FC2ブログ

平成25年3月 オレンジフェリー 勝手にワンナイトクルーズ 前編

題目の通り、これはオレンジフェリーのおれんじ7ドック期間中に設定された大阪南港発東予行きお昼の臨時便を利用した勝手にワンナイトクルーズの旅行記です。

130302-1.jpg
浜松の社宅を出たのはこの時間、午前7時50分頃です。
今までに2回ほど東名高速道路の事故渋滞に巻き込まれて大阪南港発昼便に乗船できなかった事があるので用心してかなり早めに出発しました。
どうでも良いのですが、この時計は1回のネジの巻上げで36時間駆動、アラーム機能付き(オルゴールが鳴る)東京時計というメーカーの置時計です。

130302-2.jpg
今回使用する車はいつもの通り、嫁さんのBMW。

130302-3.jpg
向かう先は当たり前ながら大阪南港。
嫁さんにとっては平成23年のワンナイトクルーズ以来のおれんじ8乗船です。
本人も絶対に乗り遅れたくないと意気込んでいました。
130302-4.jpg
午前8時20分過ぎには浜松西ICから東名高速道路に流入。
写真は浜名湖付近通過中の写真。幸い渋滞後発エリアの音羽蒲郡-岡崎周辺の渋滞情報もありません。
伊勢湾岸道路と新名神を使って行こうと思ったのですが、肝心の東名阪道四日市周辺に渋滞が10キロ発生していました。やむなく米原経由で西を目指します。

130302-5.jpg
写真は関ヶ原を越えた伊吹山(だと思う)。
この日の近畿地方は1月中旬並みの寒さだったとかで・・・

130302-6.jpg
雪が舞っていましたよ。

130302-7.jpg
それでも積もるほどでもなく、順調に進んで天保山周辺を通過。

130302-8.jpg
午前11時30分には大阪南港に到着しました。

130302-9.jpg
それではターミナルで切符を買おう。

130302-10.jpg
入り口にはこんな看板が・・・

130302-11.jpg
いつも我が家の財布を握っている嫁さんが切符を買っているのですが・・・

130302-12.jpg
カウンターにもこのように夜便の休航の案内はあるのですが、昼の臨時便の案内は非常に控えめでした。

130302-13.jpg
このように切符を購入。大阪南港は午後1時30分出航。
往復分を買ったのですが、カウンターのおじさんも日付の再確認もせずに黙って発行してくれました。
(ああ、またお前らか・・船ヲタのだんなにつき合わされてご苦労だな・・・と思っていたのかもw)

130302-14.jpg
渋滞に巻き込まれるリスクを考慮して早めに出たら出航まで1時間半くらいの時間が出来ました。
差し当たってシャシーヘッドの邪魔にならない程度にヲタ活動をさせてもらおう。

130302-15.jpg
こちらはおれんじ8の隣に停泊している名門大洋フェリーの第2便。

130302-16.jpg
その向こうには同社第1便の船。

130302-17.jpg
名門大洋フェリーに乗船するなら第1便の方が個人的には好き。
業務用食材の目白押し状態ながらレストランがビュッフェ形式で好きなだけ食べれるし、船内も静かだから。
通常の着岸時間が午前6時前で船内放送が入るのが午前5時前であることが平気であればお勧め。

130302-18.jpg
かなたのかもめ埠頭には宮崎カーフェリーとフェリーさんふらわあ志布志航路の船。
今年は宮崎カーフェリーの船にも乗ってみよう。

130302-20.jpg
そして私が一方的に大好きなオレンジフェリーのおれんじ8。
名門大洋フェリーの船と比較してもシャープな印象です。

130302-19.jpg
行き先表示板は平成25年3月の時点でも「新居浜」の表示はありました。

130302-21.jpg
遥か向こうの方で近海郵船のRORO船が出航しているところでした。

130302-22.jpg
1回タグボートを要請するとどのくらいの費用がかかるのだろうか?

130302-23.jpg
ターミナル周辺をうろうろ・・
これは多分普段は東予港にいるはずの送迎バスです。特別な車両整備が必要で大阪まで来たのかな??

130302-24.jpg
子供も終始上機嫌。
出発するときにこの帽子をかぶったら、嫁さんが「またそんな変な帽子をかぶって・・」とこぼしていました。
娘よ・・実はその帽子は少々恥ずかしい帽子なのだよ・・・

130302-25.jpg
午後1時になると乗船開始の放送が入りました。

130302-26.jpg
キャッキャッキャ・・・うれしいねぇ。

130302-27.jpg
エスカレーターの下側で往復共の切符をもいでもらいました。
客室乗務員のお兄さんも特にコメントなし。

130302-28.jpg
インフォメーションで鍵をもらいます。
予約センターに電話したときは「1度下船してもらう必要があります」と言われたのですが、インフォメーションにいた客室乗務員のおじさまも特にコメントなし。

130302-29.jpg

130302-30.jpg
それでは部屋に向かおう。
この長い廊下は写真では明るめに写っていますが、実際はもう少し暗い印象です。
1年以上ぶりにおれんじ8に乗船する嫁さんは「初めて見る感じだ」と言っていました。
それほどおれんじ7とは雰囲気が違うのです。

130302-31.jpg
そして久し振りに使うおれんじ8の特別室です。前回はいつごろ使ったのだろうと思い返してみるとこの時以来(詳細はこちらをクリック)、昼便を使うときは贅沢をしたい。贅沢をしたら仕事に戻ったときの活力になるのだ。

130302-32.jpg
ベッド側から見たらこんな感じ。
最後に特別室を使ったのはこのブログを始めた頃だから、私も新鮮に感じました。

130302-34.jpg
おれんじ8の特別室はお風呂がかように展望風呂になっています。

130302-33.jpg
おれんじ7と比較しておれんじ8の特別室が広く感じるのはなんちゃってプライベートデッキがおれんじ8には無いことと、お風呂と洗面台のスペース分の出っ張りが無いためだと思います。
ただ、ここまでするんだったらお風呂とトイレはユニット形式にしなければ良かったのに・・と思ってしまうかな?

130302-60.jpg
この湯飲みは個人的には売っていただきたいところ。

130302-61.jpg
インフォメーションで鍵を借りるときに温水ヒーターがある旨の説明を受けました。
はて?以前はあったかな??

130302-35.jpg
ちょっとだけフォワードサロンを覗いてみました。
昼便が常時設定されている頃は昼の運航時はカーテンも開けられていましたが、現在はこのように閉じてあるようです(ちょっと悲しい)。

130302-36.jpg
それでは食事を摂りに行こう。

130302-37.jpg

130302-38.jpg

130302-39.jpg

130302-40.jpg
うーん、美味しそうだねぇ。
臨時運航便だからレストラン営業なしなんて野暮なことはしていませんね、やっぱり。
一瞬ちょっと心配になりましたが、予約センターに電話して聞いてみてもセンターの係りの人が困るだろうし、その辺は良い方向に期待していました。

130302-41.jpg
テーブルは慣例に従っていつものところ。

130302-42.jpg
かぶりつきの所です。

130302-43.jpg
そして今回選んだメニューです。

130302-44.jpg
アラカルトメニューばかり選んでいるところに気合の入り具合が分かろうかと言うものw

130302-45.jpg
トマトのサラダ300円。

130302-46.jpg
小原ハム減量バージョンのサラダ300円。

130302-47.jpg
ポテトサラダ300円。

130302-48.jpg
ホッキ300円。

130302-49.jpg
揚げだし豆腐300円。

130302-50.jpg
国産豚のスペアリブ500円。

130302-51.jpg
ご飯大盛り250円。

130302-52.jpg
もちろんこれも忘れずに。

130302-53.jpg
ムシャムシャゴクゴクやっている最中船の振動が大きくなったな、と思ったらちょうどこの時間。

130302-54.jpg
出航したようです。

130302-55.jpg
回頭して西へ進んでいきます。
良かった、こうやって昼便に乗れて嬉しいよ。去年の9月昼の定期便休止間際にワンナイトクルーズをしたときも(詳細はこちらをクリック)、ドック期間中は昼の臨時便が復活してくれるのではないかと思ってはいたけど、万一貨物航送だけとかで一般旅客の乗船不可だったりしたら後悔するから無理したのだ。
これからも毎年昼便には乗りたいなぁ。

130302-56.jpg
レストランでのランチが終わったら・・

130302-57.jpg
売店へ。売店もきちんと営業中。嫁さんはフェリーせんべい(大)を2つ買っていました。
ただ私に向かって「フェリ煎(ふぇりせん)2つ買って良い?」と言うのはヲタっぽくてちょっと恥ずかしいから止めて欲しかった。レジの男性にも聞こえていたと思う。

130302-58.jpg

130302-59.jpg
それではちょっと外の景色を楽しんでこようかな。


この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

昼便乗られたのですね。いいなぁ。
結局僕は乗れずじまいでした。

タグは1回20〜30万と聞いたことがあります。

アラカルトの食事は気合が入っていますね。
3人家族だと4000円ぐらいでしょうか?

変な帽子って?w 
そういえば何だか「キツネ目の男」がかぶっていた帽子に似てるかも。

続きが楽しみです

Re: No title

こうじさん、こんにちは。
ランチの料金はビール1本と合わせて3500円くらいだったと思います。
300円くらいのアラカルトばかり取ったからでしょう。

とにかく今のところはドック期間中は昼臨時便が出るようなので安心しています。
今後の記事も楽しみにしてくださいね。

No title

こんにちは。

お待ちかねのオレンジ昼便ですね。

実は、僕が車を積んで乗船したのが、3/9(土)でした。
もしかしたら、いらっしゃるのではと思い、事前に『さんふらわあ11』と『ほわいとさんぽう2』のパンフを
クリアファイルに入れて用意し、直接お渡ししようと思っていました。
同じ船であれば、何となく雰囲気でわかるように思いました。
一週間違いでしたね。また、そのような機会があれば、よろしくお願いします。

ところで、南港の無人駐車場にBMWを一晩置いておくのは不安はないですか?
うちの車(17年経過)でも、あそこはあまり置きたくないですが。

Re: No title

ゆうなぎさん、おはようございます。
3月9日は用事があったので、3月2日に乗船しました。お会いできなくて残念です。
当日は大阪南港の待合室がヲタだらけになるのを想像していましたが、意外に普通?のお客さんばかりで船好きでいそうな人は殆どいなかったようでした。
さんふらわあ11とほわいとさんぽう2のパンフレットはいつかお会いした時にコピーさせてください。

大阪南港の駐車場は車を捨てている人がいるんですよね。荒れた車両が放置してあるから雰囲気が悪いですが、他にあてがあるわけでもなく・・
BMWは14年目だし、5年前に32万円で買ったからそんなに気にはしてないのですが、念のため車両の中のナビなどは外して置いています。

南港の駐車場

南港の駐車場ですが、フェリーターミナルの方に治安を訊いたことがあります。
車上荒らしの被害は聞いたことがないと言ってました。

意外とそういうもんみたいですね。

宮崎カーフェリーの駐車場に車を駐めて徒歩乗船する人もいるようです。

Re: 南港の駐車場

こうじさん、こんにちは。
かつてこのブログを始めるよりはるか以前、6年前に名古屋から大阪まで有村産業のクルーズフェリー飛龍に乗船したことがあります。
深夜11時ころ大阪南港の前をタクシーで通過したのですが、ロータリーの入り口から封鎖してありました。
防犯上そのようにしているのが車上荒らしを減らすことに貢献しているのかもしれませんね。

No title

こんにちは。

3月9日も一般のお客さんが多かったようです。もともと、固定客がいるのかもしれません。

日没まで、例の第二基準航路の航路図が貼ってある近所を拠点にうろうろしていました。
大浴場は気持ちよかったですね。でも、昼食は船内で食べなかったので、小原ハムには
当たりませんでした。いつも、写真を見せていただいて、食べたく思うのですが残念です。

では、続きを楽しみにしています。

Re: No title

ゆうなぎさん、こんばんは。
第2基準航路の航路図が貼ってあるところとは最上階の展望エリアの右舷側ですね。
私も部屋をとっていてもあの辺をうろうろしています。昼便の時は静かでとても好きです。

小原ハムは朝食バイキングでも出てきます。恥ずかしながら5枚くらいとっていますよ。
ホテルに宿泊した時の朝食は適当にセーブする癖にオレンジフェリーの時だけは年甲斐もなく死ぬほど食べます。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR