FC2ブログ

シチズン QUARTZ EAGLE(イーグル)の分解修理

111118-1.jpg
おなじみネットオークションで落札したシチズンの古いクオーツ時計です。
ペットネームはeagle(イーグル)という名前で、ケースは何と超硬ステンレスを用いています。
したがって何もして無いのにこの輝きを保ったまま、ほとんど傷がありません。
70年代半ばから後半頃?当時のセイコーのキングクォーツの超硬ケースを用いたシリーズの対抗馬だった商品と思われます。

111118-2.jpg
裏側から見たらこんな具合。超硬ケースだから裏ブタ(普通のステンレス)はねじ込み式ではなくてスナップ式。
その辺の理由は私のような素人より、金属の特性に詳しいプロの方のほうが分かりやすい説明をしてくれるはず。(きっとこんなブログなんか見ても無いだろうけど・・・)
ちなみに裏ブタにSHAの文字がありますが、これが超硬ケースを用いている証でもあります。
111118-3.jpg
では、いつものように再生に取り掛かります。
裏蓋を開けると大きなコイルが目立ちます。一昔以上前の無骨な機械が入っています。

111118-4.jpg
竜頭を抜いて、固定リングとパッキンも外します。

111118-5.jpg
文字盤はこげ茶色。模様も色合いも嫌味が無い品の良いものだと思います。
ちなみに曜日がずれてしまっていますが、これも修理する必要があります。

111118-6.jpg
文字盤を傷つけないように針を外し、文字盤を分離します。

111118-7.jpg
曜日のディスク(という言い方は多分正しくないと思う)を外します。
」の上にある小さなスナップリングを外すと取れてきます。外すときに飛んでいくこともあるので要注意です。

111118-8.jpg
正直なところ、カレンダーを持つ時計は面倒だから修理したくないのですが、この頃のクオーツ時計はかなりまじめに作りこんでいると思います。たったそれだけが言いたくてこの時計の修理をブログ記事にしたのです。(汗)

111118-9.jpg
日付のディスクを外します。
何かね、もうね、いろいろパラパラと細かい部品が外れてくるのですよ。
どこにあった部品か、よーく覚えておかないと後で泣きを見ることになります。

111118-10.jpg
ようやく機械を作業台に載せます。

111118-11.jpg
まず、コイルと回路を外します。
黒いものは回路を守るためのマットのようなものだったようです。

111118-12.jpg
この時点でたちまちみすぼらしくなるのがクオーツ時計の特徴のような気がしますが、それは少しでもコストを下げるために余計な装飾(部品を奇麗に磨き上げるとか)を省略した結果だと思います。

111118-14.jpg
取り合えず、バラバラにして洗浄した後の状態です。
ここから組み立てていきます。

111118-13.jpg
ほんの少しずつオイルを受け穴にオイルを注して5つの歯車を組んでおきます。

111118-15.jpg
5つの歯車を一気にこの地板1枚にはめ込むわけですな。

111118-16.jpg
そういうしんどい所もクオーツ時計の特徴、できる限り部品点数を減らしてコストを下げようとしているのです。
・・・何とかなりました。多少の時間の無駄遣いも許される素人テクノロジーのすべてを駆使すれば何とかなるのです。

111118-17.jpg
取り合えず回路を組んでおきます。コイルを組まないのはこの後ひっくり返してカレンダー周りを組まなくてはならないから。ウッカリ傷つけるとこの時計はお釈迦です。

111118-18.jpg
それでは時計をひっくり返します。

111118-20.jpg
まずは日付のディスクを組みます。
その他いろいろな細かい部品も組んでいますが、その辺は省略。板バネを使っているところもあるから部品を飛ばさないように注意が必要です。

111118-21.jpg
曜日のディスクを組みます。矢印のところにスナップリングを組みます。
文字盤のカレンダー窓に日付、曜日をずらさずに表示させるにはこのディスク中央部分の4つの小窓からその下の板バネ部分を調整してあげる必要があるのです。

111118-22.jpg
針を取り付けます。

111118-23.jpg
その後ケースに機械を収めて、(今回は)最後にコイルを組みました。

111118-24.jpg
電池を入れたら動き出しました。
だいたい1970年代後半くらいの時計だとは思いますが、まだまだ現役でいけそうな面構え、カッコイイと思います。

この時計はこちらの旅行の時に使用して、精度良好を確認しました。(詳細はこちらをクリック
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

イーグルの8時位置ボタン?

こんにちは。
シチズンのイーグルについて興味があり、このページに辿り着きました。有益な情報ありがとうございます。
こちらのCal.7308イーグルですが、ケースの8時位置に穴のようなものが見えますが、ここにはボタンがあるのでしょうか?
シチズンの初期クオーツの86系クリストロンだと、8時位置のボタンを押すことで秒針のクイックセットが出来る機種があります。(電磁テンプ式のコスモトロンスペシャルにも同様の機能があります)
こちらの7308もシチズンの8時位置なので、もしかしたら同様の機能があるのかも、と想像したのですが、いかがでしょうか?
イーグルについてはウェブ上にも情報がほとんど見当たらないため、失礼ながらお聞かせいただければ幸いです。

Re: イーグルの8時位置ボタン?

rhodiaさん、初めまして。
U-BOATと言います。よろしくお願いします。

ご指摘の通りこのシチズンイーグルには8時方向にボタンがついています。
この時計を修理した時に試しにボタンを押してみたのですが、秒針が止まっただけでした。
秒針が止まるだけなのが正しいのか、もしくは本来帰零するのが正しいのか分かりませんので、調べて別項を立てます。
時計の修理に関してはシチズンコスモトロンの記事もいずれ出てきます。楽しみにしていてください。

No title

U-BOATさん、ありがとうございます!
なるほど…コスモトロンスペシャルの場合、8時位置ボタンでクロノグラフのようなわかりやすい帰零動作なのですが、86系クリストロンスペシャルの場合は、少々トリッキーな動きをします。
秒針0〜30秒位置の時にボタンを押すと、その位置の秒数だけ足踏みするように停止した後、動き出します。秒針30秒位置〜60秒位置の時に押すと、コスモトロン同様に帰零し、その分だけ微妙に分針も進みます。結果として、時報と同時にボタン押しで、±30秒以内の誤差を修正出来るようになってます。
機構的に針を逆転させるより楽なのでしょうね。
もしかしたら、この7308でも同様な動きなのかもしれませんね。86系クリストロンスペシャルの場合、12時位置にLEDがあり「足踏み」状態の時には毎秒ごとにLEDが点滅して特殊な状態を表示しますが、73系にはLEDがありませんから、分かりにくいのかもしれません。
調査結果とコスモトロンの記事、楽しみにしております。

Re: No title

rhodiaさん、こんにちは。

コスモトロンはX8の分解修理ならすでに記事を作っていますよ。
ただ、時計の項目ではシチズンに偏って出してきたので多少後に記事を出します。
それまではほかの記事を楽しんでくださいね。今後ともよろしくお願いします。

古い記事に失礼します
近くの時計店でイーグルの新品が置いてました。 定価5万円、売値は3万9千円でした。 これって高いですか?

Re: タイトルなし

市民さん、初めまして。

私見ですが、シチズンイーグルはセイコーのキングクオーツの超硬ケースシリーズに対抗して出した商品だと思っています。
多分キングクオーツほどは販売量は多くは無くて、ミントコンディションで残るものもそう多くは無いはずです。
大ぶりなケースで私は非常に好きなのですが、レアアイテムであっても探している人もレアなわけで・・どうしても欲しいならその金額でもちっとも悪くはないし、値段の交渉次第では更に負けてくれるかも。
オークションでも根気強く待ち続ければ稀ながら出てくることもありますよ。
あまり参考にはならないかもしれませんが、また質問がありましたらどうぞ。
プロフィール

U-BOAT

Author:U-BOAT
福岡県出身。縁あって静岡県浜松市に住み着いて10年になります。
いろいろなことに挑戦してみたいという気持ちは常にありますが、実力が伴っていません。
凝り性ではありますが、ネットの世界では私よりも知識の深い人はいくらでも居ます。
趣味も旅行を始め、多岐に渡ります。ジャンルにとらわれない少しばかり濃い目のブログを作っていきたいと思います。
ご指導、ご鞭撻よろしくお願いします。 2010年8月

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR