FC2ブログ

平成24年7月ホンダビート車検整備

120707-1.jpg
平成24年7月の整備記録です。
8月には車検が切れるので、そのための整備と車検の様子をまとめてみました。

120804-7.jpg
平成21年に購入したときからエアエレメントは交換していなかったので、交換する事にしました。
前回の整備のときにプラグがカブリ気味だったのも気になったからです。
長距離走行だと20km/l以上に燃費が伸びるので、大丈夫だと思ったのですが・・・事の顛末はこの記事を読んでいくと分かります。
120804-1.jpg
エアエレメント交換は多少面倒くさいです。いちいちこの黒いカバーを外す必要があります。

120804-2.jpg
この黒いカバーを外すとエレメントケースが出てきます。

120804-4.jpg
まるでバイクのようだと表現される3連スルットルのインテークです。
バブルの頃はたかだか軽自動車ごときにこんな装備をおごることが出来た浮かれた良い時代だったんでしょうね。

120804-5.jpg
ちょっとエンジンオイルが溜まっていました。
これは多分ブローバイガスと一緒に入ったものがだんだん溜まっていったのだと思います。
過走行だったり、オイル管理が悪かったりするとこのオイルのたまり具合が酷くなるとか。
自分の車はどうなんでしょうね。3000キロごとのオイル交換では殆ど減っていないように見えますが、まだまだ分かりません。

120804-6.jpg
奇麗に掃除をしておきました。

120804-3.jpg
ケースを開けてエレメントを見たら汚い、汚い。

120804-8.jpg
新品と比較したらこのくらいの差があります。
エレメントのチェックは基本中の基本だと思いますが、いつでも出来ると思うといつまでもしない事があります。
自分がそういう良い加減をしないように気をつけているつもりですが、こんなポカミスをしてしまいます。
では、次は足回りのチェックをします。

120707-2.jpg
我が愛車は平成21年5月に購入しました。この時点で18年落ち。メーターも交換暦のあるいわゆる走行不明車両です。これまでの3年間特に大きな異常は無かったのですが、念のために事前にブレーキパッドだけ購入しておきました。
HAMPとはホンダアフターマーケットパーツの略称です。台湾製でした。

120707-3.jpg
足回りのチェックをします。ホイールキャップが付いたままだと車検ラインに入れないのでこれを機会に外しておきます。

120707-4.jpg
購入した時点で車載工具は失われていたので、この十字レンチを助手席のマットの下においています。
せいぜい車検のときしか使わないので安い工具でも良いと思ったのですが、悩んだ末結局日本製(JISマーク入り)を購入しました。安い工具の倍以上しました。

120707-5.jpg
先にタイヤのボルトを緩めてからジャッキアップ。
素人整備だからこそ基本に忠実にタイヤを下にひきます。

120707-6.jpg
フロントブレーキローターをチェック。
殆ど磨耗が無いようで、段差がありません。

120707-7.jpg
ブレーキのキャリパーを外してみます。

120707-8.jpg
キャリパーからのオイルの漏れもなさそう。ブーツの破れ、ブレーキホースの亀裂もなさそう。

120707-12.jpg

120707-9.jpg
パッドの厚みもかなりあって、交換の必要はありませんでした。
とりあえず角を削って鳴き防止のための養生をします。その後はブレーキグリースを扇動部分にちょっと塗って組みなおします。

120707-10.jpg
ブレーキマスターシリンダーです。時に異常なさそう。
ブレーキオイルはDOT3か4を使うように書いてあります。
その他のベンツやBMWやスバル360にも共用して使えるDOT3を選んで使っています。(多少安いし、DOT4でないとまずいような激しい運転はしませんので)

120707-11.jpg
ブレーキオイルの抜き変えの準備です。
このワンマンブリーダー、我が家では大活躍しています。

120707-13.jpg
フロント側が終わったら、次はリヤ周りです。

120707-14.jpg
同じようにブレーキ周りをチェックしますが・・・

120707-15.jpg
ローターもパッドも殆ど減っていませんでした。
もしかしたら私が購入する前のオーナーが交換したのかもしれません。
となると幌も新品交換、ブレーキ周りも消耗品を交換した状態で車両価格が38万円は良い買い物だったかも。

120707-16.jpg
リヤのブレーキオイルの抜き替えをしておきます。
2年前の車検の後に交換しておりましたが、古いオイルは少し茶色く変色していました。
いつまでも交換しないでおいても大丈夫かもしれませんが、キャリパーのピストン周りにサビが出たり、傷が入ったりで大きな出費にならないように最低限このくらいはするべきだと思います。

120707-17.jpg
前回交換したマフラーです。なかなか格好が良いと思います。

120707-18.jpg

120707-19.jpg

120707-20.jpg
ついでにといっては何ですが、冷却水も交換しました。
フロントラジエーターから抜いただけですが、だいたいこぼしてしまった分も含めて3リットル交換できました。(ビートの冷却水は5リットル入るはずですから、これも2年に1回交換すれば冷却水路にサビを呼ぶことはないと思っています。)

以上簡単な車検整備の報告でした。 次回は車検の様子をアップすると思います。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

僕もパットやローターの摩耗が気になるので
できるだけブレーキを踏まない運転を心がけています。

昨日x3で240kmぐらい高速を走ってきたのですが、
13.1km/lでした。

以前乗っていたオデッセイのcvtなら14km/lは確実に行きます。

Re: No title

こうじさん、こんにちは。
急ブレーキをかけないような運転に心掛けることは大事ですね。
でもBMWのブレーキローターはパッドとともに良く減りますよ。そういうもののようです。
日本国内メーカーであるディクセルからBMWのブレーキパッド・ローターとも安価な社外品が出ているようです。
純正にこだわらなければこれで充分と思います。
(ヤ○フオクで良く出品される純正タイプを謳う部品は中華製などの粗悪品である事があるので要注意ですよ。)
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR