FC2ブログ

W116 280SE 初めての個人輸入と一回目のユーザー車検

どう見てもボロボロに腐りきっているマフラーの代わりを(安価で)手に入れる方法を考えて見ました。
国内のマフラー工房に発注してステンレス製やはたまたチタン製のマフラーを特注すれば今後ずっと困ることは無いと思ったのですが、22年落ちの大古車を手に入れた直後から大枚をはたく勇気はありませんでした。

そこで個人輸入に頼ってみることにしました。
ヤナセの正規輸入車は当時アメリカ向けのバージョンとほぼ同じ諸元の物が多いと聞いていました。
そのためアメリカの部品商をいろいろ調べてみたらAdsit Companyという会社が古いベンツの部品のストックを持っているという情報を手に入れました。
そこで、この会社のホームページにアクセスしてみると、確かに私の車のマフラーの在庫があります。しかも安いです。二つ合わせて5万円弱。
他には手が無いとこの会社に発注を掛けました。
私のクレジットカードの番号を入力して送信完了、submitの文字が出たから受注で来ていると思うのですが、何の連絡もありません。せめてオーダーありがとうとかそんな連絡も無く、見積もりがこうだとか、いつ発送したとかそんな連絡さえ一切ありませんでした。すっごく心配になりましたが背に腹は変えられぬと待ってみることにしました。

待つこと2週間あまり、突然福岡空港そばにある○○通運から電話がありました。私の荷物がアメリカから届いている、通関手続きの手数料は2万円だが手続きをする代わりにサービスで自宅まで持って来てあげると・・・。
「その代わりに」とは何だぁ?だいたい国内外の運送業者が提携している場合はいずれかの運送業者が金を取った場合は、他方の業者はタダで配送を担うもの・・(例えば海外に手紙を送るとき、国内で国際郵便の料金を払うのみで日本国内と送った先の国にそれぞれ料金は払わないですよね)
その○○通運の言い方が気に入らなくて「(いまだかつてしたことは無いけど)自分で通関手続きをしてみます。」と言ってしまいました。

2日後、仕事を早くに切り上げて福岡空港へ。○○通運の支店でインボイスなど関係書類をもらって税関窓口に行きました。自動車部品には関税が掛からないことなどここではじめて知りました。お役所の彼らは書類を書く手伝いはしてくれません。だって一人にしてあげたらみんなにしてあげなくてはならなくなりますから。
日本国内から発注したので、マフラーの代金分の消費税は最寄の銀行で払う必要がありました。(税関では直接お金は受け取らないことになっているようです。)
その後、少し離れた福岡空港の倉庫に行って2日分の保管料なども支払い、無事通関。
送料なども込みで総額7万円足らずで済みました。

マフラーはリアマフラーがボーザルというアメリカ製の社外品で、センターマフラーがアンサでした。イタリア製ですね。日本からアメリカに発注を掛けて届いた部品がイタリア製・・なんのこっちゃ。

その後、私のバイクの悪友(といっても一回り年上なのですが)の方とともにマフラーを交換。
22年間一度も緩めたことの無いボルト類を緩めるのは大変な苦労でした。
長年の風雨にさらされ錆だらけになったステーなどもホームセンターに有る部品などを駆使して代用品を作りました。
そして車検場へ。途中のテスター屋さんでライト光軸の調整だけして、車検に挑みました。
リアブレーキがやや甘いなど多少の問題はありましたが、無事合格。
部品代などあわせても18万円程度でこのクルマを乗り出すことになりました。
しかし、まぁ前オーナーのときの工場、部品代だけで38万といったみたいだけど、残りの18万とはいったい何のことだったんだろうか・・怪しい工場だといまでも思っていたりしています。

マフラー

写真は9年後、現在のマフラーの写真です。交換前にジンクリッチスプレーでしっかり養生したのですが、結構錆が出ています。ここの対策は今後の課題としています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR