FC2ブログ

セイコーシャリオ cal.2220の修理

130511-1.jpg
セイコーシャリオ(手巻き)です。

130511-2.jpg
裏蓋です。
時計のケースと比較すると一回り小さい裏蓋です。
中を開けてみると・・・


130511-3.jpg
キャりパーナンバー2220、セイコーが時計のムーブメントをクォーツ式に切り替えつつあった1970年代、比較的高級な手巻き式時計にはこのムーブメントが使われていたようです。
今回はこれを修理します。


ちなみに以前クオーツのシャリオの修理をしています。その時の記事の内容はこちらをクリック。


130511-4.jpg
まずは機械を取り出します。
ケースの精度が高いのか、しっかりと圧入されていて、分解するのにちょっと手が要りました。

130511-5.jpg
私の中指と比較。中指の先よりも多少小さい程度の機械ですが、なかなかタフで個人的には好きです。
タフな機械であるゆえ、残存数も多数あり、現在でもネットオークションや骨董市でそれなりの数を見受けられます。
それゆえ希少性が高くないと認識されてしまうのか、あまり注目されない機械だと思います。

130511-6.jpg
では・・・

130511-7.jpg
まずはテンプ。

130511-8.jpg
次はアンクル。

130511-9.jpg
この時計はゼンマイ側も歯車周りも一緒になった一体型構造をとっています。
とりあえず地板を外します。

130511-10.jpg
意外だったのが、この機種の香箱と角穴車は一体になっているようでした。
そして赤の矢印で示しているのが耐振装置のスプリング。
ちゃんとここも外して耐振装置の中まできれいにします。

130511-11.jpg
洗浄後の写真です。
赤い丸で囲ったのが耐震装置です。
まずこれを組み立てておきます。

130511-12.jpg
それでは機械を台にセットします。

130511-13.jpg
香箱と歯車をすべてこのようにセットします。

130511-14.jpg
香箱を含めれば入れる穴は5つ。

130511-15.jpg
しかしさすが高級ラインにも使用された機械だ。スパッと入りました。
(余談ですが、この機械は18金無垢ケースの時計にも使用されました。)

130511-16.jpg
そしてアンクルを組みます。

130511-17.jpg
テンプもこのように組みなおします。

130511-18.jpg
意外にあっさり完成。

130511-19.jpg
ケースに収めて針の取り付け。

130511-20.jpg
無事完成となりました。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

0.8とか0.6ミリ?の皿ネジをフッ飛ばしてオロオロしている私には無理(笑)。でも、いまだに使っているデジタル目覚ましは直しました。

このデジタル目覚ましは、スヌーズ、大音量。20年近い前かと思うのですが、金額ともども忘れてます。で、10年経つかどうか辺りでアラーム時刻の設定ダイヤルを片側に回してもうんともすんとも変りません。そのころはケータイもないし、大音量なのはこれっきり。思案の末にバラして見ました、ダイヤルは低速と高速の二段階を回路パターンの導通線四本に、ダイヤル裏の電極で接触検知の構造と読みました(分かりますか)。
これの回路パターンが基盤から剥がれていたのが原因でした。テープか何かで貼り直し、高速も使えないけど低速で時刻設定が早くにも遅くにも変わるようになったのでした(バチバチ)。
最近ホームセンターで見たデジタル目覚ましは、電波、温度、湿度?。期間限定980円(驚)、思わず考えたのですが、使える物が有るので却下(きっぱり)。

>耐震  建物なら…、「耐振」ではないかと。

Re: No title

こんにちは、秋田利用さんも結構いろんなことができる方ではないかと思っていますよ。

先日スイス製のクオーツ時計が動かなくなったから修理してみたら回路が壊れていて、現在回路を物色中です。
日本製の時計は少々古くても(1970年代の製品であっても!)汗が内部に浸入してショートしない限りはまず回路が突然に壊れることはありません。その辺はさすがに日本製の方が優秀だと思います。
私も高校生の頃に買ってもらった時刻を音声で伝えてくれる置時計をいまだに使用しています。
朝アラームが鳴ってうっかり寝ぼけて切ってしまうということがないので非常に便利です。

耐震→耐振に訂正しました。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR