FC2ブログ

富士重工 ラビット202 フロントタイヤチューブ交換

tn.jpg
写真はガラケーで撮ったものです。
先日仕事に行った折のことです。出先でバイクのフロントタイヤがパンクして立ち往生してしまいました。
契約しているクレジットカードに付帯するレッカーサービスに救援依頼をして無事社宅まで搬送してもらいました。
コールセンターのお姉さんに車種を「富士重工のラビットだ。」と言っても全く理解できていなかったようで、レッカーサービスのおじさんに不審げに「ラビットだそうです。」と連絡して来たとのことでした。



130629-1.jpg
車両を社宅に連れて帰った週末の写真です。
そういえば2台一緒に写真をとったことは殆ど無かったな。

130629-2.jpg
それではパンクの修理をしましょうかね。

130629-3.jpg
こうやって新品のタイヤチューブが手に入るということは大変ありがたいことです。
バイクに詳しい人は判ると思いますが、現在15インチのタイヤを採用しているビジネスバイクはありません。
多分30年位前まで終わっていると思います。
井上タイヤが最近になってヤマハミニトレ用のタイヤとタイヤチューブを再生産してくれたのです。

130629-4.jpg
最近しょっちゅう外しているからお手の物です。

130629-5.jpg
原因はここにありました。前回パンクしたときに自転車用の小さなパッチを当てていたのですが、そこから漏れていたのです。

130629-6.jpg
新品のタイヤチューブを入れます。

130629-7.jpg

130629-8.jpg
再び走れるようになりました。

130629-9.jpg
今まで使っていたチューブですけどね、思わずパンクの修理をしてしまいました。
予備用にしようと思ったのです。

130629-10.jpg
しかし空気を入れてみたらここからも漏れていました。
多分パンクして30メートルくらい転がったから亀裂が入ったのでしょう。

どうせ変にケチっても後で泣きを見るのは自分だから、素直に捨てました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

自転車同様

これくらいのバイクだと、自転車に近い感覚で修理が出来るのが良いですね。

自転車が趣味でしたので、これくらいなら何度も修理しました。しかし、MTBや

ロードだと部品も非常に高価なものもあって自転車の方が別の意味で神経を

使います。 ディレーラーはピン切りですが、良いものは高価ですが、何故か

修理耐性があります。 そんなものなんですね。 専用のチェーンだし幅も狭く

大変微妙。 ホイールは良く自分でホイールバランスをとっていましたが、セン

ターはとれても、中心が取れなかったり、やはりプロは必要・・・と思いました。

そうそう、昨日の日曜日10時過ぎに歩いて3分ほどの高速にいって橋から

クラシックカーのラリーを見物しました。1930年代のベントレーが先頭でした。

音も良かったので、古くてもコンディションが良いと良く走るものなんだなあと

関心したしだいです。 2000GTは追い越し車線をずーっと走って行きました。

サイコー。音もサイコー。三菱500もめちゃめちゃがんばっていましたよ。。。

Re: 自転車同様

サッピエロさん、こんにちは。

自転車も凝ると相当にお金がかかる乗り物ですよね。
多分サッピエロさんの趣味とは離れてしまうと思いますが、近日中に自転車の修理のことも記事として出します。

それから、先日自賠責を入れに行っている小さな自転車屋さんに行ったら、店先に並べている中古自転車で造りの良さそうなものが置いてありました。メーカーがどこにも書いて無くて、ただ小さく「ミッレミレア」と書いてあったので、思い切ってご主人に聞いてみたところ、「メーカーは分からないけど、詳しい人が言うにはイタリア製らしい。防犯登録込で5000円で売っている。」と言われました。
3日悩んで買いに行ったらタッチの差で売れてしまっていました。

No title

U-BOAT さん gelshiです.
いつもブログをみていますが、パンク修理が不完全なようです。
私は、二輪業界で長く働いています。

パッチの端が浮いています。恐らくゴム糊が乾いていないところでパッチを貼ったのでしょう。
もう少し乾かせて、ゴム糊が手で着かないくらいがいいのです。

あとは、タイヤの劣化と、ハブベアリングが気になります。恐らくベアリングは、シールがもう限界でしょう。

物を大事にすることは良いと思いますが、かなり危険かと思います。

さしでがましいですが、プロの意見です。

Re: No title

gelshiさん、こんにちは。

この記事にはきっとgelshiさんからコメントをいただけると思っていました。
パンク修理・・・完全に乾ききっていないところで貼った可能性は確かにあります。
プロの方から見たらため息が出る作業だと思ったのですが、きっとアドバイスもいただけると思ってあえて記事にしました。はっきり言いますと、どうもゴム糊が限界のようなので、この作業の後買いなおしました。
ベアリングはちゃんと新たなものを買います。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR