FC2ブログ

平成24年4月 太平洋フェリー・新日本海フェリー乗船記 VOL5

この記事はこちらからの続きです。

120415-131.jpg
新潟港着岸直前の写真です。
夏休みシーズンだと北海道から乗船して新潟で下船するお客さんが多いのですが、この日はパラパラとしかいませんでした。
ブログを初めて3年弱、初めて私を捕捉した親子連れの男性もここで下船しました。
「ひょっとしたら太平洋フェリーで仙台まで行って、今日は敦賀まで帰ってそのまま仕事ですか?」と尋ねられました。「そうです。」と答えると笑っていましたが、きっと変わった人だと思ったんだろうな。

120415-132.jpg

120415-133.jpg
新潟港着岸の間に風呂に入ることにしました。
このように誰もいません。

120415-134.jpg
どうでもいいけど、突然にスリッパの写真を載せます。
これはスウィートルームのお客さん用のスリッパです。青の使い捨てのスリッパです。
かつて3回この航路を利用しましたが、そのうち2回入浴中に盗られました。
その他のクラスの備え付けのスリッパが同じ青のスリッパなのですが、下船時持って帰るつもりだったんでしょうか?スリッパくらい他人が履いたものを盗っていかないで、買いなさいよと・・・

120415-135.jpg
そういった理由からこの時間帯にお風呂を利用したのですが・・・そうこうしているうちに出航しました。

120415-136.jpg
出航のときはこのように手を振ってくれます。スマイル(及び手を振る)0円の良いサービスです。

120415-137.jpg
これまでの寄港便を利用した旅行では、新潟で大勢が下船して急に船内が静かになってしまって、もう直ぐ旅行も終わりなんだとしんみりしたものですが、今回は新潟から敦賀へ3組くらい(計50人以上)ツアー客が乗ってきました。
よって急に船内が賑やかになりました。

120415-138.jpg

120415-139.jpg
日が傾いてきたなぁ。真夏だと暑かったんだろうけど、この時期に右舷側の部屋でくつろぐことが出来るのは良いかも知れない。

120415-140.jpg
時刻はこのくらい。

120415-141.jpg

120415-142.jpg

120415-143.jpg

120415-144.jpg

120415-145.jpg

120415-146.jpg
この間僅か10分。夕日が沈むのも見ることが出来ました。
陸上にいるときは絶対にしないような時間の過ごし方だと思います。

120415-147.jpg
とうとう夕食の時間になりました。

120415-148.jpg
この旅行最後の夕食です。

120415-149.jpg

120415-150.jpg
夕食もメニュー変更がなされているから楽しみです。

120415-151.jpg
先に載せておきますけど、これは子供用の夕食。
微妙に彩が悪いような・・・卵は多分おでん用のやつだな。
でもテンプラ類は揚げたてのようでした。今回は新潟を出た後のほうがレストラン利用者もはるかに多く、テンプラ類は揚げたてのものを出していたようです。(グリルに入る前にレストランの中をチラ見して確認済み)

120415-152.jpg
でも、スープとデザート付きです。
子供も良く食べていました。

120415-153.jpg
そうこうしているうちに食事が出てきました。
◎六華堂です。

120415-157.jpg
・珍味三種 ツブ山葵和え 烏賊鱈子合え 季節の流し豆腐(よもぎ)

120415-159.jpg
・造り さより 野菜巻き 北海甘海老 あしらい色々

120415-156.jpg
・焼物 出し巻き 鰆柚庵焼き 鶏山椒焼き はじかみ すだち添え

120415-158.jpg
・煮物 ビーフシチュー 青味添え

120415-154.jpg
・蒸物 雲丹クリームシューマイ 桜麩 青唐添え

120415-155.jpg
・酢物 小鯛笹漬け 錦紙巻き 蛇腹胡瓜 若芽添え 黄味酢掛け

120415-160.jpg
◎主菜 「季節の山菜・野菜の天麩羅」
     (たらんぼ、蕗の薹、蕨、姫竹、グリーンアスパラ)抹茶塩、レモン添え

120415-161.jpg
◎食事 笹寿司(烏賊、帆立、かに棒身) 甘酢生姜添え

120415-162.jpg
◎椀物 あさり汁 青味 万能葱

120415-163.jpg

120415-164.jpg
◎水菓子 ・バニラアイス ベリーソース 

大変美味しくいただきました。

120415-165.jpg
そして部屋に戻るわけですが、ちょうど夜の映画が始まっていました。
子供も喜んでみようとしていましたが、対象年齢が高すぎて意味が分からないことに直ぐに気付いたのか僅か3分程度で部屋に戻っていきました。

120415-166.jpg
後で調べてみたらフランス映画だったようです。
始まったときは10人くらいが見ていましたが、ユーモアのセンスが日本人と違って分かりにくいのか、一人去り、二人去り・・・映画が始まって1時間もたたないうちに観客は私だけになりました。
120分くらいの映画ですが、110分くらいを我慢して見ると残りの10分くらいで感動する映画ではありました。

120415-167.jpg
部屋に戻ってみたらこの寝顔。
サッポロドライを1本買って来て嫁さんと乾杯して就寝としました。

120416-1.jpg
そしてこれは翌朝午前4時過ぎくらいの写真です。

120416-2.jpg
東側を見ると少しだけ明るいかな?という感じです。

120416-3.jpg
シャワーを浴びて目覚ましのためにコーヒーを頂きました。

120416-4.jpg
寄港便の船のスウィートルームのリビングとベッドエリアを仕切る透明な板はこのような面白い反射の仕方をします。就寝時に気付きました。

120416-5.jpg
敦賀港内に入ってきました。

120416-6.jpg
この夏に引退する直行便の船が沖出しをしていました。

120416-7.jpg
まもなく着岸です。
車両甲板に降りることにします。

120416-8.jpg
敦賀港着岸時には「本日ご同乗のお客様も一緒に下船できます。」と放送がかかりますが、多分は毎回のことだと思います。

120416-9.jpg
下船して、北陸道を米原に向かって走っていくのですが、米原までの道すがらの桜は満開でした。

120416-10.jpg
いつもの浜名湖付近の写真ですが、1週間前と違って(詳細はこちらをクリック)既にみどり桜に変わっていました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

寄航便だとないでしょうが、直行便だと翌日の湯船はザネンなことになっている場合が多いです。
私が見た「使い捨てスリッパ」は白でしたね。何時だったか、下船前にたむろしていたらゴミ箱に白いスリッパが山のようになっていてゲンナリしました。多分団体ではないかと。
スリッパ確保ですが、脱衣籠を利用すると良いです、これも何処だかでやっている人を見ました。清潔は別として、盗難防止には有効。

信濃川の海寄り河口に排気塔が有るのに気付きませんでしたか。国道が地下トンネルとして存在します、車で行った時に走りました。排気塔は展望室と国道の地下歩道への連絡エレベーターシャフトと兼用になってます。実際に歩道は歩いたし、展望室からはフェリー出航と日の入りの同時撮影に成功してます(たまたま)。

特等室とスィートルームには当てにならない(時刻だけで位置特定なので港が違う)現在地モニターが有る筈なのですが、どうでした。
5時半着だと少し楽でしょう、U-BOATさんは早起きだからそうでもないかもしれないですが、1時間早い4時半着だと回りは真っ暗、そして眠気も(爆)。交代勤務や早出の経験から気合で歩き回りますが、到着の1時間前に二等寝台の同室者にやられた柑橘類の臭いには参りました(笑)。ドアの開閉だけで効果絶大なのに、鼻への攻撃ですから(謎)。

「沖出し」は直行便の月二回の休航日(概ね、変動あり)だからですね。ダイヤ表で確認しました、時間が長いと割と離れたところに臨時着岸するようです。気比の松原から見える辺りです、これもドッグ入りの臨時ダイヤ設定便に乗る時に見かけています。

                                 今回も長くなりました、では

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。
新潟港の港外付近に妙な構造物があるのは気付きましたが、それが何かまでは全く知りませんでした。

寄港便の敦賀行きが週1便になってもう1年くらいなるのですが、個人的にはしらかばの内装のほうが好きなので、それが来てくれないのは残念です。

No title

こんばんは、昨日の台風は大丈夫でしたか?
大阪はくるくる詐欺で台風はいつも避けてくれてます。

昨日マリントラフィックを眺めていたのですが
瀬戸内海が凄いことになっていました。

西日本のフェリー大集合といった具合で、回送や係留の
船がものすごく多かったです。

普段太平洋にいるみやざきエキスプレスとさつまが豊後水道にいたり
またオーシャン東九フェリーののーすが鳴門海峡を越えて今治沖にいました。

いつも食事の記事でビールを一杯やっていらっしゃる写真がほっとした空気が
伝わってきます。ボートさんはビール党ですか?

フェリー浴室

入浴の時間は、なかなか通です。ばっちんぐしたとしても一人二人位でしょうかね。

良い時間帯をねらいますね。私も同じです。旅館でもついて直ぐか、深夜2時から5時の間くらいを狙って入ります。
静かで、ゆっくり出来るんですよね。 ただ、清掃時間と重ならないようチェックインの時に男女入れ替えや清掃時間を聞いておきます。

それとフェリーの朝食におかゆさんはこれまた良い選択。消化もいいし・・・。もたれない。 力仕事を控えているときは持ちの良いご飯でしょうけど。笑。
 食事の内容も船による違いがあって面白いだけでなく大変参考になります。ただ、出来るだけ食品添加物の少ないものをお子さんに与えてあげて下さいね。もちろんあなたがたお二人も・・・。。。

Re: フェリー浴室

サッピエロさん、こんにちは。

この旅行の帰りの新日本海フェリーの時は、海も非常に凪いでいて快適でしたよ。
寄港便で敦賀まで行くのはゆっくりできて良いのですが、朝そのまま浜松に戻って職場に向かうので、その時ばかりは現実に引き戻されて悲しくなります。

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR