FC2ブログ

富士重工ラビットS601とスバル360の追加整備

130615-1.jpg
ようやく調子を取り戻したラビットS601です。





130615-2.jpg
今回は後日風防を取り付けたときの補足の記事です。
10年以上前に工作用に買っておいたゴムマットを写真のような形に4個ほど切り出しておきました。汎用性の高いものを買っておくと案外役に立ちます。

130615-3.jpg
そのうち2個はここに使うのです。
この車両は排気量が大きいことと、設計が古いことも手伝ってか、バイブレーションがそれなりにあります。

ハンドルにはこのようにゴムマットを挟んであり、振動を吸収するようになっています。
ここのマットが劣化して少しぐらぐらになっていました。

130615-4.jpg
それから風防を取り付けます。
ここに加工したゴムマットを挟んでおきました。
理由は簡単、分厚いゴムマットの方が風防にかかる力を適当に吸収してハンドル部分の塗装をいためないからです。(既に塗装がはげた部分があるのに気付きましたでしょうか?)

130615-5.jpg

130615-6.jpg
風防を取り付けたらこんな感じ。

130615-7.jpg
私が初めて手に入れたときは風防の無い状態のほうがカッコイイのではないかと思っていました。
何となくこの前掛け?エプロン?がリアルに子供の頃近所のご年配の方が乗っていたビジネスバイクを連想させるからです。

しかし最近のお若いバイクマニア?の人たちにはこの前掛けがすごく良いのだそう。
こういうのも世代間格差なんでしょうね。

130615-8.jpg
それからスバル360のフロントブレーキの分解整備もしておきました。

130615-11.jpg

130615-10.jpg
手がべとべとだったからそれに気を取られてピンボケになってしまいました。
フロントブレーキのシリンダーはリアのそれとは違ってブレーキオイルが漏れる兆候はありませんでした。

130615-9.jpg
最後にグリースガンでブッシュの養生もしておきました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

2輪クラシック

もはやクラシック2輪のいきです。

しかし、デザインがかわいく今でも通用すると思うのですがエンジン等は
100%オリジナルでしょうか? 乗れるものですね。 手をかけてあげると
生きますね。 日本はそろそろ使い捨ての時代におさらばしないといけませんでしょう。

そうなると、耐久消費ツールは価格もかなり高くなりそう。それでも、大事に長く乗れる
事は未来に向けて本当に大切な事に成ってくると思うのですが。 今までの経済優先は
転換点。 難しい選択も強いられますね。 僕自身、子供の頃から物ずくりが好きでした
が、周りの同級生の家の車は最初の車検ごとに新車の乗り継ぎ。 子供心にどこか
軽蔑していました。 子供というのは何事に対しても大人より敏感。 電気自動車も昨今
出て来ましたが、問題は肝のインバーター。 電池が長持ちしても、殆ど意味がありません。
落とし穴でしょうか。 ワナでしょうか?笑。
考えさせられます。。。

Re: 2輪クラシック

サッピエロさん、こんにちは。

恥ずかしながら、私の父が車検が来るたびに乗り換えていたクチです。
母がいつも父の無駄使いを愚痴っていたため、私がこんなふうになりました。

乗り物は余程のことがない限り、修理しながら同じ車に乗り続けるのが一番安上がりですよね。
車検を機会に燃費のいい新車に乗り換えるというのは総じて損していると思います。
ハイブリット車もどう考えても電池の寿命とかを考えると実は経済的ではありません。しかし、作った以上は売らないといけないし、もしも画期的な燃料電池車が出来たらそれはそれで素晴らしいこと。

私が子供のころの10年落ちの乗用車はガタガタでしたが、最近の車の10年落ち車はショックを買えただけでもかなりシャキッとしますね。よくなっているのだと思います。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR