FC2ブログ

平成24年3月 阪九フェリー 乗船記 VOL.2

この記事はこちらからの続きです

120331-56.jpg
最近は借りた部屋の鍵を開けたり閉めたりするのは子供の役目です。少々待ち長いです。

120331-52.jpg
レストラン横のプロムナードでは持ち込みの食事を食べている人も大勢。

120331-53.jpg

120331-54.jpg
経済的にはスーパーかどこかの298円とかで売っている格安弁当を買って済ますのが一番なのかもしれませんが、移動時間もまた旅行の思い出ですから贅沢をします。

120331-55.jpg
そんな贅沢が出来るのはこいつがあるおかげ。
今回旅行と次の分を合わせて購入したら2000ポイントに到達して2万円分の金券を頂くことが出来ました。

120331-57.jpg

120331-58.jpg
レストランに入ってすぐのところに子供が喜びそうなメニューが置いてありました。
子供をうまく引き込んで家族連れ丸ごと引き込む作戦だろうか・・・??

120331-59.jpg

120331-60.jpg

120331-61.jpg

120331-62.jpg
どれもこれも彩(いろどり)が良くて迷ってしまいます(嬉)。

120331-63.jpg
個人的には野菜がたくさん欲しいのでこれだけは自分でチョイスして、あとは嫁さんに任せました。

120331-65.jpg
野菜は好きなだけ取って良いので、恥ずかしげも無くこんな感じに取りました。
最後の会計のとき、レジの女の子がまじまじと見るのさえ我慢すればいいのです。

120331-66.jpg
嫁さんが選んだのは、スキ煮風と。

120331-69.jpg
トリ南蛮。

120331-64.jpg
あとはいつもの野菜鉄板。

120331-70.jpg
汁物だけは私の要望を取ってくれました。
先の張り紙にもあった溶き卵入りのトマトスープ・・・何か写真と違うなぁ・・・と思ったらどうやら最後に溶き卵を入れるのを忘れたらしい(見本の写真はこちらをクリック)・・・次回の課題だな。

120331-67.jpg
今回子供が選んだのは阪九フェリーの作戦にハマって直ぐにハンバーグを選んで・・

120331-68.jpg
しかもおでんも食べたいと言い出したのでこんな感じ。

120331-71.jpg
出発の日のお昼は各人パンを2個だけに抑えていたのですが、さすがにお前一人では無理だろうと思って見守っていましたが・・・

120331-72.jpg
食べてしまいました・・・すげぇなぁ、おい。

120331-74.jpg
・・・とにかくすっかり満腹になって外に出ます。

120331-75.jpg
ちょうどその頃明石大橋をくぐる時間になりました。

120331-76.jpg

120331-77.jpg

120331-84.jpg

120331-78.jpg

120331-79.jpg

120331-80.jpg

120331-82.jpg

120331-83.jpg

120331-85.jpg
前回の旅行で瀬戸大橋を見逃したこと(詳細はこちらをクリック)を考えると、やはり瀬戸内海の長距離フェリーの乗船記には橋の写真は欠かせないな。

120331-86.jpg
そして左舷側からジャンボフェリーがやってきました。

120331-87.jpg

120331-88.jpg

120331-89.jpg
何か、最近になって客室を増設したらしい。明石大橋に負けないで、頑張ってくれい!!

120331-90.jpg
・・・と、私だけ外に出て写真を撮ったりしているうちに人形劇が始まったようです。

120331-92.jpg
結構大勢が見に来ていました。
こんなことを言っては何ですが、フランス独特の漫画(そういうものもあるのです)なり劇なりは日本人の感性では一体何が面白いのだかわからないものが多いのですが、子供は楽しめたようです。

120331-91.jpg
アンケート用紙が置いてあるところに北九州市内に置いてあるフリーマガジンの「雲のうえ」が積んでありました。
この雑誌はあまり広告も多くなくて、北九州市の文化が良く分かる面白い本です。気付いた人は手にとって読んでみたら良いと思います。

120331-93.jpg
子供向けの折り紙もちょっとだけ頂きました。

120331-94.jpg
部屋に戻ってパイシューとコーヒー(このときはキャンペーンで総額400円のところ300円になっていました。)を頂いた頃には午後9時近く。

120331-95.jpg
子供もはしゃぎすぎて疲れたようです。
眠ることにしました。

                                この記事の続きはこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

おはようございます。 阪九フェリーマリンクラブ2000ポイントは
凄いですね。僕はまだ会員ではないです。。

ジャンボフェリーは最近小豆島にも寄港することになってから
業績が右肩上がりだそうです。

以前よくうどんを食べにゆくのに乗っていました。
早朝出発の便は瀬戸内海の景色を堪能できてとてもいいですよ。
明石海峡大橋のところでさんふらわあと反向もあります。

No title

車のキーレスエントリーが存在しない頃に見掛けた光景です、父親が小学生の子供に鍵を渡してドアを開けさせてました。

私が学校に上がる前にやらかした失敗です。父の職場の慰労会?に着いて行った先の旅館での事です、宴会に付き合い切れないチビは館内の探検に出掛けました。エレベーターなぞ「へへっ」と乗れると思ったら大違い、元のフロアが判明しません(字が読めない)。上下を何回かした時に仲居さんと乗り合わせ窮状に気付き、「どこから来たの」と聞かれたと思うのです。すると返事は知っている単語をくっ付けた変てこな内容だと思うのですが、「ああ、○○階ね」と教えてくれたのでした。エレベーターを降りて少し歩いたら、宴会場から聞こえる喧騒が記憶している内容だったのでホッとしたのでした(笑)。
これがあったせいか、寝た事も、翌日の朝食も全く記憶に残ってません。

Re: No title

こうじさん、おはようございます。
阪九フェリーのマリンメイトクラブカードは乗用車込みだと上等級への変更差額が半額になるし、20万円分使うと2万円分のギフトカードをくれるし、下手なデパートの友の会よりもはるかにお得だと思います。

ジャンボフェリーが小豆島寄港を開始して業績を上げたということは既存の航路の業績が下がったということは無いでしょうか?
たちまち小豆島への観光客が増えるというのも考えにくいです・・・

Re: No title

秋田利用さん、こんにちは。
自分の子供の行動を観察したいると、そういえば自分も子供の頃こんなことをしたかな?と思うことが多々あります。
子供の頃はフェリーに乗ったことは全くありませんが、現在フェリーに乗って小さな子供がドタバタ走り回っていても我慢するようにしています。何せ私も子供の頃落ち着きが無くて公共の場でドタバタ走り回った記憶があるからです。

No title

関西から小豆島へはさんふらわあが年末年始、夏休み、gwに
季節便を運行していました。

ジャンボが定期運行を始めてたので
さんふらわあは撤退しました。

さんふらわあは別府航路の合間運航で欠航が多く、
定期便で無かったこととが利用者にとっては使いづらかったと思います。

運賃はジャンボのほうがはるかに安いです。
定期便復活で小豆島への観光客は確実に増えているそうです。

ジャンボ寄港以前の小豆島へのアクセス。
季節便さんふらわ 大阪~坂手
大阪~jr日生、日生港~大部(瀬戸内観光汽船)

Re: No title

こうじさん、おはようございます。
確かに関西汽船の小豆島航路は高かったですね。ジャンボフェリーには負けるでしょう。
瀬戸内観光汽船のお客さんが減ってなくて、小豆島への観光客が純増ならこれほど良い話はありませんね。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR