FC2ブログ

平成24年8月 新日本海フェリーで行く北海道旅行 Vol.1

120820-1.jpg
毎年恒例にしている夏の北海道旅行の記録です。
今回も嫁さんのアシ車を利用することにしました。
夕方5時、何とか定時頃に仕事の目処をつけて午後6時頃社宅を出発です。

120820-2.jpg
向かうは何故か敦賀よりも遠い新日本海フェリー舞鶴ターミナルです。

120820-3.jpg
今回の旅行はフェリー泊を含めても6泊7日の旅行になります。
本当は敦賀-苫小牧航路に就航したすずらん・すいせんの新造船のそれぞれ両方に乗りたかったのですが、今回の旅行の日程だと往復ともすずらんに当たっていました。
ならば、往路は違う船に乗るために舞鶴航路を使ってみようと言うことになったわけです。

120820-4.jpg
1枚上の写真は東名高速道路に乗ったばかりの写真。この写真は一宮JCTを通過する頃のものですが、この頃にはとっぷりと日が暮れてしまいました・・・

120820-5.jpg
関ヶ原を通過する頃には真っ暗になっていまして・・やがて北陸道に入っていくのですが・・・

120820-6.jpg
私はてっきり敦賀ICで下りてそれから海岸線をエッチラオッチラ舞鶴に向かうものと思っていたら、何故か木之本ICで下りろとナビが主張するので、素直にここで下りてみることにしました。

120820-7.jpg
どこに連れて行ってもらえることやら・・と思っていると国道161号を経由してマキノ町を通過。
琵琶湖湖畔のバイパス道路を走っていって、途中国道303号で山の中に入って行って若狭湾に向かう経路(若狭街道)を案内してくれました。

120820-8.jpg
とりあえず山の中の人気の全く無い道の駅でトイレ休憩。
昔の宿場町だったようで、気候の良いときに一度再訪してじっくり見てみたい感じのところでした。
・・・とにかくこのあたりから舞鶴までは夜9時を回って殆どの商店も閉まっているのに釣り道具屋さんだけはコウコウと電気をともして営業しているのが印象的でした。
若狭湾での釣りを楽しむフィッシャーマンを当て込んでいるのだと思います。

120820-9.jpg

120820-10.jpg
そうこうしているうちに午後10くらいには新日本海フェリー舞鶴ターミナルに到着です。

120820-11.jpg
今回乗船するのは「あかしあ」。
舞鶴港から乗船するのは今回で3回目。
「はまなす」・「あかしあ」組みのフェリーに乗ったのは前回がこれのとき(詳細はこちらをクリック)で、それ以前が何だったか全く記憶にありません。
ブログで旅行記を作っておくと当時のことを鮮明に思い出すことも出来るから、続けられるかどうかも分からなくて不安混じりにはじめたこのブログもそれなりに意義あるものだったのかなと思ってしまいます。

120820-12.jpg
私は「らいらっく倶楽部」に入会しているので事前にクーポン券を買っていました。
搭乗手続きをとるためだけに窓口に並びます。

120820-13.jpg
今回も使うのはスウィートルーム。
去年使ってみたヴィーナストラベルの企画商品である「味わい紀行」の印象が非常に良かったため、今回も使うことにしたのです。

120820-14.jpg

120820-15.jpg

120820-16.jpg
切符を発券してもらって乗用車を乗船レーンに駐車したら後は船の撮影です。
今回往路は天候にも恵まれて殆ど揺れないことが予想されたので、この時点でワクワクしていました。

120820-17.jpg
午後11時30分頃になると一般旅客の乗船開始です。
子供はガァガァ寝ていたため、元気だったのですが、嫁さんは背中に疲れが見えていました。

120820-18.jpg
午後11時45分、私も乗り込みます!

120820-19.jpg

120820-20.jpg
蒸し蒸しとうだる車両甲板を下りたら客室へ。

120820-21.jpg
狭い通路を歩いていくと・・・

120820-23.jpg

120820-22.jpg
ここにたどり着きます。

120820-24.jpg
嫁さんたちが先に入っているはずなので、インフォメーションにチケットを見せるだけしてエレベーターで最上階に上がりました。

120820-25.jpg

120820-26.jpg
特等室(今はデラックスA)、スウィートルームエリアの廊下の色はサーモンピンク。
何となくおれんじ7の特等室エリアの廊下(詳細はこちらをクリック)を思い出しました。

120820-27.jpg
部屋は001、「うすもの」です。「うすもの」とは一体何なんでしょうね。

120820-28.jpg

120820-29.jpg
やれやれ、やっと着いた。

120820-30.jpg
開けてみるとこんな感じ。

120820-31.jpg
ドアから部屋の中が丸見えにならないようにしてあるようです。

120820-45.jpg
部屋に入って最初に目に飛び込むベッドはこんな感じ。

120820-47.jpg
角度を変えたらこんな感じ。

120820-32.jpg
ベッド側からリビング側を見るとこんな感じ。

120820-33.jpg
リビング側から入り口を見るとこんな感じ。

120820-46.jpg
そこにはインスタントながらコーヒーと紅茶、あと日本茶のティーパックも置いてあります。

120820-34.jpg
上の写真のテーブル側から写真を撮るとこんな感じです。

120820-35.jpg
トイレと浴室は別々になっていて・・

120820-36.jpg
お風呂はこんな具合です。

120820-37.jpg
カーテンを開けるとこんな感じで真っ暗な外が見えます。

120820-38.jpg
テラスも広々。

120820-39.jpg
明日は晴天のはずだからソファーから眺める外の景色が楽しみだなぁ。

120820-40.jpg
そんなことを思いながら、とりあえずビールを買いに外に出ました。


120820-41.jpg

120820-42.jpg

120820-43.jpg
売店に入って撮った写真はこれだけ。
もう疲れてしまってカメラの目線さえ下がり気味でした。

120820-44.jpg
部屋に帰って嫁さんと乾杯。
部屋に戻る足取りさえずっしりと重く、わざわざビールを飲まなくても爆睡出来たはずですが、大切な儀式の1つと思って乾杯しました。
                                  この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

カーナビは恐らく距離優先でナビをしたのでしょうね。
山越えだとその道になります。
昼間ならそれなりに運転していても楽しい道なのですが。

スィートルームは羨ましいな。
写真に写り込むポップなキャリーバッグがその気配を感じさせてくれますw

ベランダの床がウッドなのが贅沢ですね。

各種

本日(9月12日)のニュースです。岩見沢が31年前を思い出すほどの水害に見舞われて昼前では詳細が分からないほどです。31年前とは浸水域が違いますが、住宅街がどっぷりと茶色になってました。流域の水害対策はまださほど進んでいない所があるんです、水路を造る造らないで議会が紛糾したからで、やっと手をつけ始めたりしてるんです。バカでかい事務所を建ててますが、ほぼ宝の持ち腐れ。

カーナビは持っていないのですが。「乗り換え案内」に従う事が有ります、着時刻指定の逆引きは意外と人間は苦手だったりします。ただ、特急(快速)の停まる駅で乗り換えて普通に乗り特急料金を安く済ませる方法は無理(笑)。それと、途中下車。敦賀に向かう時は長浜が途中下車するいつもの駅でした。今は、快速の運用が変わったので無理かもしれません。夜に大阪方面から北陸方面に向かう普通は長浜乗換えが必須でしたので。

一時、某掲示板(もう無いですけど)が賑やかしの元になったのが、発時刻。クーポンには「集合時刻」が書いてありますが、ネットだけで済まして、利用方法を熟読しない輩がやらかしたらしいです(詳細は不明ですが)。一日前なら、空きが有れば乗せれます、過ぎてしまったら…。笑ってしまうほど怒っていたのですが、それはあんたが…。
事務長・パーサーからもチラッと聞いてますが、割愛。

クーポンの下の紙に大注目です、昔は渡されませんでしたね。これも、掲示板の賑やかしの元でした。「ライトを消す、窓を開ける」は当たり前のこんこんちきなのですが(爆)。乗船前にチケットのチェックを受けたら窓を閉めて走っていきますからね。

おっ、子供の姿が。まだ夏休み中ですから、混雑を避けたパターンでしょうか。

舷側だからカーテンを引かないでも良いのでしょうか、まあ船によって違いが有りますからね。
冬は揺れるのが分かってますから、スイートルームが一番良い位置じゃないでしょうか。船首に近くても前方が見れるのはごく僅かな期間ですから。

ティーバッグ(←注目)が物議ほどではないのですが、ゴミを嫌ってか「粉末茶」になっていて憤慨しているお方がおられました。最近のお茶は美味いと思うのですが。
おっ、ちらっとみえる容器は某業界では「ドブ漬け」なる名称を使ってます。製氷機がキッチンに有りますから氷水で冷やした方が冷蔵庫より早い?。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。
琵琶湖の北側の町もいつかぶらぶらしてみたいと思っています。

フェリーの旅行のときだけは思いっきり贅沢をしていますよ。
新車の乗用車をぽんっと1台買った値段で北海道まで何往復もスウィートで往復できるから、今ある車を壊さないように乗っています。

Re: 各種

秋田利用さん、こんにちは。
5年位前に始めてポーダブルナビを買いました。現在も地図を更新して軽自動車につんで使用しています。
こちらは突拍子も無い案内をしますが、嫁さんの車に搭載したナビは優秀です。
僅か3年程度の差なのですが、すごく進歩したと思っています。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR