこんな感じ。

130726-45.jpg

130726-46.jpg

130726-47.jpg

130726-48.jpg

130726-49.jpg

130726-50.jpg

130726-51.jpg
今日はこのくらいにしておいてやろう(嬉)。

130726-52.jpg
しかしあっちーなぁ、船内に戻ろう。正味30分も船外に出ていなかったのに顔が日に焼けてチカチカします。

130726-53.jpg
今日は乗客が多かったようでレストラン前には既にこれだけの人が並んでいました。
これだったら先に風呂に入ってレストランが空くのを待ったほうが良さそうだな。

130726-54.jpg
しかし、ちょうどこの時間に出航前の紙テープ投げをするとの船内放送がありました。

130726-55.jpg
せっかくだから見てみよう。
子供が見たら喜びそう。一般旅客集客のためにいろんな努力をしているんだなぁ。
船ヲタ系きもヲタは大人しく撮影だけしようと思っていたのですが、少し紙テープが余ったらしく、デッキまで客室乗務員の女性がかごに入れて持って来ていました。

130726-56.jpg
ならば自分も参加しよう。
きもヲタが投げるテープの色はやっぱりピンク色だろうw

130726-57.jpg
イエーイ

130726-58.jpg
やがて風に煽られて紙テープが大きく中を舞うと・・・

130726-59.jpg

130726-60.jpg

130726-61.jpg
出航です。

130726-62.jpg

130726-63.jpg

130726-64.jpg
天気予報では今回の行程はずっと晴れ。良い船旅になりますように。


この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

さつまのオネェちゃんは柳原可奈子ちゃんに似ていて可愛いですよね。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。
今度さんふらわあさつまに乗船してじっくりと確認してみますね。

No title

こんにちは。

フェリーのエスカレーターは、1979年の宇高国道フェリーが始まり?のようですが、1983年頃ほわいとさんぽう2で見たときは本当に感動しました。
今では、感動はなくても感心しますね。

オレンジ昼便の時期が近づいて来ました。僕は乗る予定はないですが、また乗船記を期待しています。ふだんあまり見ることがない瀬戸大橋以西の風景が見たいですが、日没でアウトですね。


あと、ついでですが、胃カメラは断然、鼻からが良いと思います。
僕も、喉はずっとおえっとなるので二度とやりたくないです。
鼻からなら、寝ている間に終わりますよ。

No title

BOATさん、時計の針が……。そんな事は、さておき色々。
何時も思うのですが、船首横にランプウエイが設けてて凹んでいる所です。強度計算をしてるのでしょが、ボキッと…(笑)。
係船柱(ビット)が弱いと5万トン?とかそれ以上の客船が寄港出来ないのだとか、水深も関係してるのですよね。そこそこのを造っていても、大型客船が寄れなければ釣堀と同じ。
保安庁の方は8月に活動するのが多いようです。後は、夏休み入りの7月下旬と12月でしょうか。陸も海上もギスギスした世の中になっちゃいましたね。
前にも書いた気がするのですが、何も知らずに出航の様子を見に行き「ほら」と渡されたのが紙テープ(笑)。38年前の8月の事でした。

Re: No title

ゆうなぎさん、おはようございます。

さんふらわあさつま・きりしまのエスカレーターは2階上まで上がれるから非常に楽でした。
ここの会社は下船時には一般徒歩客、乗用車積み込み客、トラックドライバーでそれぞれ分けて下船案内をしてくれます。早めに中央公室周辺の集められてごったかえすことがないのが好印象でした。

ほわいとさんぽう2はデビュー当時は豪華な船だったらしいですね。後にデビューするおれんじ7に圧倒されるとは思わなかったでしょう。
今はどうしているのだろうかと思ったら、ちょっと前にフィリピンで沈没したとか…

このブログで胃カメラが話題になるとは思っていませんでしたが、私の順番の前の人が鼻からの胃カメラを使ってしまったので、順番待ちが長くなるのを嫌って口からの胃カメラにしました。
カメラが入る瞬間本当に吐くかと思いましたよ。

Re: No title

秋田利用さん、おはようございます。

確かに船首側ランプウェイのへこんだところの強度計算はどうなっているのか素人ながらに気になりますね。
ちょっと前に冬の日本海でロシアの老朽化したタンカーがぽきっと折れて沈没した事故があった記憶があります。
日本製の最新の船ならちゃんと計算して設計しているはずですよね。

紙テープ投げは見てもしょうがないかなーと思いながら、ブログのネタ集めのつもりで見てみました。
案外良いものです。
時計が何か問題があったら、できる範囲で相談に乗りますよ。

訂正です

あやふやな書き方をしたので真意が伝わらなかったみたいですね。
記事内の腕時計の文字盤が凝っていて針が読めないのです(済みません)。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR