FC2ブログ

favre leuva ファーブル・ルーバ P7001の分解修理

130611-1_20130619111837.jpg
ファーブルルーバの手巻き時計です。
ジャンク品をネットオークションで買いました。





130611-2_20130619111840.jpg
中をチェックしてみるとスイスの手巻き時計によく使われるP7001が入っていました。
ちなみに赤の丸で示した部分、コハゼという部品が欠損していました。

130611-6.jpg
・・・ということで、この時計を修理する前にこの部品を調達しておきました。

130611-3.jpg
それではばらし始めます。

130611-4.jpg
写真ではわかりにくいですが、汗がかなり浸入していたようで、腐食していました。

130611-5.jpg
取り合えずテンプとアンクルを外します。

130611-7.jpg
赤で囲った部分、こんなところにも汗が浸入していたのです。

130611-8.jpg
取り合えずバラバラにしてベンジンで洗浄しました。

130611-9.jpg
それでは組み立てに入ります。

130611-10.jpg


130611-11.jpg
2針の非常にシンプルな時計です。サクサクと組み立てていけたのですが・・・

ヒゲゼンマイを曲げてしまいました。(泣)
ヒゲ持ちに組もうとしたのですが、多分汗の浸入による腐食で、すんなりとは入ってくれませんでした。
ちょっと無理をしたらクニャッと嫌な感触がして曲がってしまいました。
私はヒゲの修正が出来るほどの技術は持っていませんで、やむなく部品取りの機械を買ってきました。

130819-12.jpg
それがこれです。JOLLEという聞いたことの無いメーカーですが、これもP7001を積んでいます。

130819-13.jpg
ご覧の通り。メッキの有無、仕上げも細かい違いは有るけど全く同じ構造であることが分かります。
そもそもP7001は精度の出しやすい良い機械として高評だったようです。

130819-14.jpg
このひげゼンマイだけを取り出し・・・
後は組み付けのみ。

130819-15.jpg
出来上がると非常に調子よく動き出しました。

130820-48.jpg
出来上がりはこんな感じ。

この時計はこちらの旅行の時に使用して、精度良好を確認しました。

平成25年8月退院する嫁さんを迎えに阪九フェリー乗船記(詳細はこちらをクリック)

平成25年8月 新日本海フェリー敦賀航路 ヲタ乗り乗船記(詳細はこちらをクリック)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR