FC2ブログ

富士重工 ラビットS601 点火時期調整

120902-2.jpg
最近アイドリングでややもたつく感じがします。
10年以上前にエンジンの分解修理を行ったとき以降、点火時期の調整をしていなかったため、週末を利用して点火時期の確認をして見ました。

120902-1.jpg
写真は整備するためにボディーを開けた状態です。







120902-3.jpg
エンジンを右側から見た状態です。
強制空冷ファンが見えますが、その中にポイントがあります。

120902-4.jpg
カバーを外すとこんな具合で見えます。
しかしタイミング調整が出来ない。ゲゲゲ、まさかファンシュラウドを外さないといけないのだろうか?と師匠のところに電話してみたら、やはりそうしないとダメみたい。

120902-5.jpg
そのファンシュラウドを外すには、どうもマフラーも外さないとダメみたい。
懇切丁寧に矢印のところ(マフラーの下の陰になっている部分)にもナットがあるのです。

120902-6.jpg
そのマフラーを外そうとしたのですが、この写真(車両の左側から見たところ)のように矢印のナットを外すのに、エアクリーナーボックスとかキャブも外さないとまともに作業スペースが取れないことも判りました。

120902-7.jpg
・・・ということで、マフラーを外したりしているのですが、結局バンパーも外さないと無理であることがわかりこんな状態になりました。

120902-12.jpg

120902-11.jpg
ここまで下ようやく点火時期のチェックが出来るのですが、ご覧の通り殆ど狂っていませんでした。

120902-8.jpg
このまま終わるのも何だかなと言う感じだから、多少のメンテナンス追加をしました。
このバイクのマフラーです。耐熱塗料をしっかりと塗っておいたのですが、10年もたつとご覧の通り。

120902-9.jpg
マフラーの消音のためにガラスウールを詰めておいたのですが、焼けて殆ど無くなっていました。

120902-10.jpg
そこで今回はステンレスウールを使うことにしました。
・・・と言っても実際使用したのはステンレスタワシ。昨今の事情を考慮して中国製でなく、多少お高い日本製を選びました。

120902-13.jpg
金たわしで錆を落とした後、耐熱スプレーをしっかりと塗っておきました。
本当は黒で塗りたかったのですが、たまたま近所のホームセンターでは品切れで銀色になってしまった次第です。

120902-14.jpg
ここまでしたら再び元通りに組み直して無事修理完了。
これで無事乗れるぞ!と思ったら…やっぱりどうも調子が悪いのです。
そりゃそうだ、今回の作業で調子の悪い原因を特定できたわけではないのです。
失火して、すとんとエンジンが止まるし、アイドリングが続きません。結構煮詰まってきました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

やってますねぇ。 
近い将来いつかきっとこのブロクを読んだスバルの広報から
新車のフォレスターと交換して欲しいと申し入れがあるかもです。


それとコープえひめでは何やらフェリーが安く乗れるそうです。
コープに入会していない民間人でも大丈夫とのこと。
http://www.coopehime.or.jp/service/travel/index.html

Re: No title

こうじさん、こんにちは。
ものすごく当たり前のことですが、乗り物は調子よく動かないとどうしようもないのですよ。
それからちょっと前にスバル360の部品を買いに近所のポルシェと一緒になっているスバルのディーラーに行ったら、(部品番号を調べて行ったのにもかかわらず)新車のカタログを渡されて「マニア同士で何とかしてください」と追い返されました。

コープえひめのフェリーの企画切符はすごいですね。
是非に利用したいものです。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR