FC2ブログ

平成24年12月 舟遊プランでクリスマスクルーズ! VOL.3

この記事はこちらからの続きです。

121222-71.jpg

121222-72.jpg
午後4時半に志布志港に到着のときの写真です。
それではターミナルに行って切符を買いましょう。

121222-73.jpg

121222-74.jpg
おお、これこれ。このちょっと小汚い(失礼)というか、使いこまれた感じこそフェリーターミナル!と言う感じなのよ。

121222-75.jpg
料金は往路にまとめて払っているからクーポン券を渡すだけ。
それでもこのようにネット予約と言うことで1000円分のお食事券をいただきました。
何とも大盤振る舞いな・・・

121222-76.jpg
港の周りを見学すること暫し・・

121222-77.jpg
社用車もこのように積極的に一般旅客呼び込みのためのアピールをしています。

121222-78.jpg
午後5時半頃より一般乗用車の乗り込みが開始されました。

121222-79.jpg
ほう、下の車両甲板に誘導されるのか・・と思っていると・・・

121222-80.jpg
更にもう一層下の車両甲板に誘導されました。
往路のさんふらわああいぼりと同じくこの船にもエスカレーターがあるのですが、ここからだと使えません。
エレベーターで上がりました。

121222-81.jpg
エレベーター前の写真です。
待ち構えていた客室乗務員お方が子供にお菓子のプレゼントをくれました。手に持っているのがそれです。

121222-83.jpg

121222-82.jpg
インフォメーションで切符を見せて、鍵を受け取ります。

121222-84.jpg
それでは部屋に参りましょう。

121222-85.jpg
私達の部屋はデラックスルーム106号。
ありゃりゃ、一番前ではないか。今日は低気圧の影響で外洋は結構時化そうだからちょっと残念か。

121222-86.jpg
それでも気を取り直して部屋を開けてみると・・・

121222-87.jpg
こんな感じ。子供が「わぁ、豪華だ。」と言ってくれました。
暖色系の良い感じの部屋です。

121222-88.jpg
リビング側はこんな感じ。

121222-89.jpg
ベッドはこんな感じ。舷側のほうが少し広いのかな?

121222-90.jpg
ベッド側から部屋を見るとこんな感じ。

121222-91.jpg
お風呂もこんな感じ。
旧関西汽船の特等室(今のデラックスルーム)より部屋もやや大きく、調度品も豪華な感じです。

121222-93.jpg
冷蔵庫にはミネラルウォーターのサービスあり。

121222-94.jpg
ひまわり模様?の浴衣とタオルあり。
何となく浴衣の模様は田舎のスーパーマーケットのマークみたいだったけど・・・

121222-92.jpg
ちなみに先ほどインフォメーションのところでいただいたお菓子はこんな感じでした。

121222-96.jpg
一番船首に近いものだから、一応フォワードサロンも直ぐそこなのですが・・・

121222-95.jpg
2等一般席の臨時席扱いの部屋になっていました。
前回利用時は閉鎖されていましたが、今回は開いていました。
その日の旅客数に応じて開ける部屋を変えているのですね。

121222-97.jpg

121222-98.jpg
それでは腹も減ったことだし、レストランに夕食を摂りに行きましょう。

121222-99.jpg

121222-100.jpg

121222-103.jpg
レストランオープンまで5分ほど早かった・・・

121222-101.jpg

121222-102.jpg
グリルもレストランの続き部屋になっていれば今でも使えただろうにねぇ。

121222-104.jpg
待っている間に子供が大きいほうのトイレに行くと言い出したので、少々出遅れてしまいましたが・・・食券を買って中に入ると・・・

121222-106.jpg
サラダ(トマトを含む)にマカロニ、アジのマリネ、カツオのたたき、サーモンの刺身・・

121222-105.jpg
肉じゃが、イカと大根の煮物、焼きそば、おでん・・
その他にもたくさんあったけど、写真は無し。

121222-107.jpg

121222-108.jpg
デザート類もろもろ・・・

121222-110.jpg
クリスマスシーズンと言うことでカップグラタン2種と・・

121222-109.jpg
ショートケーキもありました。

121222-111.jpg
あれやこれやを選んだ私のディナープレートはこんな具合。

121222-114.jpg
多分業務用と思しきサーモンの刺身は近年の冷凍技術の進歩により高品質のものが安価で手に入るようになりました。大変美味しくいただきました。

121222-113.jpg
おでんも良く漬かっていて、大変美味しゅうございました。

121222-112.jpg
カレーライスは一口食べたらちょっと甘くて失敗だったかな?と思ったのですが、じわじわスパイスが効いているのが分かって良かったです。

121222-115.jpg
メインプレートは左中心よりキムチ少々、中央上側サラダ、アジのマリネ、左側上部がカツオのたたき、下部が肉じゃが、中央下側は往路でも登場したフライドポテトとチキン。
ポテトとチキンは業務用だったのかもしれなかったけど、柔らかくて大変美味しかったです。

121222-116.jpg
ちなみにデザートのケーキですけどね・・・

121222-117.jpg
イチゴのショートケーキかな?と思ったのですが、イチゴジャムのショートケーキでした(笑)。

121222-118.jpg
レストランで食べている最中に定刻この時間に出航したようです。
あぁ、美味しかったけど、苦しい・・・
ブッフェ形式だと食べ過ぎるのが難点なんだけど、この航路のレストランは私の中では高評価なんです。

121222-119.jpg

121222-120.jpg

121222-121.jpg
食後はきちんと売店を見学。
売店の女の子もクリスマスバージョンになっていました。

121222-124.jpg
ちょっと外に出てみよう・・・というか、この扉の荒れ具合はすごいなぁ。
外で爆発があったみたいだ。こういうところに船齢を感じるというか、経営の大変さを感じるというか・・・

121222-123.jpg

121222-122.jpg
外に出てみると陸は既に遥か遠く。

121222-125.jpg

121222-126.jpg
後は風呂に入ってゆっくり休むことにしました。

                         この記事は続きはこちらをクリック。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

バブルを思い起こさせるような贅沢なつくりの船ですね。

きりしま、さつまはへそから乗るんですよね。

レストランなかなかいいじゃないですか。
これで1500円ぐらいでしょうか。

 さ
  ん
   ふ
    ら
     わ   
      あ
       オ
        リ
         ジ
          ナ
           ル
            こ
             ー
              ナ
               ー

こういうのんすきです。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。
志布志航路の船は特等室がずらりと並んでいて、華やいだ感じがしました。
確か元々北海道航路にいたのですよね。

夕食も1500円の割には結構豪華で良かったと思います。
しかし、前回平成22年に乗船したときも思ったのですが、レストランを利用している人はそんなに多くは無かったです。
持ち込みの食事を食べている人の方がずっと多かったかな?
内容が良いと思うので、もっと上手にアピール出来たら良いのですけどね。でも、大抵の人はフェリーターミナルに到着した時点で食事も用意して来ているのだから、その辺は難しいものがあるのだと思います。
(オレンジフェリーの戦略を真似てみるのも良いかも知れませんね。)

No title

こんにちは。

志布志航路は、20数年前に、さんふらわあ11(後の初代、さつま)に乗ったことがあります。
今でもパンフは大事に残していますが、11がリニューアルしたあとで、大浴場が温泉ホテル?のように
広かったり、特等のサロンあたりが広くて豪華だった印象があります。
当時は、学割の2等寝台で食事は家で作ってもらった弁当持ち込みでした。
確か、台風接近の大シケでこんな大きな船でも揺れるのかと感じたことを覚えています。

さんふらわあさつまのレストランは、ぱーる、ごーるどよりも美味しそうですね。
でも、写真の撮り方がうまかったりして。

Re: No title

ゆうなぎさん、こんにちは。
さんふらわあ11の話なんかを聞くと、自分ももっと早く船旅に目覚めて乗っておきたかったと思うのですが、
http://meduboat.blog102.fc2.com/blog-entry-3.html
こちらの記事に書いたように、やはりお金が無かったからどうせ乗っても船内で飢えたり、2等雑魚寝でわびしい気持ちになったのが関の山かもしれません。
舟遊プランは非常に安価で、志布志航路の乗用車込み特等室利用でネット割を効かせた片道料金とさほど変わらないと言う大盤振る舞いなプランだったので利用しました。

レストランは実際に美味しかったですよ。
肉じゃがやイカの煮物などなど・・大分航路とはまるで異なる品揃えだと思います。
カメラは安いコンパクトデジカメだし、せいぜいピンボケにならないように気をつけて撮っているだけだから見た飯に良好だと思ってもらって良いと思いますよ。
追伸;さんふらわあ11のパンフレットを見てみたいです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR