FC2ブログ

平成24年9月 おれんじ7乗船記 Vol.4

この記事はこちらからの続きです。

120916-88.jpg
1時間程度だけ仮眠を取って再び起床です。

120916-89.jpg
再び5F展望エリアへ。
前回の旅行のとき瀬戸大橋をくぐるのを見そびれたのです。今回は絶対に外してはならない。

120916-90.jpg
まだビールの酔いも醒め切れず、目が多少血走っているのにご苦労なこったという感じで嫁さんが見ておりました。

120916-91.jpg

120916-92.jpg
彼方に瀬戸大橋が見えてきました。

120916-93.jpg
うん、奇麗だ。

120916-96.jpg

120916-94.jpg
何かいつも岡山側ばかり撮ってきたけど、まぁいいか。

120916-95.jpg

120916-97.jpg

120916-98.jpg

120916-99.jpg

120916-100.jpg

120916-101.jpg

120916-102.jpg

120916-103.jpg

120916-104.jpg
てな具合でした。

120916-105.jpg

120916-106.jpg

120916-107.jpg
うっうっ・・寂しい・・明るいうちに瀬戸大橋をくぐるのは最後になるのかなぁ。

120916-108.jpg
・・・とそんなことも言ってられないのよ。次はおれんじ8との反航だ。

120916-109.jpg

120916-110.jpg

120916-111.jpg

120916-112.jpg

120916-113.jpg

120916-114.jpg

120916-115.jpg

120916-116.jpg

120916-117.jpg

120916-118.jpg

120916-119.jpg
反航の時の写真はこのブログに出したものの倍以上撮りましたよ(涙)。

120916-120.jpg

120916-121.jpg

120916-122.jpg
ぼちぼちと写真を撮っているとやがて日が傾いてきました。
オレンジフェリーの東予発の昼便に乗るときはいつもこの時間帯には寂しい気持ちになりましたよ。何かもう下船の時期が近付いて来ているのを感じずにはいられないし、翌日は間違いなく、逃げようも無く仕事だし・・・

120916-123.jpg

120916-124.jpg
この男木島の灯台は何度見ても好きです。
いつかこの島に渡って間近に見てみようと思います。

120916-125.jpg

120916-126.jpg
それでは部屋に戻ろう。

120916-128.jpg
部屋に戻ったら「全然部屋の中に居ないね。」と言われたけど、確かにそうだ。
せっかく無理して特別室を取ったのに正味2時間も居ない。

120916-127.jpg

120916-129.jpg

120916-130.jpg
それでは、しっかり元を取ろう・・・と、その前に誰もいない大浴場でのんびりさせてもらおう。

120916-131.jpg
いやいや、良い湯でした。

120916-132.jpg
このくらいの時間になりました。

120916-133.jpg
外も暗くなってきました。

120916-134.jpg

120916-135.jpg
そして再び性懲りも無く外へ。

120916-136.jpg
これが撮りたかったんですよ。
名門大洋フェリーの第1便です。
前回の旅行のとき(詳細はこちらをクリック)はまだ明るくてはっきりと見えたのですが、外の湿度が高くてレンズが曇って撮れませんでした。真っ暗なのが残念だけど、まぁいいか。

120916-137.jpg
そしてとうとう午後8時。
晩ご飯の時間です。

120916-138.jpg
嫁さんはこれ、オレンジ定食750円。

120916-139.jpg
子供は讃岐うどん。

120916-140.jpg
私はこれ。子持ちカレイとワカメとなめこの酢の物です。実はお昼に取っておいたアラカルトメニューを一旦部屋に持ち帰り、夕食の時間帯に食べさせてもらいました。

120916-141.jpg
むしゃむしゃ・・

120916-142.jpg
ちょうど食事中に明石海峡大橋をくぐります。

120916-143.jpg
午後9時過ぎまではテラスもどきで神戸の夜景を眺めていました。

120916-144.jpg
そしてとうとうこの時間。大阪南港着岸の船内放送が入りました。

120916-145.jpg
荷物をまとめて公室で待機します。

120916-146.jpg
定刻午後9時40分着岸のようです。

120916-147.jpg
車両甲板にエスカレーターを使って降ります。

120916-148.jpg

120916-150.jpg
この日は日曜日ながら2層ある車両甲板の上の階は決して車両が少ない訳ではなかった様でした。

120916-149.jpg
午後9時40分大阪南港に定刻通り着岸。
無事浜松まで帰り着くことが出来ました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

船内をウロウロするおきもちわかります。
ちょっとしたエクササイズになりますね。

男木島へはめおん2で。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。
男木島の灯台はとても絵になりますね。
調べてみたら日本の灯台100選に選ばれているそうです。

No title

こんにちは。

9月16日(日)なら、さんふらわあ昼便との反航はなかったですか。
さんふらわあは、15時頃に瀬戸大橋ですから、オレンジ7が九州航路に乗る15時30分頃に六島付近で
すれ違ったかもしれません。

実は、このさんふらわあに乗船するつもりでしたが、台風接近のため前日の土曜日にキャンセルしました。
快晴の燧灘を見たかったのですが、結果的には翌日の大分が大変でキャンセルしてよかったです。

僕もオレンジ7の東予発昼便で夕焼けをみると、せつない気分になるでしょうね。


また、続きを楽しみにしています。

エスカレーター

エスカレーターの装備は珍しくないですが。全員での乗下船って珍しいのじゃないでしょうか。たまに覗く某知恵袋の「フェリー」での質問内容に、同乗者の乗下船についてを見かけますので、ここら辺の疑問が多いのでしょうね。航路、会社、時期によって千差万別ですから、船社HPに記述は無いですし。

そうそう、徒歩乗船なのにエスカレータで1デッキ分上下して乗った船の思い出です。
まず搭乗橋なのに船内のエスカレーターに疑問を持ち、下船の時は下りで疑問は氷解したのですが。妹一家の家に着き甥っ子に挟まれて静かにしていたら、何やら・・・。クンクンすると「牛」の臭い(笑)、微臭ですから気付く人は少ないでしょうが、私は嗅ぎ分けました、船室は臭って無かったので、着いたのはエスカレーター?。
これを書いていた思い出しました、乗船時にエスカレーター周辺はかなり臭っていたなと。ただ、農村部育ちではないのですがこの手の臭いには慣れが有り、直ぐに無視します。

Re: No title

ゆうなぎさん、こんにちは。
この日はフェリーさんふらわあの昼行便があったのですね。
全くの下調べ不足で知りませんでした。
午後3時半なら仮眠している真っ最中だったと思います。
オレンジフェリーの乗船記はまだまだあります。
その他のジャンルの記事の都合上出していませんが、楽しみにしてください。

Re: エスカレーター

秋田利用さん、こんにちは。
エスカレーターがあるフェリーはオレンジ以外にもあると思いますが、これは非常に便利ですね。
http://blog-imgs-47.fc2.com/m/e/d/meduboat/120217-17.jpg
写真は私のブログに出てくる大阪南港の名門大洋フェリーの一般旅客のタラップですが、少し荷物があると結構しんどいのです。
お年寄りの方は大変だと思います。

No title

自称名門のタラップは今の時代には全くあっていませんね。
繁忙期はアレを数百人の人が使うと思うと。。

南港界隈では一番厳しい扱いだと思います。

乗船タラップ

苫小牧西港ターミナルが工事中です、確か二期に分けて三本有る経路全てを作り替える予定の筈です。夏の最盛期が終わってから工事に入り、終わるのは来年の秋?。
ターミナル開設から40年手付かずだったそうです、ビルの方はかなり前にエレベーター新設してます。
私の想像ですが、空港と同じで冬季の降雪期対策から覆いの有る通路を求めたからではないかと。ボーディングブリッジの導入は千歳が羽田に次いでかなり早い時期からですので。

Re: No title

こうじさん、こんばんは。
阪九フェリーが好きで好きでしょうがないまで読んだ・・・・と答えたらよろしいでしょうか?

冗談はさておいてもしも名門大洋フェリーの船がリプレースされるとしたら、オレンジフェリーや宮崎カーフェリーのようなエスカレーターが付いていると良いですね。

Re: 乗船タラップ

秋田利用さん、こんばんは。
実は苫小牧西港のターミナルを徒歩乗船で使ったことがありません。
ただし、記憶は非常にあいまいですが、太平洋フェリーのボーディングブリッジはバリアフリーを要求される現在では珍しく段差があったような気がしないでもないです。

RE:苫小牧西

曖昧な記憶を掘り起こすと、初っ端の段差がびっくりする位大きいです。ターミナルビル側に一段の大きな段差があって、コイツが先の暗示をしてます。確か、上り下りの簡単な段差が有ったように思うのですが、三つのバースそれぞれ会社が違い(多分)段差も違うような気がします。覚えているのは、太平洋フェリーで、乗船直前にもう一度階段が幾つか有った事です。
船側の都合(構造、大きさ)もあるでしょうが、新しいのは今のより間違いなく楽にはなると思ってます。

Re: RE:苫小牧西

秋田利用さん、こんにちは。
太平洋フェリーの船を見てみても、旧いしかり、きたかみはバリアフリーになっていませんね。
私の大好きなオレンジフェリーでさえ、乗船時に車椅子だとちょっとつらいです。

バリアフリーが注目されるようになったのは本当につい最近のことなのだと実感させられます。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR