FC2ブログ

MB W116 280SE エンジン諸元

別に不人気車のエンジンの話なんかどうでも良い人は読み飛ばしてください。
私の車のエンジンは1970年代のダイムラーベンツ社の製品としては唯一、同社の量産車として初のツインカムエンジンでした。
高級車のラインアップにはV型8気筒エンジンを、ボトムラインには4気筒エンジンを、もちろん6気筒のシングルカムエンジンもありましたが、多分8気筒エンジンとのパワー差がありすぎたのでしょう。

水冷直列6気筒 DOHC フロント縦置き 排気量2746ccで185psの最高出力を持っています。初期には2バレルダウンドラフトタイプのキャブ仕様もありましたが、私のはボッシュKジェトロと言う古典的なインジェクション仕様です。
このボッシュのインジェクションシステムも面白くて後々別項にて何かしら書いていくことになりますが、このエンジンそのものは日本人にとって決して縁遠いものではありませんでした。
トヨタが初めて量産発売したツインカムエンジンである5M-GEUエンジン、40歳以上の人が聞いたら懐かしく感じるかもしれませんが、初代ソアラの一番値段の高い車種に搭載されたあれです。これは設計の段階でダイムラー社の直列6気筒ツインカムエンジンを大いに参考にしたそうです。

そう言われてみたら日本の自動車に対する排気量にかかる税金は0,5lごとに変わってくるはずなのに5Mエンジンだけは何故か中途半端な2800ccでした。そう考えるとなるほどと思わされます。
M110エンジン
自動車のメカニックの方が見たらなんとも古典的に見えるエンジンルームでしょうねぇ。
ところでこのエンジン、W116シリーズの中では一番排気量の小さい最廉価バージョンと言うことになります。
じゃぁやっぱりV8エンジンのモデルが欲しかったの?と言う疑問をもたれる方もいるかもしれませんが、ちっともそんなことはありません。
私の車のエンジンルームはもともとV8エンジンを載せることを基本に考えていたからエンジンルームがスカスカです。よって素人の私でも整備めいたことがアレコレと出来ます。
グリーン税制重加算になりますが、自動車税は6万円強です。
V8エンジンを搭載したモデルだと、自動車税だけで毎年10万円前後です。
それ以上にV8エンジンを積んだW116のエンジンルームはそれこそ靴べらで滑り込ませたようにエンジンが搭載されていると表現されるほどキチキチになっています。マニュアルどおりに部品の脱着をしなければすぐそこにある部品も簡単に外せないということもままあるそうで、比較的小さい直6エンジンだから手に余らないのだろうと思っています。
それでも私の9年間に渡る所有歴の中でこのエンジンにまつわるトラブルに翻弄されることになります。その辺のことも後々書きますから楽しみにしていてください。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR