FC2ブログ

平成24年10月ベンツで福井県に遊びに行きました

10月は特別大きな予定は入っていませんでしたが、嫁さんがせっかくだから車でどこかに遊びに行きたいと言い出しました。
我が家の旅行は大抵フェリーを使ってどこかに・・・というパターンが多いのですが、それでは結構お金もかかってしまうので、陸上移動のみのプランを練ってみました。

121020-1.jpg
今回の旅行の足になったのはこれ、今年で33年落ちになるメルセデス・ベンツ280SE(W116)です。
実はこの旅行まで約2年間使用していませんでした。
いきなり長距離移動に使うのですが、いけるかな??
121020-2.jpg
場所はこちらです。福井県玉川温泉。
玉川温泉といえば秋田県の玉川温泉が有名です。あちらは癌に効能があるとかで、全国から大勢の大変なご病気を患われた患者さん達が湯治に来るのだとか。
私のような観光客は出来たら遠慮した方がいいような感じです。
福井県の玉川温泉と言うと、ネットで検索しても全くと言って良いほど話題に上らない温泉のようで、こうなると多分温泉としては全く期待は出来ないだろうと予測しました。

121020-3.jpg
ズズズズズ・・・ゴゴゴゴゴ・・・33年落ちのわが愛車は順調に東名高速道路を西に向かって走ります。
あまたある有名な温泉地をすり抜けてこんなマイナーな温泉に向かうなんて、全く物好きなものです。

121020-4.jpg
途中養老SAで休憩です。

121020-5.jpg
久し振りに運転するけど、やっぱり風切り音は大きいな。

121020-6.jpg
途中北陸自動車道に入り、敦賀ICを流出。

121020-7.jpg
嫁さんたちは気持ちが良いのだか、後部座席でガァガァ寝ていますが、ずっと海沿いを走る道すがらは非常にのんびりとして奇麗でした。

121020-16.jpg

121020-8.jpg

121020-9.jpg

121020-10.jpg
休憩を含めて約4時間程度で本日の宿泊地玉川温泉(福井県)の玉島荘に到着です。
ちなみに時計はこちらの記事(詳細はこちらをクリック)で登場した80年代のシチズンクオーツですな。ちゃんと実用できています。

121020-12.jpg
部屋はこんな感じ。
可もなく不可もなくといったところ・・・と言いたいのですが、何故か台形型をしていて、嫁さんの立ち位置辺りに特注の畳が入っていました。無駄にお金が懸かっているような・・・(汗)

121020-15.jpg

121020-11.jpg
旅館の前は小さな玉川漁港があるだけ。

121020-13.jpg
早速温泉に入ってみると、予測したとおりなんの特徴もないお湯w
しかし、ちゃんと入湯税は取っているから地下水汲み上げであっても、循環加温していても温泉は温泉なのです。

121020-14.jpg
こんなところで日頃の喧騒を忘れてぼんやりするのも良いものだ。

121020-19.jpg
ロビーに「わかさ探訪」と言うこの地域(若狭地方)の郷土名物、慣習などを扱った本があったからこれを読んで暇をつぶしました。

121020-20.jpg
関西電力の原発があるものだから、こんなフルカラーのフリーブックがもらえるのでしょうな。

121020-17.jpg
時間が流れ、このころには・・・

121020-18.jpg
日が沈み始めていました。

121020-21.jpg

121020-22.jpg
こういう景色を意識してみることもなかなか無いからじっくり観賞しました。

121020-23.jpg
そうこうしていると午後6時。夕食の時間です。
何でこんなマイナーで、ちっとも話題にならない温泉地に行こうと思ったのは、この旅館が家族経営で、しかも自前の漁船を所有しているから。そんな情報を仕入れたのはこちらのブログの記事から。(詳細はこちらをクリック
そうなると、きっと特徴を出すために食事は良いに違いないと踏んだからです。
予約したプランは舟盛り付き12000円(ぽっきり)のプラン。
(ホームページ上にもぽっきりと書いてありましたよ。)
さて、実際ははたして・・・・・・・












121020-24.jpg
ズドン!!すげー・・・

121020-34.jpg

121020-28.jpg
アコウと言う魚だそうだ。

121020-25.jpg
大きな子持ち甘エビが一人3尾ずつ、それにイカ。

121020-26.jpg
「どこでも手に入るでしょうけど・・・アワビです。」だそうです。

121020-27.jpg
アワビの肝付きです。その他にもマグロの赤身もありましたよ。

121020-29.jpg
糸モズクもさっぱりと美味しく・・

121020-30.jpg
越前カニのシーズンでは無いから当然ロシア製のカニなんでしょうが、意外に身がぎっしりと詰まっていまして・・・

121020-31.jpg
陶板焼きはイカ一匹。

121020-32.jpg
何だか失念しましたが、魚の煮付け。

121020-37.jpg
茶碗蒸し。

121020-35.jpg
バイもありました。
「バイ貝」ではなく、「バイ」が正しい呼び名だそうです。

121020-36.jpg
見てくれがいかにも肉食系の貝に見えたから調べてみたら・・・
腐肉を好むのだそうです・・・・やっぱりね。
でも美味しいよ。私が海で溺れ死んで、溺死体になって海岸に打ち上げられたときは、シャコやらこいつやらがくっついているんだろうなぁ。今のうちに食っておこう。(意味不明)

121020-38.jpg
ものすごい量だから、心の中でこれ以上出てくれるなよと願っていたのですが、その願いむなしく揚げ物の魚が出てきました。これまた身がしっかりと付いて平らげるのに必死でした。

121020-39.jpg
子供がカニや茶碗蒸しなどを手伝ってくれるからまだ良いものの、子供用の食事を頼まなくて良かった。

121020-40.jpg

121020-41.jpg
リンゴもさくさくで地味に美味しく・・

121020-42.jpg

121020-43.jpg
いやいや、苦しかったけど、美味しかった。
この日の最後の写真は日本海に浮かぶ漁船の漁火かな??
新日本海フェリーで敦賀に到着するときはこの光を日本海側から見たんだなぁなんて思いながらこの日は幸せに就寝しました。





121021-2.jpg
翌朝です。

121021-1.jpg
時計はジョギングに出た時間。いつもは携帯電話のアラームで眼が覚めるのに何故か6時まで眼を覚ますことが出来ませんでした。
何でだろう??と思っていたら、携帯電話をお尻の下にひいて寝てしまっていたのね・・・w
この日のジョギングで更に北の方まで上る道を走ってみたのですが、実はカメラを持ってこなかったのを後悔する位に面白い景色を目の当たりにしました。
いつかまたここの温泉を利用したときに写真をアップしましょう。

121021-3.jpg
午前8時に朝食の時間です。

121021-5.jpg

121021-4.jpg
比較的大き目の旅館なのですが、宿泊客は私達を含めて2組だけ。
1階の大広間の中央をアコーディオンで仕切って別々で食べました。

121021-6.jpg
朝っぱらからイカ刺し付きです。

121021-7.jpg

121021-8.jpg

121021-9.jpg

121021-10.jpg
これでもかといわんばかりに美味しい食事の目白押しでした。

121021-11.jpg
それではこの時間にチェックアウト。
確かにお値段は24000円と入湯税、ビール代のみでした。

121021-12.jpg

121021-13.jpg
その後はまっすぐ浜松には帰らずに敦賀市内散策。
これは気比(けひと読む)神宮参拝の図。

121021-14.jpg
それからとある事業所訪問。
実は私の大学時代の後輩がこの日勤務だったから会いに行った次第。
後輩は離婚を経験し、子供の養育費を捻出するのも大変のようだけど、体が資本だと思って元気に頑張っているとのこと。いろいろあるかもしれないけど、お互い頑張ろう。

121021-15.jpg
これは日が沈むのが早くなったと感じながら走る東名高速道路の道すがらの写真です。

121021-16.jpg
最後の写真は上郷SAでトイレ休憩中に撮った写真。
実は平成20年くらいに嫁さん用にBMWを32万円で買ってから、旅行などでのベンツの出番はめっきりと減っていました。
まぁ、はっきり言ってベンツに、BMWに、ホンダビートに、目下動いていないスバル360と車を持ちすぎでどうしたものかと言う気がしないでもなかったのですが、このときトイレ休憩から帰ってきた嫁さんが、「うちの車ってカッコイイね。」と言ってくれました。
たまたま隣に最新の?(ですかね、詳しく無いのでw)ベンツが後から駐車してきて見比べてみて素直にそう感じたのだそう。
このベンツは前オーナーから「ずっと大事にする。」と言う約束で11年前にタダで譲ってもらったはずだし、私が手放すとスクラップになる可能性が高いから、まだまだ頑張るぞと感じた次第です。











スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

をを!玉島荘に行かれたのですね。
高級魚のアコウ(アカハタ)の刺身はさぞかし美味しかったと思います。
唐揚げの魚はオコゼですね。

朝食の細長い魚はメヒカリだと思います。

玉島荘は昔はさぞかし儲かった様な栄枯盛衰を
感じさせてくれますよね。
人によってはこういう雰囲気を嫌う人もいますが、僕は好きです。

それとメルセデス、カッコいいっス!

No title

ああ、それと玉島荘の夕食を詳細に知ることができました。
今度は2食付きで泊まりたいと思います。

No title

台形畳は道路に沿って斜めに繋いでいる建物の空間利用のせいでしょうか。耐震強度としてはどうなのでしょうかね、専門家ではないので不明ですが、L字に繋いでるだけでも良くないらしいのです。私が通った中学の校舎は二期に分けて直線の校舎を建築したのですが、接合部が大きな地震で割れたそうです(日中なので教師が目撃、後日談として聞く)。
いやー、画像を見てるだけでお腹がいっぱいになりました。魚介類は好き嫌い無く殆ど食べますが、こんなに出たら許容量をオーバーしてます。
今の私なら朝食は刺身と煮魚で終わりですね(笑)。

気比(きひ)の松原に自転車を漕いで見に行った事が有ります、曲がっている湾の遠目に新日本海フェリーが臨時停泊しているのが目に入りました。冬季ドックダイヤの「らいらっく」で、夜に乗船したのでした。他には循環バスで蒲鉾屋と複合施設を見てますが、今になって思うに関西電力関連のような気がします。
>1回の大広間の中央をアコーディオン
細かいですが「一階」ですね。

「バイ」や「シャコ」ですが、おそらく打ち上げられた時点でもう居ませんって。スゴイのは、海………、一斉にゾワゾワと、おっと、これ以上は…。書けません、いや聞いてない(教えてくれなかった)ので知らないのですよ、ホント。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。
玉川温泉に行ってきましたよ。
夕食はものすごく豪華でした。1泊2食12000円のプランだとご覧の通りの魚づくしになります。
1泊2食で8400円のプランでも充分かもしれません。

海岸線沿いは魚料理をアピールした民宿や温泉が結構ありましたね。
しかし、中途半端に規模のでかいところが営業をやめていたり・・大変なんだなと思います。
玉島荘はぼちぼちやっているという感じのところも笑えます。

車をほめてもらってありがとうございます。W116シリーズは旧車としてはあまり趣味の対象にはされない不人気車なんです。頑張って維持していこうと思います。

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。
記事の中の誤字は訂正しました。

夕食は普段の食事の4倍くらいの量でした。
朝食も普段の3倍以上くらいの量でした。どうしても残さず食べようとするので、旅行のときは無駄に買い食いはしないように気をつけています。

ご指摘の通り、バイやシャコは浮遊している死体に付くらしいですね。バイなどが目についてまるでウルトラマ・・・(以下略)
打ち上げられた人の死体は一度だけ見た事がありますが、甲殻類の皆さんが多数群がっていてザワザワと音を立ててお食事をされていました。警察の皆さんは本当にご苦労なことだと思いました。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR