FC2ブログ

平成25年9月 BMW E46 318i 車検 

130905-1.jpg
嫁さんの車の車検のときの記録です。職場の駐車場に乗り付けているときの写真から始まります。

130905-4.jpg
特に不具合を感じて居なかったのですが、万一何か指摘されたときのために最低限の工具は車に積んでおきました。





130905-2.jpg
陸運局は浜松ICの直ぐそばです。
職場からも遠く無いので助かります。

130905-3.jpg
車検のときにそろえる書類は前回の車検の記録を参照(詳細はこちらをクリック)。

130905-5.jpg
はー、何回受けても緊張する。
実は今回はちょっと忙しくて何も事前にチェック出来ていませんでした。
まずコースに入る前に検査員がやってきて、燈火類、ホーン、ワイパー機能、エンジン形式と車体番号などのチェックを行います。

130905-6.jpg
そしてコースの中に・・・
まずは排ガス検査。

130905-7.jpg
だぜ。
ここで落としてしまうとインジェクション仕様の車は素人にはどうしようもありません。
プラグコードや点火プラグの交換で済むのなら良いんですけどね、それでなければなにか明らかに異常があるということになります。

130905-8.jpg
次のサイドスリップテスト。
黄色く囲っているところを前輪が通過するときにハンドルを触ってはいけません。
私の車はトー調整が国産車と違うようで、普通だとここで×がでます。

ブレーキテスト、スピードメーターテストはいろいろと忙しいので写真なし。
コツは渾身の力でブレーキを踏み抜くつもりでブレーキを掛けること。スピードメーターは・・・説明の仕様が無いので、見学者コースから皆がどのようにしているのかよく見ること。


130905-9.jpg
光軸テストです。ハイビームにしておきます。
気になるときは車から降りておくと良いです。(光軸が微妙に変わるため)

130905-10.jpg
だぜ。

130905-11.jpg
すべて合格のマークが付きました。

130905-12.jpg
最後にコースの脇にある小さな事務所で書類を提出して総合審査を受けたら検査はおしまい。
総額6万円弱で車検終了となりました。







130907-1.jpg
・・・と言う事で、後日ようやく整備に入ります。
まずは夜勤明け少し早く社宅に帰った日にオイル交換。

130907-2.jpg
お高い化学合成オイル指定なので素直にしたがって化学合成オイル(の中でも比較的安かったものを購入)4リットル入れました。

130907-3.jpg
走行距離180000キロですな。
実は車検場で検査員の方が書類に書き込んだ走行距離を「1万8千キロですね。」と訂正しようとしました。
そこまで走っている一般乗用車も多くは無いのでしょう。
この日は忙しくてこれだけでお終い。

120711-1.jpg
さらに週末、必要なことだけはとしておくことにしました。
実は嫁さんの車にワックスをかけるときは必ずエンジンルーム内の目視点検をするのですが・・・

120711-2.jpg
この写真の中心部エンジンブロック部分を執拗に覗き込んでみると・・・

120711-3.jpg
ヒーターホースがつながる部分に冷却水の漏れた跡がありました。

120711-4.jpg
冷却水の量をチェックしてみるとちょっと減っています。
オレンジ色のスティックが一番下まで下がっています。
この車は今まで散々冷却水漏れに悩まされて、結局水周りはすべて交換したはず。

130914-1.jpg
まずはジャッキアップ。

130914-2.jpg
うーん、どうだかなぁ?と思いながらまずはラジエーターの栓を開けてみると少ししか冷却水が出てきません。

130914-3.jpg
そこでサブタンク側の栓を開けてみるとようやく冷却水が出て来ました。

130914-4.jpg
サブタンクが空になってからラジエーターの栓を開けなおすとこちらからも出て来ました。
そういうものでしょうか?誰か教えて欲しい。

130914-5.jpg
それでは新しい冷却水を入れなおします。
そのままだと2リットルしか冷却水が入りません。


130914-18.jpg
したがってヒーター全開にして近所を走ってエア抜きをしました。
冷却水の温度がレッドゾーンに飛び込んでいます。(足りないのだから当たり前です)
エア抜き出来たらさらに2リットル入りました。

130914-6.jpg
私は油脂類の添加剤はあまり信用していません。しかし、ラジエーターの漏れ止めだけはあきらかに効果があるのだそうです。
これは以前冷却水漏れの相談を時々お世話になる工場にしたときに売ってもらったもの。
ワコーズでなくても良いと思います。

130914-7.jpg
ラジエーターキャップの確認です。
BMWのものは振ってカラカラ言えばOKだそうです。
余分な圧力を逃がす作用を持つのでカラカラ音が聞こえないものは中が固着しているから交換する必要があると聞いた事があります。

130914-8.jpg
それではブレーキ周りに入ります。

130914-9.jpg
タイロッドエンドブーツを確認すると亀裂が入っていました。次回の車検までには交換する必要があります。

130914-10.jpg
いつものワンマンブリーダーを装着します。

130914-13.jpg
キャりパーのニップルを緩めてガッツンガッツンブレーキを踏むとブレーキオイルがでてきます。
元々は透明だったブレーキオイルがこんなに変色するからやはり2年で要交換だと思います。

130914-11.jpg
補充するブレーキオイルの種類はマスターシリンダーに書いてあります。
この車はDOT4。

130914-12.jpg
ちなみにブレーキオイルはJISマークが入っていれば何でもOKだとおもいます。
わざわざアフターマーケットの異様に高いものを入れなくても良いはず。
ただし、保管に関してはこの通り。密閉しておかないと水を吸収して劣化します。

130914-14.jpg
リアのキャりパーからオイルを抜くときについでにマフラー、ドライブシャフトブーツの点検もしました。
FRであればまずブーツが破れる心配はありません。マフラーも異常なし。
18万キロ走ってもまだリアのサイレンサーも破れていないのは大したもの。

130914-15.jpg
ちなみに車検が終わった後、最後の役目を果たしたとばかりに左のヘッドライトも切れました。

130914-16.jpg
カーショップをチェックしたら特価品が見つかりました。
片方だけ新品にすると古い方が直ぐに切れたりするので両方とも交換です。

130914-17.jpg
車両が古くなるとプラスチックの先導部分の動くが渋くなるので事前にシリコンスプレーを吹いておけばバチンとはまりました。

130927-2.jpg
これで無事また2年間乗ることが出来るだろうと思います。

ユーザー車検の記事を出すたびに書いていると思いますが、何もしなくても陸運局の検査ラインで合格したからといってそのままの状態で乗り続けるのは危険だと思います。
本来このように車検を済ませた後に整備をするのもよろしくないとは思いますが、乗りっぱなしは危険であることを啓蒙した方が良いと思って出しておきました。


前回のオイル交換から今回のオイル交換までに以下の旅行に行ってきました。


平成24年11月 渋温泉旅行 詳細はこちらをクリック

平成24年12月 舟遊プランでクリスマスクルーズ! 詳細はこちらをクリック

平成25年1月 寸又峡温泉と井川渡船 詳細はこちらをクリック

平成25年3月 オレンジフェリー 勝手にワンナイトクルーズ 詳細はこちらをクリック




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

うちも11月に車検が切れます。 
15万ぐらいかかりそうでう

Re: No title

こうじさん、おはようございます。

試しに予約を取って陸運局に持って行ってみたらいかがでしょうか?

No title

こんにちは、今日検査場へ行って車検お書類を買ってきました。
近所のテスターやで事前検査した所、光軸の調整をしただけで
後はOKでした。

14日に金沢の友人の店でタイヤを交換するのですが、
その後にユーザー車検チャレンジしてみます。

ラジエタークーラントが減ってました。水を1l位入れましたよ。
フィルター類とオイルは交換済で、後はブレーキオイルぐらいでしょうか。

またいろいろ教えて下さいませ。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。

ブログの記事には書かなかったのですが、嫁さんのBMWはトラクションコントロール(TRC?横滑り防止装置)が付いています。
これをキャンセルしないとスピードメーターテストでテスターの上でタイヤを回すことが出来ませんでした。
キャンセルボタンがありますから、事前に確認してくださいね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR