FC2ブログ

戦前のシチズン クロノメーターの修理

130708-1.jpg

130708-2.jpg
戦前のシチズンの時計です。
不動品をネットで200円で購入しました。
今回はこの時計をだめもとで修理してみます。




130708-3.jpg
ケースは完全非防水です。軽くこじるだけで外れてきます。

130708-4.jpg
文字盤を取り外して機械を機械台の上のセットします。
機械は完全に巻き上がった状態で動かなくなっていました。
まずはゼンマイを解きます。

130708-5.jpg
そしてテンプとアンクルを外します。
赤く囲ったものは角穴車のネジです。
シチズンは左ネジのことが多いです。締めこむときは時計と反対方向に、緩めるときは時計方向に回します。うっかり間違えるとねじ切ってしまうから要注意です。

130708-6.jpg
完全にばらして洗浄後の写真です。

130708-7.jpg
まず機械を台に載せなおします。

130708-8.jpg
香箱と2番車を組みます。

130708-9.jpg
以下ガンギ車までの輪列をセット。

130708-10.jpg
この機械は7石なので、組み付けには苦労しました。

130708-11.jpg
赤丸で囲っているところのようにアンクルを組みます。

130708-12.jpg
この機械は耐振装置が付いていません。
したがってテンプのホゾが入るところを奇麗に洗浄するためにちゃんと分解します。

130708-13.jpg
分解して組みなおしたところの写真です。

130708-14.jpg
いざ組んでみると・・・意外や意外、快調に動き出しました。

130708-15.jpg
後は文字盤を取り付け・・・

130708-16.jpg
出来上がりです。
7石しか入っていない機械だからそれなりかなーと思ってみたら、意外に調子よく動いています。
フルに巻き上げた状態で30時間は動きます。
元々状態が良かったのと、ちゃんとテンプのホゾが入るところを奇麗にしたのが一因だと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

強烈印象

中々のデザイン力。やりますね日本も。
文字の配列。凄いインパクト。
デザイン特化時計に
負けない
個性。

Re: 強烈印象

サッピエロさん、こんにちは。

戦前の国産の時計は意外にデザインは秀逸なものが多いと思います。
非防水が当たり前の時代ですから、ケースのデザインもいろいろです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR